2008年07月09日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN13「過去からの刺客」

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN13「過去からの刺客」

「そう・・・ルルはゼロで、お父さんの仇なんだ・・・」

シャーリーの見た悪夢は、夢から覚めた後も続く。

新OPになりましたね。

FLOWの曲は素直に良い、と思います。

アニメのOPはちょっと爽やかめなほうがハマると思います。

とりあえず印象に残っているのはCC、ナナリー、スザク、シュナイゼル、(順不同)ってところです。

カレンがどうなっているかいまいちつかめませんでした。
最初に現れたときは「黒の騎士団」服で憂い顔。
その後はスーツで明るい顔でしたね。

紅蓮はロイドさんに改造されてるな~。
なんかイヤだな~。

そしてOPに彼女の姿は無かった・・・。

え~、中華連邦の「黒の騎士団」の方は順調らしいっす。

ここで各団員のパラメーターが表示されましたが、やはり、というかなんというか、「玉城」の数字がダントツに低いのに苦笑。

でも玉城、あとでなかなかいい仕事しますよ。

ルルさんはトウキョウ租界に何か仕掛けている様子。

イケブクロ方面へ出かけました。

ロロに

「宿題の続きは帰ってから見てやる」

なんて言って、あいかわらずロロ篭絡はカンペキなルル。

ロロ、いい気になってますね~。

ヴィレッタさんに「裏切り」を指摘されて、

「兄さんと僕の間を・・・」

なんていう辺りが後々の前振りだったと。

記憶が戻り、何が嘘で、何が本当かわからなくなってしまったシャーリー。

シャーリが感じているのは困惑よりも「恐怖」

ルルーシュの妹であるはずのナナリーが総督になっているし(妹がいたはずのルルには弟がいるしな)、自分が撃ったヴィレッタは教師となって学園にいるし、学園なんか全部おかしい。

シャーリーはとりあえず「ルルがゼロ」だとスザクに言うために、スザクをイケブクロに呼び出しました。

しかしスザクと会ったところで、イケブクロに来ていたルルーシュともばったり。

アッシュフォード学園にはその頃、が現れていました。

立ち向かうは咲世子さんです!!

咲世子さん、すげーーーーっ!!

オレンジ相手にあの闘いはすごいよ!!

咲世子さんはスカートの下のガーターベルトに武器をいろいろ仕込んであった。

一瞬見えたパンツはだった。

しかし、相手はあのオレンジですから、ロロが加勢にやってきました。

が、反則ワザのギアスキャンセラーを発動したオレンジは咲世子さんを斬りつけ、ロロを押さえます。

そこへヴィレッタさんがルルーシュはイケブクロの駅ビルにいる、わたしを開放して欲しい、と頼みオレンジはイケブクロへ。

ヴィレッタさんは裏切ったかと思いきや、演技。

ルルーシュにがイケブクロに向かったと知らせ、ロロとルルで挟み撃ちにする案を出します。

さて前回、ご生存が確認されたコーネリアさま。

ギアス嚮団内部でバトレーから話を聞いています。

「神」の存在。彼らは「神」を信じている。

そこに現れたVVを速攻ナイフを投げつけて倒すネリさまでしたが、VVはCCと同じ種類なので、アレです、無理です。

「僕も伯父として誇りに思うよ」

やはし、ルル親父とVVは双子なんですかー。

その昔、ルル親父シャルルとVVは誓ったらしいのです。

「人々を争わせるような神なら殺してしまおうって」

イケブクロのシャーリーとルルーシュとスザク。

スザクを呼び出してみても、シャーリーはルルのことを言い出せません。

ま、本人のいるところではね。

言わなくちゃ、と思いつつ、ふと、ルルーシュとスザクが共犯だったら?という考えがよぎるシャーリー。

「嘘つき!!みんな偽者の癖に!!」

混乱したシャーリーは2人から逃げ出そうとして租界の高台から落ちてしまいます。

シャーリーをつかんだのはルルーシュ。

そのルルーシュをつかんだのはスザク。

スザク、あいかわらずの体力バカです。
体力バカにもほどがあるだろう・・・。

ルルーシュが自分をつかんでいるのをみて、シャーリーは暴れます。

「駄目だ!!放さない!!俺はもう、俺はもう、何一つ失いたくないんだ!!」

ルルーシュの真実の言葉に納得したシャーリーはそのまま引き上げられました。

その後のスザクとルルーシュの様子をみて、

「違う、一人なんだ、ルルは・・・」

シャーリーはルルーシュの本質をつかんだのでした。

ルルにロロから「オレンジがイケブクロに向かった」という連絡が入ります。

その電話の怪しさにルルーシュを問い詰めようとするスザク。

それを止めたのはシャーリーでした。

「駄目だよ、スザクくん。私の用事が先でしょ」

イケブクロはまもなく戦場になる。

シャーリーの安全を考えたらスザクといたほうが安全だとルルーシュは判断します。

それが、ルルーシュの見た、元気な彼女の最後の姿だった・・・。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


オレンジはあの格好でイケブクロに現れまして、ルルが仕掛けを作動させ、人々の混乱を巻き起こします。

スザクと2人っきりになったシャーリーはスザクに言います。

「私は、私はルルが好き」

スザクはルルーシュのことを許せない、とシャーリーに語ります。

「許せないことなんてないよ。それはきっとスザクくんが許さないだけ。許したくないの。私はもう、とっくに許したわ」

印象的なシャーリーの言葉。

しかし2人にもイケブクロの混乱が伝わったため、ここで話は打ち切りに。

スザクは現場の指揮をとることにします。

警官にシャーリーの保護を命じるのですが・・・。

中華連邦。

大事な会議中に玉城が入ってきます。
扇に注意され

「知るかよ、俺の呼ばれてない会議なんかよ」

と言いつつ、玉城は扇に「ゼロからの緊急通信」「様子がおかしい」ことを耳打ちします。

玉城、使えるじゃん!!

空気が読めないと認識されているから、堂々と会議中に入ってこれる。
ゼロに何かあったと知られたら、会議の相手に不信感を持たせてしまいます。
しかし、騎士団としてはゼロの危機に動かなければならないわけですから。

あ~、扇は学園の司令部に通信を入れます。
その通信に出たのは、留守番をしていたヴィレッタさん。

どーゆー会話するのか気になるところです。

っつか聞かせろ。

一方、シャーリーは警官を振り切って、混乱のなかへ。

「待っててルル、1人っきりになんてさせないから」

足を踏み入れた場所には倒れている人々。

銃。

シャーリーは、ルルーシュが1人で戦っている、と確信したのでした。

ルルーシュはオレンジをおびき寄せ、仕掛けてあったゲフィオンディスターバーを発動させる。

サクラダイトを干渉するこのシステムを使い、いずれはトウキョウ租界を静止させるつもりだとルル。

その頃、駅ビルではシャーリーがロロと出会っていました。

「答えて!!ロロ!!あなたはルルが好き?」

さてオレンジ

機械の身体になっても忠義を果たさねばならぬ理由がある、と言います。

そしてルルーシュに何故ゼロを演じ、実の父親の敵となったか?と問います。

ルルーシュは答える。

「俺がルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだからだ!!」

母を殺し、妹ナナリーの目と足を奪ったブリタニア。

そして自分たちを売り払った父皇帝への復讐、だとルルは言います。

その言葉にオレンジ

「知っています。私もあそこにおりましたから。初任務でした。敬愛するマリアンヌさまの護衛です」

と語ります。

オレンジことジェレミアはそのために純血派をつくったのだとルルは悟ります。

「私の主君はVVではなくマリアンヌさま。これで思い残すことは・・・・」

オレンジ、じゃなくてジェレミアの母への忠節を感じたルルーシュは

「ジェレミア・ゴットバルト、貴公の忠節はまだ終っていない。
そうだな」


「イエス、ユア、マジェスティ」

おおっと、まさか、まさかのオレンジ味方に!!

しかも「イエス、ユア、マジェスティ」

ジェレミアは自分のたった一人の皇帝を「ルルーシュ」だと言いましたよ!!

マリアンヌさま、いろいろな人から敬愛されてますね。

しかし、確か「謁見の間を馬で駆け抜けた」とか「どっかの離宮で皇妃30人相手に立ち回りした」とかいういわゆる「変人」だったはず・・・。

いやいやいや、人はそれでけではないが。

戦う騎士にとっては「閃光のマリアンヌ」は敬愛の対象でしょうね。

第五皇妃だったはずなので、敵も多けりゃ味方も多いってところでしょうか?

ロロと出合ったシャーリーは、自分も仲間に入れてくれとロロに言います。

「私は取り戻してあげたいの!!ルルの幸せを!!妹のナナちゃんと一緒に・・・」

うあーーーーー!!

ナナリーのことに反応したロロ、ギアス発動。

何度も違う人物の可能性を考えたのですが、やはりこれはロロの仕業だと思います。

ロロは「シャーリーに知られたルルーシュの秘密を守るため」と思っての行動のつもりでしょう。
しかし「ナナリー」が鍵になり感情的になって行動に移した、ということでしょうね。

ロロ、ボロ雑巾決定たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ルルーシュは倒れているシャーリーを見つけます。

撃たれて、流れ出る血は半端ではない量。

「ルル・・・良かった・・・最後に話せて・・・」

シャーリーは記憶が戻ってすごく怖かったと語ります。

偽者の先生、記憶のない友達。
みんなが嘘をついている。
自分が見張られているようだった。

でもルルはこんな世界で一人で戦っていた。

だから思った。

「私は、私だけはルルの本当になってあげたいって」

「私、ルルが好き」

お父さんを巻き込んだゼロだと思い出しても好きだった。

「ルルが全部忘れさせてくれたのに、それでもまた好きになった」

「記憶をいじられてもまた好きになった」

ルルーシュは「死ぬな!!」とギアスをかけますが、やはりどうしようもならないこともあるのですね。

「何度生まれ変わってもきっとまたルルを好きになる。これってきっと運命なんだよね」

「死ぬな!!死ぬな!!」

「生まれ変わっても、ルルを好きになって・・・何度も・・・何度も・・・好きに・・・」

「シャーリー!!!」

「シャーリー!!!」

ルルーシュの慟哭。

シャーリー!!!←わたしの叫び。

シャーリーはルルが好きで、ルルを許して、ルルの味方になりたくて、命を落とした・・・。

平凡な恋する女の子の言葉は、ときにどんな人間の言葉より重い。

彼女がスザクに言った「許し」が、スザクに通じる日は来るのか?

どうかシャーリー・・・安らかに・・・。




参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 13
Excerpt: 効かないギアス コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 13 過去 から の 刺客 昨日の敵は今日の友。昨日の友は…? 新オープニングに今後のヒ...
Weblog: アニメ好記 Deux
Tracked: 2008-07-10 05:46

コードギアスR2 13話『過去からの刺客』
Excerpt: コードギアスR2 13話『過去からの刺客』
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2008-07-10 08:22

ラストに出ちゃったこのアニメ最大の衝撃シーン!!!そして来週のルルは狂っちゃいますか!? コードギアス反逆のルルーシュR2 第13話『過去からの刺客』
Excerpt:  まずは、メッセージっす。  実は今話、7月1日の時に第14話のあらすじがわかった直後に、シャーリー追悼の画像を作ったのですが……だいた...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2008-07-11 03:12

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第13話 「過去 から の 刺客」
Excerpt: コードギアス 反逆のルルーシュ 1 V.V.によって復活したジェレミア・ゴットバルト伯爵がトウキョウ租界に現れた。学園に迫る彼の目的はルルーシュの抹殺なのか!?新たな力を得た最強の刺客を前にどう..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-07-13 01:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。