2006年05月01日

功名が辻「新しきいのち」

 今年の大河、いまいち評判がいいのか悪いのかわかりませんが、私は欠かさず見てます。
 とりあえず母も、母の実家の祖母も見てます。
 昨年、祖母に
「来年の大河は『功名が辻』だよ」
 と言ったら
「地味だから見ない」
 なんて言ってましたが、今じゃ毎週楽しみにしているようです。
 この前なんて、上川隆也氏と仲間由紀江さんが、本当にくっつけばいいなんて言ってました。

 今週は『新しきいのち』
 一豊と千代の間に女児誕生。
 旭再婚。
 勝家VS秀吉、勃発。
 舘、激怒。

 いつも思うんですが、毎週毎週エピソード詰め込みすぎですね。
 でもいいや、面白いから。

 いきなり千代のお腹が大きくなっててびっくりしましたが、一豊くんもびっくりしてましたね。
 結婚八年目にしてやっとお子様誕生。
 おめでたいことなのですが・・・。
 この子の将来を考えると・・・つらいなぁ・・・。

 旭の再婚も、相手に恵まれ(野口五郎にはおどろいた)、うまくいきそうですが、やっぱり将来を考えると・・・。

参加中です。
 人気blogランキングへ      そして勝家と秀吉の確執がすでにはじまっています。
 筆頭家老である勝家と百姓出身の秀吉。
 どう考えたって、どちらもどちらの下につけない。
 
 悲劇の種はあちらこちらに散らばっていますね。

 最後に舘・信長が怖かった。
 今回の信長は『狂気的な信長』だそうですが、私、聞いたときは頭のなかで『凶器』と変換してました。
 だってねぇ・・・。

 原作の『功名が辻』は、まだ全部読んでいません。
 ロンブー淳が全部読んだとスタジオパークで言っていたとき、妙なライバル心が沸きました。
 淳が『城好き』で『戦国もの好き』だということはずっと前から知っていましたよ。
 なんか、好きなものについて公に語れる人に、私は嫉妬してしまうのです。
 馬鹿だなぁ。自分。

 私の戦国時代の知識はほとんど『山岡荘八』氏によるものであって、『司馬遼太郎』氏に手をつけたことがなかったのですが、淳のおかげで読む気になりました。
 
「ありがとう」と言っておくべきか?

 来週は

『秀吉謀反』

 ここらへんのエピソードは有名ですね。
 半兵衛の策略ってことにしちゃうのか?

参加中です。励ましのクリックお願いします。↓。
 人気blogランキングへ 







    


ラベル:功名が辻 ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。