2008年12月22日

“急行「北極号」”

4歳の甥へのプレゼントはクリス・ヴァン・オールズバーグ (著), 村上 春樹 (訳)の「急行「北極号」」にしました。

男の子へのプレゼントは困る。

傾向がつかめない。

乗り物が好きってことだけはわかる。

大きくなったらなりたいのは「宅急便のお兄さん」だ。

車が好きで、交通事故のニュースを喜んで見ているがいかがなものか?

電車も好き。

最近のお気に入りは寝台特急「カシオペア」だ。

それならば、と夜走る汽車の本にした。



まだ、自分では読めないだろうけど、妹の嫁ぎ先のお姑さんは、それはそれは子育てをやってくださっていて、読み聞かせもしてくださっている。

ちなみに妹はしない。←おい。

夜走る汽車・・・冒険へのロマンである。

♪汽車は~闇を抜けて~光の海へ~♪

妹の家には何故か、銀河鉄道999のDVDが100話くらいまであるので、willやらせるまえにそれを見せたらいいのに・・・と思う。

まぁ、とにかくクリス・ヴァン・オールズバーグの描いたこの絵本は素晴らしい。

夜走る雪の中の汽車はそれだけで、ロマンを掻き立てる。

そんなわけで、甥のゆうやにはロマンをプレゼント。

君も鉄郎のように、旅に出てくれ(違!!)


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ




Image018.jpg

できあがり。




posted by くみ at 17:58| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(絵本・子ども向き) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きっといつか出会う「青い小鳥」が、
何になるのかはわかりませんが・・・
絵本というのはとても素敵なプレゼントだと思います!

ウチの竹千代君は鉄分満載で、
将来は新幹線の運転手になりたいと言っております。
浦和レッズの選手にはなってくれないようです(笑)
Posted by 元康 at 2008年12月22日 21:05
>元康さん

ちょっとまえに

「ゆうや、大人になったら何になる?」

と聞いたら

「宅急便のお兄さんに決まってるじゃん!」

って言ったんですよ。

決まってるのか、そうか・・・思いました。

どうやら、妹の家の地区の担当の佐川のお兄ちゃんが颯爽としていてかっこいいらしいのです。

でも今のブームは「カシオペア」らしいです。

いっそ「カシオペア」の運転手を目指せばいいと思います。

Posted by くみ at 2008年12月23日 02:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。