2009年08月08日

“遺伝子が解く!万世一系のひみつ”

竹内久美子氏の「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」です。

わたしの立読み愛読書・週刊文春での人気連載をまとめた一冊です。

5月ごろに文庫化されたのを書店で見つけて、それは買わずに(・・・)、図書館で借りてきました。

子どもの頃から理科(生物)が好きだったのです。

図鑑を見るのが大好きでした。

今は、虫嫌いなんですけど、子どもの頃は昆虫採集によく出かけました。

魚釣りにもよく行きましたよ。

「野生の王国」や「脅威の世界」(懐かしすぎる)といったドキュメンタリー番組が好きでした。

今なら「ダーウィンが来た!」ですな。

「天地人」は「ダーウィンが来た!」のおまけにしかすぎません。

ホントは動物とは接触するのは苦手なのですが、動物の行動をテレビで見るのは好き、という・・・歪んでますな。

で、この「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」

読者からの質問に、竹内氏が動物行動学視点から解き明かす、というものです。

ときどき、アホウな質問もあるのですが、うまいことかわされ、話がすりかえられたりしていて面白いのです。

解答も無茶苦茶なことがあります。

遺伝子が解く!万世一系のひみつ (文春文庫)
竹内 久美子
文藝春秋
売り上げランキング: 186646


大好きなK・Hが歌って踊るショーをテレビで観ていたら、腰のくびれのない、いわゆるずん胴体系に気づいて、たちまち興味をなくしてしまいました。なぜこの程度のことで好きでなくなってしまうのか、自分でも戸惑っています。
男にとって女性の腰のくびれは、いったいどんな意味を持っているのでしょうか。
(43歳 男)


知らんがな!!??で終らせたいこの質問。

竹内氏は丁寧にお答えになっています。

でも、そうなの??男性って??

そりゃ、ずん胴よりも、腰のくびれがあった方が魅力あるのはわかります。

でも、もともと好きだったのに、ずん胴と気がついた瞬間にダメになるものなの??

じゃ、今年流行している、ワンピースに太いベルトでウェストマークって、男性は超OKー!!なの??

ふーん。

で、肝心のお答え。

ウェストにくびれのある女性は受胎しやすい。

だから、男がウェストのくびれのある女に惹かれるのは当然。

ずん胴だと、がっくりくるのは、これまた当然。


繁殖活動のためなんですね。

この本でも大部分の話題は繁殖活動です。

女性もまた、なんの意識もなく繁殖のために「シンメトリー(左右対称)」な男を選んでいる。

「シンメトリー度チェックリスト」なるものが用意されているのですが、これを読んでわたしにはピン!!と思い当たる男がひとりいたのです。

指が美しい男。

そして楽器が演奏できて、声がよく、歌がうまい男。
もちろんイケメン。

そうか・・・わたしがヤツに惹かれるのはそういうことなのか・・・(某ミュージシャン)。

でも、ヤツはよくカゼをひくけど。

あ、この「シンメトリー度チェックリスト」

既婚者は「浮気をしたことがある」と15ポイント入ります。

そのほか、「カマキリのメスが交尾のあと、オスを食べるのは」などよく聞く話についても語られています。

カマキリのメスは、必ずオスを食べるわけではないそうです。

オスが食われるのは3回に1回ほど(それでも高確率だな)。

カマキリは動くものは同種の個体でも獲物とみなしてしまうそう。

しかもメスのほうがオスより大きい。

うっかりしていると食べられてしまうんだそうです。

わたし、カマキリのメスがオスを食べてるの見たことあります。

そういえば、怖いな~とか思わなかったな。

「干したミミズの効き目って?」も面白かったです。

ミミズには解熱作用があるそうです。

解熱のほかに、血圧効果、利尿、気管支拡張。解毒や痔や火傷にも効く。

このミミズの話題の挿絵が面白かったのです。

イトミミズをタッパーにいれて冷蔵庫。

家に「釣りキチ」がいる人ならわかると思うんですけど。

釣りに使うエサを、自宅の冷蔵庫に入れる人っているんですよね。

故親父が元気な頃、それはそれは釣りキチだったのです(ヘラも釣れば、鮎も釣った)。

我が家の親父は、ウジムシを冷蔵庫に入れてましたよ。

エサ専用だから、不潔ではないんですけどね。

幼い頃のわたしは、ウジムシを釣り針に引っかけることも出来たんです。

この本のタイトルにある「万世一系のひみつ」

皇位継承問題を、男女平等論ではなく、生物学の観点から作者の考えを述べています。

なるほどね、と思いました。

これは世界遺産に匹敵するわ。

この話題が文春で繰り広げられたとき、紀子さまは悠仁さまをお産みになってはいらっしゃらなかったのですが(ご懐妊が判明したころ)、「男子である可能性のほうが若干高いと私は見ている」と書いてあって、びっくり!でした。

Amazon.co.jp→遺伝子が解く!万世一系のひみつ (文春文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル: エッセイ
posted by くみ at 23:30| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。