2009年04月15日

“リアルワールド”

桐野夏生「リアルワールド」です。

オカンに

「アンタ、あんまり、荒んだ話ばっかり読まないほうがいいんじゃないの?気分の調子に悪いんじゃない??」

と言われました。

夕飯時にこの「リアルワールド」と桜庭一樹の「私の男」を話題にしたからか(とくに桜庭一樹「私の男」のほうが)。

あんま、関係ないんじゃない??

リアルワールド (集英社文庫(日本))
桐野 夏生
集英社
売り上げランキング: 121290


トシちゃん(ホリ ニンナ)こと山中十四子(高校3年)は、隣の家に住む少年(高校3年)が母親を殺したことを知る。

トシ、テラウチ、ユウザン、キラリンの4人グループは、少年の逃亡を手助けしてしまうことになる。

5人の高校生のそれぞれの行動、思惑、そして「世界」とは?

ということで、書名は「リアルワールド」ですが、5人の高校生の身の上に起こった出来事は全然「リアル」ではないです。

桐野夏生氏の作品は、物事を誇張して描き、読む人間を無理矢理、現実と向き合わせるようなところがあるのです。

そこが「リアル」

この作品はすべて一人称です。

ホリニンナ、ユウザン、ミミズ、キラリン、ミミズ2、テラウチ、キラリン2、ホリニンナ2

と、各々の心情が吐露されていきます。

わたしにとっては、この高校生たちの会話口調も語りも、限りなく現代の高校生に近いと感じるんですが、実際の高校生が読んだら、「こんな言葉使わないし」と思うかもしれません。

ホリニンナとは、一応主人公であるトシが普段使っている偽名です。
彼女たちは、アンケートもカラオケボックスの会員証も、すべて偽名、偽住所で通しているのです。

ごくごく普通の女子高生です。

偽名を武装だという彼女たち。

仲良しだという4人組の彼女たちは、お互いが何を隠しているのか、何を知られたくないのかを知っていて、知らないふりをしています。

理解しあっているようで、まったく理解しあってない、ということを理解しています。

そうやって付き合ってきた彼女たち。

偽名によって守られていた、居心地の良かった世界は、自分たちがミミズと蔑んだ少年の起こした事件によって、やがて崩壊することとなります。

リアルだと思っていた世界が崩れて、中からまたリアルが出現してくるの。そう、超リアル。


テラウチが書き残した「超リアル」

自分の存在が揺らいで、自分の立ち位置がわからなくなるような体験を、ま、わたしぐらいの年齢だったら誰でも経験していると思うんですよ。

女子高生にとっては、それがはじめての経験であった、ということなんでしょう。
それがまたよりにもよって強烈であった。

物語の結末は、4人がそれぞれの方向へ。

母親を殺した少年は、犯罪を犯す少年ってこんな風に考えるのではないか??本当に思えたりします。
アホか!?とも思いますが、やはり恐ろしい。

文章は、桐野氏、さすがのスピード感。イッキに読めます。

ほんの数日の夏休みの出来事なんですよ。

Amazon.co.jpリアルワールド (集英社文庫(日本))


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



ラベル:
posted by くみ at 23:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(桐野夏生) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。