2008年11月02日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」

ソレスタルビーイングの復活を予見し、それを逆手に「アロウズ」の権限拡大を図る。

それは一体誰の考えなのか??

ばっくれるリボンズですが・・・??

とある作戦をある人物に依頼したそうなのです。

さて、その作戦とは、人物とは??

冒頭で登場した、イノベーターの一人、リヴァイヴ・リバイバル(斎賀声)の名前を聞いて思いました。

リボンズ、リジェネ、リヴァイヴ。

彼らの名前につく「リ」は「Re」だと思われます。

彼らは、何者か達の「Re」。

クローンではないのか?? 

ま、そんなこたぁどうでもいいか。

「故国燃ゆ」

カタロン中東支部と話し合うこととなったプトレマイオス面々。




参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ








お留守番組になったミレイナは不満そう。
それを諭すフェルト。
フェルト、大人になったなぁ~。

ルブアルハリ砂漠にあるカタロン支部へ向かうは、マイスターズとスメラギさん、マリナさま、沙慈。

ライル曰く、連邦非加盟国の多い中東に、連邦はGN粒子を散布している。
が、そのためカタロンの施設も発見されないで済んでいる、と。

カタロン中東支部をしきるクラウスたちとスメラギさんたちとの間で会談が行われました。

マリナさまはカタロンが責任をもって保護するとのこと。

刹那はその席で(普通、この場にいるのはティエリアじゃないのかな?)で沙慈の保護をカタロンに頼みます。

いわれなくアロウズからカタロンの構成員だと疑われている沙慈を、保護できるのはカタロンでしかないのですが・・・・沙慈はまだ自分の状況が把握できていないようです。

ただ沙慈の言うことも、もっともだと思うわたしです。

だって沙慈は「民間人」だもの。

沙慈の視点はわたしたちの視点です。

会談の場に子どもたちが入ってきました。
子どもをカタロンの構成員に仕立て上げるために育てているのか??と疑う刹那(過去持ち)でしたが、カタロンは親を亡くしてしまった子どもたちを保護しているだけでした。

「ああっ!!マリナさまだぁ!!」

子どもにマリナさま、大変人気です。

肝心のカタロンとソレスタルビーイングの会談でしたが、両者の意見は平行線でした。

ソレスタルビーイングと協力関係に持ち込みたいカタロン。
カタロンの思想には同意できないソレスタルビーイング。

ソレスタルビーイングは政治的思想で動いているわけではないからです。
私設武装組織ですからね。

その頃、ペルシャ湾の「アロウズ」艦隊では、前回失態を犯した矢尾声をしたリント少佐が太った金髪親父にお叱りを受けていました。
カティ・マネキン大佐、指揮権を再び。

そんなマネキン大佐の指揮下に入ることを

「断固辞退する!!」

とかましたのは乙女座の仮面の男、ミスター・ブシドーです。

「私は司令部より独自行動の免許を与えられている。
つまりはワンマン・アーミー。
たった一人の軍隊なのだよ」


何言ってんだこいつ??
じゃ、なんで「アロウズ」にいるんだよっ!!??

っていうか、「アロウズ」の制服は階級がわかりにくいです。

乙女座仮面は「大尉」でいいのかなぁ??
クワトロ・バジーナも大尉だったしな。

乙女ソーマはセルゲイ大佐と頻繁に連絡を取り合っているらしいです。
セルゲイ大佐は中東でガンダム探索中。

案奴隷・・・じゃなくってアンドレイのことも気にかかる大佐です。

熊父子には、いろいろと確執がある様子です。

セルゲイ大佐がソーマにいろいろ気遣いするのは、過去に自分が息子に親として接してやることができなかった償いなのかもしれない。

でも、いいんだ。

ソーマが誰かと一緒にいて、それで幸せと感じるなら。

ソーマはセルゲイ大佐に「あの件をお受けしたい」と申し出ます。

やっぱ養子か!!いいよ、養子!!
セルゲイパパの娘になっちゃいなよ!!
案奴隷・・・じゃなくってアンドレイと兄妹だ!!くぷぷ!!

セルゲイ大佐は息子だけじゃなくって娘も欲しかったのか(違)!!

超兵である自分を、人間として扱い、気遣ってくれる理解者がいる。

「私は幸せ者だ」

そうソーマは呟きます。

カタロン施設で子どもたちと遊ぶマリナさま(やっと着替えた)。

それを見つめる刹那。

マリナさまに母の面影を見るか?

そんな刹那に沙慈は

「あの子供たちも君たちの犠牲者だ。君たちが変えた世界の」

と言う言葉を投げかけます。

刹那は承知しております。

自分はあの中には入れないことを。

「お願いv」で刹那はシャトルでマリナさまを送り届けることになりました。

そんな刹那にティエリアが

「なんならそのまま帰ってこなくてもいい」

刹那は冗談がわからんので

「馬鹿を言うな」

と真顔です。

「この4年間に何があったんだい?君が冗談を言うなんて」←アレ。

「本気で言ったさ」

え?

「ふっ、冗談だよ」

毎回、ティエリア株は急上昇ですな。

ってことで刹那と姫はアザディスタンへ。

沙慈は、カタロンもソレスタルビーイングも戦いを引き起こすものたちだ!と、施設から逃亡します。

砂漠で軍に見つかる沙慈。

民間人ならば普通は砂漠で軽装ではいないわけで、そこを突っ込まれつつ、カタロンの構成員だとみなされ、尋問を受けます。

その軍はセルゲイ大佐の率いる部隊でした。

セルゲイ大佐は沙慈が民間人であること、いわれのない疑いをかけられていることを見抜きます。

さすがです。

しかし、沙慈がセルゲイ大佐にしゃべったことを、連邦兵は盗み聞きし、「アロウズ」へ報告してしまうのでした。

あの、ロシアの荒熊・セルゲイ大佐の配下のものですら、「アロウズ」寄りであることがわかります。

「アロウズ」司令部(司令部だよな)では、宇宙からバラック・ジニン以下5名が着任しました。

ルイスもいます。

その場に、沙慈のしゃべってしまったカタロンの施設の場所の情報が入ります。
ガンダムのいる可能性高し。

ルイスたちには、宇宙から降りてきたばかりだからだとの配慮から出撃命令が出ませんでした。

ガンダムのいる場所がわかるのに、出撃できない。

歯噛みするルイス。

彼女の恨みは本物だ!!うわ!!

アロウズ司令部から降りた命令は「残虐非道」なものでした。

その命令に、疑問を抱くマネキン大佐。

ソーマもまた、セルゲイ大佐が自分を「アロウズ」へ配属させることに反対した理由をあらためて認識します。

しかし小熊・案奴隷・・・じゃなくてアンドレイは、セルゲイ大佐のことを「母を見殺しにした」と、セルゲイ大佐を任務のためならなんでもする男だと言うのでした。

うーん・・・おそらく、セルゲイ大佐は任務で妻を看取ることができなかった、とか・・・??

アンドレイはそのあてつけに「任務、任務」な毎日らしいですが、仕事ばっかしてて気がつくと、婚期を逃すタイプですね。←お前が言うな!!

「アロウズ」が「カタロン」の施設の位置を把握したという情報は、王留美のもとへももたらされます。

ティエリアたちにそのことを伝える王留美。

まったく彼女は何をしたいのかわかりませんな。

セルゲイ大佐は、自分でもかばいきれなくなってしまった沙慈を逃がします。

ソレスタルビーイングは「カタロン」の救援に向かいます。

しかし、「アロウズ」のほうが少し早かった。

旧式のMSで応戦するカタロンをみてやりきれないソーマ。

しかも、「アロウズ」ときたらオートマトンを射出です。

オートマトンをキルモードで使用。

「アロウズ」でまともな神経を持ち合わせていると不幸だな。

思わず

「待って!!」

と言ってしまうソーマ。

ミスター・ブシドーときたら

「興が乗らん!!」←えええええっ!!??

と戦線離脱です。

ここまで自分本意になれたら幸せ。

カタロン施設はオートマトンで虐殺の様相です。

ミスター・ブシドーのようにやりたい放題できないソーマは、虐殺の現場を見てしまい動揺します。

若干遅れたガンダムマイスターたちは怒り幕って応戦です。

「自ら引き金を引こうとしないなんて、罪の意識さえ持つ気がないのか!!??」

アレルヤ、いいセリフです。じゃなくって!!!

ティエリア怒ってます。

カタロン構成員のライルも怒りまくりです。

「許さねぇ!!許さねぇぞ!!アロウズ!!!」

「アロウズ」撤退。

ソーマの実力なら、ライルなんかの「狙い撃ち」が当たるはずはないんだ。

彼女はかなり動揺しております。

「私は超兵。戦うための存在。

そんなわたしが人並みの幸せを得ようとした。

これはその罰なのですか??大佐・・・」


幸せになっていいんだよ、と言ってあげることが出来る人が今、彼女の傍らにはいません。

ああ・・・養子は辞退しそうだ・・・。

沙慈は自分の過ちの大きさに絶叫するのでした。

ついに彼も戦いを引き起こした当事者となってしまいました。

その頃。

シャトルでアザディスタンに入った刹那と姫。

アザディスタンが燃えている!!

これはテロによるものではない!!

刹那の目が赤いガンダムを捕らえる。

スローネ・ツヴァイ・ヒロシバージョンです!!←ですよね??

「あの色は、まさか!!」

「そうよ、そのまさかよ」

会話になっとる。

じゃなくって、ついにアリー・ヒロシ・サーシェスが本格的登場。

次回、「傷痕」

アザディスタンは滅んでしまうのか?

後悔という名の

鈍痛が疼く。



参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ




この記事へのコメント
しかし、今回までマネキン大佐は皆勤賞なのに、ここまでコラ沢を出さないということは、今後すごい出番が待ってるのではないかと思ってしまいます。

マネキン大佐と結婚して専業主夫とか!
Posted by ガノタ夫 at 2008年11月03日 19:53
>オットさま

いけません!わたしとしたことが、ミスター・ブシドーのインパクトの強さに、愛すべきコラ沢の存在を忘れかけておりました!!

>専業主夫

いいっすね~♪

わたし、アニメ雑誌まったく見てないのでわからんのですが、コラ沢は軍の別の部隊に配属されているらしいです。

Posted by くみ at 2008年11月03日 21:06
ミスター・ブシドーは・・・
「用心棒」的立場なんですかね。
普段はタダ飯食らって(MSの供給・補給)、
イザってときに
「先生、お願いします!」
みたいなw

ビリーのおじさん司令も、よくこんなん許してますね^^;

ソーマは大佐と作戦行動中に私信と、
すっかりほのぼのモードですが・・・
親子の相克の板挟みで苦しみそうな(><
小熊の恨みは誤解があるような気がしますが、
解けるのはえてしてパパの死後、
だったりするんですよね^^;;

Posted by 元康 at 2008年11月05日 21:28
>元康さん

>用心棒

なるほど!!
しかし、彼はいまんところ何の役にも立っていませんね!!
やっぱビリーのおじさんのコネですかね??
司令部でビリーと再会してもシカトするグラ・・・じゃなくってブシドーが見たいですな。
いや、友達だと思われたくなくってシカトすんのはビリーのほうか。


>誤解

ぎゃああああああ~!!や~め~て~!!
ただでさえ死亡フラグNO1の大佐とソーマ!!
口に出すと本当になってしまうような気がして、あえて触れずにいるのですよう。

いや、しかし、フラグが立ったらそのまんま突き進むのがガンダム。
オズマ・リーのように、あらゆるフラグをスルーというのは、やはりガンダム的にはありえませんね。

大佐を撃ってしまうのがアレルヤだったりして・・・。
しかも大佐の最期はランバ・ラル的だったりして・・・。
大佐の仇を討とうとするソーマ。
そして戦いのなかでお互いを認識するアレルヤとマリー・・・。
2人には大きな隔たりが!!
そしてお邪魔虫な誤解がとけた小熊!!

みたいな!!!!

やめてくれよ、そんな、そんなありがちな展開は!!
わたしは望んじゃいないんだ!!

はっ!
いまコメント打ちながら自分の世界に入ってしまいました。
Posted by くみ at 2008年11月05日 22:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合い..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-11-02 23:13

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) #5「故国燃ゆ」
Excerpt: 戦いを拒む者、幸せを望む者・・・ しかし世界はそれを許さない 罪の意識を持たずに罪を犯す者が悲劇を呼ぶ・・・という第5話 今週もコー...
Weblog: S・G・O blog
Tracked: 2008-11-02 23:23

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第5話「故国燃ゆ」
Excerpt:  アレルヤとマリナを救出に成功し、プトレマイオス2は海中を進んでいた。救出され感謝の言葉を述べたマリナ。しかし保守派のリーダーマスードが亡くなり、再びアザディスタンは内戦が激しさを増し再びアザディスタ..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2008-11-02 23:43

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」
Excerpt: ガンダム00第5話の感想 今日は見ていてとても辛かった・・。  
Weblog: smiley days
Tracked: 2008-11-02 23:58

ガンダム00 第05話 「故国燃ゆ」 雑感
Excerpt: もう一人の戦闘バカ アリーアル・サーシェス登場! そして、どんどん不幸になっていく沙慈・クロスロード...orz 善悪が強調された感の...
Weblog: Mare Foecunditatis
Tracked: 2008-11-03 00:37

機動戦士ガンダム00 2nd 第5話『故国燃ゆ』
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 2nd 第5話『故国燃ゆ』
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2008-11-03 09:11

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第5話「故国燃ゆ」
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第5話を見ました。第5話 故国燃ゆガンダム出現を利用して、ある計画を進める人物リボンズによる指示によって政府はアロウズの重要性を説いていた。「これは君の考え?..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2008-11-03 12:17

機動戦士ガンダムOO2nd 第5話「故国燃ゆ」
Excerpt: 機動戦士ガンダムOOの感想です。 出てきましたサーシェス!セルゲイやソーマなど、一期で敵だったキャラは二期ではイイ奴になっている中、...
Weblog: HIKO's memo
Tracked: 2008-11-03 13:31

「故国燃ゆ」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話「故国燃ゆ」 これが、アロウズ… なんと残虐非道な! フルボッコもいいところです。 これは非常に典...
Weblog: Welcome to our adolescence.
Tracked: 2008-11-03 13:45

機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話 「故国燃ゆ」 感想
Excerpt: ソーマ「養子の件…お受けしようと思います」 お願いだからこれ以上死亡フラグ立てないでぇ!
Weblog: ソウロニールの別荘
Tracked: 2008-11-03 14:01

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第5話
Excerpt: 「故国燃ゆ」 マリナを伴ってアザディスタンへと赴くソレスタルビーイング。反政府組織・カタロンにより、マリナ、そして沙慈を保護するよ...
Weblog: 新・たこの感想文
Tracked: 2008-11-03 14:10

ついに野○ひろし再臨!! 再臨のご挨拶は、炎と虐殺の大祭りっす(≧▽≦) ガンダムOO 2nd 第5話『故国燃ゆ』
Excerpt:  ついに、あの男が動き出した!!!  リボンズらイノベイター側が放った刺客。  それは、なぜか生きてたアリーでした( ̄口 ̄;)!!  あのリボ...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2008-11-03 14:20

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第05話 サーシェス襲来!倒れる兵士、燃える国
Excerpt:             赤き機体と共に現れる…あの男!! 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」の5話目『故国燃ゆ』より。
Weblog: 二次色ノート
Tracked: 2008-11-03 15:48

「機動戦士ガンダム002ndseason」第5話
Excerpt: #05「故国燃ゆ」ソレスタルビーイングの出現を逆手に取り、アロウズの重要性を説く連邦政府。それはリボンズによる情報操作の指示でもあった。リボンズはイノベイターだけでなく、ある人物を使いさらに世界に波紋..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-11-03 16:10

機動戦士ガンダム00 #5故国燃ゆ
Excerpt: シーリンと再開した姫様。 予告で写っていた新型ガンダム。 ポッドから何かを射出するアヘッド。 詳細は続きから。 本屋いってかってき...
Weblog: ガンプラ・HCM-Proレビュー
Tracked: 2008-11-03 16:27

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第5話 アロウズのやり方
Excerpt: 『故国燃ゆ』内容『反政府勢力収監施設がガンダムの襲撃を受けた』そう宣伝する連邦政府は、アロウズの強化を推し進める。すべて、リボンズによる指示でもあった。そんななか、カタロン中東支部と接触をしたソレスタ..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-11-03 17:42

機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話「故国燃ゆ」
Excerpt: 残虐非道なまでのアロウズのやり方・・・ そしてサーシェス再び―― 5話感想です(^^) 連邦政府はテロ組織撲滅のため直轄の治安...
Weblog: a cup of tea
Tracked: 2008-11-03 17:57

機動戦士 ガンダム00 2nd SEASON 第5話 『故国燃ゆ』 感想
Excerpt: 感想 イラスト ガンダム00 セカンドシーズン ガンダムOO 故国燃ゆ 5話 5話 †: ↓ストーリー概要//↑イラスト@マリ...
Weblog: 腐麗蝶の柩-ティエリア愛~ガンダム00+コードギアスファンサイト
Tracked: 2008-11-03 19:05

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
Excerpt: ガンダム出現を利用して、政府はアロウズの重要性を説く。 それは、ある計画を進める人物リボンズによる指示だった。 Prototype石川智...
Weblog: 機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター
Tracked: 2008-11-03 19:19

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第5話 「故国燃ゆ」
Excerpt: 108ピース 機動戦士ガンダム00 ティエリア・アーデ 108-332販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ価格 : ¥[タイトル] 108ピース 機動戦士ガンダム00 ティエリア・アーデ 1..
Weblog: ハッピー一人
Tracked: 2008-11-03 19:20

機動戦士ガンダム00 2nd season 第05話 感想
Excerpt:  機動戦士ガンダム00 2nd season   第05話 『故国燃ゆ』 感想  そう、これが敵!  そしてあの男がついに・・・  -キャスト- ...
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2008-11-03 21:33

ガンダム00第2期5話「砂漠のソーマ」
Excerpt: 「まあアロウズはああいうやり方をしたんですけど」 「戦争なんてあんなもんです。 所詮は勝ったモン勝ちですから」 以上、ソレステ00での神谷ピロCとみゆみゆの会話♪ さすがに大人の声優さ..
Weblog: 空想野郎の孤独語り
Tracked: 2008-11-04 05:01

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第5話「故国燃ゆ」
Excerpt: イノベータたちがついに動く。リボンズが指令を下した者は・・・。ささやかな平和を望んでいただけの沙慈を、ソーマを容赦なく巻き込んでいく悲劇。あぁ、どんどん辛い話になって行くよ・・・連邦はGN粒子を砂漠に..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-11-04 15:00

機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話 「故国燃ゆ」
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話 「故国燃ゆ」の感想 ガンダムの襲撃に連邦政府は直轄治安維持部隊「アロウズ」を派遣することを表明。 アロウズの勢力拡大になるこ..
Weblog: G.A.BLOG
Tracked: 2008-11-04 23:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。