2006年07月16日

功名が辻「出世脱落」

さてさて、今夜の功名が辻は??

出世脱落」・・・・。

「出世脱落」・・・・。

「出世脱落」・・・・。

なんか嫌な響き・・・。

いままで、人柄と腕だけで出世してきた一豊くんに試練です。
一豊くん40歳だって!!
じゃ千代は28歳かな??

柴田勝家を倒し、織田の後継者の地位を手に入れた秀吉。
論功行賞で、新世代は三千石に加増。
仲のよかった中村“ロンブー”一氏と堀尾“いい人”吉晴は大名に。
でも一豊くんは三百石増えただけ。
三成は三千石を不服としながらも知恵をつかう。

秀吉としては加増による家臣たちの反応を試していたのだが、一豊くんにそんこと

わかるわけないしーーー!

で、ふてくされる。
ふてくされて登城も怠る始末。

今、思った。加増が少なくても逃げそうにないヤツは少なく。
加増が少ないと文句タラタラ、謀反とかいいだしそうなヤツが多い、とか??

困った困った。
ああいう態度されると、誰でもどう接していいのかわからないですよね。
現代だってそう。

っつかうっとおしいたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
このままでは娘に馬鹿にされますよ。

一方清洲のお茶々さま。どうやら妹君たちは秀吉のところにいるらしいですね。
三成を、あの三成を、からかっておいでです。
恐ろしい。

「そちがこの手を温めよ」

こわいですねー。

しかも知恵も回りそうだ。

茶々は三成を利用しようとしているのだと思いますが、それでなんで側室に??

子ども産んで、権力を手に入れ、やりたい放題。

になるのですが、それがある意味復讐でしょうか?
彼女のせいで豊家は途絶えるようなものですから。

さてさて一豊くんは母上に叱られて、ようやくもとに戻りました。

ま、彼もたまには愚痴愚痴したくなるんでしょうね。

だって、来週は小牧長久手の戦い。

その後は長浜城主ですよ。

案外不遇の時代は短いんでは?
遅い出世だけど、やっぱ戦国時代。

生き残るのが勝ち!
ですよ。

人気blogランキングへ参加中です。








ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
はじめまして。他の方のブログのコメントを読んで、流れてきました(笑)

茶々のセリフは引き込まれるものがありましたね。この人がどのように、秀吉の側室になっていくのかを見ていくのかも楽しみですね。

また、伺います。
Posted by kiriy at 2006年07月17日 10:14
kiriyさま

いらっしゃいませ!辺境の地へようこそ。
コメント、TBありがとうございます。
お茶々さま、最初は永作さんに(もちろん演技の上手な方ですが)不安があったのですが、やりますね。こわいです。

一豊は出世脱落しましたが、来週の予告をみると
中村&堀尾と話をしていて仲良しで安心しました。

またいらしてくださいね。
Posted by くみ at 2006年07月17日 10:28
くみさん、こんにちは。
茶々と三成のシーンですが、短いながらも印象的だったと思います。今回は、家康や寧々などのいろいろなシーンが多く、本筋以外でも楽しめた気がします。
Posted by スペードのA at 2006年07月17日 14:27
スペードのAさま

コメントありがとうございます。
そうですね。
一豊がふてくされている間に時代を動かすような大事のネタが転がってたんですね。
家康とは来週小牧長久手ですし、そのあと旭の悲劇がありますね。
一豊はそんなときふてくされていたのか・・・。
やはり凡人・・・ではありますが、時代を実際に動かした人物ではなく、その時代に生きた人なんですよね。
Posted by くみ at 2006年07月17日 16:57
こんばんは!

お世話になります!

出世脱落・・・・
いやな響きですねぇ。

今後の展開に、どのように一豊がからんでいくのか!

期待半分、不安半分ですねー。

そんなわけでまた来週よろしくお願いします~♪
Posted by 「感動創造」 at 2006年07月18日 21:56
感動さま

出世脱落・・・嫌な響きです。
サラリーマンにとっては。
そうか!展開に一豊が絡むんですね!!
一豊に展開が絡むんじゃなく!!
そうですよね~凡人が乱世を生き抜く話ですもんね。
Posted by くみ at 2006年07月18日 22:43
くみさん、コメントありがとうございます。

お母上に説教をくらう不甲斐ない一豊を上川さんが上手く演じていましたね。
茶々が今後どのように秀吉に絡んでいくのかも楽しみです。復讐のつもり?といえども側室になるなんて・・・私には考えられないな~。
Posted by しずか at 2006年07月18日 22:44
しずかさん

そうなんですよね~お茶々さま。
復讐するつもりでいたら、秀吉のほうが一枚上手だった、ってことも考えられますな。
なんか、それもやだ。
Posted by くみ at 2006年07月18日 22:47
「共同ブログ 一豊・千代ゆかりの地を訪ねて」へのTBありがとうございました。

あれだけ昇給とポジションに差をつけられると誰でも切れるでしょう。そんな一豊を上川隆也は上手く演じていましたね。
Posted by lameru at 2006年07月19日 02:57
lameru さん

隆也:初キレ演技でしたよね。
(あ、お馬さんのときもキレてましたか?)
言い募る一豊。
あれだけ、長くしゃべれたのは初かもしれません。
上川さんはほんとに演技がお上手ですね。
Posted by くみ at 2006年07月19日 19:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻のすばらしさを語ろうの会 悲しみから抜け出せない
Excerpt: 一豊、「もう城持ち」とたかくくってていいんか~?ドラマの展開が読めるからよりいっそう悲しくなります   七本槍はそれまでの一豊に近い三千石、中村・堀尾は城持ち、一豊は、、、たった三百石加..
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-07-16 22:36

功名が辻 第28回
Excerpt: 四十にして拗ねる{/face_gaan/}。 柴田勝家を破った秀吉は覇権を手に入れた{/choki/}。 1582年6月2日 本能寺の変 1583年4月21日 賤ケ岳の戦い 一年足らずで秀吉は織田勢..
Weblog: ななさんにトラックバック(仮)
Tracked: 2006-07-16 23:14

功名が辻―出世脱落
Excerpt:  なんていうか、思っていたより見ごたえのあった「出世脱落」でした。思っていたよりというのは、どうせまた一豊さん、ちょっと惨めでどじで、うじうじのぐちぐちかなと思っていたのですよ。 いい人一豊さん、好..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2006-07-17 10:16

功名が辻~理不尽な論功行賞!!
Excerpt: 功名が辻ですが、今回は秀吉の論功行賞に一豊が不満で愚痴を言うという内容でしたが、西田敏行の家康や茶々と石田三成、寧々と誰かなど盛りだくさんではあったと思います。(感想以下に続きます)
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-07-17 14:38

功名が辻第28回「出世脱落」、脱線ネタが・・・・。
Excerpt:  どうする?一豊氏(ぉ。 あらすじ(NHK公式ページより)   織田政権の後継者たる地位を手中にした秀吉(柄本明)が論功行賞を行った。  賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる新世代は、三千石以上に加増。中村(田..
Weblog: 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋・交通・ニュースなblog
Tracked: 2006-07-17 17:15

第28回「出世脱落」/功名が辻
Excerpt: 織田政権の後継者たる地位を手中にした秀吉(柄本明)が論功行賞を行った。 賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる新世代は、三千石以上に加増。中村(田村淳)は二万石、堀尾(生瀬勝久)は一万七千石とそれぞれ城持ち大名に..
Weblog: 「人生のテーマソング」
Tracked: 2006-07-18 03:29

功名が辻第二十八回「出世脱落」~秀吉・家康・三成の知恵比べ~
Excerpt: この辺から、武力よりも、知力の戦いになってきましたね。
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-18 05:09

功名が辻・第28回「出世脱落」
Excerpt: 今回は、配役クレジットで「おおッ」って思ったことがありまして。。 主人公の千代・仲間由紀恵、山内一豊・上川隆也から始まって・・・最後の大物俳優が連なるゾーン、いわゆる「トメグループ」 寧々..
Weblog: 劇団たぬきの元気が出るブログ
Tracked: 2006-07-18 20:20

功名が辻番外編!えっ!前田利家は、唐沢寿明!!!
Excerpt: これはビックリ!
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-19 11:14

北ノ庄3・・・(越前を歩く)
Excerpt: 賤ヶ岳の戦いに敗北した勝家は北ノ庄城にのがれた。 秀吉はただちに北ノ庄城が見渡せる足羽山(あすわやま)の山頂に本陣を敷き、城を包囲した。 秀吉の攻撃は4月23日より始まり、翌24日に北ノ庄城は早く..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-19 22:51

麦こがしとは
Excerpt: 7月16日の放送「出世脱落」の中で、家康が「麦こがし」を食べている場面がありました。この「麦こがし」とはどういう食べ物なのでしょう? 気になって調べてみました。 麦こがしとは、麦や米を炒って粉..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-25 22:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。