2006年07月10日

功名が辻「落城の母娘」

遅ればせながら、今、見終わりました。

功名が辻「落城の母娘」。

もしかして、今回の"裏"テーマは

女子の幸せか?

と思いました。

ちょっと遠い目をしていしまう、3X歳と25日目のわたくし・・・。ふっ。

吉兵衛を亡くし、悲しみに沈む山内家の面々。
たきは「思い出が多すぎる」と屋敷を去ります。
「わたくしは女子の幸せを知りました」と。
たきは自害してしまうのですが・・・。

一方、一豊くんは・・・・。

 
人気blogランキングへ参加中です。


おったのか?一豊!

・・・・・・。

若手台頭で微妙な立場に・・・・。

世に言う

賤ヶ岳七本槍

 福島正則

 加藤清正
 
 加藤嘉明
 
 片桐直盛(且元)
  
 脇坂安治

 平野長泰

 糟屋武則
 
間違ってませんよね?

あーんど石田三成

登場です。

それにして、やっぱ石田三成って人に好かれないですね~。
忠義者なんですけどね。

人に好かれるのが一豊くんのいいところ。

それにしても今回ほど秀吉がに見えた回があったでしょうか!?

お市様、お市様とうるさいです。
そこが嫌われるところなんだよ!!
姫はどうでもいい、なんて言ってるよ。無理言うな。
黒田さんも呆れ顔。

そこで一豊くんだ!
千代がお市様のお気にだから、お前が行け!!だとよ。けっ。パシリ??

お市様、言ってらっしゃいました。
「ともに生き、ともに果ててこそ夫婦」

女子の幸せ
を知りましたと・・・。

わたくしにわかる日はくるのでしょうか??へっ!?

それは置いといて、
さてさて我らが一豊くんは姫様方をつれて帰ってきます。

お市さまと勝家はともに刺し違え、果てるのでした。

名演技!!

さらでだに打ちぬるものを夏の夜の 別れを誘う郭公かな

夏の夜の夢路はかなき跡の名を 雲井にあげよ山郭公


お茶々登場。
永作博美さんは演技の達者な方ですが、私すこし心配しておりました。
あの人何歳だっけ??仲間由紀江より、はるかに年上なのに、はるかに年下の役ができるの??
ちゃんと若いおひい様を演じていたと思います。

お市様の娘といえば、セレブ中のセレブ!!
横柄な態度も許される身です。

「やめよ!!筑前!!」

妹たちをかばうようにする茶々。
なかなかよろしかったです。

「よるな!!汚らわしい!!」

で秀吉は落ちたな揺れるハート・・・と思いました。

なんか、秀吉って身分の高い人ばっかり側室にするんですけど(信長様の娘とか)、それって憧れぴかぴか(新しい)をモノにしたいからだと思うんですよね。

おひい様茶々は千代に、自分に加担せよ、と言いますが、千代は断ります。

なんかお茶々さま、三成に目をつけたようで?

来週は

「出世脱落」

一豊ふてくされる、うっとおしいたらーっ(汗)たらーっ(汗)の巻です。



人気blogランキングへ参加中です。

何回も言うけど、前田利家は???







ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
一豊は先々週の失態以来、扱いが軽いですよね。
ちょっと可哀想…

利家は数年前に「利家とまつ」で重用したから
NHKとしてはもう満足なんじゃないですか?
Posted by ショウ at 2006年07月11日 00:12
ショウさん

一豊ね~、かわいそうだけど、今回の大河は部下の視点だから仕方ないのかな。
でも、どうせ不遇なのは2、3週だから。
利家ね、やっぱ秀吉と仲良しだったから出てこないと不自然かな?と思って。
出てくると余計にややこしくなるかもしれないけど。
Posted by くみ at 2006年07月11日 00:22
くみさん、こんにちは。
賤ヶ岳七本槍ですが、加藤と福島くらいしか知りませんでした。片桐かつもとが入っているのは意外です。
茶々や三成など新キャラも登場し今後も楽しみですね。
Posted by スペードのA at 2006年07月11日 14:48
スペードのAさま

同じ七本槍でも有名な人とそうでもない人がいますね。
片桐且元は関が原以降、大阪と江戸の間で苦しむのですが。
加藤アンド福島は恵まれていたと思います。
Posted by くみ at 2006年07月11日 20:26
私もやっと見終わりました。
今回は見所が多い回でしたね。
展開はわかっていたものの、
たきの自害は予想していませんでした。
大人になった茶々の登場で面白くなってきましたね。
Posted by しずか at 2006年07月11日 23:23
しずかさん

たきの自害・・・この話必要だったかな?と思ってしまいました。
自害までさせなくても、と思います。
鉄矢・・じゃなくて吉兵衛の死を印象づけるためかな?と思いました。

それにしても気になったのは「女子の幸せ」・・・。

茶々は思ったより永作博美がハマっていてよかったです。
Posted by くみ at 2006年07月12日 00:17
こんばんは。

茶々登場!でしたね!

永作氏は童顔だけに
若い役もなんとなくこなしますよね。

今後の活躍に期待します!
Posted by 「感動創造」 at 2006年07月12日 00:44
感動さま

永作さん、十代に見えましたね。
今後あの茶々がどうやって側室になっていくのか気になります。
とりあえず。来週は一豊がふてくされますね。
Posted by くみ at 2006年07月12日 20:35
ならうよりなれろさん

「一豊・千代ゆかりの地を訪ねて」へのTBありがとうございました。
共同ブログのしずかさんがすでに訪問済でした。
ドラマをよく見ておられる記事ですね。
Posted by lameru at 2006年07月16日 00:38
lemeruさん

コメントありがとうございます。
TB貼らさせていただきました。
わたし、「一豊・千代ゆかりの地を訪ねて」さんは日参しております。
N○Kよりくわしい、すごいブログだと思います。
Posted by くみ at 2006年07月16日 00:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻のすばらしさを語ろうの回 悲しみは悲しみを生む。
Excerpt: 吉兵衛死の悲しみは今回もまだ心に響きます、、、一夜明けてからも泣くシンイチローを怒るシンエモンも涙こらえきれなくて、、、キチベー弟登場(小倉さん!!てれすどん2号お気に入り時代映画・蝉しぐれでも出演)..
Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-07-11 08:05

功名が辻~北ノ庄落城!!
Excerpt: 大河ドラマ・功名が辻ですが、今回は賤ヶ岳の合戦と北ノ庄城落城ということで、中々見ごたえがありました。最初は、先週の五藤吉兵衛討ち死にの回想ですが、武田鉄矢がもう出ないのは寂しいものはあります。そして、..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-07-11 14:54

功名が辻第二十七回「落城の母娘」~一豊君、若手の台頭にピンチ?~
Excerpt: お待たせしました! 若手の台頭で、一豊ピンチ!!! 足つってる場合じゃないぞ!!
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-07-12 00:53

「功名が辻」二十七回
Excerpt: いよいよ賤ヶ岳の合戦。秀吉の天下取りも、王手を掛けるこの一戦。どちらも負けられないのは必定。そんな折、二人の女の死が印象的な今回でした。一人は、吉兵衛との将来を夢見た女、たき。一人は、武将の家に生まれ..
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2006-07-12 19:08

7月9日「落城の母娘
Excerpt: 吉兵衛の死を悲しんだたきは、故郷に帰り好きな男の後を追って自害してしまう。 北の庄では、お市が 「北の庄に来て、静かな暮らしを知りました。」 「いたわり合うことの喜びを市は殿に教わりました」..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-07-16 00:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。