2006年07月23日

功名が辻「家康恐るべし」

「家康恐るべし」

西田敏行氏って何回も「家康」やっているような気がするんですが・・・。
でも「秀吉」も「女太閤記」(わたくし、幼少のみぎり)でやってたな。
というか、何回大河出演してるんでしょうな?

しかしだ、今回、功名が辻の「秀吉」と「家康」はほんとに

猿と狸。ばっちし!!。

それはそうと、先日、感動創造さまがステキな情報を送ってくださいました。

前田利家は

唐沢寿明!!!

やるじゃねーかっ!N○K!!!

えと「家康恐るべし」ね。


人気blogランキングへ参加中です。
秀吉は大阪城築城に着手。
千代は寧々によばれ、「大阪城築城は茶々のため」と言われる。
私、ココ不可解なんですが、なんで大阪城築城が茶々のため?
すでに秀吉はお茶々さまを側室にしたいという気持ちがあったのでしょうか?
そんな気持ちはいつもあるかもしれないけど・・・。
そんな露骨に???

それにしてもアレだ。
千代&一豊はいつもラブラブだハートたち(複数ハート)

千代はついでに秀次と再会。
成宮寛貴くんの登場で一気に画面が若くなりました!
若さゆえか、叔父秀吉が偉大すぎるためか、功をあせる秀次に不安がよぎる千代。

あ、さて小牧長久手の戦い。

だから動いたほうが負けだっつーの!!

中入りを許したのは、最初から池田、森両氏の討ち死にを予感してたからかもしれませんな。
わからない人には身をもってわからせようとする。
秀吉、冷たいですからね。

家康が小牧長久手で勝利しつつも、秀吉に下ったのには大きな「志」があるからで、そのためなら秀吉に頭も下げる。
秀吉は家康の扱いに丁寧かつ慎重にならざるえないわけで。

で、後の悲劇を呼ぶわけですが・・・・。

秀吉は関白となり、ついに、ついに

一豊くんが城持ちにexclamation×2exclamation×2

おめでとうございまーす!!

来週は康豊くんも出演だ!!
画面がまた若くなる!
玉木宏くんは我が母のお気に入りです。

あ、お茶々さまがまた三成に!!!!

楽しみ



人気blogランキングへ参加中です。








ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
いよいよ地元が出てきました。
記事も私の出番になりそうです。

掛川も浜松も載せるのが早過ぎました。
また再編集しますので、初めて見るフリを
してくださいね。(笑)
Posted by しずか at 2006年07月23日 23:16
しずかさん

浜松でてきましたね。
再編集楽しみです。
それにしてもK城はちゃんと天守閣だしてくれるでしょうか?
不安です。
Posted by くみ at 2006年07月23日 23:58
|∀・){歴史物はチンプンカンプンでして…NH〇は地震の時位しか視ません。

|д`;){十数年前に高橋克彦の総門谷を読んで「勉強しよう!」と決心したハズなのに…

|∀・){ハィ! ニワトリです。

Posted by |∀・){ぁぐど at 2006年07月24日 07:04
くみさん、こんにちは。
前田利家が唐沢利明というのは、ビックリしました。何となく少しだけの出演のような気もしますが、楽しみです。
小牧・長久手は思ったより駆け引きなども詳しく描かれており、面白かったです。
Posted by スペードのA at 2006年07月24日 13:37
たまきくん、我が母もお気に入りです(笑)やはり熟女キラー!?(笑)
Posted by てれすどん2号 at 2006年07月24日 13:37
|∀・){ぁぐど さま

高橋克彦お読みならすごいじゃないですか!?
私は途中でくじけたことがあります。
じゃ、ココ読んでくだされば功名が辻のあらすじがわかりますのでよろしく!
Posted by くみ at 2006年07月24日 19:40
スペードのAさま

コメントありがとうございます。
小牧長久手はいつもの戦いの回よりもくわしく描かれていたような気がします。
ほんとに猿と狸でしたね。
あのふたり。
Posted by くみ at 2006年07月24日 19:42
てれすどん2号さま

来週はハセキョーもでて、玉木くんもでて、なんか月9みたいですね。
画面一気に若返り。
我が母は「ウォーターボーイズ」のころから玉木くんに目をつけておりました。
Posted by くみ at 2006年07月24日 19:44
お世話になります!

確かに秀次の悲劇・・・・
どんな展開になりますかね・・・

その時、一豊は・・・
Posted by 「感動創造」 at 2006年07月25日 16:02
 先日はコメントありがとうございました。

 来週は玉木氏が演じる一豊の弟役が気になります。
 今までどうしていたのか・・・・・・(第一回あたりは見ていなかったのでその辺は少し・・・・・・^^;)。
Posted by りふ(竜)=なごやん at 2006年07月25日 16:51
「感動創造」さま

先日は利家ネタをありがとうございました。
秀次と一豊との関係は原作とはずいぶん違うようなので、ちょっと心配です。
Posted by くみ at 2006年07月25日 18:41
りふ(竜)=なごやんさま

コメントどうもありがとうございました。
そうですね、康豊くんはどこをほっつき歩いていたのでしょうね。
なんか康豊くんはハセキョー・お玉さまにほれているらしいですよ。
Posted by くみ at 2006年07月25日 18:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

7月30日 家康恐るべし
Excerpt: 今回から、ドラマの流れは、秀吉対家康になりました。 秀吉にとって、最後に残った家康にどうしても大阪城に来て、挨拶をさせねばならないが、家康は動こうとしない。 1584(天正12)年3月7日..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-24 08:32

功名が辻のすばらしさを語ろうの会 みんな笑顔で、一国一城の主じゃ!!
Excerpt: 先週の悲しみが引き続いているのでしょうか、今週もあまりノレません千代が寧々・秀吉との談笑で、「夫は(家康に寝返れるような)器用に生きれる男ではない」「いくたび生まれ変わっても山内一豊の妻」泣かせますね..
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-07-24 13:36

功名が辻 第29回
Excerpt: {/shootingstar/}オープニング 今日は秀吉と家康。 小牧、長久手の合戦{/v/}~。 服部半蔵も登場{/face_sup/}。 {/shootingstar/}本編 信長の三男、信..
Weblog: ななさんにトラックバック(仮)
Tracked: 2006-07-24 20:35

功名が辻感想!~猿狸合戦!!
Excerpt: 功名が辻ですが、小牧・長久手の戦いということで、秀吉・家康の駆け引きなどもタップリあり面白かったです。秀吉の甥で、今のところ後継者でもある秀次役に成宮さんという新キャラも登場していました。(感想以下に..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-07-25 00:36

功名が辻第二十九回「家康恐るべし」~祝!一豊様一国一城の主!~
Excerpt: 小牧・長久手の戦いは、昨年の愛・地球博(愛知博)の会場の周辺でした。リニアモーターカー(リニモ)の駅で長久手古戦場とかあったよね。   リニモとは? 名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘駅と..
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-25 10:32

功名が辻第29回「家康恐るべし」
Excerpt:  次週の話をなぜか今日、紹介です(7/19記事)。  お詫び(7/23)  予定しておりました「モリコロパーク」訪問アップは、本日雨天のため、次週に訪ねるとともにアップ致します。  (功名が辻特別..
Weblog: 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋・交通・ニュースなblog
Tracked: 2006-07-25 16:58

麦こがしとは
Excerpt: 7月16日の放送「出世脱落」の中で、家康が「麦こがし」を食べている場面がありました。この「麦こがし」とはどういう食べ物なのでしょう? 気になって調べてみました。 麦こがしとは、麦や米を炒って粉..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-25 23:11

「功名が辻」第二十九回
Excerpt: 「家康 恐るべし」の今回。 メインは“小牧・長久手の闘い”でしたが、 やはりあっさりと過ぎ去ってゆきましたねー。(笑) あ、今回はイマイチ調子が出ないので、気の抜けた書き込みで申し訳なく……。
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-07-26 09:03

結城秀康の胞衣塚(1)
Excerpt: 浜松市雄踏町の中村家住宅の庭に、結城秀康の胞衣塚が残されている。 1524年2月8日、家康の次男(幼名・於義丸、後の結城秀康)がこの中村家で生まれた。 母親は家康の側室・お万の方で、出産時の胞衣を..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-27 09:33

功名が辻29回・・らしく生きると言う事
Excerpt: 功名が辻の時間帯は、我が家ではたいてい食事時間だ。ネットおたくの子供たちはあまりテレビを見ない。ゆえに家族そろっての食事時間は共にテレビを囲む団欒の時間でもある。かなり過激な・・ ラッタ君が言った。..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2006-07-28 00:02

家康の遠州の拠点 浜松城(1)
Excerpt:  前身は引馬(曳馬)城。 1560年、今川義元が桶狭間で信長に討たれた後、家康が引馬城を攻め落とした。1570年、岡崎城を息子の信康に譲り、曳馬城に入城。しかし、引馬という名は馬を引く=敗北を思わせ..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-29 08:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。