2006年07月05日

“アイム、ソーリー、ママ”人はどこまで悪人になれるのか?

桐野夏生「アイム、ソーリー、ママ」です。

人間、一生のうちで一番誤る相手は「母親」ではないでしょうか?
悪いことしてしまったときも「ごめんなさい、お母さん」ですよね。
おそらく。

注:今日は私の母ネタではありませんですよ(笑)。

私の読書遍歴を見て、気がついた方もいるかと思います。
苦手ジャンルがあるんですね。
そう、私はミステリーが苦手です。
西村京太郎氏や松本清張氏は超オッケーです。
ただ、現代の良く売れているミステリーが苦手です。
京○○彦氏や有○川有○氏・・・すいません、ごめんなさい。
何回か試して、読んでいるのですが、頭に入らない・・たらーっ(汗)

で、この方はバカ売れミステリーの方ですが、好きです。↓。

I’m sorry,mama.
I’m sorry,mama.
posted with amazlet at 09.04.19
桐野 夏生
集英社
売り上げランキング: 286660


67歳のもと保育士と25歳年下の夫が原因不明の火事で死んだ。
門田美佐江は児童福祉施設の園生であった稔と結婚したのであった。
犯人はアイコ。

気持ち悪い人間ばかり登場します。
しかし、気持ち悪いからってアイコほどじゃない。

主人公、アイコ。
どこにでもいるような中年女性。

しかし、彼女の実体は・・・・・。

邪悪な人間というものは確かにいると思うのですよ。
やたらと敵意のみをぶつけるような人とかね。
人の行為を悪意にしかとらない人とか。

さりげなく近づいてきて、こっそりと悪意を吹き込んでいく人。
そう人間に限って見かけ人当たりがよく、でも会話は人の悪口や不満ばっかりだったりします。

この主人公アイコ。
何が怖いかって、なんでも即実行。
しかもさりげなく。
自分の足跡を消していきます。
悪いことをしたと思ってないのです。

報道される実際の事件のなかに、彼女のような印象をかんじるときがあります。

ソレが怖い。

社会に邪悪がひろがっているのを再確認させられるような気がして怖いのです。

Amazon.co.jpI’m sorry,mama.

人気blogランキングへ参加中です。

悪いことってするもんじゃないですね。
醜い。


ラベル:
posted by くみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(桐野夏生) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

アイムソーリー,ママ ―桐野夏生―
Excerpt: I’m sorry,mama. 【評価★★★★☆】 40代の女性、アイ子が主人公。 これ以上最悪な状況で生まれ育った人はいるのだろうか。 主人公は、人を殺すことにマイナス感情を持つ..
Weblog: こと葉のチョットいい感じ~☆
Tracked: 2007-05-14 21:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。