2008年12月10日

“こんなツレでごめんなさい。”

細川貂々さんの書いたエッセイマンガ「ツレがうつになりまして。」は、うつうつな人間にとって“一筋の光”というくらい、どんぴしゃ「これだよ!これ!!」という本なので、皆さまにオススメです。

家族、友人知人、同僚などにソレっぽい人がいたら読んでみてください。

で、このブログをありがたくも「お気に入り」や「ブックマーク」に入れてくださっている天使のような方々は、すでにわたしも身内も同然なので(え!?)、読んでください(は!?)。

ツレがうつになりまして。

は、

ある日、ツレ(夫)が突然、「死にたい」と言い出した。
どうする?どうなる?こんなとき??うつストーリーは突然に!!


という、ツレさんの闘病生活を綴ったものですが、今度はそのツレさんがエッセイを書かれました。

こちらです。↓。

望月昭(ツレ)著「こんなツレでゴメンナサイ。



やっぱり、うつ当事者の方が書かれた内容は頷けることが多いわ。

ツレさんみたいに「ゴジラ」にも「バリ島」にも「エビ飼育」にもハマらなかったけど。

頭の中でざわざわと声がする。←マジで。
トイレにこもる。←頻尿になる。
当たり前のことができない。
パニくる。
薬の量を間違える。←わたしは母に管理してもらった。
電車に乗れない。
身体が痛い。←腰痛。
自分は無意味だと考え込む。

「死にたい」と思うようになる。←とにかく思う。

とかはわたしもなった症状。

「コレだよ!!」と思ったのは、

某国民的ドラマ 

「渡る世間は○ばかり」


が、OPの音楽を聴くのもダメなくらいダメになったってこと。

ドラマ本編観たら、説教されてる気分になって落ち込む。

つか観れない。

あのドラマ、楽しんで観てる人が理解できないわ。

←このエピソードは「ツレがうつになりまして。」のほうに書いてあります。

すべてのうつの人がツレさんと同じ状態になるわけじゃ決してない。

わたしがわかってもらいたいのは、「自己責任的な病気じゃない」ってこと。

「性格的に弱い人がうつ病になる」は大間違いってこと。

まぁね、わかってもらうのは大変なことだけどね。

うつの他にもツレさんが幼少時、どういうお子さんだったか、とか伴侶・貂々さんとどうやって出逢ったか、も書かれています。

この本は、「ツレがうつになりまして。」と対になる本なので、一緒に読むと、さらに理解が深まると思われます。

アレだよ。

たぶん、おそらく、ほとんどの人は「精神科」とは無縁だと思うのね。

今日、診察日なので行ってきました。

わたしが通っているのは、総合病院の精神科。

週刊誌に「日本一のサービス」と紹介されたこともある大病院。

今日も大盛況でした、精神科。

どこよりも混んでいる、と感じるのは、同伴者がいらっしゃることが多いからでしょう。

御夫婦だったり、親子だったり。

他の科と違うところ・・・は、「静か」ってことかな。

他の科だと、待合室の患者さん同士、おしゃべりすることがあると思うの。

でも、精神科はそういうのはないみたい。

患者さんの様子は人それぞれ。

待っているのも辛そうな人もいれば、ごく普通、という人もいる。

今日は、9時半の予約で、9時に着く、という優等生ぶりを発揮(いつも遅刻する)。

しかし大盛況すぎて、診察は10時から。

「様子はどうですか?」

と尋ねられ

「朝起きて、ご飯たべて、寝て、昼ごはん食べて、寝て、夜も寝てます」

と答え、

「~~~~いいよ、それで。ゆっくりしてください」

とセンセイに言われ、よし、いいのか、寝てていいんだな、と心のなかでガッツポーズ(こんな娘でごめんな、母・・・)。

「不安はありますか」

と聞かれて

「不況が・・・」

と、日本国民全員が思っていることを口にし、

薬が半錠だけ減りました。

わたし、飲んでる薬、結構多いので減ったのは歓迎。
っつか減薬はじめてだよ。

今年に入ってからも9月・10月は危険な状態で、毎晩、母に薬を出してもらっていた状態だったので、それにくらべれば、まぁいいんじゃない?という状態ですね。

こんなツレでゴメンナサイ。」ではツレさんは

フルボキサミン←抗うつ剤

フルニトラゼパム←睡眠導入剤

を処方された、と書いてありましたが、できればもちょっとくわしく書いて欲しかったな。

うつな人、みんな、自分の薬が気になるもんね~。

わたしは一日分を全部夜に飲みます。

朝・昼・晩と分けると忘れるので。

一日分は以下の通り。

パキシル10mg3錠←気分を楽にして意欲を高める薬。

リスパダール0.3錠←不安や緊張、興奮等をとりのぞく薬。

ロヒプノール1mg1錠←不安や緊張をとりのぞき、すみやかに寝つきを良くする薬。

ユーロジン2mg1錠←同上。

ワイパックス0.5mg1錠←不安や緊張をとりのぞく薬。

これって多いのか??少ないのか??

人のことは気にするなと言われても、これだけは気になるのね。

だってコレだけで4週間分、3割負担だと4090円ですよ!!

自立支援給付を受けているので本当は1割負担なのですが、会社を辞めて保険証が変更になったので、とりあえず3割治めねばならんのですよ。

ま、いいや。

薬飲んで寝ます。

あ、この本はぜひ読んでみてください。

お近くの図書館でチェックを。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル: エッセイ 病気
posted by くみ at 23:40| 静岡 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ブックマーク」に登録させて頂いておりますので、
必読ということですね^^

図書館でチェックしま~す。
Posted by 元康 at 2008年12月11日 19:42
>元康さん

元康さん、わたしの身内なんで(え!?)必読ですよ。

それはおいといて、普通に面白く・・・いえ参考になる本ですよ。

「ツレうつ」と一緒に読むと奥深さが増します。

そして、この本は「病気」の本というだけじゃなくて、「ご夫婦のあり方」「家族」を考えさせられる本でもあります。
Posted by くみ at 2008年12月11日 20:50
はじめまして。
ブログ村から来ました。

ツレうつシリーズとこのエッセイ、全部持ってます。この本は、しみじみとさせられました。

他の人のお薬って気になりますよね。
私は今、
トレドミン25mg×3錠(抗うつ)
メイラックス1mg×2錠(落ち込み改善)
だけです。

数ヶ月前までは、抗うつ&睡眠改善目的で、アンデプレも飲んでました。
2年以上かかって、この薬、この量に落ち着きました。

最初はパキシルがどうしても合わずにトレドミンに。
眠れなかったので、フルニトラゼパムを毎晩。
イライラもひどかったので、頓服としてソラナックスにもお世話になっていました。

休職3回を経て、なんとかここまで来た感じです。

お互いに無理せずに治していきたいですね。
Posted by かずみ at 2008年12月12日 18:07
>かずみさま

ご訪問&コメントありがとうございます!!

わたしは、前々職は4回休職して10年以上勤めた会社を強制退去。
前職は、病気とは関係なく、理不尽な待遇にこちらからおさらば、です。

でも、職を辞めるまでに「取次ぎ」等でツレさんのようにゴタゴタがありまして、病が悪化してしまいました。

11月はなかなかひどかったです。

病はもう5年くらいになります。

パキシルは結構、副作用とかありますよね。

わたしもパキシルを始めたときはすんごいヤバかったです。
げろげろでしたよ。

しかしいまではパキシルなしでは生きられず・・・。

それにしても精神科のお薬は名前が難しいですよね。

フルフル、フルニトゼ、フルニトラゼパムってこの本ではじめて知りました。

まぁ、お互い、気を長く持ちましょう。

Posted by くみ at 2008年12月12日 18:52
くみさま、アタクシも「ツレうつ」を立ち読みしてたら
動けなくなりましたよ~(買えばいいのに
アタクシがよく見る心理学のサイトで
「ウツになりやすい人」の心理テストがありました。

アナタは宝くじを買おうとしています。
どちらが「当たりやすい」と思いますか?
A.店のおばちゃんに選んでもらう
B.自分で選ぶ

オットは
「いや、確率一緒やし」

それが一番ウツになりやすい人なんだそうです(…
要は「状況が冷静に的確に判断できる人」がなりやすいそうで、
「バカはウツにならない」と書いてありました。
ちなみにアタクシは「A!」と力いっぱい答えました。
…オットには多少バカになってもらってもかまわない。
くみさまも無理せずお過ごしあそばせ…
Posted by ぽるきち at 2008年12月14日 20:04
>ぽるきちオクサマ

「ツレうつ」を読んでいただきましてまことにありがとうございます。
いやいや読んでいただければ、別に買わなくたって!!

>宝くじ

あ!この心理テスト知ってます。
やりました。
じつはわたしもオットサマと同じことを考えたのですよ・・・。
なんかな~・・・。

ところで、ガンダムの記事にコメント入れていただいた「ぽるきち」サマはオクサマなのですか?オットサマなのですか?

気になって夜も眠れません。
嘘です。
熟睡です。

Posted by くみ at 2008年12月14日 22:09
すみませんくみさま、遅くなりまして。
つかもうどうでもいいかもしれませんが。
ガンダムの記事にコメントするなんて
アタクシであろうはずがない。
というわけでオットです。もちのろん♪
Posted by ぽるきち at 2008年12月20日 22:39
>オクサマ

オクサマ、申し訳アリマセン。

もしかしてもしかするとオクサマなのか!!??

と少しだけ疑いました。

これで熟睡できます。
昼間も。
Posted by くみ at 2008年12月21日 14:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。