2006年12月03日

功名が辻「功名の果て」おまけ。二代目土佐藩主は掛川生まれ。

さてさて、今日、「嫁とり」で話にでてきた一豊の跡継ぎ、忠義は康豊の子です。

二代目土佐藩主・山内忠義は掛川生まれだそうです。
掛川五万石を拝領したとき、一豊は秀次の宿老だったりしたため、掛川の留守居を弟・康豊にまかせていました。

それでもちょくちょく来ていたらしいです。

一豊は領地・掛川の今で言う「下垂木」(しもたるき)で鷹狩りをしていたそうです。
で、その休憩として、いつも使うのが、その土地の豪農「中村家」
ある日、一豊が「中村家」で休憩中、早馬が来ました。

「ただいま、康豊君に男子ご誕生でございます」

一豊は「それはめでたい!」ということで、その中村家当主に「名前」をつけてくれるよう頼んだそうです。

で「国松」と命名された、と。

その中村家と土佐に行ってしまった山内家の交流は続いたそうです。
一豊や忠義からの書状が残っているそうです。

その「中村」さん。
いまも掛川市下垂木にいらっしゃいます。
続いてますね~。すごいですね~。

あそこの辺り「中村」さんが多いので、どのお家かわかりません。
私と母は「あの家じゃない?」と、とある大きなお宅だと目星を勝手につけております。

参加中です。
人気blogランキングへ







ラベル:ドラマ 功名が辻
この記事へのコメント
一豊と中村家の面白いエピソードですね。
地元ならではの話題で、楽しく読ませていただきました。

下垂木に沢山の「中村家」があるとか。
分家して増えていったのでしょうね。
やっぱり一番大きなお家が本家でしょうね。
Posted by merry at 2006年12月04日 14:29
merryさん

そうか!?分家か!?
そうですよね~。
今、気がつきました。
そこのお家のご主人、自費出版でなにやら出版されたそうです。

江戸時代前から「掛川」に住んで、まだお家が続いているってすごいですよね~。
掛川って名前は「懸川」で室町時代より前からあるらしいですが。

あ、私の家は明治ごろに今の家の土地に引っ越してきたのです。

ちなみに私の住んでいるところは、一豊くん時代は「堀」または「池」、運がよければ「武家屋敷」です。
「町」じゃなかったんですよ。
Posted by くみ at 2006年12月05日 21:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻のすばらしさを語ろうの会  もう終わりかあ。。。
Excerpt: 今日から年末にかけて多忙を極めますが、なんとか大河レビューゴールインを!!(笑)と同時に、それにあせりすぎてこれまでを振り返ることを忘れずにいなくてはね、、、。
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2006-12-04 00:00

大河ドラマ 「功名が辻」 功名の果て
Excerpt: 土佐の弾圧。 その後の政治はどうなるのでしょう。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2006-12-04 09:52

功名が辻 第48話
Excerpt: 人生はすごろくではない。
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-12-04 15:13

功名が辻12月3日「功名の果てに」
Excerpt: 一豊のだまして一領具足を鎮圧するやり方に千代は怒り、一豊に失望して 千代 「旦那様には、掛川五万石くらいを治めるのがちょうどよく、     土佐のような大国を治める力はございません」 [:怒りマー..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-12-04 21:00

功名が辻第四十八回「功名の果て」~セミファイナル!~
Excerpt: 熟年離婚一歩手前・・・・ そしてファイナルカウントダウンです・・・
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-12-04 23:05

功名が辻(12月3日)
Excerpt: 種崎浜事件に抗議して千代は熟年別居。それを支えるのは、湘南。 心にぽっかり穴があいた一豊は、「偽装入院?」までして、千代を呼び戻す。
Weblog: 今日感
Tracked: 2006-12-10 17:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。