2009年06月09日

“三四郎はそれから門を出た”

三浦しをん氏の「三四郎はそれから門を出た」です。

この本はおもに、三浦氏の「活字中毒」っぷりを描いたエッセイです。

本に関するエッセイを依頼されることが多いという三浦氏。

それらを一冊にまとめたこの本は、ブックガイド的役割もあります。

私にとっちゃあ、読書はもはや「趣味」なんて次元で語れるもんじゃないんだ。

持てる時間と金の大半を注ぎ込んで挑む、「お前(本)と俺との愛の一本勝負」なんだよ!


と書かれているように、ほとばしってます。

愛が。

わかる気がするな~。

わたしの読書量や、本への挑み方は三浦氏に遠く及ばないのですけどね。

わたし、今読んでいる本は、池上永一氏の「テンペスト」上下。

この「テンペスト」がすっごいぶ厚く長く、また言葉が特殊で読むのに時間がかかる。

ま、それを読んでいるのですが、キリのいいところで「休憩~」と息を抜くのが、ネットの小説(同人サイト)を読むこと・・・。終っとる。

まるで「あ~、タバコでも吸うか~」「缶コーヒー飲むか~」という感覚で、「あ~、今日の『日○谷×○菊』(By「BLEACH」)読んどくか~」みたいな。アホウ。

「BLEACH」←ハマりました。朝から晩まで大変です。最近、ブログの更新がまったくなのは、コレのせいです。

朝ご飯のとき、朝刊読まないと落ち着かないし、夕ご飯のときも夕刊読まないと落ち着かないし、夜寝るときも本読まないと落ち着かないし、月曜日はジャンプ(「BLEACH」のみ)、読まないと落ち着かないし。つかジャンプは余計だろが。

どんだけ、自分、活字好きなんだ!!と思います。

でも「読書家」でも「活字中毒」でもないよ。

上には上がいるし。

この本を読んで思ったね。

アンタ!!(三浦氏)

どんだけ活字が

好きなんだーーー!!!


さすがだ、「愛の一本勝負」ぴかぴか(新しい)

わたしなんか最初から勝負にならないのね。

三四郎はそれから門を出た
三浦 しをん
ポプラ社
売り上げランキング: 65433
おすすめ度の平均: 4.5
5 素晴らしい!
4 こゝろの道草にも明暗あり
5 ほうほう、なるほどって感じです
5 とにかく面白かった!
4 妄想力に乾杯!


こういう本で、自分も読んだ本が紹介されていると嬉しいですね。

桐野夏生氏の「リアルワールド」と「グロテスク」には、思いきりうなずいてしまいました。

「グロテスク」はジメジメした感じが日本の夏に良く似合う。

確かに残暑厳しい時期に読むと、身の内から湧き上がる怒りのパワーで暑さが吹っ飛ぶと思います。

で、読みたいと思った本が紹介されていると、をを!!やっぱ読もう!!という気持ちになりますね。

タニス・リーの「バイティング・ザ・サン」

図書館でリクエストしたら、何かの手違いで無効になちゃってさ。

もう一度リクエストするの面倒だと思ったけど、明日図書館行ってくるわ。

佐藤賢一の「剣闘士スパルタクス」も、汗臭そう・・・と躊躇してたけど、やっぱ借りてこよう。

本の紹介、本に関するエッセイが続いたかと思えば、こんな章もあります。

本を読むだけが人生じゃない

そらそーだ!!

わたしの場合は、読書もそうですが、昔行きまくっていたライヴとか、「現実からの一瞬のトリップ」を味わいたい、という気持ちが強いですな。

それじゃアレか??

人間、外に出なくては生きてはいけないワケで、外に出ることによって、何か発展があるわけで・・・・。

本ばかり読みあさって仕事もしてないわたしは、ちとヤバいか??

でも、パチンコとかにはまるよりいいと思うの。
図書館使ってるから経済的だし。

まままままま、わたしの場合は「病気療養中」という看板を掲げてますが。

話がそれた。

最後の章が

愛の唄

文字通り愛の賛歌。

本への。

橋本治の「双調平家物語」、読みたくなっちゃったな~。

なんでも、「双調平家物語」は、平家の「ヘ」の字も出てこないあたりからはじまるらしい。

蘇我馬子が平家とどう関係あるの??気になるじゃないか??

全12巻・・・・・。

人生、今しかできないことをやれ!!

では、さっそく明日図書館・・・待て待て待て、何冊借りる気だ!?

「愛の戦い」というタイトルで「ファイブスター物語」についても書かれていて、あ~これは「ダ・ヴィンチ」の「FSS特集」のときの寄稿だな~と、嬉しくなりました。

津原泰水の「少年トレチア」も気になる。

もう、これ、完全に自分的メモですね。

Amazon.co.jp三四郎はそれから門を出た

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



ラベル: エッセイ
posted by くみ at 23:40| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書(エッセイ) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。