2006年06月03日

“少女革命ウテナ”絶対運命黙示録

少女革命ウテナ

というアニメをご存知ですか?

まぁ、大抵の方はご存知ないと思います。
てなわけでくわしいことは→こちらへ

監督・幾原邦彦氏の公式ページは→こちらへ
(ウテナの情報はありませんけどね)

ま、「変」なアニメであったことは確かです。




人気blogランキングへ参加中です。

ちょっと熱く語りますよ。



先日、同僚とお茶しましてこの「アニメ」の話になったんです。
あのころはまだふたりとも20代だったよ!
ほんとにね、真剣に見てたんですよ。熱かったよ!!
ビデオ(当時DVDなんてないよ)全巻買いました。
同僚はレーザーだった(笑っちゃいけないけど、笑)。

演出がシュールだったため、誤解されがちなアニメでしたが、語られている内容は深刻なものでした。

学園内で行われる決闘。
それは「世界を革命する力」を得るためのものでした。
世界を革命する力→自分の殻を破り現状を変えること。
であり、闘いに参加する生徒は、すべてソレを望んでいました。
決闘を勝ち抜いたものに「薔薇の花嫁」そして「世界を革命する力」があたえられます。

最後の決闘に主人公の少女ウテナは、友アンシー(薔薇の花嫁)のために赴き、そこで「世界の果て」を見ます。
そこで語られるのは「ジェンダー」
女の子は王子様になれない。
少女であるウテナは、少女であるアンシーのために「何もできない」と語られます。

結局、世界→学園にとって異物であったウテナはそこで消えてしまいます。
世界から弾かれた、ということでしょう。
しかしウテナは結果的にアンシーに革命を起こしたのでした。

泣いたよ、最終回!

少女革命ウテナDVD-BOX 前編 (初回限定生産)
キングレコード (2008-09-26)
売り上げランキング: 6855
おすすめ度の平均: 4.0
5 青春のすべて
5 永久保存版として大切にします
4 なつかしい、永遠があるという城へ
2 まぁまぁの内容
4 パッケージデザインの使い勝手だけが惜しい


少女革命ウテナDVD-BOX 下巻【初回限定生産】
キングレコード (2009-03-11)
売り上げランキング: 1943
おすすめ度の平均: 5.0
5 絵がきれいですね
4 あの頃の思い出として。
5 「世界の果て」を突き抜けた作品
5 四コマ座革命2
5 期待大




ちょっ、DVD欲しくなってきた。


人気blogランキングへ参加中です。


ラベル:アニメ
posted by くみ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。