2006年08月06日

功名が辻「この世の悲しみ」

今夜の功名が辻。
「この世の悲しみ」
ティッシュが手離せなかったです。
もう、鼻水が・・・風邪ひいてるから(まだ治りません)、じゃなくって涙が・・・。

一豊一家が長浜城に入って4ヶ月。
おませなよねは玉木・康豊叔父上にドキっとしています。

「そろそろ康豊にも嫁をとらせんといかんの~」

似た台詞を前に聞いたことがありましたね。

「そろそろ新一郎にも嫁を・・・・」
これ、どうなったんでしょうね??

康豊くんはお玉さまを想っているらしいですが、相手は人妻です。
無理です。
や、本人も無理だと承知していると思いますけどね。

さて、一豊くんは秀吉に「家康を説き伏せるよう」に言われます。
織田長益と一緒に。
織田長益って織田有楽斎ですよね。
信長の弟、茶々の叔父。

それにしても一豊くんには無理なお使いですな。

相手は家康です。タヌキです。

無理です。



人気blogランキングへ参加中です。
さてさて、一豊くんと康豊くんをお見送りした後、よねが千代に問題発言です。

「大きくなったら、よねは、叔父上の嫁になりとうございます。」

千代もびっくり!!

少女らしい、可愛い発言ですよね。

あんな叔父上いたら、誰でも思うでしょ。だって玉木宏よ!!

しかし、そんな少女の想いもすべて押しつぶした「天正の大地震」が起こります。
いつになくむずかるよねを突き放した千代。
必死に探した結果は、顔は生きているときのままの、冷たくなったからだでした。
千代は泣きます。
帰ってきた一豊くんも泣きます。

私も泣いてました。

私は父親を亡くしていますが、たぶん、子どもを亡くしたほうが辛いと想います。
子どもいないから、わかりませんけど。


和泉式部の歌にこういうものがあります。

「とどめおきて 誰を哀れと思ふらむ 子はまさりけり 子はまさるらむ」

先立って死んでしまった娘は誰のことが気がかりだったのだろう。きっと子どものことだろう。私だって親を亡くしたときの悲しみより、お前を亡くしたことのほうが辛いのだもの。

娘、小式部内待に先立たれたときの歌です。

そうなんだろうと思います。


長浜修復で京に住むことになった一豊夫婦。
泣いてばかりいてはよねは成仏できない、と語り合います。
お互い、支えあい。

千代はよねのためにつくった小袖を、似合いそうな娘にわたします。

そして、訪れた南蛮寺でお玉さまと再会です。

「強く生きてまいりましょう」

希望が見えました。

この後、史実では夫婦は禅宗に帰依する、となっています。
たぶん曹洞宗。
なぜなら、我が家の墓があるお寺。
一豊くんが寄進した彫刻のある門があるからです。
左甚五郎作、らしいです。

それにしても来週もまた悲劇・・・・。
あまりにも悲劇。


人気blogランキングへ参加中です。








ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
寄進した彫刻ですか!!でもその時の一豊はつらかったんでしょうねえ。ドラマも悲劇続きですから、どんどん悲しみが増します。
Posted by てれすどん2号 at 2006年08月07日 00:07
前半のよねちゃんの笑顔に涙。
あんなステキな叔父だったら惚れますよね♪

新一郎の嫁・・・気になります。
Posted by うさ at 2006年08月07日 03:02
昨晩見られなかったので今朝見ました。
朝みるべきではなかったと後悔しています。
よねの死が悲しすぎて、思い切り気分が滅入りました。
Posted by しずか at 2006年08月07日 10:30
てれすどん2号さま

よねのお墓は京都にあるそうですが、私の住む市のお寺が一豊に援助された話は多いので、関係があると思います。
熱心な信者だったらしいですよ。

うささま

そうです!どさくさにまぎれて新一郎の嫁を忘れているんじゃないか?と心配になってきます。
昨日はよねの可愛さをこれでもか!と出した後の悲劇で、涙、涙、でした。

しずかさん

朝見られたんですか!?
あれは結構引きずりますよね。
災害はやっぱり怖いです。

Posted by くみ at 2006年08月07日 20:23
こんにちは。
史実では禅宗に帰依するあたりは知りませんでしたが、ドラマではその辺は描かないようですね。
今回はいつもの功名が辻とは全く別のドラマのような感じがしました。
Posted by スペードのA at 2006年08月07日 21:27
スペードのAさま

禅宗に帰依する、というのは「その時歴史が動いた」でやってました。
で、私の家のお墓があるお寺(曹洞宗、禅宗なので)も一豊に寄進されているので、なるほど、と思ったのです。功名が辻ガイドブックに載ってて、びっくりでした。
Posted by くみ at 2006年08月07日 21:32
お世話になります。

ティッシュが山のようになりました・・・

私も・・・

しかし、今回はみていて辛い辛い回でした。

やはり子供の命がなくなるのは
耐え難いですね。
Posted by 「感動創造」 at 2006年08月08日 09:35
感動さま

いつもありがとうございます。
ええ、私もティッシュが山です。

今回の仲間さんはちゃんとお方さまで、お母さんでした。
キャピっとしたところが抜けたみたいですね。

千代がワーッと泣くのに対して、一豊くんが抑えるように泣く演出も、また悲しかったです。
Posted by くみ at 2006年08月08日 19:27
TB,コメントありがとうございます。
>織田長益って織田有楽斎ですよね。
 戦国屈指の文化人ですね。大事な外交なら弁達の使者が一人いてもいいはずだから、やはり駄目もとの様子見か。
>夫婦は禅宗に帰依する
 その前は何を信仰していたのでしょう?
Posted by ねねむ唐象 at 2006年08月08日 21:18
ねねむ唐象 さま

織田有楽斎(教養人かつ、信長の弟)はおいといて、一豊はまちがいなく!おまけですよ。
それか、一豊くんが家康にいい印象を与えているので、まぁ試しにって感じですよ。
使者が一豊に務まらないくらい秀吉なんかお見通しだと思います。
禅宗といっても仏教には変わりないから、何信仰いてたかはわかりません。
ただ、一豊くんに多少かかわりのあるわが市では
禅宗であるところの曹洞宗が一番多いはずです。
Posted by くみ at 2006年08月08日 23:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻のすばらしさを語ろうの会  別れを乗り越える方法なんてわからない
Excerpt: 嗚呼、、、なんか今回は全く記事書く気になれないなあ。。。そら戦国時代の大河は人死ぬけどさあ~、、、こんな何の罪もない子の、何の理由もない死をみせつけられるとさあ、、、やっぱ今回は物語詳細は書かないで感..
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-08-06 23:54

功名が辻ーこの世の悲しみ
Excerpt:  やはり今日は、思ったとおり悲しくて辛いお話でした。そしてやはり、私はメソメソとずっと泣きながら見ていたのでした。 普通なら、これはドラマの中のお話なんだよと気持ちも切り替えていく事もできるでしょう..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2006-08-07 01:14

功名が辻~よねの恋心
Excerpt: NHK大河ドラマ「功名が辻」第31話~この世の悲しみ天正の大地震・・・一豊と千代の大切な娘、よねが犠牲になりました。千代が仕立てた小袖を着てはしゃぎまわっていたよね。虫を閉じ込めてはかわいそうだと康豊..
Weblog: うさうさ日記
Tracked: 2006-08-07 03:00

大河ドラマ 「巧名が辻」 この世の悲しみ
Excerpt: 禍福は糾える縄の如し。 いいことがあれば、悪いことも起きる・・・。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2006-08-07 06:26

功名が辻 第31回
Excerpt: {/shootingstar/}オープニング 秀吉は、千利休を茶頭とした茶会を幾度となく開き、大名や公家を黄金の茶室(三畳敷、組み立て式、持ち運び可能)で驚愕させてた。 {/shootingsta..
Weblog: ななさんにトラックバック
Tracked: 2006-08-07 08:09

8月6日功名が辻 「この世の悲しみ」
Excerpt: 今回は、一豊の娘:よねを中心にしたストーリーでした。 ・よねが、一豊の弟:康豊に恋心をいだく。 ・一豊が長浜城主となって3ヶ月後の1585(天正13)年11月29日に、機内、東海を襲った地震で..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-08-07 09:07

功名が辻~この世の悲しみ
Excerpt: 功名が辻ですが、今回は分かっていたとはいえ、山内一豊と千代の愛娘よねの夭折が描かれていました。 いつになくよねの登場回数が多いわけですが、やはりよねの一挙手一投足にも注目してしまいし、何気ないシ..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-08-07 15:07

功名が辻
Excerpt: 第三十一回「この世の悲しみ」 あんまりだ…。 今回は原爆や震災等に遭われた被害者とご家族のための追悼回というのですか。
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-08-07 21:06

功名が辻・第31回「この世の悲しみ」
Excerpt: 今回は世に有名な「天正地震」・・・この地震によって長浜城主として喜び真っ只中の一豊と千代の“一粒種”である、よねが死んでしまうという悲劇。 僕は、これまで大河ドラマ「功名が辻」を見て涙を流した回..
Weblog: 劇団たぬきの元気が出るブログ
Tracked: 2006-08-07 22:07

岡崎を訪ねて(1)岡崎城と家康像
Excerpt: 岡崎城の起源は15世紀前半、明大寺の地に西郷稠頼(つぎより)によって築かれたのがはじまりで、1530年に家康の祖父である松平清康によって現在の地に移されて以来、岡崎城と呼ばれるようになりました。 家..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-08-08 09:06

功名が辻第三十一回「この世の悲しみ」~これをヒロシマの日に合わせたのは偶然でしょうか~
Excerpt: 「よね~~~!!!」
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-08-08 09:37

「功名が辻」三十一回
Excerpt: ひたすらに、ひたすらに 悲劇までのドキドキを待っていたような気がする今回。 先にストーリー知っているってのも心臓に悪いです。
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-08-09 18:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。