2006年11月28日

いま、何が起こっているのか?“チェチェン やめられない戦争”

この本『チェチェン やめられない戦争』の記事を以前書きました。→こちら。

再び。

最近、元ロシア情報機関員アレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のロンドンで不審死した事件がとりあげられています。

この事件より1ヶ月半前にプーチン政権に対し批判的であったロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が謎の死をとげています。自宅のあるアパートのエレベーター内で射殺死体として発見されました。

リトビネンコ氏はポリトコフスカヤ氏の死の真相をさぐっており、その事件の情報提供者と接触したあと、毒物(放射性物質)により倒れ、後、死亡しました(元情報機関員が放射性物質で命を落とした、と言う話はこの事件が最初ではない。はず。うろ覚えですけれど)。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は『チェチェン紛争』を取材していたジャーナリストで、徹底したプーチン政権批判の姿勢を崩しませんでした。

しかし、彼女は中立的な立場をとり、チェチェンの掃討作戦へかりだされる兵士たちのことも取材しています。
ロシアの兵士たちが、『チェチェン』で受けた心の傷についても、憂慮していました。
ロシア軍の新兵に対する仕打ちは伝統的なものだそうですが、かなり酷いそうです。

『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。
『チェチェン』で何が起きているのか語った本が『チェチェンやめられない戦争』です。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は突然、ぷつりと消えてしまった。
何者かの手によって。

『チェチェン』は語る言葉をなくしてしまった。

そんな気がするのです。

『チェチェン』で何が起こっているのか?
私たちは知る術を何者かによって、無くされかけているのではないか?

『チェチェンテロ』は報道されても、チェチェンが受けている『掃討作戦』は報道されない。

事態は深刻です。
危険です。



この本はみなさまに読んでいただきたい本です。


参加中です。
人気blogランキングへ





ラベル:
この記事へのコメント
なるほど…
アタクシも典型的な日本人=平和ボケしていますから、
世界中で紛争が起こり続けているのに
全くといっていいほど興味を持ってきませんでした。
海外には明日まで命を永らえることが出来ない子供たちがわんさかいる。
アフリカのある国では国民の3割がエイズだそうです。
日本は日本なりの問題を抱えていますから、
それぞれの地域なりの問題は何かしらあるんでしょうけど…
善、というものを考えさせられます。
Posted by ぽるきち at 2006年11月28日 22:55
オクサマ

私も↑の記事ではいろいろと書いてますが、もともとは「パチンコのCM」がきっかけだったのですよ・・・。

情報が氾濫している今の社会で、何が正しいのかは自分で判断する時代ですが、その「情報」さえ入ってこない。
チェチェン問題の第一人者が謎の死・・・作為を感じます。
Posted by くみ at 2006年11月29日 20:54
オクサマ

追記です。
『チェチェン』はもちろん大問題ですが、seesaaにも問題があるような気がいたします。
Posted by くみ at 2006年11月29日 23:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。