2009年12月15日

“劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」”

劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」です。

わたしの愛する「空の境界」がアニメ化すると知って、興奮したのは2006年12月29日でした。

2006年12月といえば、16日にわたしは十二指腸閉塞で緊急入院、即手術を受け、25日に退院(って記事がどこかにあります)。

楽しみにしていた「冬コミ」を断念し、ふてくされていた年末に飛び込んできた朗報ぴかぴか(新しい)でした。

そして、劇場版で全章公開されると知り、さらに興奮したのが2007年3月でした。

あれから、もう3年も経ってしまいました。

第一章が公開されてからは2年経ちました。

「空の境界」の公式メディア化は、これで一応、終止符が打たれたワケです。

感無量です。

劇場に足を運べなかったわたしは、DVDの発売を心待ちにしていました。

第一章を観たとき、そのクオリティの高さに圧倒されました。

そして最終章第七章です。

劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]
Aniplex Inc.(SME)(D) (2009-12-09)
売り上げランキング: 196
おすすめ度の平均: 5.0
5 空の境界は最高傑作!!
5 最終章!


劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]
Aniplex Inc.(SME)(D) (2009-12-09)
売り上げランキング: 18
おすすめ度の平均: 5.0
5 生きている実感
5 泣けた。
5 最終話らしい出来!!
4 それは本当に、夢のような日々でした・・。
5 ついに最終章


殺人鬼、再来。

姿を消した式。

止まっていた、両儀式と自分の事件を解決するため、動き出した幹也。

真実のその先。

二人がたどりついたものは。


「殺人考察」なんて物騒なタイトルなんで、グロテスクなシーンもバンバン出てきますが、

泣けます。

というか泣きました(原作読んだときにね)。

二年間の昏睡から目覚めたとき、式は、記憶ともう一人の人格「織」を失い、生きている感覚を持てなくなりました。

生への実感が欲しくて、命を奪い合うような立場に身を置いた彼女。

彼女が、本当の自分の空白を埋めるものに気がついたとき、

ワタクシ、涙がドバーっと。

原作「空の境界」(からのきょうかい)はもともと「同人小説」として発表されたものです。

それが、そのまま講談社ノベルスとして発行されたのです(加筆・修正有り)。

だから、同人小説特有の自己満足や難解さというのはあります。

しかし、それらを乗り越えて、伝わるものが確かにあります。

劇場版を製作した「ufotable」さんは、その部分をちゃんと描いて下さいました。

素晴らしいクオリティです。

大好きな小説を、このようにアニメ化してくださったスタッフのみなさまに感謝です。

続きは、情熱の赴くままにネタバレを含みます。

Amazon.co.jp劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]

原作空の境界〈上〉 (講談社文庫)空の境界〈中〉 (講談社文庫)空の境界〈下〉 (講談社文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む “劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」”


posted by くみ at 20:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ(劇場版「空の境界」) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。