2006年09月10日

功名が辻「豊臣の子」

功名が辻「豊臣の子」
え~最初の10分見逃しました・・・・。
公式サイトで補完してきました。

鶴松が亡くなり、秀吉は悲嘆にくれる。
大名一同、髻を落とし、喪に服す。
夭折に、寧々さまが毒殺したのではないか?と噂がたつ。
茶々さまはそう信じ込んでいる様子。

毒殺ではない。
北政所は秀吉の最大の理解者です。
彼女は賢い女性です。
たとえ感情の上で淀と対立していたとしても、正妻の貫禄と威厳を持っています。
己を貶めるようなマネはしないと思います。
そんな見え透いたことやるワケがないです。




人気blogランキングへ参加中です


さてさて悲嘆の淵に沈み、目もうつろ、まさに狂気が宿ってきた秀吉。
「唐攻め」を実行に移します。

家康は移封の件を持ち出し、渡海を拒否。
関八州が裏目に出ます。

悲しければ悲しいほど、強がり、自分を奮い立たせずにはいられない殿下。
そんな感じがします。


関白の位を秀次に譲り、自分は「唐攻め」の実行のため肥前・名護屋に向かいます。
この頃はもう、目がまとも、というか不気味に輝き、考えも冴えている様子。
茶々さま同行。

あの~もちろん、一緒に向かった側室は彼女だけではないっすよ。

名護屋でも茶々さまと三成は怪しい・・・。

こらこらこら、誰かに見られたらどーすんだ!!
いや、いっそ見つかったらよかったのに。


「我はもう一度太閤の子を産む」と宣言する茶々さま。
決めた、って・・・。

どこにそんな自信が???
産むといってほんとに産んでしまうからコワイです。


一方大阪では大政所が亡くなります。
秀吉が茄子が好きだから食べさせてやりたい・・・。
太閤だろうが、関白だろうが、母にとっては関係ないのですね。

寧々さまが言った、秀吉の本心。
まさにその通り。
鶴松の死はきっかけではありますが、死によって狂気に陥り「唐攻め」を実行したのではない。
「譜代」がないこと、自分自身の地位が脆いことを実感したと。


秀吉の号泣シーンは迫真にせまるものがありました。
秀長、旭、鶴松、そして母・大政所と身内が相次いで死んでいく。

そういれば珍しく一豊が本を読んでいましたね。
秀次の宿老であるため留守居になった一豊。

ラッキーと思わなければいけないところです。
投げやりではいかん!!


千代も説教してました。
いちいち正論です。

関白になった秀次は、なかなかよろしくやっているかんじです。
しかし、何せ若い。
危うい予感を一豊夫妻は感じとっているようです。

そしてだ!!

また産まれちまったよ!!!

また男だ!!!

まさにミラクル!!お茶々さま!!!

どうして、そう都合よく産むことができるのか・・・。
戦国最大のミステリー。
この子誰の子?

殿下、舞い上がってるぞ!
一応、おぼえはあるらしいですが。

もうすでに秀次が邪魔。

秀次に危機がせまります。危機というか、もう・・・。

公式サイトみたら、すでにえらいコトになってました。
もう、アレまでまっしぐら・・・・。
ああ・・・。


天守閣が真ん中に写らなかった・・・。↓。

Image0001.jpg

撮影:管理人
撮影日:昨日
撮影場所:近所の橋の上。

今日は掛川市が紹介されてましたね。
田舎、田舎ですよ。
新幹線の駅はありますが。
わたくし、生まれながらにして「龍尾神社」の氏子。
我が家は「永江院」(ようこういん)の檀家です。



「情に流されるな」By六平太。


人気blogランキングへ参加中です








ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
くみさん、やっと出ましたね、掛川城!
永江院も龍尾神社にも出かけたかいがありました。

昨日「土スタ」に永作さんが出ていましたが、
最後まで三成さんとの関係はあやふやなままにする予定と言ってました。(笑)
Posted by しずか at 2006年09月11日 00:33
しずかさん

でましたね。
でも、これでもうでないような気がします。

しずかさんの取材のほうがくわしかったですね。
N○Kをこえてます。

私も「土スタ」見ました。
あやふやな予定が視聴者の妄想・・いや想像をかきたてますね。
Posted by くみ at 2006年09月11日 06:23
やっぱり秀次はもう、、、ですが、人殺し大河ドラマの貫禄ですね(笑)ミラクルで危機に陥るひとも、それはそれで、ミラクルですね(笑)
Posted by てれすどん2号 at 2006年09月11日 13:58
てれすどん2号さま

来週アタリから切腹連続かもしれません・・・。
そうですね!叔父を関白に持ったがために、若くして命を失うこととなった秀次。
運の悪さもミラクルですね。
人の一生ってわかりませんね。
Posted by くみ at 2006年09月11日 19:59
くみさん、こんにちは。
私も北政所が鶴松を毒殺なんてするわけが無いと思います。
掛川城は小山に建っているので、すごく大きく見えて迫力がありますね。
Posted by スペードのA at 2006年09月11日 20:59
スペードのAさま

寧々さまが鶴松を毒殺。
こういうことを考えるあたり茶々は思慮がたりないようですね。
頭はよさそうですけど。
そういうこと考えてしまったら、そこらの女中と一緒です。

あ、掛川城の天守閣は小さいですよ。
山全体に本丸、三の丸などが建っていたのです。

今の場所に城が建築されたのは今川時代ですが、その前は別の場所(すぐ近く)に城があったのです。そこは私の母校(高校)が建っていました。
古戦場跡なので、掘ると物騒なものがいろいろ出てくるらしいです。

Posted by くみ at 2006年09月11日 21:21
「太閤の子を生む」って言ったと思ったら、
ほんとに生んじゃった淀…。まさにミラクル!ですね。
柄本さんの秀吉、ほんとに自分の子供だと思ってるのかな…と
思わせる演技でドキリとしました。
Posted by もちきち at 2006年09月11日 22:02
もちきちさま

コメントありがとうございます。
秀吉は「自分の子どもだと思いたい」のだと思います。
まぁ、覚えもあるそうですし。
しかし、あの一瞬の間、微妙な間、ドキっとしました。
Posted by くみ at 2006年09月11日 22:25
こんばんは!

本当にミラクルでしたね。

秀吉57歳で、元気だったんですかね(笑)

もしくは、誰かが・・・

微妙な間ですたよね~!
Posted by 「感動創造」 at 2006年09月12日 00:20
いつもどもです
三成の部屋に忍び込む茶々。フツーは誰かに見つかると思うし、人の噂にもなるはずですよね。
それにしても、ほんとミラクルです。あんな見事に産めるなんて・・・!
Posted by ぱるぷんて海の家 at 2006年09月12日 10:21
感動さま

コメントありがとうございます!
ええ、いまの私にとっては「信長の遺体」よりもミステリーです。
DNAが残っていないのが残念でなりません。
真実を知らないほうが、想像をかきたてるのにはいいのかもしれません。



ぱるぷんて海の家さま

コメントありがとうございます!
三成と茶々の怪しい場面はこれからも出てくるのでしょうか?
出てくるんでしょうねぇ。
茶々が三成のまえでは、秀吉のことを「サル」と呼んでいましたね。
ああ、やっぱり大嫌いなんだろうなぁ、茶々が気の毒に思えました。
Posted by くみ at 2006年09月12日 18:43
^く^こんばんは!

 拝見いたし候!皆さんのコメント読むだけ!

 部外者みたい・・^:^!でも読むわ!!
Posted by ヒロシです~ at 2006年09月12日 21:38
(^ひ^)さん

記事も読んでよ・・・。
この前の功名が辻は我が街が紹介されたのよ!!
今度の土曜日の再放送、見て。
Posted by くみ at 2006年09月12日 22:47
くみさん、こんばんは!
>産むといってほんとに産んでしまうからコワイです。
ものすごい自信でもって宣言してましたし、秀吉も覚えがありそうでしたけど自信無いようだったし、それでも大喜びしてましたし。誠に歴史ってすごいことします。
しかも男の子。何気に最近の速報を彷彿させます。全部続いてるんですね・・。ゾク・・
Posted by かりん at 2006年09月12日 23:43
^く^おはよう!

 記事読んでるよ^:^!土曜日見るわ・・

 なんで待ちの紹介が????

 いってきま~す^@^!
Posted by ヒロシです~ at 2006年09月13日 07:35
かりんさま

ええ、わたしも不謹慎ながら最近の報道が頭をかすめました・・・。
もう、茶々さまの妊娠は「その時歴史が動いた」でとりあげてほしいぐらいです。
だって、本当に歴史が動いたんですもの。


(^ひ^)さん

ちゃんと記事読んでないわね・・・。
城、城があるのよ!!
私が住んでいる市には、一豊のつくった城(総檜で復元)が!!!
Posted by くみ at 2006年09月13日 19:08
くみさん、こんばんは!
最近、残業やら何やらでご訪問が遅れました。

僕は、あの「唐御陣」(あくまでドラマでの事ですが)に至る書き方を見る限りは、北政所の言ったようなことが秀吉の意図することだったかどうかが読めませんでした。。
たしかに秀吉自身が「唐御陣」の理由を「天下安寧のため、外に敵をつくるため」って言ってはいたけど、前々から描いていたビジョンって感じがしなくて。。なので、僕は「憂さ晴らし」って表現をしちゃいました(汗)

掛川城、出てたんですか!?
ごめんなさいm(_)m気づかなかった。。僕も見てるつもりで見てないんだなァ~(反省)



Posted by 劇団たぬき at 2006年09月15日 18:49
劇団たぬき さま

コメントありがとうございます!!
秀吉が寧々さまの前で「日本はせまい」と以前言っていたので、私はそうとりました。
が、最近、立て続けに戦国ものを読んでいたら、どうも違うようです。
どっちにしろ「唐攻め」は秀吉のやった悪行のひとつですね。
掛川城はですね・・・ドラマでは出てきませんでした。
ドラマにはもう出ないかも、です。
Posted by くみ at 2006年09月15日 19:24
^く^こんばんは!

 なんや~掛川城のこと・・ドラマにでるんかと?
 ^く^のふるさとか^@^!
 
Posted by ヒロシです~ at 2006年09月15日 21:37
(^ひ^)さん

そゆことです。
ふるさとっていうか、今も住んでるけど。
街も出た。
もう少しで実家写りそうだった。
Posted by くみ at 2006年09月15日 21:40
こんにちは!
コメントありがとうございます。またまた遅くなりすみません。

茶々が「太閤の子を生む」と宣言して見事生んじゃったあたり、わたしもスゴイと思いました!
そのコツがあったら知りたい世の女性はたくさんいるのではないでしょうか?!

そして掛川城、出ていたのですね?!
うわー!すみません、気づきませんでした。。。
Posted by まゆまゆ at 2006年09月17日 17:08
まゆまゆさま

コメントありがとうございます。
えと、城ですね・・・ドラマには出てきませんでした。
ええ、私もうっかり
「ここってどこ??」
などと口走り
「あれーっ!?うちの近所じゃん!!」
と、気がついた始末です。

茶々さま、そういうことは宣言するものじゃありませんね。
こそっと決意し、まわりをビビらせるのも一興ですよね。
いや、殿下のビックリ顔だけで十分ですけど。
Posted by くみ at 2006年09月17日 18:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻~北政所・浅野ゆう子の演技が凄かったです!!
Excerpt: 大河ドラマ・功名が辻ですが、豊臣秀吉晩年編に突入し面白くなっております。柄本明の熱演もさることながら、今回は浅野ゆう子が凄かったです。 大政所(菅井きん)の最期を見取るシーンで、浅野ゆう子が秀吉..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-09-10 23:39

肥前名護屋城
Excerpt: 天下統一を果たした秀吉は、1591年9月に諸大名に朝鮮出兵を命じた。 同年10月、肥前名護屋を朝鮮出兵の基地とし、名護屋城の築城を開始。 加藤清正が設計、大名たちに分担させ、わずか5ヶ月で完成させ..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-09-11 00:35

「功名が辻」第36話。
Excerpt: みなさんこんばんは。「功名が辻」第36話の感想です。今週もバランス ボールに乗って見ました。しかしあれってずっと乗ってると、降りてからも 体が揺れてる感じがするんですよね??。だからこれ書いてる今..
Weblog: Creme Tangerine
Tracked: 2006-09-11 12:14

功名が辻のすばらしさを語ろうの会 秀吉祭り☆☆☆
Excerpt: 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」で頭いっぱいのてれすどん2号ですが、かすかな記憶でレビューにまいりましょう
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-09-11 13:59

功名が辻 第36回 と篤姫は宮崎あおい
Excerpt: 本編 今週はちょっと大奥チックなスタートでした。跡取りの鶴松が急逝し、秀次が関白になります。ここでも北の政所(寧々)と淀(茶々)のバトルが・・・。 そして秀吉は暴挙といえる朝鮮出兵を行います。 ..
Weblog: 賃貸営業よもやまばなし
Tracked: 2006-09-11 18:16

功名が辻  第36話
Excerpt: これからの戦いは目に見えぬ戦いだ。人の思惑駆け引きで動くようになる。
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-09-11 18:38

功名が辻
Excerpt: 第三十六回「豊臣の子」 日本史上、家族をおざなりにした成功者は碌な目に遭ってないよナァ。
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-09-11 21:11

大河ドラマ 「功名が辻」 豊臣の子
Excerpt: 鶴松が死んだことで秀吉が狂気へ走っていきます。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2006-09-11 21:41

功名が辻第三十六回「豊臣の子」~それがしも!それがしも!~
Excerpt: 鶴松死去→秀吉マゲを落とす →それがしも!それがしも! →しかし秀吉57歳にして頑張る! →豊臣家にまたも男子誕生!  
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-09-12 00:26

功名が辻36淀には恐ろしき憑きものが!!
Excerpt: 太閤秀吉の天下で、平和な時代なはずなのに、歴史の底で暗雲が蠢き始めています。春は春に来るのではなく冬からその準備があるように、夏の絶頂期から真冬が始まっているのですなぁ・・・ずずずzz(と縁側で昆布茶..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2006-09-12 09:38

功名が辻36回「豊臣の子」
Excerpt:  今回、心に残った順に記してみようと思います。 六平太が登場しました。ずっとずっと待っていましたよ。陰ながら傍にいて千代を守るのではなかったの。10年も離れていたなんて。しかも、海を渡って唐攻めの戦..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2006-09-13 15:17

「功名が辻」第三十六回
Excerpt: 鶴松君ご逝去後、「太閤秀吉暴走する」の回です。そして!!お帰りなさい六平太! もう今回はそれでいいや。と思ってしまった今週号。(おい) 今週も盛りだくさんなハズなのに……。
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-09-13 22:30

功名が辻・第36回「豊臣の子」
Excerpt: 今回はサブタイトル「豊臣の子」は大正解だと思いました。自分なりになるほどと納得させられた回でございました。 「豊臣の子」というのは秀吉にとって“確かなもの”という意味だと僕は理解しました。 そ..
Weblog: 劇団たぬきの元気が出るブログ
Tracked: 2006-09-15 18:50

功名が辻 第36回
Excerpt: 第36回「豊臣の子」 豊臣家崩壊への序曲が始まりました。 鶴松が亡くなったのを引き金に、おかしくなってきた秀吉…。 葬儀の席で髻を切り落とし、ザンバラ頭・白い着物でうろつく姿は幽霊のよう。 そして宣..
Weblog: まゆまゆの缶詰
Tracked: 2006-09-17 17:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。