2006年06月15日

母、ネタにしてごめん。

図書館に行くのが面倒なときは、母の本棚をあさります。

母、「瀬戸内寂聴」「瀬戸内晴美」の大ファン。

いろいろ、ありますが、私は歴史上の人物を小説化したものが好きです。

しかし

最近、母の本を読むたびに、ちょっと用心していることがあります。

それは「幻花」(著:瀬戸内晴美)の下巻をめくった時でした。
上巻がないのですよ。←おそらく古本屋。

わざわざ本屋で買う気にもなれないのですが。

そう、その「幻花」下巻のラストページにこんなことが書いてあったのです。

達筆で。

我が母、マジ達筆。


人気blogランキングへ参加中です。




『いつの日か、くみとあきが夢中になり、この本のページをめくるさまを思いながら、母のこよなく愛した作家を少しでもわかってくれたらと思う。
本の好きな娘であることを願う。昭和54.8.10』



上巻がありませんよ、おかん。

それは「わざと」ですか?
そんなことありませんね。
だって、我が家、ついうっかり上巻だけ処分したもの、たくさんありますからね。

母、おかげさまでくみは本好きな娘になりました。
勤め先まで書店ですよ。
っつか娘って何歳ぐらいを予想したんでしょうか?
いくら母でもこの年まで独身だとは予想してなかったでしょう。

あきはよき相手に恵まれ結婚9年、2人の子どもの母になりました、が、まったく本の読めない女ですよ。
日本語より英語話すほうが得意なんじゃないですか?
それも特技の一つですが。
最近読んだ本はセカチューとかいう女ですよ。

いまとなってはどちらがいいでしょうかね?

というか他の本には何も書いてないでしょうね?

私、、こういうことより先に『財産分与』と『ローン返済』のお話をしたいのですが・・・。

いつも現実を突きつける娘でごめんなさいね。
でも、私、そういうこと、ちゃんとしてないと嫌です。
というか、私が言わなければ、誰が言うの!?

もちろんそれを済ませたら、手紙でもメッセージでも書いてくださって結構です。
でもできれば本には直接書かないでください。
古本屋にもっていけません。←鬼のような娘。


見つけちゃったことは黙っといてあげます。

下の娘は永久に見つけないと思いますよ。


人気blogランキングへ参加中です。

何がショックかって、これ書いたときの母の年齢さ・・・。


ラベル:
posted by くみ at 13:07| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 読書についてあれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感心なママだね!まじ素敵です~

愚問:財産分与?ママ殺すなよ・・・でも

   大事なことだね・・もめないように・・
Posted by ヒロシです~ at 2006年06月15日 19:36
ヒロシさん

おかんね~、ちょっと世間知らずなとこあるんですよ。

私たちの親世代に、保険と預金と電気製品の相談はしちゃダメだなぁと思います。

財産分与っつうか遺産相続ね。
殺人犯すほどの大金はありません。
家と土地だけです(ローンつき)。
Posted by くみ at 2006年06月15日 20:28
5000千万+1000万X法定相続人の範囲内で
あれば一円も税金はかかりません(知っていたら
ごめん)世間知らずいいじゃん!それが個性じゃ!家では「おかん」とよぶんな?

「おい!おかん!」

「なんじゃ~くみ」おもしろ~い(パチパチ)
Posted by ヒロシです~ at 2006年06月15日 21:41
ヒロシさん

税金はかかりませんが「行政書士」へ払う金がかかります。

私は「ハハ」と呼んでます。
心のなかでは常に「おかん」。
「おかん」なんて呼んだらぶっとばされます。
Posted by くみ at 2006年06月15日 23:28
どうもお久しぶりです。
最近読んだ本は「涼宮ハルヒの憂鬱」
現在読んでいる本は「涼宮ハルヒの溜息」
まだまだ中高生の域を脱しきれないショウです。
ちなみにセカチューは僕も読みましたが、
コメントは控えさせていただきます。

本にメッセージを残すなんてカッコイイ母上ですね!しかも文がカッコイイ!
Posted by ショウ at 2006年06月16日 01:02
ををっ!ショウさん

お久しぶりです。
こんどショウさんのいちごちゃんネタ、紹介してもいいですか?
アレ見ると、つまんない悩みが吹き飛びます。
笑える、なんどみても笑える。
更新してください。

メッセージ残される身になってください。
見つけると、なかなか複雑ですよ。
Posted by くみ at 2006年06月16日 01:08
はじめまして♪
「本が好き」へのTBありがとうございました。

笑わせてもらっちゃいましたよ・・・。
どうして世の中の母親っていうのは「面白いネタ」だらけなんでしょうね。
といってる自分もそうなんだということに今さら気がついた次第です(爆

また面白いお話、お願いしますね~。
Posted by ヤヤー at 2006年06月17日 22:18
ヤヤーさま

トラバ貼らせていただきました。
コメントありがとうございます。
私の母は、その昔文学少女だったせいか、ちょっとネジが一本はずれとります。
私は書店で働いております。
本好きは、ちょっと「アレ」な人が多いです。
もちろん自分も含めて(笑)。

Posted by くみ at 2006年06月18日 21:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。