2006年12月05日

“おどる12人のおひめさま”クリスマスプレゼントに絵本を。

もーいーくつねーるとーくーりーすーまーすー♪

クリスマスが近いですね。
どうも。
本屋の事務員です。
12月は稼ぎ時。←すみませんね、生々しい話で。

てなわけで

「お子さまのクリスマスプレゼントに絵本を」プレゼントキャンペーンです。

さて、今日ご紹介するのはこちら↓。



おどる12人のおひめさま

著者: ヤーコプ・グリム /ヴィルヘルム・グリム
絵:エロール・ル・カイン
出版社: ほるぷ出版
発行年月: 1980年02月
ISBN:4593501253
本体価格 1,200円 (税込 1,260 円)

対象年齢は5歳から。

5歳くらいの女の子は「おひめさま」が好き。
ええ、私にもそんな時代がありました・・・・遠い目・・・。

ある国の美しい12人のおひめさま。
毎晩、どこかへお出かけのご様子。
王さまは「謎」を解き明かした者をおひめさまひとりの婿として迎え、国を継がせる、と言い出す。
ひとりの貧しい兵士がその「謎」に挑む!

それはさておき、この本の最大の魅力は

『絵』

エロール・ル・カインの素晴らしく繊細で幻想的な絵!
画面いっぱいに描かれた「おひめさま」たち。
銀の森・金の森・ダイヤモンドの森。

私は絵のことはよくわからないけど、お子さまに「美しいもの」を見せる最適な本だと思います。

実物を本屋さんで手にとって見てください。


参加中です。
人気blogランキングへ


この記事へのコメント
エロール・ル・カイン、意識し始めたのはさくらももこさんのエッセイ『憧れのまほうつかい』からでした。綺麗ですよねー。
あと「絵」のひととしてはミヒャエル・ゾーヴァが好きですv『エスターハージー王子の冒険』が特に好きです。
Posted by かっぱ at 2006年12月05日 20:26
かっぱ姉さん。

カラオケはいつですか??

じゃなくってエロール・ル・カインは、私はたぶん小学校の図書館だったと思います。

こんな記事書いていますが姪へのプレゼントは拡売の「にっぽん探検大図鑑」です。

ミヒャエル・ゾーヴァも好きですよ!
姪や甥には、自分からは、なるべくキャラクターものは与えないようにしている私。
だって大きくなったら絶対勝手に欲しがるから!!
Posted by くみ at 2006年12月05日 22:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。