2010年01月25日

龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」

龍馬伝、第4回「江戸の鬼小町」

ちゃんと本放送を観たぜよ。

まだ、大丈夫ぜよ。

それではGO!ぜよ。

「これが江戸!!賑やかじゃのう!!」

嘉永六年四月、龍馬とピエールは江戸に着いたぜよ。

江戸の賑わいに浮かれて、ふらふらしてる龍馬が、うっかり誰かとぶつかって、ひと悶着起こして、また泥だらけに・・・と危ぶんだけんど、それはなくて安心したぜよ。

別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 44915


龍馬が江戸で滞在した場所が、土佐藩中屋敷(の片隅)だったと知り、やっぱり龍馬は恵まれている方なんだよな、と思いました。

あのまま、弥太郎が江戸へ着いてこれたとしても、藩の許しのないものは中屋敷には滞在できないもの。野宿だもの。

龍馬はさっそく北辰一刀流千葉道場へ。

女子どもの稽古に太鼓を用いるという案は、いいのか?

盆踊りみたいで、気が抜けそう。

そこで、龍馬は千葉定吉の娘・ミ・・・じゃなくて佐那と立ち合い、やられました。

千葉道場で、佐那に敵うものは誰もいないそうです。

千葉定吉の「作品」

佐那は、幼い頃から剣一筋で育てられ、自分が千葉道場の「看板」だということを強く意識しています。

属性は「ツンデレ」です。

その頃〜、武市さんはマイ道場&塾の営業に励んでおったぜよ。

弥太郎は、元気に武市さんに嫌味を振りまいておったぜよ。

弥太郎は、人の心の薄暗いところを読み取るよな〜。

江戸の龍馬は、剣の修行だけで精一杯一杯です。

広い世の中を見る!!という大事な目的はどうした!?

と、乙女姉やんからお叱りの手紙が届きます。

そんでもって、ピエールに広い世の中を見聞するためにイイトコロに連れて行かれました。

イイトコロっていうか〜、あの怪しげな酒場、何?ピンクの照明??

女子にうつつを抜かしたらいかん!!という父上の言いつけを守る龍馬。

そんな龍馬に声をかけてきたのが、これまた怪しげな男・長州藩士・桂小五郎(お楽しみ済)です。

この桂小五郎、酔っ払いながら熱く世界を語り、日本が諸外国に狙われている、と話します。

そんな小五郎の話は、龍馬にはまだピンときてません。

さて、今回は土佐と江戸と話が飛び交っていたのですが、それは、ま、いいです。

土佐の岩崎家。

弥太郎父は、たまに働く気になったら肩が外れた、という情けない有様です。

真剣に、真剣に、どぎゃんとせんといかん!!(あ、これは違うか)という状態に弥太郎は

「わしも塾を開くぜよ!!」

塾を開きました。

が、武市さんのとこと比べると、洟垂れ小僧(バカ)しかやってこない岩崎塾。

そこへ、縁談を断ってしまった加尾が、何故だかあらわれます。

「私に学問を教えてくださいませ」

「夜明けじゃーーーっ!!!」

弥太郎さ、やっぱ加尾の縁談知らなかったな。

その頃の龍馬。

千葉道場で、女子ども相手の朝稽古をつけるようになってました。

通りかかった佐那を朝稽古に参加させたため、なんだか二人の仲は急速に接近です。

「ツンデレ」に対して、「デレ」を指摘してはいけません。

なんか〜、公式のあらすじに、「龍馬の真摯な姿勢に惹かれ・・・」みたいなことが書いてあったけど・・・。

あんまり急速すぎるんで、

イケメンに惚れた

としか思えなくて残念です。

父定吉に、「坂本には勝てん」と指摘されてしまった佐那は、龍馬に立ち合いを挑みます。

父定吉は、もうそろそろ、佐那も年頃だし、千葉道場の看板を背負うよりも、女としての自覚を持ち、幸せになって欲しい気持ちがあったんでしょう(別に相手が龍馬じゃなくてもいいんだけど)。

佐那も自分の限界みたいなものをわかっていたんじゃないかな??

でも認めたくなかった。

佐那はもう、龍馬には勝てなくなっていました。

「私が女だから・・・」

ところで、このドサクサにまぎれて龍馬が佐那を押し倒したり、動揺したりするシーンですけど、

わたしはエヴァンゲリオンで、綾波を押し倒したシンジを思い出しました。

えと・・・中2っぽいっていうか・・・。

「私は弱くない。あなたが強すぎるのです。私は弱くない」

龍馬は、佐那に、佐那の凛々しさは剣の修行から得たものだ、みたいなことを熱く語ります。

龍馬、無意識で女をひとりゲットです。

福山龍馬は、まわりの女が勝手に惚れてく男みたいです。

佐那は・・・多分、龍馬と出会わなかったほうが良かったんだよな・・・。

罪な男ぜよ!!

そして、ついに浦賀に黒船がやってきました!!

なんだか知らんが走り出る龍馬。

江戸の街は大混乱に陥っていました。

次回、「黒船と剣」

来週の弥太郎も楽しみぜよ!!(出番あるのか?)

Amazon.co.jp別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 21:48| 静岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(3) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばらく更新されてないなあと思ったら、
風邪を召されておいででしたか。
もうすっかりよくなられましたか?

太鼓で稽古って、実際どうなんでしょうね。
ドンドンドン、ドンガラカッカドンて、
これのどこで振るの?と思ってしまいました。
かえってタイミングがつかめなくて難しくなりそうな。
展開はかなり急で強引ですが、それなりに伏線も張っていて、
笑いあり歴史ありのドラマにはなってきてるかなと感じました。
これから、というところですね。
Posted by カタリーナ at 2010年01月25日 23:21
佐那やんのツンデレフィールドを
いともたやすく突破する龍馬こそ・・・
汎用(オールジャンルOKな)人型決戦兵器
なのかもしれませんなw

>桂小五郎(お楽しみ済)

登場後、ピエールさんがお楽しみで同じ落書きを顔にされてる、
という芸の細かさが、ちゃんと作り込まれてる作品だな、
と思えました^^
Posted by 豆州 at 2010年01月26日 20:17
>カタリーナさん

お返事遅くなってすみません。

風邪、のせいもあるのですが、更新してなかった理由の80%はサボリです。
ログインするのもメンドクサイ・・・という・・・。
モチベーションの低下?みたいな。

あと、花粉のダメージです。

>太鼓

あれね〜。大きな声は出るけど、気合はいるのかな〜??と疑問でした。

佐那の父定吉と兄いっけいが、龍馬と佐那の接近に寛大でしたね。

いいのか?それでいいのか??

とかって思っちゃいました。

Posted by くみ at 2010年01月27日 20:00
>豆州さん

龍馬、ツンデレを落とすあたり、ヱヴァ破の碇シンジのようです。

あ、豆州さん、まだ「破」は観ていらっしゃらない??
観てください(ヲイ)。

>桂小五郎

あの、ピエールの落書きシーンで、小五郎のヒゲの謎がとけたあたり、笑いのシーンも結構いいな、と思いました。

ところで、来年の「江」、決まりましたね。
Posted by くみ at 2010年01月27日 20:10
「破」はまだ見てません^^;;
TVでやるまでいいかな、なんて思ったりw

「のだめ」を見ていないせいか、
上野さんにはさほど興味はありませんでしたが・・・
江を演じるには若すぎるなぁと思いました。
「篤姫」と似たような路線なんですかね・・・。
Posted by 豆州 at 2010年01月27日 21:00
豆州さん

>「破」

次の「Q」の公開まで、テレビでの放映はないんじゃないでしょうかね?

>「のだめ」

「のだめ」は、わたしもあんまり見てなかったのですが、上野さんと聞いて、「朝ドラ」が思い浮かんだですよ。

江は、たくさん子どもを産む役なので、ちょっと上野さんだと若すぎるような。

>「篤姫」

似たような路線になりそうですね・・・。
Posted by くみ at 2010年01月27日 22:01
上野江、皆様の感想が聞いてみたくなったので、
ちと遅ればせながらですが記事にしたぜよ。

ところで、運転の練習をされているようで・・・
次回の上京はもしや車で!?w
Posted by 豆州 at 2010年01月27日 22:27
>豆州さん

記事拝見したぜよ。
路線は朝ドラぜよ。

>上京

あの、まだ車がないのですが・・・。

っていうか、上京って無理無理無理無理!!

Posted by くみ at 2010年01月27日 22:52
>上京

ニゲチャダメダニゲチャダメダニゲチャダメダ(爆)

というか、車ならばコミケでたくさん購入しても
問題無しですよ!w


江=朝ドラ・・・納得してしまいましたww
Posted by 豆州 at 2010年01月27日 22:58
>豆州さん

ミケで駐車場は入れるのはサークルさんだけですから。
っていうか、そんなたくさん購入してないしっ!!←今は。

車はあさってくるのです。

Posted by くみ at 2010年01月27日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

龍馬伝 4話 ツンデレのない恋愛なんてわさび抜きの寿司みてぇなもんだ
Excerpt: よし、1月はちゃんと見た!…と思ったら来週も1月だった。来週はライブに行くので録画なんだけど…見れるかな?
Weblog: DOWN IN SMOKE 猫馬鹿無用編
Tracked: 2010-01-25 21:55

「龍馬伝」第4話。
Excerpt: 今週は姪っ子の帽子編むのに忙しくてあんまり画面を見とらんぜよ。でも一応感想は書くぜよ。
Weblog: Flour of Life
Tracked: 2010-01-25 22:17

龍馬伝〜第4回 感想「江戸の鬼小町」
Excerpt: 龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は殷賑の江戸の街に着きます。火を吹く大道芸人や浮世絵、松の盆栽など色彩豊かで人も多いですが、龍馬は「みんな生き生きしちょるのう」と喜びます。千葉道場では女子供相手の剣..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2010-01-26 15:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。