2009年06月25日

子宮温暖化計画“よもぎホットシート”を試してみる。

ずっと気になっていたアイテム「よもぎホットシート」を購入しました。

わたし、「冷え性」です。

梅雨に入ってから、どうもつらいです(毎年のことですが)。

夏の冷房はつらいです(毎年のことですが)。

毎年、自分の部屋のクーラーは極力使わないようにしています。

クーラーを、何月何日までつけないでいられるか、毎年、記録に挑戦です。←うっかりすると部屋で脱水症状・・・。

自分がいつから「冷え性」なのか、思い出せないのよね。

高校生のときから、真夏でも「レイノー現象」(指先が冷たくこわばる)がよく出てたし(そのせいで2度ほど「膠原病」だと疑われた)。

20代後半に、冷房の強いショッピングセンター内で勤務していたときは、すでに靴下2枚重ねだった。

事務所で働いてたときは、真夏にお腹にカイロ貼ったこともあります。

「冷え」と婦人病は関係有り。

思えば、その20代後半から、わたしは非常に激しい月経痛に悩まされるようになったのです。

で、子宮内膜症で手術を受けたのですが、子宮内膜症には完治がなく、子宮筋腫も併発、婦人科系の悩みはいつまでも続いてます。

雨の日に生理は最悪です。

で、もうとにかく体を温めるしかないのです。

一番良いのは「運動」ですよね・・・「運動」・・・今更どうすればいいのか・・・??

韓国には「よもぎ蒸し座浴」というものがあり、これが非常に「冷え」と「婦人病」に良いらしいです。

それを簡単に自宅でできるようにしたのが、こちらの「よもぎホットシート」です↓↓↓。

CREA7月号にも載ってたし、巡回しているブログさまにも紹介されてたので、さっそく購入~♪

「楽」してできる良いものは、なんでも試したくなる性分なのです。

というか「楽」なものしか続きません。

Image015.jpg

箱で買ってしまいましたよ。1箱11個入りです。

↑こんな風に一回分ごとにパックされてます。

開けると、こんな風になってます↓↓↓。

男性には生々しいかな??
まぁ、滅多に見られるもんじゃないし、見ておいてくださいな。

ナプキンにカイロを貼って使用するようなモンです。

Image016.jpg

ナプキンもカイロも薄手で、洋服にひびきません。

もともと本場韓国では、ナプキンにカイロを装着したものが売られていたそうですが、韓国で出回っているものの、半分の薄さだそうです。

カイロは、よもぎ、ハッカ、センキョウ、トウキ、入り。

ハーブの香りが若干強いですが、嫌な匂いではありません。

わたしは好きです。

装着しているとき、外に匂いは洩れていないようです(母に聞いてみた)。

温度は最高温度58度、平均温度48度に抑えられているそうで、低音やけどの心配なしです。

で、装着した感想。

じわじわと暖かくなります。

午前中から、お風呂に入るまで着けてたのですが、ずっと暖かかったので、8時間ほど効果があると思います。

最初は下半身が暖まって、足の冷えがなくなりました。

だんだ全身ポカポカになって、汗が出てきました。

心地よい暖かさで、本読んでたら、だんだん眠たくなり・・・昼寝に突入です。

血行が良くなったってことですね。

快適でした。

冷房の強い場所に行くときや、雨の日に使いたいと思います。

週2回ほどの使用で効果あるそうです。

就寝中・生理中は使用できないそうです。

「冷え」と「婦人系の不快な症状」を緩和させる「よもぎホットシート」でした。

楽天市場でお探しの方はこちらへよもぎホットシート


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています


ラベル:冷え対策
posted by くみ at 21:55| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 病(子宮内膜症・うつ・他) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。