2010年01月31日

龍馬伝 第5回「黒船と剣」

龍馬伝、第5回「黒船と剣」

観たぜよ。

今日で1月も終りぜよ。

「光陰、ウサイン・ボルトの如し」とはよく言ったものぜよ(by銀さん・銀魂)。

あーだこーだ言いつつ、龍馬伝、1月を乗り切ったぜよ。

昨年のアレは10回でリタイアしたけんど、今年はどうかのう?

とりあえず、行ってみるぜよ。

嘉永六年、六月。

ついに黒船が浦賀に姿をあらわしました。

とりあえず時間を稼げ、という幕府の命令で、龍馬もピエールも江戸湾岸の警備に駆りだされました。

しかし、200年以上も戦がなかったため、武士は鎧兜の付け方も知りませんでした。

龍馬伝〈1〉
龍馬伝〈1〉
posted with amazlet at 10.01.31
福田 靖 青木 邦子
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2507


幕府とペリー側のやり取りは

「親書を受け取れ!!」←黒船

「まずは長崎へ!!」←幕府

と、堂々巡り。

いらついたペリーは、ついにミシシッピー号を江戸湾へ向かわせました。

その頃、警備を抜け出して黒船を見に行った龍馬は、同じ目的の桂小五郎と再会しました。

そして目の前に現れた黒船!!

二人とも口あんぐり、です。

「うおあーーーーーー!!!」

と奇声を上げる龍馬。

デカルチャ!!!

桂さんは「蒸気船」とか「タール」とかよく知ってました。

吉田松陰先生から教わったそうです。

ペリーに押されまくって、ついに幕府は米大統領の親書を受け取りました。

このことで、徳川幕府の政に疑問を抱くものが多くなりました。

土佐では武市さんも弥太郎も熱くなっておりました。

黒船を見てしまってからの龍馬は、剣の修行に身が入らなくなってしまいました。

そのことを佐那に指摘される龍馬。

佐那はすっかりわかりやすく、デレてます。

女装!?とか思って、あ、女の子が女装って変だよな、と思いました。

「あんな化け物には刀は通用しません」

という龍馬。

剣の修行に来ているのに、剣を否定してしまっては、千葉道場にいる意味がなくなってしまいます。

佐那に、父定吉や兄いっけいには決して言わないようにと釘を刺される龍馬。

きんつばはちゃっかりもらって帰りました。

得して世の中生きていけるタイプみたいです。

龍馬は黒船の落書きなんかしちゃって、なんか、イタタなカンジです。

その頃、佐那はいっけいに、きんつばと龍馬への恋心を指摘されていました。

最近の佐那は、縫い物や茶の湯もするようになったそうです。

「お前、あいつに惚れたのか?」

「わかりません」

もう、龍馬のことを以前のように見れなくなってしまった、と佐那。

それが「恋」ですよ〜。

男のように育った佐那がついに「恋」!!

いっけい大喜びです。

龍馬は桂さんを訪ねます。

桂さんもわかりやすく、黒船のことが頭から離れない状態になってました。

「何もかも変わってしまうかもしれん」

桂さんから「攘夷」という言葉を教わる龍馬。

桂さんもどうしたらいいのかわからないそうで、

「わからんときは学問じゃ!!」

と、あれから猛烈勉強に励んでいたみたいです。

剣ではあの化け物には勝てない、と思うことは剣を否定すること。

それは武士をやめるということ。

自分で考えろ!!と桂さんに言われる龍馬です。

幕府では胃の痛い老中阿部伊勢守が、アメリカからの親書の内容を諸大名に開示。

いままで、幕府にされるがままだった大名たちははじめて政への意見を求められました。

土佐は藩士から意見をつのり、それが抜擢人事へと繋がりました。

そうして、参政となったのが、わたしも名前だけは知っている吉田東洋です。

武市さんも弥太郎も意見書を出しました。

武市さんは、酒飲みの殿さまからお褒めの言葉をいただきました。

龍馬は父上や家族を安心させるために、「異人の首をとってやるぜ」みたいな勇ましい手紙を書きますが、乙女姉やんにはすっかり見抜かれていました。

ある日、龍馬は千葉道場で定吉に問われました。

「お前の心はどこにある?」

定吉と打ち合うもやられてしまいます

心ここにあらずをすっかり見抜かれていた龍馬。

指摘されて、つい本音を。

「戦になったら刀など役に立ちません」

縫い針みたいなもんだとまでぬかしました。

「何のため、剣の修行をしているか、わからんとです」

それを言っちゃうと、千葉道場にいる意味がありません。

「出て行きなさい」

道場を追い出されました。

「なんちゅう馬鹿なことを・・・」

ここで、また躓いたりして泥だらけに・・・とか不安になりましたが、大丈夫でした。

剣を否定したことを後悔しつつ、しかし、これからどうしてようのかわからず・・・。

とりあえず答えの出ないまま終わりです。

でも来週の予告で、佐那とよろしくやってました。

次回、「松蔭はどこだ?」

大河のタイトルに「?」がつくのは、やっぱり変ぜよ。

Amazon.co.jp龍馬伝〈1〉

書けた。

寝るぜよ。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 23:00| 静岡 ☁| Comment(12) | TrackBack(2) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに「デカルチャ!」という表現が、
ピッタリですね〜♪
まずは相手の技術を盗んで、バルキリーを開発・・・
ではなくて、対抗できる武器を作らにゃどーしよーも無い
のですが、開国してしまった幕府は何故か
ダメな感じで見られてしまうんですよね^^;;

今日からマイカー通勤開始でしょうか?
運転は、まさに「ならうよりなれろ」だと思います^^
くみさんは勘も良さそうなイメージですので、
すぐに慣れるかと。
Posted by 豆州 at 2010年02月01日 21:23
>豆州さん

>デカルチャ!

どうなんでしょうね〜、龍馬のあの奇声。

幕府が開国したことで、攘夷の思想が広がってしまうわけですが・・・うーん、どうだろ??と思ってしまいます。
あの時代はホント、ややこしいので、わかりやすくかつくわしく描いてほしいです。

>マイカー通勤

帰りに職場の駐車場で、となりの車に擦ってしまいました・・・。

マイカー購入後、5日で加害者です。

保険はおりますが・・・自費にしたほうが安くなるかも。
Posted by くみ at 2010年02月02日 19:30
龍馬の奇声は・・・
弥太郎のインパクトに対抗する手段ですかねw

ま、開国しなきゃ江戸を砲撃されてたでしょうから、
するしかなかったわけですが・・・
それで攘夷が広がるのは仕方無いのですが、
その後、薩摩も長州も単独で外国と戦って、
攘夷はムリだと悟った時に、
あの時の幕府の判断は正しかった、
という評価が皆無なんですよね。

結果的に倒幕後の政府が、
幕府をおもいっきり悪者にして後世になっても批判し続ける、
という姿勢ゆえに、
幕末の幕府の功績は実はけっこうあるのですが、
無かった事や、新政府が手柄横取り、
になってるのが、徳川贔屓としては腹立たしい限りです。

車は・・・
擦ったくらいでよかった、とは言えませんかね^^;
僕は信号待ちの渋滞の中でオカマを掘った事が
ありますが、
コツンと当たったくらいなのに、
通院費も含めてかなりの額が保険から支払われた
記憶が・・・
100万近くだったと思いますwww
Posted by 豆州 at 2010年02月02日 21:49
>豆州さん

そうですよね!!
あの場合、開国しか選択はないですよね。
攘夷という思想は、無理があるだろー、と思ったことがあります。
ま、攘夷の思想があったからこそ、明治に入ってから、日本は富国強兵の道へと歩み、技術が飛躍的に進歩したのは確かですが。

>車

確かに擦ったくらいで良かったのかもしれません。
人間相手じゃなくて本当に良かったです。
Posted by くみ at 2010年02月03日 18:39
円満解決、なによりでございました^^

そういえば・・・
「MJ アニソンSP2」の再放送は、
いつ放送するんですかねぇ
Posted by 豆州 at 2010年02月03日 19:50
連投スミマセン。

「MJ アニソンSP2完全版」
2/13 23:30〜25:00 だそうです。

メインさんは、
「pink monsoon」と 「インフィニティ」

まめぐは、
「星間飛行」と「ジェリーフィッシュの告白」

そして2人で「ライオン」

今度は忘れないようにしなければ^^;;
Posted by 豆州 at 2010年02月03日 19:56
>豆州さん

>円満解決

ええ、お相手の方が

「もともと傷の多い車なので、修理はいいですよ」

と言ってくださったのです。

菓子折り持ってお詫びに参上するつもりでいます。

>MJ

ああ・・・、我が家、BS加入してないんですよ・・・。

ところで、豆州さんもツイッターなさるといいよ、と思います。

レッツトライ!
Posted by くみ at 2010年02月03日 20:09
>円満解決

それはまさに「円満解決」ですね!
お相手の方も器の大きい方だったのですね^^
くみさんの誠意というか、申し訳無いという気持ちが
しっかり伝わったからなのでしょうけど。

>MJ

妹さんにお願いを・・・
ウチもTV本体でしか録画できないんで、
DVDに焼いたりできないのが難点です。

>ツイッター

一応アメブロには「なう」という、
つぶやき機能もあるのですが・・・
アメブロ内でしか見られないんですよね^^;;



Posted by 豆州 at 2010年02月03日 21:59
ツイッター始めてみました^^

「返信」しても、相手がフォローしていないと
相手のツイッターには表示されないのですね^^;;
Posted by 豆州 at 2010年02月03日 22:56
>豆州さん

>円満解決

器の大きい方でしたよ!!

しかし、わたしの運転が下手、という事実はまだ問題なのでした。

>ツイッター

アメブロの「なう」よりツイッターのほうが世界基準ですから、使いやすいと思いますよ。

さっそくフォローさせていただきます。
Posted by くみ at 2010年02月04日 18:34
くみさま、お元気でしょうか?
更新がないようなのでスコシ心配に…
あ、「つぶやいて」いらっしゃるのかしら。
我が家は全く乗り遅れたままでしたわ(泣
Posted by ぽるきち at 2010年02月22日 00:05
>ぽるきちオクサマ

ご心配おかけして申し訳・・・。

更新する気はマンマンあるのですが、ただいま某役所関係でアルバイト(2ヵ月)しており、久しぶりの社会人生活にヘタっておりまして・・・。

あと、頑固な胃痛のせいで、テンション低く・・・。

生存確認は当ブログのツールバー右「FOLLOW ME ON TWITTER」と飛んでいる鳥のあたりをポチって下されば、わたしの呟きだけ出てきます。

オクサマ、わたしついにモビルスーツを・・・!!じゃなくって「マイカー」を購入いたしました!!
Posted by くみ at 2010年02月22日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【大河ドラマ】龍馬伝第5回:黒船と剣
Excerpt: 面白さが増してきましたね。いよいよ時代が動き出します!【今回の内容】・ペリーが来航し、龍馬も江戸湾の警備に駆り出される 浦賀に停泊中の黒船見たさから警備を抜け出す龍馬 偶然、桂小五郎と出会い黒船見学へ..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2010-02-01 19:25

龍馬伝〜第5回 感想「黒船と剣」
Excerpt: 龍馬伝ですが、黒船来航という国難に主席老中・阿部正弘(升毅)は「とにかく時間をかせげ!」と厳命します。幕府得意の因循姑息なぶらかし外交ですが、坂本龍馬(福山雅治)の故郷でもある長崎に行くよう懇願します..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2010-02-01 22:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。