2006年08月13日

功名が辻「家康の花嫁」

功名が辻「家康の花嫁」

ずっと、信長の命により、命を落とした家康の長男「信康」と正室「築山殿」の話が出てこない、と思っていたのですよ。
これはスルーされたか!?と思っていたら、例の「話は遡るが」で出た。
このエピソードがなくては、旭は家康にやれないものな。

よねを亡くした千代のもとへ北政所・寧々さまがやってくる。
「見舞い」とか言っているが、内緒事の口実ですね。

涙流しといて、おっそろしーことを告げる寧々さま。
家康に上洛させるため、副田甚兵衛と旭を離縁させ、旭を家康に嫁がせる。
そのために力を貸せ。

こわ!

この話、知ってましたが、

無茶ですねー!!

40過ぎた妹を嫁がせる。
無茶にもほどがあります。

しかし、それだけ秀吉側も必死ってことですね。
余裕ぶっこいてる家康。
恐ろしい存在です。


人気blogランキングへ参加中です。


おせっかい千代はスタンドプレーが目立ちます。
あんた!それじゃチャングムみたいだよ!!
危険すぎ!!自分から余計なとこにクビつっこむなーーーつ!!

まず、大政所にチクる。
おっかぁにぶっとばされる殿下。
ヒットです!

旭を長浜に匿おうとする千代。
危険、危険!!

城に出向いた旭は立派です。

どうして、本当のことをちゃんと話して離縁させなかったのかなぁ。
関白の命令になんか背けやしないんだから、あんな、ふたり別々にして話をさせるなんてしなくてもいいのに。

副田さんはそのまま行方知れず。

婚約のための使者は一豊。
千代への警告ですね。警告だけですんでよかったな。

家康の「千代をくれ」に目を白黒させる一豊。
冗談ですが、まじ、ビビッていた一豊くん。

婚約は無事整います。

輿入れ前に旭は千代を呼んで、甚兵衛への手紙を書かせます。
「生きてさえいくれたら・・・・」
泣かせます。

松本明子さん、演技上手ですね。

関白の妹として立派に輿入れしました。
家康は思いのほか旭を気に入った様子(でも狸だしな)。

しかし上洛はしなーい!

さすが狸!!

大政所の出番です。
秀吉・・・・計算してたな・・・・。

自分の母親を人質にやるのか!?と秀吉を非難した蜂須賀さんがお亡くなりになりました。
うーん、昔から一緒にいる人が減っていくんだよな。

大政所は家康に会って

ムコ殿!!!

すいません、わざとですか?N○Kさん。

さすがの狸も上洛です。

西田敏行VS柄本明は緊張感がただよいますね。

秀吉が「ここまでやるか」というほど下手にでなければ、上洛しなかった家康。
底がしれない感じ、西田・家康にはよく出ていますね。

に、しても「天下安寧」のため、なんて言って秀吉の身内はどんどん不幸になっていくのですね。

旭はその後、聚楽第に住むことになり、すぐ亡くなります。
まだ40代だったはずです。
関白の身内、などと望んでも得られない地位にありながら、人柄は昔のままだった旭。
人並みの夫婦の平凡な幸せを、兄に奪われた旭。
その死は大きく人々に残るでもなく、忘れさられていくのです。


出世じゃないよな!!幸せは!!!


一豊くんあたりが一番幸せなのか・・・?

ああああああ!

お茶々さまが猿に

姫抱っこされてるーーーーーっ!!!

見たくないものを見てしまった。


いよいよか!!!いよいよなのか!!!

緊張感走る来週のタイトルは「母の遺言」


人気blogランキングへ参加中です。


あっ!於義丸養子の話が出なかった!!まさかスルー!?








ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
たしかに!
千代ってばあれじゃチャングムです★
Posted by うさ at 2006年08月14日 01:19
うささま

どこにでもクビを突っ込み、自分から厄介ごとをかぶる。
あぶなかったですね。
チャングムを思い出しましたよ。
Posted by くみ at 2006年08月14日 01:41
いくら主人公だからといっても、
首を突っ込みすぎですよねぇ、あれは。
困ったもんです。
Posted by ryi at 2006年08月14日 09:23
ryiさま

あれは千代の性格だと思えば・・・ってヤバイですよね。
功名が辻どころじゃないです。
警告ですんでよかったです。
Posted by くみ at 2006年08月14日 09:33
良かった~。
少しでも築山御前の名前が出て。(笑)
用意していた記事を毎回ドラマ見てから少しずつ編集しています。
いまいちこの大河の重点ポイントがまだ掴めません。ようやくペースが掴めた頃には最終回かも。(爆)
Posted by しずか at 2006年08月14日 11:50
しずかさん

そうですね。
あれだけの取材が・・・・。
私も築山御前と信康の話は出てこないとおかしい!!と思っていましたよ。
歴史的重要どころを必殺技「話は遡るが」でやるから、年表どおりにことが運びませんね。
Posted by くみ at 2006年08月14日 12:37
TB,コメントありがとうございます。
>うーん、昔から一緒にいる人が減っていくんだよな。
 特に直言できる同輩が秀吉より先に消えていく。自分を批判できる奴が後から来ないと政権って短命なんだよなぁ。
Posted by ねねむ唐象 at 2006年08月14日 13:27
ねねむ唐象さま

秀吉に直言できる者って少ないですよね。
とくに身内ははっきり口にできますが、旭・宰相秀長、大政所と家族は死んでしまうし・・・。
譜代を持たない、豊臣政権のもろさがすでに見えていますね。
Posted by くみ at 2006年08月14日 13:48
くみさん、こんにちは。
今回はいろいろあって面白かったと思います。
秀吉も権力者として、段々残酷になっていくのですが、まだこの辺りは序章という気もします。
Posted by スペードのA at 2006年08月14日 16:10
スペードのAさま

おっしゃるとおりです。序章ですね。
これから、どんどんどんどん・・・・・・。
権力者は時に残酷であらねばなりませんが、彼の場合非難されることのほうが多いですよね。
Posted by くみ at 2006年08月14日 16:22
くみさん、こんばんは☆

>出世じゃないよな!!幸せは!!!
本当に、そう思えてしまう旭の輿入れでしたね。兄が、関白秀吉でなければ、夫婦でひっそりと幸せに暮らしていけた旭だったと思うと悲しいです。

家康の狸ぶりは素晴らしかったと思います。



Posted by kiriy at 2006年08月14日 22:56
kiriy さま

そうですね。
今回の件で一豊くんも「功名」ばかりがすべてじゃない、とちょと思ったのかな?と思いました。
狸に遊ばれる一豊くんはあわれでした。
狸と猿の対決が見ものだったので、一豊くんの印象が薄い回でしたね。
Posted by くみ at 2006年08月14日 23:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻
Excerpt: 第三十二回「家康の花嫁」
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-08-13 23:59

功名が辻のすばらしさを語ろうの会 別れから生まれるもの
Excerpt: そういえば前回はテンションガタ落ちの回やったよな。一週間かけて、僕自身もだいぶ元気なれたので、無理に思い出さないようにします(笑)
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-08-14 00:08

大河ドラマ 「巧名が辻」 家康の花嫁
Excerpt: 秀吉がなんとしても家康を引っ張り出そうと悪戦苦闘しています。 独身って言っても、側室はたくさんいるわけで・・・。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2006-08-14 00:13

功名が辻~猿と狸のかけひき
Excerpt: NHK大河ドラマ「功名が辻」第32話~家康の花嫁家康への人質になるべく無理矢理に夫と離縁させられる旭・・・。5万石と引き換えに旭との離縁を命じられる甚兵衛・・・。秀吉の申し出を断れず旭を嫁にする家康・..
Weblog: うさうさ日記
Tracked: 2006-08-14 01:20

功名が辻 第32回
Excerpt: {/shootingstar/}オープニング ”独身”家康。 独眼竜政宗じゃないけど、「独」ってカッコイイ。 {/shootingstar/}本編 千代を見舞いに来た寧々・・・と思ったら家康上洛..
Weblog: ななさんにトラックバック
Tracked: 2006-08-14 10:34

功名が辻8月13日「家康の花嫁」
Excerpt: サルとタヌキの天下を賭けたかけひきは、じつに見ごたえがあった。 史実として、サル知恵の秀吉と化かすタヌキの家康が本当に今回のストーリーのようなかけひきを行ったのだろうと想像しました。 天下完全..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-08-14 11:44

功名が辻第三十二回「家康の花嫁」~絶倫男だった家康~
Excerpt: 旭姫が・・・・ 泣くな!ゴロー!
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-08-14 22:04

功名が辻―家康の花嫁
Excerpt: 今日は、オーソドックスな歴史ドラマとしてとても面白く感じました。 旭姫の悲劇は確かにあったとはいえ、その夫の福田甚兵衛の悲劇までは描かれていなかったので、あまり胸に突き刺さらずに済んでしまいました。..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2006-08-14 22:57

功名が辻第32回「家康の花嫁」(予定地)
Excerpt:  来週は当ブログでは火曜日の更新になります。  旧R_STYLE_NEXTにて日曜日更新も同時に行ないますので、御閲覧よろしくお願い申し上げます。  申し訳ございませんが、火曜日に感想を記述致します..
Weblog: 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋・交通・ニュースなblog
Tracked: 2006-08-15 18:42

「功名が辻」三十二回
Excerpt: 秀吉の妹、旭の輿入れ話がメインでしたが、そんなことよりも猿と狸の化かし合いが楽しかった今回。
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-08-17 10:24

第32回「家康の花嫁」/功名が辻
Excerpt: ある日、寧々(浅野ゆう子)が千代(仲間由紀恵)を訪ねた。上洛を拒む家康(西田敏行)を岡崎から引っぱり出すために手を貸せという。秀吉(柄本明)は実妹・旭(松本明子)を副田甚兵衛(野口五郎)から離縁させ..
Weblog: 「人生のテーマソング」
Tracked: 2006-08-19 00:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。