2010年03月10日

“実朝の首”

葉室鱗氏の「実朝の首」です。

鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れてしまいました。

昨日(3/9)からの悪天候の影響と言われています。

八幡宮のご神木だった大銀杏。

鎌倉幕府三代将軍・源実朝を暗殺した、甥の公暁が隠れていた銀杏、ということで「隠れ銀杏」と呼ばれていました。

公暁は実朝の首を刎ねるとき、

「親の仇は、かく討つぞ」

と叫んだとか。

このとき、殺された実朝二十八歳、殺した公暁二十歳。

大銀杏に公暁が隠れていた、ということは江戸時代からの言い伝えらしいです。

歴史小説にもこのシーンは多く登場しますが、これは現代の作家の資料に基づいたフィクションであるので、本当のところは誰もわからない。

でも、大銀杏はそこに立っていて、真実を見ていたことは確かです。

真実を知っていた、偉大なる歴史の目撃者が倒れてしまいました。

ちょうどこの「実朝の首」を読んでいて、記事に書こうとしていて、他の資料も読んでいたところだったので、大銀杏が倒れてしまったことを知って、その偶然にびっくりしました。

そしてネタ的には「ナイスタイミング!」と思ってしまいました(申し訳・・・)。

実朝の首
実朝の首
posted with amazlet at 10.03.10
葉室 麟
新人物往来社
売り上げランキング: 140896


建保七年、正月二十七日、雪の夜。

鶴岡八幡宮で右大臣拝賀の式の夜、源実朝は甥の公暁に暗殺された。

公暁は実朝の首を刎ね、首を抱えると闇の中に消えた。

公暁を唆したはずの三浦義村は、土壇場で公暁を裏切り、公暁を討った。

公暁が持っていたはずの実朝の首は見つからない。

北条義時、三浦義村、後鳥羽上皇、そしてとある人物。

死んだ実朝の首が、男たちを振り回す。

我が子が孫に討たれるというおぞましい悲劇の中、冷静な決断を下す尼将軍・政子。

そして、真実を知る少女がひとり・・・。


鎌倉時代初期のことは、実はややこしくて、わたし、よくわかりません。

印象としては「血生臭い」

北条一族が比企一族を滅ぼした理由は、なんとなくわかるのですが。

陰謀ありすぎ。陰謀なくても皆殺し。

娘の夫だろうが、妹の子だろうが、従弟だろうが、おかまいなし。

余計な疑いを持たれて(疑いを持たれた方も悪いのですが)、血祭りに上げられたものが多すぎる。

公暁の父、頼家に手をかけてのは北条一族。

頼家が死んだとき、実朝はわずか十三歳。

公暁に、実朝を「親の仇」と吹き込んだのは誰だったのでしょうね?

わたしはずっと、公暁の黒幕は三浦義村だと思っていたのです。

この作品では、もっと複雑に人々が絡み合っていて、物事は一方から見てはいけないのだな〜と、つくづく思いましたよ。

三浦義村は真っ黒ですが、他にも怪しい人間はいた、と。

どいつもこいつも怪しいんですけど。

実朝の首が、公暁に奪われ、その後見つかっていないということもはじめて知りました。

資料調べたら、ちゃんと書いてありました。

物語は実朝の首をめぐって、描かれます。

体裁を守るため、実朝の首を取り戻したいもの。

忠義のため、首を守るもの。

権威のため、首を手に入れることを望むもの。

寵愛のため、首を奪うもの。

殺された実朝の遺言とは?

実朝という人は、北条氏の傀儡と思われているところも多いけれど、本当はそうじゃなかった、というところが清々しい。

将軍家正統であり、政子の精神の後継者(いや、実の孫だが)、竹御所鞠子(頼家の娘)も登場し、歴史好きとしては、ツボを押さえてるな〜とカンジさせらる作品です。

Amazon.co.jp実朝の首

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 22:14| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恥ずかしながら、八幡宮の大銀杏が倒れたのを
知りませんでした^^;;;
灯台下暗し、とはこのことか・・・(違)
ニュース画像を見て、愕然としております。

葉室さんの本は、
ミステリー調な感じで先が気になって
どんどん読み進めてしまう印象です。
この本は、タイトルからして血生臭そうですよね^^;;
戦国時代以外の物を読みたくなった時に、
手にとってみようと思います。

余談ですが・・・
葉室さんの名前を目にする度に、
「アムロ・レイ」が浮かんでしまうのは、
僕だけでしょうかww
Posted by 豆州 at 2010年03月10日 22:44
>豆州さん

ツイッターで毎日jp編集部@mainichijpeditをフォローしておくと、ベンリです。

大銀杏が倒れたのも、↑のツイートで知りました。

五輪のプルの銀メダルも↑のツイートで知りました。

坂東武者というのは、血気盛んというイメージがあります。

その坂東武者を治めていたのが、京出身の頼朝だったっていうところが、妙なバランスだと思います。

この時代のことって、戦国時代よりも、まだまだ掘り下げられていないと思うのですよ。

>葉室鱗

アムロ・・・、いや、まさかな、と思ってアンサイクロペディアをぐぐってみた、アホウはわたしです。
Posted by くみ at 2010年03月11日 21:42
なるほど〜
ツイッターですと情報収集がまさにリアルタイム、
でしょうね。
くみさんはだいぶ使いこなしてますね^^
Posted by 豆州 at 2010年03月12日 20:29
>豆州さん

内藤みかさん著「夢をかなえるツイッター」を参考にしてます(受け売りです)。

この本の記事も書かなくちゃ!!
Posted by くみ at 2010年03月12日 22:28
ごぶさたしておりまして・・・
・・・やっぱツィッターわからん・・・(泣
まあそれはおいておきまして、例の大銀杏、
昨年の社員旅行で訪れたばかりだったのでニュースを見て驚きました。
あんなことってあるのですねえ…
くみさまの記事を見てそんな伝説があったのかとさらに驚きましたが、ロマンがあっていいなあ。
自然災害とはいえ残念です。

それはそうと車の(運転の)調子はいかがです?
アタクシ運転歴8年で修理にいくらつぎ込んだかわかりませんことよ。
スピードは出しすぎないこと、まわりをよく見ること!(超激しく自戒
Posted by ぽるきち at 2010年03月23日 23:31
>ぽるきちオクサマ

をを!実際に鎌倉を訪れていらさったのですね!!
わたしは実物を見たことはないんですけど、なんか、とてもショックだったです。

幼い頃、実朝が銀杏の陰から出てきた公暁に斬られるシーンをドラマで見たような気がするのです。
本で読んだものを勝手に映像にしているのかもしれませんが。

この「実朝の首」をちょうど記事にしようと思っているときだったので、偶然にびっくりしました!

>車

・・・・。

え〜、先日、某コンビニの駐車場でコンクリートの壁に後方をぶつけました。
けが人はおりません。
被害者はマイカーです。

新しい傷がまたひとつ・・・。

>まわりをよく見ること!

よく言われるんですよね、まわりを見ろって。
たぶん、初心者で運転ベタって、まわりを見ることができないというか、運転だけでイッパイイッパイなんですよね。

気をつけます。

ちなみに修理費用はまだ1円もつぎこんでおりません。

まだぶつける可能性があるからです(と、車屋に言われました)。
Posted by くみ at 2010年03月24日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143271280

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。