2010年03月22日

“雨の塔”

宮木あや子「雨の塔」です。

「花宵道中」でデビューした大型新人・宮木あや子氏は「閉塞」の中での「恋」を描き続けています。

この「雨の塔」は古の少女小説のような、「女子校」が舞台です。

吉屋信子大先生の流れを汲んでいる、と申しましょうか。

あ、わたし、吉屋信子センセイ大好きです(ってこのブログで言い続けております)。

雨の塔
雨の塔
posted with amazlet at 10.03.22
宮木 あや子
集英社
売り上げランキング: 121078
おすすめ度の平均: 4.0
4 「女学生小説」の系譜における、優れて同時代的な作品。
5 悲しくて綺麗☆
5 最高です
4 宮木さんワールド!!
5 よい耽美さ


資産家の娘だけが入学できる全寮制の「岬の学校」

衣服も食べ物もなんでも手に入る。

授業を出る出ないも個人の勝手。

ただ、「自由」と「情報」はない。

それぞれの理由で、この学校に入った4人の少女たち。

海に近い塔のような寮の中で、少女たちの感情が交差する。


「資産家の少女たちしか入学できない全寮制の学校」という設定に釣られました。

まぁ!ステキ!!と思いページをめくったら、

あっれーーーっ!!??

と。

大正・昭和初期浪漫を思い浮かべてたら、「現代物」でした。

この設定は現代日本じゃ無理があるだろー、と思いつつも、わたしは楽しく読みました。

「学校」のために「街」がつくられていて、少女たち(大学生)は、学生証だけで買い物ができるって・・・。

なんというか・・・向上心のない人間にはワンダーランドかも。

ただし、新聞は読めないし、TVもないし、ネットも使えません。

一つの寮で、登場人物が4人だけって、ま、それだけで無理があるんですが。

小津と矢咲。

三島と都岡。

同室の少女とのみの交流でバランスがとれていた彼女たちの心は、別室の少女との交流をもつことで、その均衡を崩すことになる。

矢咲と三島。

都岡と小津。

他人の境界にうっかり踏み込んでしまい、相手も自分も傷つくということは、誰にでもあること。

人は誰も、そういうことで苦しむことがあると思うのです。

それを癒すのは、新しい人間との交流だったり、趣味に没頭だったり、スポーツに没頭だったりするのかな?

しかし、他に人間もいず、没頭することに意味を見出せない世界に置いては、傷は深くなるばかり。

狭すぎる彼女たちの世界で、どこまでも静かに彼女たちは絶望する。

激しい感情のぶつかり合いや、言い争いはない。

いっそキレて見ればいいのに、残念ながら彼女たちはそう出来るように育てられていない。

息苦しい、けれど美しい、そんな作品です。

この作品、実は明確なオチというものが存在しないのです。

なので、どこまでも「世界観」を楽しむが勝ち。

Amazon.co.jp雨の塔

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル:
posted by くみ at 20:21| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(宮木あや子) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。