2009年12月31日

“辰巳屋疑獄”

松井今朝子「辰巳屋疑獄」です。

松井今朝子氏、面白いです!!

ちょっと前まで、江戸時代は戦国時代と違って、変化あんまりないしつまんないな〜、と思ってたのですが、最近とても好きです。

庶民(といってもピンからキリまでありますが)の生活が面白いです。

西村京太郎サスペンスばかり読んでいた故親父が、晩年(?)、時代小説ばかり読むようになったのが頭をかすめます。

イヤだな〜(笑)。

そんな、親父の文庫本の山を、亡き後、すべてBOOKなOFFに売って処分しちゃったんですけどね。

読んでから処分すればよかったかな〜。

辰巳屋疑獄
辰巳屋疑獄
posted with amazlet at 09.12.29
松井 今朝子
筑摩書房
売り上げランキング: 584401


辰巳屋疑獄 (ちくま文庫)
松井 今朝子
筑摩書房
売り上げランキング: 99420


貧乏百姓の次男、十一歳の元助が丁稚奉公することになったのは、大阪一の炭問屋「辰巳屋」だった。

そこで出合った「辰巳屋」の小ぼん様(三男)、茂兵衛(後の木津屋吉兵衛)と出会い、師弟の契りを結ぶ元助。

成長した元助は、婿養子に出された茂兵衛改め木津屋吉兵衛のお目付役として、辰巳屋から木津屋に出されてしまう。

やがて、吉兵衛の兄が死に、辰巳屋の相続をめぐって、叔父と姪、主人と使用人が争い、幕府の役人から公家まで巻き込む大騒動が勃発する。

元助は、ただひたすら吉兵衛のために尽くすのだが・・・。

名奉行、大岡越前守忠相が「辰巳屋一件」と日記に記した贈収賄事件を、使用人の目から描く物語。


松井今朝子氏には、吉原、歌舞伎、奥御殿の世界を教えてもらいましたが、今度は豪商です。

「辰巳屋」は幕末まで長く栄えた大阪屈指の豪商です。

「辰巳屋」は手代約460人、家財金二百万両、銀にして十二万貫目(現在の2000億円!!!に相当)の大企業。

日本一の豪商、三井越後屋(三越)なんか、手代数千人以上いたそうですけど。

一石は一両に換算されるので、大名だと二百万石相当の家ということになります。

江戸時代に二百万石なんて大名はありえません。

あ、赤穂浪士の赤穂浅野藩は五万三千石、家臣308名だったそうです。

江戸日本橋に店を構えた大店は、上方商人の江戸店が多かったそうです。

紀伊國屋、奈良屋、淀屋、鴻池屋、泉屋(住友)、ぜーんぶ上方商人ですね。

ま、とにかく辰巳屋は、大名に一万両以上貸し付ける大富豪だったそうです。

主人公・元助(通称・ガンちゃん)は丁稚から手代へと成長していくのですが、そこのところで、昔の商人の育て方がよくわかるようになってます。

丁稚が掃除ばかりしてるのは、家人と客人の顔を覚え、なおかつ、人の顔色を伺い、駆け引きができるようになるため、なんですね。

二年くらいたつと、外へお使いに行かされます。

幼いうちから金銭に馴れさせ、贋金を見分ける力をつけさせる。

当時、江戸は金、上方は銀の流通が主だったので、悪貨をつかまないように仕込むのは大事だったと。

読み書き、算盤は先輩である丁稚頭からみっちり教わります。

元服して手代になると、事務仕事を任されるようになります。

その後、十年ほど勤めて、本家の番頭になるか、暖簾分けしてもらい独立、ということに。

すごいですね。

商売人を育て上げる教育制度が出来てたんですね!!

むしろ、現代のほうがまるで出来てないのでは・・・?

わたしは、こういうことを知るのがとても楽しい、面白いです。

大岡越前が日記に残した「辰巳屋一件」は、辰巳屋の跡目相続の争いが発端です。

長男が辰巳屋を継いで、次男は早くに亡くなり、三男(木津屋吉兵衛)は親戚筋の木津屋に婿養子に行く。

で、長男には本妻との間に娘がいて、娘が婿養子を迎えた。

その後、長男は亡くなった。

そうしたら、辰巳屋を継ぐのは、当然、娘の婿養子ですよね?

他家へ婿養子に行った三男が継げるわけありませんよね?

しかし、肝心の娘とその婿養子が、まだ年端もいかない子どもだった、ってところが問題なのです。

ずば抜けた秀才だった木津屋吉兵衛は、木津屋におさまる器ではなく、その才能をもてあまし、どうも間違った方向に進んでしまうタイプなのです。

才ありすぎるため、自分の実家にはつい口出ししたくなる。

真面目なだけの年寄り番頭をないがしろにする。

商家の根本をゆるがす人物なのです。

主人公・ガンちゃんは、主人を取り巻く不穏な空気を察知したり、見事に空気を読まなかったり・・・清々しいほど、愚直な性格なのです。

主人が大きな過ちを犯そうとしているのには、見事に気がつかない。

主人が辰巳屋の番頭から危ぶまれているのには気がつく。

主人を信じどこまでもついていくものと、主人が過ちを犯したら止めようとするものと、どちらが忠義者なんでしょうか??

木津屋吉兵衛の「辰巳屋」本家への介入を阻むため、番頭たちは、吉兵衛を訴えます。

それに対抗して吉兵衛は官へ賄賂を使うのです。

しかし、上方では「金至上主義」なため、商家レベルでは賄賂はごく当然のものとして考えられており、そこが話をややこしくします。

事件は流れに流れて、江戸の寺社奉行・大岡越前のもとに。

大岡越前守忠相は、幕府高官と大手両替商の癒着に手をつけ、町奉行から、栄転という名の閑職にまつりあげられていた。

その、大岡越前が、「辰巳屋一件」を裁くことになる。

なんとも皮肉なんですが。

裁きの結果は、死罪四人、牢死一人、自害一人。

賄賂を贈った商人の罪は軽く、受け取った官の罪は重い。

騒動を起こした張本人、木津屋吉兵衛は、遠島を許され、家財没収、軽追放。

大岡越前守忠相の扱った最後の事件は、大岡が圧力に屈することで幕を閉じます。

なんともすっきりしない事件の結末。

ガンちゃんが、事の重大さに気がつくのは、本当にラスト部分なのです。

罪を罪だと知らず、主人は六人もの命を奪ってしまったと。

その主人を止めなかった自分の罪を。

吉兵衛とガンちゃんに質素な弔いの日々が訪れます。

事件の顛末はすっきりしませんが、物語の終り方は静か。

Amazon.co.jp辰巳屋疑獄辰巳屋疑獄 (ちくま文庫)

あ、もうこんな時間か〜。

これが今年最後の更新になります。

よいお年を。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

うわぁあああああ〜!!

水樹奈々ちゃんの晴れ姿を見そびれたーーーっ!!!

今年最後の失敗。
タグ:
posted by くみ at 20:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(松井今朝子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

“花宵道中”

宮木あや子「花宵道中」です。

著者・宮木あや子氏は短編「花宵道中」で「女による女のためのR−18文学賞」の大賞と読者賞を同時受賞しました。

この本「花宵道中」は、その短編「花宵道中」に、同設定の短編を加え短編連作として成り立っています。

「女による女のためのR−18文学賞」とは→こちら。

確かにね〜、男性作家の小説における官能描写には

「はぁあ〜????〜〜〜」

と思うことが、たまーにあります。

どうしても必要なシーンならともかく、ストーリー上、必要のないところにそういう描写があると、幻滅します。

プロの作家さんの作品にしろ、アマの同人作家さんの作品にしろ、官能描写には、読者、誰もが・・・いや、わたしのまわりの人間(腐仲間)だけかもしれないけど、

「譲れないものがある」

ようでして・・・・・・。

「○○○○(超大御所・男性)、アレ、アホだろ!?」←暴言。

「○○○○(売れっ子作家センセ・男性)、夢見過ぎ!!」

「○○○○(実力派BL作家さん・女性)さんは文学だよな!!」

「○○○○(BL作家さん)って、アクロバットだよな・・・」←なんじゃそりゃ。

などと語り合ったりすることもあるのですが(スンマセン・・・)。

ま、女はストーリーと関係ないところで、サービスシーンのように入る官能描写はあまり好きではないんだと思います。

この「花宵道中」は、女性の方にはもちろん、男性の方にもオススメです。

可能描写がどうとかではなく、江戸の風俗ものが好きな方には、読み応えがあるんじゃないかな、と思います。

花宵道中
花宵道中
posted with amazlet at 09.12.27
宮木 あや子
新潮社
売り上げランキング: 12187
おすすめ度の平均: 4.5
1 引き込まれない
5 読んで損なし!時代劇好きにはオススメ。
5 実力の持ち主
5 半次郎が文句なしにカッコイイ!
5 花宵道中


花宵道中 (新潮文庫)
花宵道中 (新潮文庫)
posted with amazlet at 09.12.27
宮木 あや子
新潮社
売り上げランキング: 43358


吉原・山田屋は半籬の小見世。

大名のような客はこないけれど、そのかわり身元怪しい客もこない。

良く言えば馴染みやすい、悪く言えば貧乏くさくて中途半端。

大層な位を持つ遊女はおらず、そのかわり不見転の遊女もいない。

特別器量がよいわけではないが、芸事が巧みで、とある身体的特徴のため、そこそこの人気を持つ女郎・朝霧。

間夫を囲って借金を重ねることもなく、淡々と客を取り、年季明けはほかの遊女よりも早い。

年季明けには、引き取ってくれる客も決まり、廓暮らしはあと一年と少し、

の筈だった。

その男と会うまでは・・・。


江戸後期、天保の頃の吉原です。

この頃の吉原にはすでに「大夫」という位はなく、廓での厳格なしきたりも崩れかけていました。

花魁言葉もすたれ、花魁道中は幕府の規制で一日一人しかできなくなっています。

半籬というのは、籬(格子)が半分しかない、ということです。

大籬(総籬)が、天井まで籬がある大見世(大店)です。

半籬でしたら、通常は中見世ということになりますが、この作品の舞台・山田屋は、中見世としての体面を保つことができず、小見世まで落ちてしまった店です。

山田屋の女郎の最高格は「座敷持ち」です。

「座敷持ち」とは、自分の寝起きする部屋のほかに、客を取る部屋を別に持っている女郎のことを指します。

花魁とは、花魁道中ができる「呼出し」「昼三」の位の女郎のことだそうです。

なので、山田屋の女郎は、めちゃくちゃ高いわけではないが、めちゃくちゃ安いわけでもない微妙な立場の女郎です。

ありがとう、「花の大江戸風俗案内」←この本、便利です。


表題作「花宵道中」の主人公・朝霧は、吉原で生まれ吉原で育ちました。

他の場所を知りません。

気位の高い姉女郎に育てられ、同じように気位が高く、吉原の世界を知り抜いているため、男に溺れるようなことはありませんでした。

例え、男と恋に落ちたとしても、上手く隠しとおせるような、そんな賢さを朝霧は持っていました。

あの時、あの男、阿部屋半次郎と出会わなければ、朝霧は女郎としては恵まれた年季明けを迎えることが出来たはずなのです。

そして、後に判明する、あの時の客、吉田屋藤衛門と半次郎の関係が、あんなものでなければ。

因縁がめぐり、あのような最後になるという伏線が、続く短編で見事に描かれています。

朝霧の妹女郎・八津が面倒を見た茜の初見世を描く「薄羽蜻蛉」

朝霧の姉女郎だった霧里と、霧里の弟・東雲、そして姉弟の父・芳之助の確執と、悲惨な巡り合せを描く「青花牡丹」

死なない、惚れないと決意した、朝霧の妹女郎・八津に訪れる恋の衝動を描いた「十六夜時雨」

山田屋の看板女郎・桂山の下についた、山田屋の将来を担う女郎・緑の秘めた想いを描いた「雪紐観音」

どこかで人物は繋がっていて、しかも名前を変えて登場することもあります。

吉原に売られた少女は、まず、下働きか禿(かむろ)になるか分けられ、器量により、女郎のもとにつけられます。

禿を引き受けた女郎は、少女の新造出し、初見世までのすべての教育と費用を受け持ちます。

だから、付けられた姉女郎によって、将来は決まったようなもので、しかも芸事や作法や、おまけに気性まで受け継ぎます。

そういう吉原のしきたりの踏まえたうえでの、伏線の張り方や設定が見事。

大見世のように格式ばっていない、どこか雑然とした小見世・山田屋は、悲しいだけじゃない、生命力の強さを秘めて描かれています。

個人的には

「あたしは此処で生きていく」


と、惚れた男に告げた八津が印象的。

Amazon.co.jp花宵道中花宵道中 (新潮文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

図書館に行く途中、「ねこさまスポット」の前を通ったら大漁でした。

12月25日撮影↓。


200912251543000.jpg
タグ:
posted by くみ at 20:58| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(宮木あや子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

“花の大江戸風俗案内”

菊池ひと美「花の大江戸風俗案内」です。

最近、「歴史小説」よりも「時代小説」のほうに傾いてきたかな?と思います。

歴史上の人物よりも、町人の生活に興味が出てきたようです。

あと「吉原もの」は好き。

時代小説に出てくる、衣装、髪型、季節の風物、そして「吉原」。

わかってきたような気だけはするのですが、やっぱりよくわからん。

そんなわけでこの本↓登場です。

花の大江戸風俗案内 (ちくま文庫)
菊地 ひと美
筑摩書房
売り上げランキング: 335109
おすすめ度の平均: 5.0
5 「わかりやすさ」では他をしのぐ


「時代物を読むとき、これだけ知っていると面白い!」

が、この本のコンセプトです。

著者はイラストレータだそうで、イラストも豊富でわかりやすい本です。

冒頭は、やっぱり「吉原」

「花の吉原案内」

吉原の歴史から、廓での遊び方、掟、遊女の格、遊郭で働く人々などなどが紹介されています。

「吉原」は「元吉原」と「新吉原」とあります。

幕府公認の廓として、誕生した「吉原」は人形町あたりにあったそうです(「元吉原」)

明暦二年に奉行所から所替えを命じられ、翌年、浅草・浅草寺の裏手に移転しました(「新吉原」)。

捕物、火付盗賊改、奉行所など、時代ものの背景は、江戸後期(文化・文政)の頃が多いそうで、そうなると、そのなかで登場する「吉原」は「新吉原」ということになります。

吉原といえば花魁。

花魁といえば、「薄雲大夫」や「高尾大夫」、「揚巻大夫」が有名ですね。

「大夫」は廓の最高位。

「大夫」は江戸後期には存在しなかったそうです。

なので、時代小説や時代劇に登場する「花魁道中」を行っているのは「大夫」ではなく、「呼出し」「昼三」と呼ばれる位の花魁となります。

ややこしい。

吉原の遊客も、江戸時代初期は大名・旗本が主だったのですが、元禄以降、紀伊國屋文左衛門など御用商人になり、その後は検校など高利貸し、江戸時代末期に諸藩留守居役の武士、職人と変遷してます。

客の格が下がったため、「大夫」の位は消えてしまった。

吉原は値段も高く、格式ばっているため、だんだん安くて手軽な岡場所(非公認・風営法違反)に客が流れてしまった。

その結果、吉原は衰退していくのですが・・・

あれ?これってデフレスパイラル??

あと、深川芸者と吉原芸者の違いや(着物とか見た目から違うんですね)、お妾さんの暮らしなどもわかります。

あの「♪〜死んだはずだよ お富さん〜♪」

のお富さんが、元深川芸者で、お妾さんだったってはじめて知りました。

「武士と町人の暮らしと服装」

では、下級武士や、町人の暮らしがよくわかります。

大名はね、官位・身分で服装が違うから、見た目で見分けがつくんです。

商人(大店)は、形でもなく、色でも柄でもなく、生地の質が違うんだそうです。

丁稚が木綿で、だんだんと素朴な絹(紬)に移り、さらに上質な絹へと。

さらに役職者の差では、絹の産地の上質さにより差別化。

越後縮、本結城縞、郡内本八丈、唐桟留、広桟留、極上桟留って・・・すごい(わかんね)。

幕府の「贅沢禁止令」に、町人はこうやって対抗して、江戸の「粋」をつくりあげたんですね〜。

「髪型」もね、男性の髪型はそんなに違いはない、と思ってたんですけど、微妙に違うんです。

魚屋と、商家の手代とでは違う。

各自、格好良さを真剣に追求していたんですね。

竹串とか針とか使って、微妙に調整したらしいです。

女性の髪形はですね・・・怖い。

一発で、年齢、未婚、既婚、子持ち、身分、職業がわかってしまうのです。

いや、わたしには区別つかないけど、当時の人は区別していたんです。

小説でよく「片はずし」と出てくるんですが、「片はずし」という髪型をしているとその女性は、大奥の高級女中(お年寄クラス)だとわかります。

いや、見た目はよくわかんないんですけど、ドラマ「大奥」で浅野ゆう子さん演じる滝山さまがしていた髪形が「片はずし」です。

そのほか「浮世絵にみる四季の装い」「芝居に多い商売づくし」「小物の話」など、説明があり、時代劇ドラマが、結構現代にわかりやすいようにアレンジされているんだな〜、とわかります。

時代小説を読むときは、傍らに置いておきたい本です。

歌舞伎、時代劇でも役立ちます。

Amazon.co.jp花の大江戸風俗案内 (ちくま文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ: 江戸
posted by くみ at 17:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(日本史・世界史・古典など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

“Q-pot. 2010 Spring Collection (e-MOOK)”

「Q-pot. 2010 Spring Collection (e-MOOK)」です。

今年4月に発売された「Q-pot. (e-MOOK)」の第2弾です。

docomoから「SH-04B×Q-pot.」が発売されたりして、ますます認知度・注目度・人気が急上昇のQ-pot.

そういえば、今年はユニクロともコラボしましたね(買えなかった)。

スイーツアクセサリーの人気の火付け役。

ペットボトルのおまけを集めだして「Q-pot.」の存在を知って、物欲に火がついたのでした。

でも、本物は一個も持ってないんです。

ショップに行きたいんですけどね〜、遠いし。

本物買えないから、おまけでがまん、というショボさ・・・orz

ま、それはおいといて、しょっちゅう公式サイト見てはニヤニヤしてます。

今回も、付録目当てではなくて本誌目当てでした。

Q-pot. 2010 Spring Collection (e-MOOK)

宝島社
売り上げランキング: 173


やっぱねー、見てて楽しいですよ。

わたしの年齢だと、はっきりアクセサリーは「キツい」ですが、ストラップとかキーホルダー、チャームは使ってもいいと思うのよ。

『ふしぎの国のアリス』シリーズの鍵のかたちのキーホルダーとか、いいなぁ〜と思いました(13650円)

この冬に誕生した、高品質のジュエリーライン「Q-pot.Lounge」のキャビアモチーフには、そのリアルさに「うっ」と思いました。

ホイップ、マカロンのストラップは手に入れやすい値段なので、いつかきっと!!

マカロン全メニューの紹介はおいしそう!でした。

で、付録。

今回は「Q-pot.ビスケットエコバッグ」です。

そういえば第1弾の付録「チョコっとエコバッグ」ね。→記事はこちら。

ペラっとしてるけど、耐久性抜群でしたよ!!

なんてったって、あの、コミケカタログ2冊に耐えたもん!!

えと「ビスケットエコバッグ」は丸いビスケット型のケースにエコバッグが収納されてます。

こんなふう↓。

200912141050000.jpg

可愛いです。

広げると、ケース部分が底になります↓。

200912141051000.jpg

タテ35センチ×ヨコ22センチ×マチ11センチです。

ケース部分が底になるので型崩れしません。

プリントのアップ↓。

200912141051001.jpg

ビスケット柄にロゴ入りです。

エコバッグ、常備するのが普通になってます。

市内のスーパーは、すべてレジ袋が有料だし(でもわたしはスーパーには行かないけど)、ゴミの分別が超面倒なので(市内)、包装はなるべく省いてもらうのがクセになりました。

「チョコっとエコバッグ」はかなり活躍中。

バッグにポンっと入れておけてベンリです。

「ビスケットエコバッグ」の出番は、かなり先になりそうです。

Amazon.co.jpQ-pot. 2010 Spring Collection (e-MOOK)

これから雑誌買うのは、しばらくガマンだな〜。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:付録 雑誌
posted by くみ at 17:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

“劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」”

劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」です。

わたしの愛する「空の境界」がアニメ化すると知って、興奮したのは2006年12月29日でした。

2006年12月といえば、16日にわたしは十二指腸閉塞で緊急入院、即手術を受け、25日に退院(って記事がどこかにあります)。

楽しみにしていた「冬コミ」を断念し、ふてくされていた年末に飛び込んできた朗報ぴかぴか(新しい)でした。

そして、劇場版で全章公開されると知り、さらに興奮したのが2007年3月でした。

あれから、もう3年も経ってしまいました。

第一章が公開されてからは2年経ちました。

「空の境界」の公式メディア化は、これで一応、終止符が打たれたワケです。

感無量です。

劇場に足を運べなかったわたしは、DVDの発売を心待ちにしていました。

第一章を観たとき、そのクオリティの高さに圧倒されました。

そして最終章第七章です。

劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]
Aniplex Inc.(SME)(D) (2009-12-09)
売り上げランキング: 196
おすすめ度の平均: 5.0
5 空の境界は最高傑作!!
5 最終章!


劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]
Aniplex Inc.(SME)(D) (2009-12-09)
売り上げランキング: 18
おすすめ度の平均: 5.0
5 生きている実感
5 泣けた。
5 最終話らしい出来!!
4 それは本当に、夢のような日々でした・・。
5 ついに最終章


殺人鬼、再来。

姿を消した式。

止まっていた、両儀式と自分の事件を解決するため、動き出した幹也。

真実のその先。

二人がたどりついたものは。


「殺人考察」なんて物騒なタイトルなんで、グロテスクなシーンもバンバン出てきますが、

泣けます。

というか泣きました(原作読んだときにね)。

二年間の昏睡から目覚めたとき、式は、記憶ともう一人の人格「織」を失い、生きている感覚を持てなくなりました。

生への実感が欲しくて、命を奪い合うような立場に身を置いた彼女。

彼女が、本当の自分の空白を埋めるものに気がついたとき、

ワタクシ、涙がドバーっと。

原作「空の境界」(からのきょうかい)はもともと「同人小説」として発表されたものです。

それが、そのまま講談社ノベルスとして発行されたのです(加筆・修正有り)。

だから、同人小説特有の自己満足や難解さというのはあります。

しかし、それらを乗り越えて、伝わるものが確かにあります。

劇場版を製作した「ufotable」さんは、その部分をちゃんと描いて下さいました。

素晴らしいクオリティです。

大好きな小説を、このようにアニメ化してくださったスタッフのみなさまに感謝です。

続きは、情熱の赴くままにネタバレを含みます。

Amazon.co.jp劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]

原作空の境界〈上〉 (講談社文庫)空の境界〈中〉 (講談社文庫)空の境界〈下〉 (講談社文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む “劇場版「空の境界」第七章「殺人考察(後)」”
posted by くみ at 20:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ(劇場版「空の境界」) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

“トーマの心臓 Lost heart for Thoma ”

「トーマの心臓 Lost heart for Thoma 」です。

森博嗣の「トーマの心臓 Lost heart for Thoma」です。

ケチなわたしがジャケ買いです。

萩尾望都の名作を森博嗣が小説化


この情報を、わたしは自分がどこで知ったのか忘れてしまったのだけれど、おそらく雑誌「ダ・ヴィンチ」でしょうな〜。

「ダ・ヴィンチ」は、「テレプシ・コーラ」しか真面目に読んでないのですが(立読み)、きっと広告かなんかを目にしたんでしょう。

それにしても・・・

何故、今、小説化??

でも、まー、なんというかー、メディアファクトリーならではの企画ってカンジですね。

こーゆー企画ってまだほかにもあるのかな?

さてさて、萩尾望都大先生の少女マンガ界不朽の名作「トーマの心臓」は、ちょいと他人よりマンガ好きな女子ならば、みんな読んでいる、思っているわたしです。

「誰もが通る道」だろ。

「トーマ」といえば「心臓」だろ。

わたしは、はじめて読んだのは学生のころでした(借りた)。

その次に読んだのは、20代後半だったと思います(借りた)。

地元の図書館で検索したら、置いてあったので借りてきた、読んだ、三十路後半。

この本読んだら、原作を確認せずにはいられないよ↓。

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)
森博嗣/萩尾望都(原作)
メディアファクトリー
売り上げランキング: 129963


美しい下級生・トーマが死んだ。

ユーリに手紙を残して。

ユーリを慕っていたトーマの死は、事故か自殺か?

努力家で誠実で正義漢だったユーリが、不安定になってしまったのはいつからだったか?

トーマの死が、ユーリに暗い影を落とすのではないか?

ユーリと同室の友人・オスカーは憂慮する。

そんななか、転校生として現れたエーリクは、驚くことにトーマの生き写しだった。


内容はほぼ、原作と同じです。

ただ、視点はすべてオスカー視点になっています。

オスカーが、ユーリとエーリクを見守っている。

原作と比べてしまうのですが、オスカーは、原作では「手を貸している」という印象が強いです、わたしは。

オスカーの性格は原作とはずいぶん違う印象になってますが、オスカーを語り手に選んだのは良いと思います。

一人称にした場合、オスカー以外は無理っぽいし。

森博嗣氏はこう語っています。

『トーマの心臓』の美しさの本質を再現したかったのだ。


その通り、文章はとても美しいです。

森博嗣氏の作品ってずっと敬遠してたけど「スカイ・クロラ」は読んでみようかな〜。

文章の美しさには心打たれたけど、「葛藤」が足りないような気がしました。

こう、美しくまとめすぎたな、という。

森氏の作品に興味が持てたことはいいことです。

森氏は結局「俺流・トーマの心臓」を書き上げられたわけで、幸せでしょうな〜(あれ?同人誌??)。

結局のところ、この本を読んで、原作が気になり、原作に手を出してしまったわけです。

原作の力はすごいです。偉大です

トーマは何故、死んだのか?

読みながら、いろいろと考えます。

言葉にするのはとても難しいです。

過去読んだときのわたしは、大事なことを失念してたんですよね〜。

キリスト教徒における、自殺の概念を。

キリスト教における、自殺は功罪でした。

これがぼくの愛

これがぼくの心臓の音

きみにはわかっているはず


だからこそ!!

ちょっとだけ、この森版「トーマの心臓」にもの申す!!

ネタバレになるので、続きにはご注意!!

Amazon.co.jpトーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)

原作トーマの心臓 (小学館文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む “トーマの心臓 Lost heart for Thoma ”(ネタバレ)
タグ:
posted by くみ at 20:20| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

“殿といっしょ 4”

なぜか売れてる戦国4コマ「殿といっしょ 4」です。

なんとアニメ化!!だそうです。

そして、わたしの知らない間にCDドラマにもなってました。→ドラマCD「殿といっしょ」ドラマCD「殿といっしょ」2

そいえば、「殿といっしょ 3 (MFコミックス)」が発売されたとき(今年1月)の、オビに

「この直江がウザイ2009」開催中!!

って書かれてましたが・・・

予言的中でしたね、2009。

さてさて4巻ですが、表紙がいきなり真田ファミリー

オビとオビをめくってカバー、カバーをめくって本体表紙と、三種類の信之嫁・戦国一の鬼嫁・小松殿のオチが楽しめます。

しかも裏カバーも真田ファミリー。

戦国一ジミな長男・信之はツッコんでばかりいて哀れです(でも幸せもの)。

殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
大羽 快
メディアファクトリー
おすすめ度の平均: 4.5
5 笑える!!手抜きなし。
4 小松かっこいいよ!


全体的に、真田長男・信之、その鬼嫁・小松殿、真田バカ父・昌幸、
真田ボケ弟・幸村のページが多かったですね。

真田祖父・ユッキーは、山本勘助と一緒に、武田晴信のページで出てるし。

愛されてんな〜、真田ファミリー。

そうそう、この巻も直江兼続はウザかったです。

上杉家も、新たにイケメン・上杉景虎さんが登場。

すでに直江の魔の手が及び、いや「愛のツッコミ」済みで、景虎さんは到底家督を継ぐことはできないでしょう。

あ、コッチの直江は役に立ってるじゃーん!!

誰が裏切るか、「裏切り杯」なる予想をするオソロシイ夫婦、信長と濃姫はあいかわらず。

あ、サダコみたいな蒲生氏郷は結構好きです。

伊達政宗の眼帯ネタは、ちょっとムリがあるような・・・。

わたしは政宗の「ガンタロウ」と「ガンタイン」にちっとも笑えないので、ページが多くあって、残念・・・。

5巻で、伊達家はついにお東の方が登場するらしいので(しかも、すごい人そう)、そちらに期待です。

そして、単行本書き下ろしおまけマンガは、またもや真田!!

信之と、小松殿の見合い話。

なんつーか、初々しくて(ツンデレ小松殿が)、背中がかゆくなりましたよ。

あ、特別付録がありましたな。

城眼帯ペーパークラフト。

コレ、フラッパーでホントに付録になってたんですね。

Amazon.co.jp殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:コミック
posted by くみ at 22:02| 静岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | コミック・アニメムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

“道絶えずば、また”

松井今朝子氏の「道絶えずば、また」です。

「非道、行ずべからず」「家、家にあらず」に続く「花伝書シリーズ」三部作の完結編です。

「非道〜」「家〜」と、とても面白かったので、完結してしまうのがとても惜しい。

完結編なので、「非道〜」「家〜」からの伏線など、先の2冊を読んでからのほうが良いように思います。

登場人物も、そのほうがわかりやすいですし。

もちろん、この作品から入っても良いですが。

作品が発表された順番は「非道、行ずべからず」「家、家にあらず」「道絶えずば、また」です。

「非道〜」の数十年前が「家〜」

「非道〜」の五年後が「道絶えずば、また」です。

道絶えずば、また
道絶えずば、また
posted with amazlet at 09.11.30
松井今朝子
集英社
売り上げランキング: 177889


名女形・荻野沢之丞が、奈落の底で不可解な死を遂げた。

一世一代の舞台納め、「道成寺」の披露の初日に。

類稀な才能を持つ次男・宇源次に名跡を譲ると決めながら、その後も長らく舞台に執着していた男の死は、中村座を混乱の渦に巻き込んだ。

長男の市之介か、次男の宇源次か。

名跡争い再び。

またもや血なまぐさい事件が。

一人前の同心になった薗部理市郎は、事件解決に乗り出す。

四代目荻野沢之丞は果たして誰が継ぐのか。

そして一連の事件は、実は思いもよらぬ場所から波及したものであった。


「非道〜」と「家〜」の事件をつなぐ事件が「荻野沢之丞の死」です。

他殺か自害かは、わかりません。

偉大なる父(世に稀な長命を保ち権勢を誇る化け物)を持った、二人の息子が対象的です。

面長でおっとりとした顔立ちの、父親そっくりの長男・市之介。

小顔で派手な造作の次男・宇源次。

市之介は性格もおっとりとしているのですが、父親の死にもあまり動じた様子はない。

宇源次は、やたら勝気な性格なくせに、心がもろいところがあり、父親の死に動揺しまくり、酒に溺れます。

市之介は、父・沢之丞が死に、客が入らなくなった小屋でも、ただひたすら舞い続け、宇源次は、泣き、酒を飲み、その後寺で修行をしたりと、逡巡し続けます。

市之介は何を考え舞い続けるのか?

宇源次はどうやって立ち直っていくのか?

「芸の道」をテーマにしたストーリーに、思いもよらぬ場所から「人の道」を投げかけるストーリーが絡みます。

「道絶えずば、また」とは、風姿花伝の

道絶えずば、また、天下の時に会うことあるべし

から。

たとえ人から見捨てられても、決してあきらめずにひとつの道をずっと歩み続けていれば、再び浮かび上がるときがあるだろう。

これは「芸の道」を説いたものなんですが、「人の道」にも通じる、と。

何が正しく、何が誤りであるのか、見極めるのは容易ではない。

知らんふりを通せば、何もかも丸くおさまることに、正しい判断を下すとき、人は何を思うのか?

「家、家にあらず」の主人公・瑞江(の数十年後)が重要な決断をします。

事件そのものは、あいまいな終り方とも言えなくないのですが、物語としては完結です。

血の繋がった家族、血の繋がらない家族、親子、兄弟、それらを結びつけるのは、「情」でした。

「情」あるゆえに人は過ちを犯し、「情」あるゆえに人は許しあう。

そんなことを考えました。

捨てられないものなんだよな〜。

Amazon.co.jp道絶えずば、また

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 14:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(松井今朝子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。