2010年01月31日

“仲蔵狂乱”

松井今朝子「仲蔵狂乱」です。

わたしは、歌舞伎の世界のことをちっともわかってないのですが、松井今朝子氏の作品には引き込まれてしまいます。

松井今朝子氏はもともと松竹に勤務されていて、その後フリーランスになり、歌舞伎関係の執筆をなさっていたそうですね。

豊富な知識と資料の積み重ねが、リアリティに繋がるのですね。

わたしはこの作品の主人公「中村仲蔵」という役者のことを知りませんでした。

仲蔵狂乱
仲蔵狂乱
posted with amazlet at 10.01.31
松井 今朝子
講談社
売り上げランキング: 454849


仲蔵狂乱 (講談社文庫)
松井 今朝子
講談社
売り上げランキング: 157300
おすすめ度の平均: 5.0
5 生き生きと描かれている登場人物
5 歌舞伎に馴染みがなくても
5 繰り返す天国と地獄
5 感動!!


貧しい浪人の子として生まれ、三歳で両親と死に別れ、裏長屋をたらい回しにされて育った仲蔵。

売られるように、梨園に引き取られ、十歳で初舞台。

しかし、血筋の良さがものをいう世界で、「地鶏」である仲蔵が這い上がるには、想像を絶する地獄が待っていた。

不世出の名優が辿る波乱の生涯。


華やかな舞台の裏はなかなかに壮絶です。

女の嫉妬は怖いというけれど、男の嫉妬はもっと怖いような気がします。

門閥外でありながら、常に上を上を目指す仲蔵に、同僚たちは「身の程を知れ」とばかりに暴行を加えます。

暴行・・・というか「楽屋なぶりもの」と言うそうですが。

仲蔵は声が良くなかったそうです。

「役者は一に声、二に顔」と言われるそうです。

仲蔵は声をカバーすべく、呼吸の出し入れを研究し、舞、所作で観客の目を惹くように常に工夫しました。

「仮名手本忠臣蔵」で「定九郎」の役を振られたときから、仲蔵の運命は大きく変わります。

「定九郎」を、地に落ち、食詰めた生々しい浪人として演じてから、仲蔵の人気は江戸市中にとどろくこととなります。

次々と大役を演じるようになる仲蔵。

しかし、人気が出れば出たで、ありもしない噂をたてられ、恨みを買う。

立作者からは嫌がらせをされる。

義理立てする性格につけこまれ、大金をはたく羽目になる。

仲蔵の苦労は絶えません。

それでも一心不乱に芸に生きる仲蔵。

高みへと上り詰める姿に、こう、血が熱くなるような気持ちになります。

市川団十郎、海老蔵、中村勘三郎、松本幸四郎、坂東三津五郎など、現代でもおなじみの名前が登場します。

わたしは十分面白く読みましたが、歌舞伎に詳しい方だったら、もっと楽しめるのではないでしょうか?

Amazon.co.jp→仲蔵狂乱仲蔵狂乱 (講談社文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 17:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(松井今朝子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。