2008年07月28日

“マクロスF 第16話「ランカ・アタック」”

マクロスF 第16話「ランカ・アタック」

SMSのオーナー・ミスター・ビルラーは屋敷に呼んだアルトに自分の「夢」を語ります。

断層で隔てられた銀河をひとつにしたい。

えと、それで、銀河鉄道株式会社をつくるんでしょうか??

バジュラが福音とはどういうことだ?

アルトはそれ以来、妙にやる気満々らしいです。

ランカは美星に久しぶりの登校。

アルトたちと会い、近づこうとすると「待った」がかかります。

ブレラ・スターンがランカのボディガードとして、いつでもどこでももれなくついてきます。

ボディガードならグラサンをかければいいってモンじゃないと思います。

その格好をなんとかしろ。せめて臍は隠せ。

授業中も教室のなかで任務遂行中のブレラ。

気に食わないアルトがブレラにふっかけますが、あっさり敗北たらーっ(汗)たらーっ(汗)

「自分は任務遂行を邪魔するものを実力で排除する権限を与えられている」

ですって!!

最近のアルトはやる気はあるが、ピリピリしているらしいです。

「どうしたんでしょうね?早乙女くん」

ブルーデーじゃないですか?」

何気に先輩に対してひどいぞ、ルカ。

ルカのこの物言いはね、自分がちゃんとナナセに「大事な話」を言えてなくて、ナナセがアルトを気にかけているから、だと思います。

ランカは自分の環境が激変したのに戸惑っているようです。

マネージャーはグレイスになっちゃうし。

そのグレイスが2ndシングルとして売り出そうとするのが「アイモ」のアレンジ版。

思い出の大事な曲をいじられて、いい気はしないよね、ランカ。

ランカのお仕事は政府の広報活動のようです。

その様子をTVで見て、ランカの横にいるグレイスに気がつくシェリルさま・・・。

せっかくここまで育てたランカを横からとられて飲んだくれる社長。
わかる。わかるよ、その気持ち!!

ランカの2ndシングルのレコーディングは上手くいきません。

歌詞があからさまに「戦意高揚」を意識してつくられてて、本来の「アイモ」とは別物です。

「なぜためらう」

そんなランカに声をかけるブレラ。

「お前の歌は宇宙をかんじさせる。それも突き放すような宇宙じゃない。包み込むような、銀河がそのままかたちになったような・・・」

ランカはブレラが自分の曲を聴いていてくれたことを知る。

ま、あれだけス○ーカーしてたしな。

しかしだ、ランカの歌を理解していて、ランカがためらう気持ちが何故わからんのだ?ブレラ・スターン??

ブレラに何故「アイモ」を知っているかとランカが問うと

「極秘事項だ」

うそーん!!ほんとはなぜ「アイモ」を知っているんか覚えてないんだろーー!?

アルトは公園で病院から抜け出してきたシェリルさまを発見です。

その前に呟いていた「フォールドクォーツ」ってなんでしょ?

ミスター・ビルラーの指輪やシェリルのイヤリング??

もしかしてバジュラから採れるとか??

「うぬぼれないでよ。別にあんたに会いにきたわけじゃないんだからね」

シェリルさま・・・それはツンデレ特有のセリフですよ。

ホテルの嫌ー!!病院も嫌ー!閉じ込められるのは嫌ー!!

ってことでアルトはシェリルさまをSMSへ。

「きゃーーーーーーーー!!」

気がつかれたシェリルさまにアルトはぶたれ、殴られ。

シェリルさま、記憶ないの??

「心配して当然だろ」

「当然なんだ」

なんていい感じになったところで、シェリルさまのイヤリングの石が気になる鈍感アルト。

「ははぁ・・・女を連れ込むときはドアにハンカチ挟んどく約束だろ」

ミシェル・・・アルトが女を連れ込む甲斐性があると思うのか??

そこへスカル小隊に緊急招集。

モニターのキャシーに気がつかれないように、アルト、銀河の妖精の頭を遠慮なく押し込んでます。

アルトとシェリルっては遠慮がないのよね。
初々しさもないけど。

アルトとランカだと背中がかゆくなるほど照れくさい場面になるんだけど。

SMSは「ランカの歌がバジュラに影響を与えるのか?」という実験に参加することになります。

当然、オズマはレオンに殴りこみです。

しかし、ランカの意思だと言われれば黙って引き下がるしかない。

ランカにしたら「自分の歌にそんな力があるのか?」確認したいだけなんだろうけど。

上手くグレイスにそっちの方向に持ってかれてますし。

ランカはカナリア機に乗ることに。

オズマは「本当にいいのか?」とランカに確認します。

「うん」と答えるしかないランカ。

さて「絶対出るなよ!」と念を押されて、出てこないわけがないシェリルさま。

クォーターのブリッジに侵入です。

セキュリティがチョロすぎます。

「私、聞いてしまいました。この極秘任務のことも、内容も、目的も」

「私にすべてをこの目で見届けさせてください」

艦長の「興味かね」という問いに

「意地です」

と答えるシェリルさま。おさすがです。

ランカの歌声にはフォールド波が出ているらしいのです。

それにしてもレオンが「ランカ・アタック」というと笑えます。

ネストからバジュラを誘い出し、作戦開始。

ランカが歌うのは「アイモ」のアレンジ「アイモ OC」

ランカの歌にバジュラの攻撃は不規則になります。

皆、驚きを隠せません。

効果は確認されました。

ブレラのアンタレス1も攻撃開始です。

いやいやいやすごいわ、アンタレス1の動き!!

カナリア機の近くでバジュラが撃たれ、バジュラの体液を見たランカが動揺して、歌もやめてしまいます。

感情指数に問題がある様子。ってグレイス2人いるよ!!

「やはりまだまだ調教が必要ね」

うぁーーーーー、怖いーーーー!!!

ランカが「バジュラ殲滅」を声高々に歌うようになったら・・・ううう・・・。

ランカが歌うのをやめたせいか、息を吹き返したバジュラがカナリア機に迫ります。

オズマはそこに駆けつけることができず、気がついたアルトが

「ランカーーーー!!!」

格好良く駆けつけようとしますが、

「どけ、スカル4」

しかも弾までかすったよ!!

王子さまのほうが一歩も二歩も早かった。

「前にも言ったはずだ。お前はあの子にふさわしくない。ランカは俺が守る」

推定実のお兄ちゃんは、2人の交際を認めないようですよ。

その後はバジュラは掃討されました。

ブリッジから祝福されるランカ。

希望の歌姫とか言われてます。

内心、複雑なようです。

自分の歌で「命」が消えるんですから。

「アルトくん・・・お兄ちゃん・・・これでよかったんだよね・・・」

良くないよ、良くないよランカ。

ランカの夢は「みんなに自分の歌を聴いてもらうこと」だよ。

ああああ、それにしても次回のタイトルが不吉です。

Gの策略じゃあるまいな。

ランカを守る。

それが若き日のオズマが己に課した唯一つの誓いだった。


次回「グッバイ・シスター」

宿命の歌、銀河に響け。


See you next Decalture.


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 00:20| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | アニメ(マクロスF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビルラー氏は、やはり鉄っちゃんなんですかね〜w
バジュラが福音というのは、フォールド断層を突破できる
スキル?装備?を持っていたから、それを活用して・・・
ということでしょうか。
ルカの会社のスポンサーでもありそうですな。

で、そのルカくんは、やはりまだ「お話」していない、と^^;;

そして次回は・・・オズマ逝く、ですかね〜(><
スカルリーダーの宿命(?)からは逃れられないのでしょうか・・・。

不憫なツンデレ姐さんですが、
新EDはランカに取られなくてよかったな〜
と思いました^^♪
Posted by 元康 at 2008年07月29日 20:17
>元康さん

999にはちょっとうるさいわたしです。

フォールドクォーツってのが気になりますね〜。
戦場にいたアルトにシェリルとランカの歌声が届いたのは、シェリルのイヤリングのおかげだと思います。

そのイヤリングを「母の形見」だと言っている、シェリルさまの「正体」も気になります。

ランカはお腹(子宮とか卵巣あたり)にフォールドクォーツでも入っているんじゃ・・・うーん、胆石みたいでイヤですが。

>オズマ

だ!だめですよ元康さん!!
口に出したらほんとになってしまいますよ。
「パイン・サラダ」再び・・・。

ED良かったですね!
新OPがものすごく気になります!!
Posted by くみ at 2008年07月29日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103708077

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第16話 「ランカ・アタック」 
Excerpt: マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc) S.M.Sのオーナー、ビルラーの屋敷に突然呼び出されたアルト。ビルラーは自らの夢をアルトに語ってみせる。シェリルは病院を抜け出し、アル..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-07-29 02:03

マクロスF #16
Excerpt: 希望 陰謀 辛抱 マクロスF(フロンティア) #16 ランカ・アタック 脇役のことなどは放置気味で坦々と本筋が進行。大味な戦闘の回。 S.M.Sオ...
Weblog: アニメ好記 Deux
Tracked: 2008-07-30 02:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。