2006年05月15日

“プラネテス”この宙は人の強さを試す!

帯をパクってしまいました。
講談社さん、すんません。

ここ2,3年ひっじょーに偏った漫画しか読んでない私が、堂々と人様に薦めることができる作品です。

プラネテス(1)

プラネテス Vol1
講談社
著:幸村誠
本体価格648円
ISBN:4063287351

2002年の星雲賞受賞作品です。

どうして人は宇宙を目指すのでしょうか?



主人公は星野八郎太(通称ハチマキ)
職業:船外活動スペシャリスト(EVA)←エヴァではない。
   と、言えばかっこいいが宇宙のデブリを回収する仕事をしている。
   通称「デブリ屋」

全然関係ありませんがガンダムSEEDとか見ていると、あとで「デブリ屋」が大変だな・・・と思います。

宇宙船のオーナーにどうしてもどうしてもどうしてもなりたい彼は、人類初の『木星往還船』の搭乗試験に挑みます。

どうして人は宇宙を目指すのか?

その答えはこの作品には描かれていません。
けれど彼は確かに何かを掴んだようです。

この作品アニメ化されてます。
まったく違う、でも同じ遺伝子を持った双子の『プラネテス』です。
不覚にも原作にないオリジナルのストーリーで、ついホロっときてしまいました。
それも紹介しようと思ったのですが

資料(DVD全巻)、妹の旦那氏に貸したまま返ってきてなかった・・・

ちぇ。

人気blogランキングへ参加中です。




ラベル:コミック
この記事へのコメント
プラネテスですか。いいですよねぇ、これ。
俺は、ユーリの話が結構好きです。アニメの方も。プラネタリウムで見たのもこの話だったので、印象深いです。

後は、ラビィさんの話で不覚にも泣いてしまった覚えが。

マンガもアニメもどちらもおススメできますよねぇ。俺も結構人にススメました(笑)
Posted by mid at 2006年05月16日 20:37
midさん

コメントどうもありがとうございます。
そうです!わたしもラビィさんの話で泣いたんですよ。←今思いだしましたよ!ありがとう!

私は最初アニメを知って、その後マンガを買って、でDVD揃えました。

マンガは友人に薦めたら、その友人ったらすでに全巻持ってたりして
「さすが我が友」
と妙な感心しました。

なので妹夫婦に薦めました。

マンガもアニメも名作です。
Posted by くみ at 2006年05月16日 21:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。