2009年04月02日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第25話 最終回「再生」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第25話 最終回「再生」

さぁ、エンジンがかかりましたよ。
これからイッキに書き上げます。

刹那・00ライザーの前に立ちはだかったリボンズ・アルマーク。

「君がその力を手に入れたのは、僕のおかげなんだよ」

「俺を救い、俺を導き、そして今、また俺の前で神を気取るつもりか」

リボンズは、上位種であるイノベイターが人類を導くのは、人間が動物を管理しているのと一緒だと言う。

リボンズが「上位種」であること、自分の存在意義にこだわるのには、「とある理由」があると言われているが、アニメでは一切そのことに触れられていない。

うーん・・・。
イオリアのおっさんにも「エゴ」があった、と言うことを、CBのメンバーは理解しているのだろうか?

「その、エゴが世界を歪ませる。貴様が行った再生を、この俺が破壊する」

リボンズの機体は、ガンキャノンみたいだ、という声がありましたが、名前がそのまんま「リボーンズキャノン」
そのネーミングのダサさに「負けるの前提」な製作側の態度が見え隠れし、ちょっと哀れな気持ちになったり。

さて、プトレマイオスにはラッセが無事帰還。

ラッセがビリーに怪訝な目を向ける。
というか、ビリーがしゃあしゃあとトレミーに乗り込んでいるのに、ちと呆れる。

アレルヤとライル、再び戦場へ。

リボーンズキャノンはなんと!!変形してガンダムになった!!

「そうとも。この機体こそ人類を導くガンダムだ!!」

リボーンズガンダムとか言うらしい。

うぉ!!アムロがガンダムに乗っている!!
思わずコーフンの1st世代。

戦闘技術は、さすがアムロだ!!リボンズ!!

なかなか見ごたえのある戦闘が展開される。

そこにヒリングとリバイバルが参戦。

アレルヤとライルも駆けつける。

「超兵復活といこうぜぇっ!!」

ハレルヤVSヒリング。

うーん・・・ヴェーダのバックアップが無いとあの程度、とかってそれは技術的に超兵と比べてどうなんだろう??

ヒリング敗れる。

アレハレ、リボンズの攻撃を受け、アリオス大破(中破??)

「や、野郎」←ハレルヤの辞世か??

リボンズの攻撃でトレミー航行不能に。

ライルVSリバイバル。

ライルが右目を怪我するところは憎い演出。

リバイバルの攻撃を一瞬かわし、ガデッサのわき腹にランチャーぶち込み、ライル勝利。

ライルはアニューと同型の子をやってしまったな。

ライルの戦闘能力が、イノベと張り合えるのも、ちょっとどうか?と思うところ有り。

スメラギさん、何を思ったかR2発射の指示。

R2ってエクシアかよ!!と後で思う。

リボンズの意識に介入してくるティエリア。

「人類を導くのではなく、人類とともに未来をつくる。それが僕たち、イノベイドのあるべき道だ」

ティエの言葉を拒否するリボンズ。

リボーンズガンダムと00ライザー、トランザム!!

00ライザーの機体の量子化。←この仕組みどうなってんの??

その果てに相打ちっぽくなるが、リボンズは無事。

00の太陽炉を一個パチって、抱えて飛んでいる姿が笑える。

リボーンズガンダムにガタがくるが、リボンズの前に、0ガンダム落ちてた!!

おいおい、ラッセ、捨ててくるなよ。

「これは運命だ」

「僕はまだ戦える!!」←はい??今なんとおっしゃいましたか??

その0ガンダム・リボンズの頭上に刹那・エクシアが!!

「ガンダムエクシア、刹那・F・セイエイ、

未来を切り開く!!」

0ガンダムとエクシアの戦いは、飛び道具を使わず、1stファンへのサービス盛りだくさん。

ランバ・ラル??みたいな描写あり。

そこに流れるマリナさまの例の歌と、マリナさまから刹那へ宛てた手紙。

刹那。

この手紙をあなたが読むことが無くても、それでもあなたへの思いを綴らせてください。
クルジスの少年兵として、戦いを強要され、戦場の中でしか生きることが出来なくなったあなた。
平和を求める気持ちは、私もあなたも同じなのに、分かり合っているのに、どうして私とあなたの道は交わらないのでしょうか。
あなたは武力を行使して、世界から争いを無くそうとしている。
もし、それが実現出来たとしても、あなたの幸せはどこにあるのでしょう。
罪を償い、傷ついて、それでも戦い続ける。
そんなあなたの生き方が、どうしようもなく悲しく思えるのです。
自分の中にある幸せを、他者と共有し、その輪を広げていくことが、本当の平和になると、私は考えています。
だから、どうか、あなたもあなたの幸せを掴んでください。

刹那。

あなたに幸せが訪れることを私は祈っています。


貫かれたのは0ガンダム。

フェルトが刹那に渡した花が宇宙を漂う。

と、いうことで。

マリナさまは新生アザディスタンを率いることに。

連邦政府の支援を中東に広げていく、ということで、これからの中東のリーダーはマリナさま。

マリナさまは、役立たず、とかいろいろ言われましたが、最後まで自分の信念は曲げなかったんですよ。

>どうして私とあなたの道は交わらないのでしょうか。

ソレスタルビーイングのことも否定してます。

刹那とマリナさまは、お互いに何かあるごとにお互いを思い、それでも結ばれることはないのでしょう。

しかしそれでは、刹マリなわたしは面白くないのでいろいろ妄想する所存。

ルイスの細胞異常は完全に止まったそう。
それでも、療養は必要なのか、入院中。

その傍らに沙慈。

連邦は新しい大統領のもと、新たな道を進み始めます。

カタロンのメンバーも参加しているが、クラウスって何かしたっけ??

ホーマー・カタギリ司令は自刃。

「ねぇ、沙慈。世界はこれからどうなるのかな?」

「正直、僕にもわからない。でも僕たちは無自覚ではいられないと思う」

「考える必要があるんだ。

本当に平和を求めるなら、

世界について考えることが」


ああ。

この戦争とは無縁だったカップルに、こう考えさせるために、この話はあったと言っても過言ではないな。

さて、連邦としては、ソレスタルビーイングが武力を放棄しないかぎり、野放しにしておくつもりはないそうです。

そんな話をアンドレイとしているカティ・マネキン大佐。

イヤリングしているから、も、もしや、まさか、

「大佐ぁ、何やってんすかぁ~?」

出た!!!

視聴者と製作スタッフから最も愛される男、パトリック・コーラサワー!!

なんと、大佐のキッスどころか、大佐をいただいてしまったよ!!!

マネキン大佐は昇格して准将になったそうです。

准将と少尉(おそらく)。

格差婚だから気をつけろ!!!

アンドレイは、職業軍人としての道を歩む。

生きろ、アンドレイ。
ついでに嫁をもらえ。


ビリー、何やら研究中。
傍らの「写真」があいかわらず痛いぞ。

後ろにグラハム・エーカーさん。

ライルはカタロンを抜けて、ソレスタルビーイング一本でやってく決意。
正式に「ロックオン・ストラウス」になりました。

アレルヤとマリーは、ソレスタルビーイングを離れた様子。

生きる意味を見つける旅へと。

そうだよな。
この二人は戦いたくないんだものな。

なんか、旅の途中で、一子もうけそうな感じがするぞ。

ティエさまは「来るべき対話」のときまでお休み。

でも、ティエさま。

「来るべき対話」は来年くるらしいよ。

「世界がどうなるか、それは誰にもわからない。でもどうにでもなれると思うんだ。過去は変えられなくても、未来は変えられる。

僕たちが望む世界へ」


そして、人類が道を誤ったときの為に奴らが!!

「行こう。俺たちにはやることがある」

ソレスタルビーイングは世界の抑止力として存在続ける。

しかし、ソレスタルビーイングが、世界を判断することは出来ない。

彼らは、彼らの判断で、武力介入してくるテロ組織であることに、かわりはない。

そこんとこはどーなのよ??

最後に映るのは木星。

木星へのフリは、1期にすでにあった。

The Childhood of Humankaind End

人類の幼年期時代の終わり??

なんかSF小説のタイトルみたい。

そして


劇場版

機動戦士ガンダム00

2010年公開


えー!?

でも、観る。

「機動戦士ガンダム00」は、まだ終らなかったのであった。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ




続きを読む。機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第25話 最終回「再生」


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。