2009年12月28日

“花宵道中”

宮木あや子「花宵道中」です。

著者・宮木あや子氏は短編「花宵道中」で「女による女のためのR−18文学賞」の大賞と読者賞を同時受賞しました。

この本「花宵道中」は、その短編「花宵道中」に、同設定の短編を加え短編連作として成り立っています。

「女による女のためのR−18文学賞」とは→こちら。

確かにね〜、男性作家の小説における官能描写には

「はぁあ〜????〜〜〜」

と思うことが、たまーにあります。

どうしても必要なシーンならともかく、ストーリー上、必要のないところにそういう描写があると、幻滅します。

プロの作家さんの作品にしろ、アマの同人作家さんの作品にしろ、官能描写には、読者、誰もが・・・いや、わたしのまわりの人間(腐仲間)だけかもしれないけど、

「譲れないものがある」

ようでして・・・・・・。

「○○○○(超大御所・男性)、アレ、アホだろ!?」←暴言。

「○○○○(売れっ子作家センセ・男性)、夢見過ぎ!!」

「○○○○(実力派BL作家さん・女性)さんは文学だよな!!」

「○○○○(BL作家さん)って、アクロバットだよな・・・」←なんじゃそりゃ。

などと語り合ったりすることもあるのですが(スンマセン・・・)。

ま、女はストーリーと関係ないところで、サービスシーンのように入る官能描写はあまり好きではないんだと思います。

この「花宵道中」は、女性の方にはもちろん、男性の方にもオススメです。

可能描写がどうとかではなく、江戸の風俗ものが好きな方には、読み応えがあるんじゃないかな、と思います。

花宵道中
花宵道中
posted with amazlet at 09.12.27
宮木 あや子
新潮社
売り上げランキング: 12187
おすすめ度の平均: 4.5
1 引き込まれない
5 読んで損なし!時代劇好きにはオススメ。
5 実力の持ち主
5 半次郎が文句なしにカッコイイ!
5 花宵道中


花宵道中 (新潮文庫)
花宵道中 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.12.27
宮木 あや子
新潮社
売り上げランキング: 43358


吉原・山田屋は半籬の小見世。

大名のような客はこないけれど、そのかわり身元怪しい客もこない。

良く言えば馴染みやすい、悪く言えば貧乏くさくて中途半端。

大層な位を持つ遊女はおらず、そのかわり不見転の遊女もいない。

特別器量がよいわけではないが、芸事が巧みで、とある身体的特徴のため、そこそこの人気を持つ女郎・朝霧。

間夫を囲って借金を重ねることもなく、淡々と客を取り、年季明けはほかの遊女よりも早い。

年季明けには、引き取ってくれる客も決まり、廓暮らしはあと一年と少し、

の筈だった。

その男と会うまでは・・・。


江戸後期、天保の頃の吉原です。

この頃の吉原にはすでに「大夫」という位はなく、廓での厳格なしきたりも崩れかけていました。

花魁言葉もすたれ、花魁道中は幕府の規制で一日一人しかできなくなっています。

半籬というのは、籬(格子)が半分しかない、ということです。

大籬(総籬)が、天井まで籬がある大見世(大店)です。

半籬でしたら、通常は中見世ということになりますが、この作品の舞台・山田屋は、中見世としての体面を保つことができず、小見世まで落ちてしまった店です。

山田屋の女郎の最高格は「座敷持ち」です。

「座敷持ち」とは、自分の寝起きする部屋のほかに、客を取る部屋を別に持っている女郎のことを指します。

花魁とは、花魁道中ができる「呼出し」「昼三」の位の女郎のことだそうです。

なので、山田屋の女郎は、めちゃくちゃ高いわけではないが、めちゃくちゃ安いわけでもない微妙な立場の女郎です。

ありがとう、「花の大江戸風俗案内」←この本、便利です。


表題作「花宵道中」の主人公・朝霧は、吉原で生まれ吉原で育ちました。

他の場所を知りません。

気位の高い姉女郎に育てられ、同じように気位が高く、吉原の世界を知り抜いているため、男に溺れるようなことはありませんでした。

例え、男と恋に落ちたとしても、上手く隠しとおせるような、そんな賢さを朝霧は持っていました。

あの時、あの男、阿部屋半次郎と出会わなければ、朝霧は女郎としては恵まれた年季明けを迎えることが出来たはずなのです。

そして、後に判明する、あの時の客、吉田屋藤衛門と半次郎の関係が、あんなものでなければ。

因縁がめぐり、あのような最後になるという伏線が、続く短編で見事に描かれています。

朝霧の妹女郎・八津が面倒を見た茜の初見世を描く「薄羽蜻蛉」

朝霧の姉女郎だった霧里と、霧里の弟・東雲、そして姉弟の父・芳之助の確執と、悲惨な巡り合せを描く「青花牡丹」

死なない、惚れないと決意した、朝霧の妹女郎・八津に訪れる恋の衝動を描いた「十六夜時雨」

山田屋の看板女郎・桂山の下についた、山田屋の将来を担う女郎・緑の秘めた想いを描いた「雪紐観音」

どこかで人物は繋がっていて、しかも名前を変えて登場することもあります。

吉原に売られた少女は、まず、下働きか禿(かむろ)になるか分けられ、器量により、女郎のもとにつけられます。

禿を引き受けた女郎は、少女の新造出し、初見世までのすべての教育と費用を受け持ちます。

だから、付けられた姉女郎によって、将来は決まったようなもので、しかも芸事や作法や、おまけに気性まで受け継ぎます。

そういう吉原のしきたりの踏まえたうえでの、伏線の張り方や設定が見事。

大見世のように格式ばっていない、どこか雑然とした小見世・山田屋は、悲しいだけじゃない、生命力の強さを秘めて描かれています。

個人的には

「あたしは此処で生きていく」


と、惚れた男に告げた八津が印象的。

Amazon.co.jp花宵道中花宵道中 (新潮文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

図書館に行く途中、「ねこさまスポット」の前を通ったら大漁でした。

12月25日撮影↓。


200912251543000.jpg
タグ:
posted by くみ at 20:58| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(宮木あや子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くみさんこんばんは。

>「○○○○(BL作家さん)って、アクロバットだよな・・・」←なんじゃそりゃ。
わはは!アクロバットですか。
その昔、うちの姉が某有名漫画家さんの同人誌を読んで、
「これじゃスポーツだよ…」
と呟いていたのを思い出しました。
一歩間違えると格闘技に見えちゃうんですよね(←何が?)。

>ま、女はストーリーと関係ないところで、サービスシーンのように入る官能描写はあまり好きではないんだと思います。
昔の2時間ドラマで、中盤あたりに必ず出てくるシャワーシーンみたいなものでしょうか。
今は逆に女性向けに男性のシャワーシーンが出てきたりしますけど…

官能描写は置いといて、江戸の風俗モノは好きなので今度読んでみます。

それではよいお年を。
Posted by もちきち at 2009年12月30日 22:06
>もちきち師匠

おばんです〜。
コミケ行ってきました〜。

>アクロバット

「中国雑技団」とも言います(・・・)。

BL雑誌が続々と創刊されたBLバブル(・・・)の頃、結構、すごいものがありました。
あんまりおかしいのは廻し読みしてました。

今は、上手い人だけが残って、洗練されてますけど。

>男性のシャワーシーン

ああ・・・・・・ありますね。

そういや、ガンダムシードにも、ガンダム00にも、コードギアスにも、マクロスFにも男性のシャワーシーンありました(アニメかよ!)。

わたし、実は、シャワーシーンあんまり好きではないんですよね・・・。
っていうか、わたしがホントに見たいキャラのシャワーシーンって、やってくれないですから。

この作品、吉原モノなのでそれなりに描写はありますが、それよりも江戸の風俗の様子にわたしは惹かれました。
オススメですよ。

師匠も、よいお年を。

Posted by くみ at 2009年12月30日 22:55
官能描写よりもねこさまにコーフンします。
こちらはまた明日から雪ですよ…
ねこさまたちが心配で心配で…(オットよりも
官能描写といえば、「司馬遼太郎の官能描写ってとてもエロいな」と昔思ったことがあります。
たまーにちょっと出てくるんだけなんですけど、圧倒的にエロい。
好みによるのかしらん…でも文章力で想像させる方がエロティックだと思うわ…
Posted by ぽるきち at 2009年12月30日 23:24
>ぽるきちオクサマ

>ねこさまにコーフン

なるほど。
上のねこさまもオカズにしてくださいまし。
コチラのねこさまはひなたでぬくぬくしていらっしゃいますが、ソチラは雪ですか・・・カコクです・・・・・・。

>司馬遼太郎の官能描写ってとてもエロいな

あ!わかる気がします。
ストーリーに割り込むでもなく、ちょこっと出てくるほうが萌え・・・・・・じゃなくって、官能的だな、と思います。

露骨に書けばいいってもんじゃないんだよ、と思います。
Posted by くみ at 2009年12月31日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136684260

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。