2006年06月04日

功名が辻「光秀転落」

今日の功名が辻、「光秀転落」・・・。
転落・・・不眠症で???

失礼。
でもそうとしか思えなかったです。

今日のボス(舘)も目がギラギラ。
あんな目で睨まれたら誰でも不眠症にナリマスヨ。

えー、
明智さん不眠症。
秀吉、水攻め真っ最中。
えっギャグ?
一豊くんと千代ラブラブハートたち(複数ハート)
最後にお前か!?六平太!?
主人公誰だっけ?
ってとこでしょうか?

あ、そうそう「本能寺の変」は1582年。
もう絶対忘れません。


人気blogランキングへ参加中です。



今日思ったのはですね。
信長様は自分で思ったことを絶対覆さないくせに、誰か聞いて欲しいんだ!!
ってことです。
その相手が明智さん。
明智さんにとってはいい迷惑かもしれませんんが。
だって「朝廷」のこととか「幕府」のこととか、

話相手、いないですもん。

それだけ明智さんを信頼してたんだ。

しかし、明智さんは不眠症でうつ状態。
マジ、不眠症はうつの第一歩です。
そのせいで自己否定が強くなってたみたいですね。
あ、ちょっと乱暴ですかね?

それは置いといて、信長さんが家康の接待役を明智さんに命じ(人がいないから)、それにいちゃもんつけて接待役を解任したのは、明智さんを中国へ行かせるため。

出雲、石見を与え、従来の知行地を取り上げる、と言ったのはボス的、激励。

秀吉と明智さんを競わせたかったのもある。

信長様は

「励め」

と言ったつもりが、明智さんに通じてなかったという・・・。

いや、本来のも光秀なら悟ったでしょうが・・・。
上様、冗談がきつすぎます。

家康さんだって、秀吉と千代だってわかったのにな。

あ、一豊くんはわからなくていいです。

明智光秀が古き良きところを愛した人だったのに対して、織田信長は新しい世界を作ろうとした人だった。
それはある、と思います。

相性悪かったんですな・・・。
しかし↑信長様はそう思ってない。

「刺し違えるつもり」ってところは「なるほど」・・と思いました。
しかし、その果ての代償は、一族火の海です。

信長49歳、光秀55歳、秀吉47歳。

てなわけで、

本能寺の変まであと7日!!

↑くどいようですがヤマト風に!

あ、来週は秀吉の「大返し」もやるらしいですね。
一豊くんの出番はそこだけのような気がする・・・。

人気blogランキングへ参加中です。









ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。