2006年08月05日

たまには女子力を磨け!!!!!“美人画報”

女というのは、不思議なもので『男』と会うときより、『女』(しかも手を抜いていない人)と会うときのほうが気合がはいります。

私なんか「ひかるさまぴかぴか(新しい)」とお会いするときは、ものすごくネイルに気を使う。
だってひかるさまの手ってすっげー美しいんですよ!!
こちらね→こちら。
その人に自分の手を見られるとなりゃ、気をつかわにゃいかんでしょう?
礼儀だよ。
で、実際会って密かにチェックし、敗北を認める・・・。
この間(6月)なんかボロ負けだ・・・。

えと、安野モヨコ氏は「男ウケ」を狙え!!とおしゃってますが。

ま、それはおいといて、キレイになりたい!!とは誰でも思うワケで、そんなとき私はこのシリーズを読む。
化粧台の横に置いてあります。
ただ、読んだだけで「その気」になっちゃうときもあり、それはそれで困ります。

美人画報ハイパー美人画報ハイパー
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報ハイパー
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 単行本
[発売日] 2001-09
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


実は、先週フットケアに行ってきて、その日に書こうとしてたんですがね。


人気blogランキングへ参加中です。
もう、このシリーズ、深く賛同することでいっぱいです。

■先週、フットケアに行ったのは「サンダル」が履きたかったから。
とっくに「サンダル」のシーズン迎えてますが、休職していたり、風邪ひいたりで、出かけることが少なくって履く機会がなかったのです。

この本に「キレイな人はかかとまでキレイ」と書いてあって、グサっときた私は、サンダルシーズン前はフットケアに行ってます。

アレだ、もう自分でケアするの限界で、人に任せるほうを選んでしまったんのですが。←ダメじゃん。

で、夏は電車の中とかで「他人の足」ばかり見ている私。←不審者。

若い女の子がペデキュア無しでサンダル履いているのをみると「もったいない」と思ってしまいます。
あと、ペデキュアは濃い色のほうがいいので、色チェック。←不審者。

っつかペデキュア無しでサンダル履く勇気はない。私には!!。

あ、私、いい歳こいて生足派なんですよ。
「勇気あるね」
とか言われるけど。
だって、ストッキング嫌いなんだもん。

だから夏はそれなりにがんばる。つもり。

■それから、この前ね、電車のなかで若い女の子たちがが「叶姉妹」の悪口言ってたんですよ。
で、私は思った。

絶対絶対絶対、お前ら適わねーよっ!!!

私は芸能人とか、TVに出ている人の容姿に関して悪くいうのは苦手。

だって、絶対絶対絶対自分のほうが負けているもん。

TVに出ている人たちは、プロであって、アマチュアが負けるのは当たり前なんです。
アマチュアはアマチュアなりに、がんばればいいのだ。という気持ちだけはある。

こちら↓最終巻。

美人画報ワンダー美人画報ワンダー
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報ワンダー
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 単行本
[発売日] 2003-11
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


ま、とりあえず外出も多くなることだし、明日は美容院だ!←なんかさ、C70
のためみたい。とほ。そうだけど。

今からネイル塗ります。←ほんとはコレも人任せにしたい。
仕事へ行くのには素爪なのに、美容院とか買い物にいくのにはネイル塗らないと落ち着かない。

こちら↓第一弾。文庫にもなっています。

美人画報美人画報
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 文庫
[発売日] 2004-11
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う



「勝ち負け」とか言ってますが、それはあくまでも自分のなかでの基準ですので。
でも、たまには競う気持ちがなければ、だらけると思うのだ!!





人気blogランキングへ参加中です。


あ~~この前、家に用事があってやってきた友人にパジャマで対応してしまった・・・・。

だらけっぱなし・・・・。


ラベル:
posted by くみ at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くみさん、こんばんわv
ブログにトラバありがとうございました。

女のコの生足は電車の中とか、ウオッチングしちゃいますよね~。
ミュール+素足で、ペデキュアはまだしも爪の手入れすらしていない状態のコが多いのでしょんぼりしてしまいます。
せっかく素足をバーン☆と出せる若さがあるんだから、せめてほこりがついたらウエットティッシュで拭くとかしてほしいなぁと・・・。
生足って結構汚れるんですよね(苦笑)

度胸たらないので、ストッキング派。
Posted by 白石ひかる at 2006年08月05日 23:53
白石さま

勝手にTBすんません。
しかし、ネイルの話には白石さんは欠かせないのです。
今日塗ったネイルは、手はスージーの90番。@コスメで評判よかったので。淡いピンクにチラチラと青いラメがはいってます。普通っぽいです。
足はスージーの03番。黒にラメ入り。黒いネイルを塗りたかったんですよ。結果。大失敗。
キレイにぬれましたが黒はダメだ・・・。キモイ。
でも、来週までもたせます。上からど派手なラメでも塗ります。

私、今年はミュールは履かないんですが(かわいいビルケン買ったので)、若い子のミュールのサイズにもうるさいです。
ミュールは小さめを履くべし。
大きめをバタバタさせているとカッコわるい。
かかとはキレイにしとくべし。

しかし、どうして若い頃、ここまでこだわらなかったのか不思議です。
若さゆえのおごりでしょうか?
Posted by くみ at 2006年08月06日 00:54
近頃始まった北川みゆきのマンガの中で主人公の女の子が「手入れもきちんとして、ちゃんと『女』しよう」と思うシーンがあって、うひゃーあたし、近頃全然「女」してないよーと大反省ものでした。
その後、ばったり昔惚れてた男性に出会ったり、大好きなJリーガーが店に来たり、なまけてちゃいけないよ、という場面に出くわしております。くみお姉さまほどじゃないにしても、私もがんばらねば!気合入れないとダメな年になってるしねー。
ちなみに私も足観察するの好きですよv
Posted by かっぱ at 2006年08月06日 22:30
かっぱさん

北川みゆきの連載!?
そういや「罪に濡れた二人」って終わったんですか?←あれは昼ドラでやればいいと思う。

Jリーガーが店に来ただとー!?
さすがM店!!

私は昔惚れた男にあっても「ふーん」です。
だってみんなおじさんだし。
Posted by くみ at 2006年08月06日 23:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。