2010年05月25日

“望みしは何ぞ”

永井路子大センセの「望みしは何ぞ」です。

歴史を独自の解釈で描く永井センセの「王朝三部作」の完結作になります。

「三部作」と言っても、作品自体は独立していますので、どこからでも読めます、たぶん。

と、いうのもわたしは永井センセの「王朝三部作」を読むのは、この「望みしは何ぞ」がはじめてだからです。

ちなみに「王朝三部作」とは

「王朝序曲」(嵯峨天皇と藤原冬嗣からはじまる真の平安王朝のはじまり)

「この世をば」(平安中期、藤原道長の素顔にせまる)

「望みしは何ぞ」(道長以降、院政開始まで)

だ、そうです。

面白そうですね♪

なんでわたし、完結作から読むかな〜?

この本を図書館で手にとって、パラパラとめくってですね、「陽明門院禎子内親王」(後朱雀帝皇后)が登場してて、「をを!」と思ってただ借りてきただけなんです。

禎子内親王は、なんというか、内親王らしからぬ気性の持ち主のような気がして好きです。

この時代「皇后」「中宮」はまった同格なんですけど、「皇后」は「中宮」に押しのけられた人、という印象が強い。

一条帝皇后定子がいい例です。

定子は叔父の道長(の娘・彰子)に押しのけられちゃったようなかたちで「皇后」になった。

禎子内親王も、伯父の頼通(の養女・女原子)に押しのけられたようなかたちで「皇后」になった。

禎子内親王はカッチーン!ときて、頼通と不仲になっていく。

そういえば、禎子内親王の産んだ、娟子内親王も内親王らしからぬ振る舞いをして「狂斎院」と呼ばれました。

望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)
永井 路子
中央公論新社
売り上げランキング: 166834
おすすめ度の平均: 4.0
4 不遇者の意地
5 院政期前夜を書き起こした良書
4 修羅場の人間学
4 歴史通読本


三条帝の時代。

時の権力者、藤原道長を父にもつ能信は、鬱屈した思いを抱えていた。

道長の妻二人。

宇多源氏の源倫子(鷹司どの)。

醍醐天皇の孫娘、能信の母、源明子(高松どの)。

鷹司系の人々が世の注目を集めるきらびやかさに比べ、我が高松系の有様は・・・。

我が母のほうが、血筋もよく、美貌である。

真に父が愛するのは、我が母、明子であるはずなのに。

世の人に、ひとしく道長の子として見られながらも、鷹司系にくらべれば、高松系はいつも取り残されている。

彼が中宮権亮として仕える、父を同じくする中宮研子が、父道長の期待を裏切り皇女を産み落としたときから、彼の思いは徐々にかたちを変えていく。


わたし、なんとなくですが、藤原能信にはいい印象なかったんですわ。

道長の子として生まれ、何もかも恵まれているうえ、やたら暴力的で横柄、というのが彼の印象でした。

能長のお母さんは、安和の変で藤原氏に失脚させられてしまった、源高明(醍醐天皇第十皇子)の娘・明子。

道長の第一の正妻といわれている倫子(一条帝中宮彰子の母)は、左大臣・源雅信の娘。

血筋だって、どっこいどっこいです。

失脚した父を持つからといって、明子姫が不遇だったか?といえば、不遇なんでしょうけど、周囲に大切に育てられて、不自由はなかったはず。

道長クラスになると、正妻待遇の妻は何人もいておかしくないわけですが、どうも倫子の産んだ子より明子の産んだ子は、立場が一歩劣るんですな。

世の中の人からみたら、そんなこと「何、贅沢言ってやがる!!」ってことなんですけど、能長は拘っちゃう。

その鬱憤なのか、手下に腕っ節の強いのを集めて、暴れたりしてた。

ええとこのボンボンのわがままに思えたんです。

この本の影響です↓。

殴り合う貴族たち―平安朝裏源氏物語
繁田 信一
柏書房
売り上げランキング: 354705
おすすめ度の平均: 3.5
2 うーん。
4 血の気が多かった平安貴族
4 敦明親王に興味が湧きました。
1 平安貴族を貶めたいだけ?
3 現実には存在しない光源氏


↑この本、面白いですよ(文章、読みにくいけど)。

しかし、永井センセはわたしが言うのもなんですが、すごいね。さすがだね。

「殴りあう貴族たち」に書かれているような、能信のマイナス面の理由もちゃんと読者に納得できるように書かれていらっしゃる。

ここらへん、去年のアレ、NHKの大河「天地人」の脚本書いた人とは大違いですわ。

あ、くらべたら永井センセに失礼ですね。

永井路子先生は、優等生タイプより、ちょっと一癖二癖ある人物がお好きみたいですね。

ま、優等生タイプの中宮彰子や、道長の長男・頼通なんか書いても面白くないんでしょうけど。

読んでるほうも、面白くないですしね。

三条帝中宮研子も、お姉さんの彰子が上手いこと皇子二人産んでいるのにくらべるとイマイチ。

三条帝は、道長とどうもうまくいってなかった。

しかも、長年連れ添った、藤原済時の娘・女成子(有名な美人)との間に皇子皇女が6人も産まれていた。

だから、道長は研子に「皇子を産むこと」を期待して三条帝に入内させた。

研子が皇子を産めば、そこは権勢を誇る道長の孫ってことで、他の皇子を押しのけて、その子が皇位を継ぐこととなる。

めでたく研子は懐妊し、宮廷社会の目は、「男児誕生」って空気になってくる。

でも産まれたのは「皇女」(禎子内親王)だった。

道長は、三条帝と和解する機会を失ってしまった。

大誤算!!

親父道長、超不機嫌に。

親父、無茶言うなよ!!

きらびやかな道長の鷹司系の子どもたちのなかで、研子一人だけ浮いてしまったんですね。

研子という女性は、同じ母・倫子から産まれた、4人の姉妹(彰子・研子・威子・嬉子)のなかで一番美人だったそうで。

ただ、「華美を好む」と、兄貴の頼通に説教じみたことを言われたらしいのですが。

その部分にも永井センセのナイスフォローが入っております。

その後、三条帝(院)はこの世を去ってしまい、研子と禎子は宮廷社会から、「いてもいなくてもどうでもいい人」、みたいな見られ方をしてしまいます。

能長は、研子と禎子に対して、同情のような、な感情を持ちはじめる。

その後、親父道長は、彰子が産んだ後一条天皇(11歳)に、自分の三女・威子(20歳)を入内させ中宮に冊立。

彰子大皇太后、研子皇太后、威子中宮と三人姉妹が后の位に並び「一家三后」と、絶好調。

しかもその後、末娘の嬉子を敦良親王(後冷泉帝のもとに入れている。

この世をばわが世と思ふ望月のかけたることもなしと思へば


と、調子こきます。

うーん、能長が複雑な思いになるのも無理からぬ。

能長と同母の姉妹は、誰も「女御」「中宮」なんて位にはつけないのです(位が女の幸せか?といったら別の話)。

道長の絶好調もこれまでなんですが。

なんかね。

藤原氏は、とにかく、後宮に娘を入れて孫を皇位につけたい。

だから、自分の妻には「女の子を産め」という。

そして、自分の娘には「男の子を産め」という。

そうやって、叔母と甥、伯父と姪、いとこ同士、とくっつけて血統を濃くしていったら・・・??。

妃として上がった女性が出産するたびに、関白はじめ、男たちは、「男か?女か?」と固唾を飲むわけで、はっきりいってエグい。

エグい、というか滑稽。

能長はそんな世の中でひとり、血の気が多いわけです。

同母系の頼宗(この人の子孫は美形らしい)は、そんな能長に問いかける。

いったい、何を望んでいるのかね、そなたは。


望みしは何ぞ。

「出世」といえば、そうなんでしょうけど、能長は何かをぶち破りたかったのではないか?と。

そういう葛藤を描いた作品です。

能長は「ぶち破った」んですよ。

「破」!!ですよ。

能長自身はその結果を知ることはなかった。

望みを果たさずにこの世を去った・・・。

平安時代。

なかなか激しかったんですね〜。

Amazon.co.jp望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 23:32| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

“マルドゥック・スクランブル 1”

原作・冲方丁、漫画・大今良時「マルドゥック・スクランブル」1です。

冲方丁氏は「うぶかた とう」と読みます。

沖方じゃないよ、冲方だよ。

あ、ご存知で?

話題になりましたもんね。→冲方丁氏についてはこちら。

2003年に「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞を受賞。

2010年(今年)に入って「天地明察」で「吉川英治文学新人賞」「本屋大賞」を受賞。

冲方氏はライトノベル作家で、SF作家で、コンピュータゲーム制作者で、漫画原作者で、アニメ制作者で、時代小説も書いちゃう、ジャンル・メディアにこだわらない幅広い活動をしていらっしゃいます(そしてイケメンです)。

アニメ「蒼穹のファフナー」の脚本も書いていらっしゃった。

あ、「蒼穹のファフナー」ってアニメはなかなか重いアニメなんすよ。→「蒼穹のファフナー」についてはこちら。

ハイパーメディアクリエイターも真っ青な活躍っぷりですね。

今回ご紹介するのは、日本SF大賞受賞作「マルドゥック・スクランブル」のコミック版です。

原作については、以前に記事にしておりますので、よろしかったらそちらをお読みくださいな。→「マルドゥック・スクランブル」

コミック版の出来がなかなかよろしい、という噂を以前から聞いていたのです。

ワタクシ、個人の感想としては「GJ!!!」でございます。

そりゃそうだよね。

ハイパーメディアクリエイターも真っ青な活躍っぷりの(くどい)冲方丁がOK出したんだもんね。



少女娼婦ルーン・バロットは自分を保護してくれていたはずの男・シェル・セプティノスに疑問を投げかけた。

何でなの・・・?


その瞬間、彼女はシェルの手によって殺されかける。

人命保護のための緊急法令


「マルドゥック・スクランブル O9」

が発動し、バロットは「科学技術」によって瀕死の状態から救い出される。

ネズミ型万能兵器・ウフコックの手を借りて、彼女の自己を取り戻す、闘いがはじまる。

この漫画担当の大今良時氏ですが・・・・なんと

は、二十歳!!!

アシスタント経験なしの、いきなりの新連載らしいですよ。

「単独兵器」とは原作者・冲方氏のお言葉。

マジでか!?ニュータイプか!?

あの原作(難解)を、ここまでまとめあげるとは!!

恐ろしい才能を感じますよ。

絵柄は、イマドキ流行のシャープな絵柄ではないんですよ。

そこがまた良いのです。

小説「マルドゥック・スクランブル」は「SF」ですが「ハード・ボイルド」なのです。

肉感のある絵柄のほうがハマるのです。

ヒロイン・バロットはわたしのイメージ、ピッタリでしたよ。

絵は、まだ確かに稚拙なところがあるのですが、連載を重ねるごとに成長し続けてますね。

は〜、怖いよ、二十歳!!

「別冊少年マガジン」で連載中ということで、バロットの生い立ちの壮絶さなどは、やんわりとされてます。

致し方なし。

なんか〜、東京都の「非実在あんたらかんたら〜」が現実化しちゃったら、バロットの生い立ちなんて、真っ先に規制くらっちまいますが。

どうなのよ?「非実在どうたらこうたら〜」って??

ま、それはおいといて、1巻の山場は後半のアクションシーンです。

万能道具存在(ユニバーサルアイテム)としてのウフコックが理解しやすいですし、なにより、純粋にガンアクションが楽しめます。

ヒロイン・バロットの「バロット」という名は彼女の源氏名です(本名は不明)。

バロットとは「孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵」(byフィリピン)のことです。

雛は殻を打ち破ることができるのか?

純粋に少女の成長の物語としても楽しめます。

劇場版「マルドゥック・スクランブル」第一部「圧縮」は、2010年秋公開予定です。チェキラッ!!→劇場版「マルドゥック・スクランブル」公式サイト

Amazon.co.jpマルドゥック・スクランブル(1) (少年マガジンKC)

原作→マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:コミック
posted by くみ at 22:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック・アニメムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。