2008年06月22日

“マクロスF 第11話「ミッシング・バースデー」”

マクロスF 第11話「ミッシング・バースデー」

映画が公開されてから、一気に知名度がアップしたランカ。

それまで「シェリル一色」だった街中が「ランカ一色」に。

まさにシンデレラストーリーです。

ランカの芽が出ないようにこそこそ根回ししていた、キョンのくせに生意気なレオン・三島は

「いずれ、12時の鐘が鳴ったら魔法は解ける」

といいますが、キャシーは

「違うわ。あの子はガラスの靴を見つけたのよ、きっと」

と言います。

シンデレラは、何もせずにシンデレラになったのではないのです。

キャシーはガラスの靴を「履けなかったんじゃなくて、履かなかったの」と言います。

ま、準ミスをとったときキャシーにも芸能界からオファーはあったのでしょうが、彼女は「軍人」への道を選んだ、ということですね。

冒頭のこのシーンで「ガリア4に調査隊を送る」と言う話が出てきます。

レオンは「あの惑星は要注意だ」と言ってます。

某筋からの情報ですね。

それにしてもランカのファーストライブは、シェリルが来艦したときにライブを行った「天空門ホール」だそうです。

ちょっと、いまいちランカがどんだけブレイクしているのかわからんのですが・・・すげ。

忙しい移動の合間にランカはアルトにメールを送ってます。

健気です。

しっかし、アルトときたらっむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

体育水泳の授業中(ってやけにのんびりしてますが)、ナナセにランカから連絡がないか?と聞かれて「ない」って答えてますよむかっ(怒り)むかっ(怒り)

「何?アルト、アンタ誕生日なの?」

誕生日なのか?と聞くだけなのに、やけに偉そうな学園の女王・シェリルさま、スクール水着で登場です。

後ろの男子生徒たちがウザい。

しかし、あの男子生徒たちのなかの何割かは、「ナナセの乳」に目が行っているに違いない!!

ルカの視線が常に「ナナセの乳」に向かっていると思うのは、気のせいじゃないですよね。

ルカはランカはファーストライブを控えて忙しいのだ、と言います。

「それに一番楽しいときでもあるしね。毎日が新しいこと尽くめで」

経験者・シェリルさまは語る。

その経験者は最近、やたらと学校にいるが、暇なんじゃないか?とアルト。

「経験の分、時間のやりくりが上手いのよっ!!」

このときシェリルさまはくしゃみをしておられます。

すかさずミシェルはシェリルさまの肩にタオル。

「真面目な話、結構無理してるんじゃない?」

この「くしゃみ」が来週までのネタ振りだとはな!!

まぁ、一言言っておこう。

スクール水着ならランカだろうっ!!!

SMSではシャシーとオズマが「ガリア4」のことについて話しています。

シェリルさまの慰問公演が「ガリア4」で行われる。

が、その警護任務をオズマは断った。

それはガリア4に派遣されているのが、悪名高き「第33海兵部隊」だから。

最近の政府の動きはおかしい。

ヒュドラが疫病??

政府の動きの件に関してはキャシーも探ってみると言ってます。

キャシーはもともと付き合っている男・レオンに疑いの目を持ってますからね。

というか、この二人、とっととヨリを戻せばいいのに。

それにしてもオズマは「映画」を見ていないそうで・・・。

「誰がなんと言おうと、俺は絶対見ないぞ!!こんな低俗映画っ!!」

そんなに「例のキスシーン」が兄として許せんのですか。

はぁ・・・でもアルトの顔が無事なのは何よりだわ。

アルトはオズマにぶっ飛ばされてないってことね。

キスした相手がアルトだと、兄にはバレてないのね。

オズマの投げつけた映画雑誌の表紙を飾るのは、ランカの「例のキスシーン」

ランカはメインヒロインではないのにね。

美星ではルカ、ミシェル、ナナセ、そしてアルトがシェリルが慰問に行く惑星ガリア4のことについて話しています。

ガリア4には本物の「大気」が存在する。

「そうか・・・大気か・・・」

アルトは幼少時の母との思い出に「空」が大きく関わっているようです。

そこへアルトの兄弟子・早乙女矢三郎がたずねてきました。

アルトと矢三郎が話し合っている、あのテラス、高所恐怖症の人はたまらんでしょうねぇ~。

あ、わたしは平気っす。

矢三郎はアルトに、アルト父が倒れたと伝えます。

その頃、ランカは事務所の社長からファーストライブのチケットを調達してもらっておりました。

「直接渡したい相手がいるのよね」

シェリルさまはお見通し。

シェリルは「バースデープレゼントに直接ファーストライブのチケットを渡したい」とわかってます。

「アイツ喜ぶわよ、きっと」

アイツって呼ぶんだ・・・。

ランカは思い切ってシェリルにアルトとの関係を訪ねようとしますが・・・シェリルが立ちくらみを起こします。

プールサイドのときより体調は悪くなっているシェリル。

「体調管理はこの仕事の初歩だもの。でしょ?」

そう、ランカに言ったせいか、シェリルさまはガリア4への慰問を中止にしようとはしません。

グレイスは「ガリア4にギャラクシーの生き残りがいる」というウワサをシェリルの耳に入れたようです。

シェリルの性格から考えれば、その仕事を断るはずもなく・・・怪しい。

「薬、ちゃんと飲んでくださいね」

怪しい。

そんなときシェリルさまは「あること」を思いついてしまうのでした。

キャシーはクランに「第33海兵部隊」のことについて訪ねています。

ゼントラーディーも二つに分かれている。

大戦後、仕方なく人類側についたゼントラーディーたちは隊として機能していない、新統合軍の鼻つまみ者らしいのです。

そんなところへ「シェリル」を送り込む・・・うーん・・・。

ランカはナナセと電話。

最近、アルトとシェリルが仲が良いと聞きます。

「2人、つきあっているのかな?やっぱり・・・」

思い切ってランカはアルトの携帯に留守電を入れます。

誕生日にグリフィスパークの丘に来て欲しい。

必ず行くから。


そんな留守電の入った携帯は置きっ放しのアルト・・・もはやです。

アルトは考えながら街をうろつき中。

かと思ったらシェリルに呼び出されていたのかよっむかっ(怒り)むかっ(怒り)

アルトは兄弟子・矢三郎に「誕生日に父のところへ顔を見せれば、勘当をとく」という約束をとりつけた、と言われたのです。

「あなたは演じることをやめられない。今もあなたは演じつづけているというのに。親に反発してパイロットを目指すという青年の役を」

兄弟子、鋭いです。

これはいつかアルトが自分ではっきり答えを出さねばならないことです。

矢三郎はアルトに襲名をして欲しいようです。

歌舞伎の世界ですから、やはり「血筋」が大事ですし、アルトにはその才能がある。

矢三郎曰く「呪いにも似た役者の血」

さて辛気臭い顔をしているアルトのもとに現れたシェリルさま。

きわどいお衣装です。

「アンタの胸板と違って、私のは人々に夢と希望を与えるの」

だそうです。

「アンタにプレゼントをあげようと思って。ねぇアルト、あなた“空”を飛んでみたくない?どこまでも続く本物の空を!!」

ランカの想い知っていて、アルトにこう持ちかけたシェリル。

わたしはシェリルにはランカに対する対抗心は無いと思います。

「いいこと思いついた!!」と思った時点で行動に移してしまうのがシェリルですから。

ただ、アルトは選択を迫られることになりました。

父の元へ顔を見せる。

ランカとの約束。

本物の空。


ランカは2時間だけ時間をもらって、約束の丘に急ぎます。

でも待っていたのはミシェル。

アルト・・・・鈍いのはわかっているが、これは!!

ランカもシェリルも何故にアルトなのか??

断るなら直接自分で電話しろ!!

切ないなぁ~。

アルトはシェリルの護衛を引き受けたのでした。

というか「本物の空」には何も誰も敵わない。

実はシェリルだって「空」には敵わないのです。

「ありがとう、来てくれて」

「あ?何か言ったか!?」

むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

まさに「わたしの彼はパイロット」状態です。

どこからか出てきた謎の小動物Xに話しかけるランカ。

「アルトくん、行っちゃったんだって。シェリルさんと」

アルトのために焼いたクッキーを自分で食べるランカ。

「アルトくん、ハッピーバースデー・・・うわ、苦っ」

クッキーの味はともかく、アルトの誕生日はランカにとって苦い思い出になりそうです。

次回、「ファステスト・デリバリー」

門出の歌、銀河に響け。


See you next Decalture.

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


posted by くみ at 21:44| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | アニメ(マクロスF) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
門出の歌って・・・
もしや「銀河兄弟船」!?(誤爆)

アルトの代役、というか謝り役をよくミシェルが引き受けたな~
と思いました。
くみさんの仰る通り、自分でちゃんと断るのが筋ですし、
女扱いに長けたミシェルならば、わかってるハズだと
思いましたが・・・。

グレイスはやはり曲者だったようですね・・・。
「銀河を飛び回る歌姫のマネ」というのは、
色々と好都合なお仕事ですね、今にして思えば。
スケジュール組むのもグレイスですし・・。
Posted by 元康 at 2008年06月23日 21:31
>元康さん

アルト・・・自分でランカに断るのを逃げましたね。

電話で断りにくかったら、メールでもいいんです。
とにかく本人から断るべきなんですよ。

あの野郎、俺のランカを傷つけやがって!!!
オズマに殴られるといいと思います。

ミシェルもどうしてこんなことだけ引き受けちゃうのかな~。

>グレイス

シェリルはグレイスを全面的に信頼しています。
グレイスの本性に気がついたら・・・。

グレイスはシェリルさえ利用しているんですから・・・。
Posted by くみ at 2008年06月24日 15:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

マクロスF #11
Excerpt: 三択 歌舞伎か逢い引きか飛ぶ気か マクロスF(フロンティア) #11 ミッシング・バースデー 誕生日間近のアルトを巡るランカとシェリルの恋愛...
Weblog: アニメ好記 Deux
Tracked: 2008-06-23 19:42

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」
Excerpt: マクロスF(フロンティア) 1 映画出演により、注目され始めたランカは、忙しい毎日が続いていた。一方、アルトの前に兄弟子である矢三郎が突然現れる。アルトの父・嵐蔵が倒れたので、家に帰るようにとア..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-06-23 20:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。