2010年07月23日

“神々の午睡”

あさのあつこセンセの「神々の午睡」です。

注・この記事、3月から放置してました・・・。

あさのセンセは最近とっても精力的だ。

あさのセンセといえば、代表作はやっぱ「バッテリー」

「バッテリー」から、今、あさのセンセの書く世界は一般書、SF、時代小説、ミステリーと広がっている。

最近、作品を発表するスピードが速くて、わたしは追いつけませんよ。

「The MANZAI」が〈5〉まで発行されてたなんて・・・さっき知ったよ。

そういえば「NO.6」の#8もまだ買ってないや(発行は昨年夏)。

え〜、この「神々の午睡」

発行は昨年10月です。

書店で見かけたとき、たまげました。表紙に。

創作集団「CLAMP」と「あさのあつこ」という組み合わせにびっくりさ。

でも、この作品は「アニメディア」(一番手に入れやすいお値段のアニメ雑誌)に連載されていたものだそうで、まぁ、一応納得。

「CLAMP」が装丁とか手がけると、まんま「CLAMP」作品っぽくになっちゃうからさ。

この「神々の午睡」は、あさの版「神話モチーフファンタジー」なので、「CLAMP」の「神話モチーフファンタジー」・「聖伝」と被るんじゃないかな〜、と、ちょっと違和感があったんですが。

神々の午睡
神々の午睡
posted with amazlet at 10.07.22
あさの あつこ
学習研究社
売り上げランキング: 21545
おすすめ度の平均: 4.0
4 人間臭い神々の物語
4 もうひとひねり欲しい。


大神クォリミクルミテが世界全てを支配した時代。

神がいて、人がいて、神と人との間に「箜」(クウ)がいた。

神とて、恋もすれば、嫉妬もする。

口争いもすれば、失態を犯したりもする。

神と人と箜が、共に生きた時代の現実の記録・・・。


神も恋をする。

神も失敗を犯す。

神にも情がある。

それゆえに、人間は神に振り回されるのですが。

こういう多神の世界は好きです。

わたしはギリシャ神話も北欧神話も、インド神話(ヴェーダ神話、ブラーフマナ・ウパニシャッド神話、叙事詩・プラーナ神話)も古事記も大好きなんですが、人間以上に生々しい、営みが繰り広げられています。

この作品もそんな感じ。

多神神話は、すなわち自然崇拝、自然派生です。

誰か1人のカリスマが唱えたわけではなく、その地域で暮らす多くの人間が、同時に思ったことがそのまま崇拝になっていったのです。

作物に恵をもたらす、太陽、雨、大地にを崇拝するのは自然なことです。

もとは多神神話は、太古の女性原理、大地母神信仰がもとになっています。

ギリシャ神話の大神ゼウスにだって、お母さんがいます。

「原始、女性は太陽だった」

って言ったのは平塚らいてうです(中森明菜の31枚目のシングルのことではなーい)。

自然の神秘は女性の神秘。

などと多神神話、多神教への思いはつらつらとありますな。

オタクっぽくなるのでここら辺でやめときます。

この本は簡単なので、中学生向きかな?

夏休みの読書感想文にどうかな?

Amazon.co.jp神々の午睡

楽天ブックス神々の午睡

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 12:17| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。