2009年03月01日

“天地人 9話「謙信の死」”

天地人 9話「謙信の死」

ハァ、まだ9話か。

キッツイなぁ。

でも今日はまともにドラマやってるカンジがしました。

スポットライトもなかったし。

「謙信の死」

毘沙門堂で倒れたことになっている謙信さん。

脳卒中だそうです。

ま、相当な酒飲みだったそうなので、そうなんでしょう。

謙信さんが倒れたことで家中に激震が!!

動揺しまくる家臣たちを静める景虎に、

「景虎さまが跡目を継いだらいいんじゃない」

との声が高まります。

特に柿崎晴家、北条高広は昔から、上田長尾家の政景(景勝さん・父)と敵対してきているので景虎を推しています。

兼たんは、謙信さんの看病をさせてくださいと申し出ます。

謙信さんの枕元で仙桃院さまは言います。

謙信さんが亡くなったら、家督争いが起こるわ。

謙信さんったら養子とったクセに家督を決めてないんですもの。

「その時は兼続、そなたが景勝を守るのじゃ」

そして家督は景勝さんのモノよ。

「はい。この命にかえても必ず」

謙信さんはその後、目を覚ましましたが、

「義」

と兼続に言い残し(たらしい)お亡くなりになってしまいました。

兼がまた泣いてました。ウザいです。

翌日には春日山城に詰め掛けた家臣たちが、言い争いを起こします。

兼続たち、上田衆は最初から、家督は謙信の実の甥・景勝だと思っている。

しかし、もともと跡目相続ではごちゃごちゃしていた家なんで、各々思うところあり。

とくに、謙信を若き頃からささえ続けた古志衆と、長尾政景に仕えていた上田衆はもともと反目しあい、たびたび紛争を起こしていた。

謙信を支えてきたという自負がある古志衆は、上田衆に実権を握られまいとして景虎を擁立することに。

いくら器量が優れているからって、何の血のつながりもない、北条家の七男を跡取りってありなのかなぁ??

謙信を御実城様と呼び、景勝を御中城様と呼んだところから考えても、どうもなぁ??

養子コレクター・謙信さんに、養子は4人いましたが、他の2人はさっさと他家を継がされていました。

その2人がそろって景勝さん側についたのはなんでか??

あ、ここらへん、自分的メモなんで。

景虎は、いやいや自分は北条の人間なんで、跡取りになるのはちょっと・・・と遠慮がちです。

柿崎と北条(キタジョウ・ややこしいな)は、吠えまくっているだけで、熊が2匹・・・みたいな印象です。

いくら景虎がイケメンでも、それを推すのが熊じゃダメです。

次第に言い争いはエスカレート。

養子2人の前で、いまにも暴力沙汰になりそうです。

兼たんが必死こいて泣き落としにかかろうとしますが、誰も聞きゃしません。

そこへ出てきた直江景綱の後家・妙椿尼が、自分は謙信の遺言を聞いたと言います。

家督は景勝に。

ま、これでその場は治まったような治まらないような・・・。

とくに柿崎・キタジョウは治まらず、そこに接近するは景虎の家臣・遠山なんとか。

もともと「直江の後家と樋口与六共謀説」って強いんで、それをそのまま使っちゃえば??と思ったのですが、この兼たんにそれが荷が重そうです。

仙桃院さまは妙椿尼を責めますが、言ってしまったものは仕方ないので、このままそれを押し通すことにします。

もともと直江家は「家督は景勝」としてきたのです。

で、なんで一番口の軽そうなヤツにしゃべっちゃうんですか??

仙桃院さまは、兼続に言います。

「この世には事実と嘘の狭間に誠があるのじゃ」

すべての泥は自分が被る。

えと、謙信さんの「義」も女性の現実主義には勝てんってことですね。

女な行動に理由をつけない。そうするしかないから。

とにかく、女3人と兼たんは「秘密」を誓います。

お船さんったら、ヤバいときには兼続を頼る、とか言っちゃって、旦那に一服盛るつもりなんでしょうか??

景勝さんのところに戻った兼たんは、景勝に仙桃院さまの受け売りをそのまんま話します。

北辰の星は景勝さま。

北斗の七星は自分。

北辰の星はひとつしかないので

「我が殿こそ、上杉の御大将であらせられます」

明日はお葬式、って夜。

景勝さんの屋敷に熊(柿崎のほう)が夜討ちを仕掛けてきました。

熊は退治されちゃいますが、これから先は戦国時代NO1のお家騒動勃発です。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



天地人&新潟の地酒12本入りボリューム福袋【A-46】『天地人』が入った「新潟の日本酒720mlが1...


“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話「革新の扉」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話「革新の扉」

前回から数日後、というところでしょうか?

ライルにボコボコにされた刹那さんの顔にはまだ跡が・・・。

刹那は沙慈に、あの時はアニューを撃つしか他に方法はなかった、と語ります。

「あの時、彼女はアニュー・リターナーではなかった」

何故か、確信があるのだそうです。

そして、刹那はあの場にいたルイスも何かに取り込まれている、と感じたらしい。

刹那、何やらGN粒子の影響で変化しつつあるようです。

瞳が金色。

プトレマイオスに暗号が入りました。

L5 コロニー・エクリプス。

王留美と紅龍は生きていた!!どうやって脱出したんだ!!

L5には脱出したソレスタルビーイングのメンバーの基地があるらしく、イアンのおやっさんもそこに行くことの賛成。

おやっさん・・・新装備って、それがホビージャパンに載ってたっていうヤツですか・・・。

何より、刹那がその場に行くことを強く推したのですが。

「私に艦の操舵をやれだとっむかっ(怒り)むかっ(怒り)

アレルヤはソーマたんを戦いに出すまいと必死らしいです。

この2人は今、修羅場です。

さて前回、刹那をボコボコにしてくれたライルですが、まぁ、悪かった、とは思っているらしいです。

「カタロンでもソレスタルビーイングでもなく、俺は俺の意思で」

イノベイターを倒す、と言いながら、刹那に銃を向ける、でも撃たない、撃てないライル。

「兄さん・・・」

何故、「兄さん」??「アニュー」ではないのかね??

暗号のポイントへ、00と0ライザー出撃です。

しかし、艦の位置も動きもアロウズはお見通しでした。

リバイバルは前の戦いでの刹那の動き、00の動きから、

「00のパイロットは革新をはじめている」

と推測。

ヒリングが「純粋種」と言ってましたが、それは「天然モノ」ってことでしょうか?

ルイスはあいかわらず調子が悪そうです。
リボンズの薬はヤバそうだし・・・。

なんとルイスったら、アンドレイに

「黙れ!!」

「私にかまうな!!」

ルイスに思わぬ態度をされたアンドレイは、所詮小熊。

ビビリ顔です。←笑えました。

そこへブシドー登場。

ルイスとブシドーが会話する時が来るとはね~、1期の頃は予想もしなかったですよ。

なんとブシドーとルイスに特命だそうで、なんつー組み合わせかね??などと思っていたら、小熊ちゃんはルイスが心配でついていくみたいです。

お前なんか着いてこれねーよ、とブシドー。

あ、さてさて地球ではクラウスが宇宙へ上がる、みたいなことを言ってました。

え?姫の歌が世界中に広がっているですって??

それはエンジェル・ハイロウ並に危険ですね!!

王留美と紅龍。

刹那たちに「情報」を渡すべくエクリプスにやってきました。

ここで、「お兄さま」の謎が明らかに!!

「お兄さまに当主としての器がなかったから、私の人生は歪んだ」

お兄さま、妹に言われ放題です。

人生が歪んだ妹は、変革を望み、自分だけの未来を手に入れたい。

そこへやってきたのはネーナ・トリニティ。

今日もテンション上がりっぱなしの絶好調です。

ネーナは

「わたし、アンタが大嫌い。さようなら、お嬢さま」

留美を亡きものにしようとしますが、紅龍が身を投げ出して留美をかばいます。

紅龍、合掌。

なんとネーナはリジェネと一緒でした。

リジェネは、リボンズとはまた違った道を行こうとしているのですが、なんというか、リボンズに「取って代わりたい」感がしてます。

留美は刹那に「情報」を渡すことに成功します。

刹那たちと一緒に行くことを拒む留美。

お兄さまが死んで反省していると思いきや、

「あなたたちとは行けないのよ。求めるものが違うんだから」

でもってブシドー登場です。MSが変わっている??

沙慈、というか00ライザーを人質にして刹那に真剣勝負を望みます。

これがブシドーの言っていた「わたしにも考えがある」ですか?

さて、卑怯もひったくれもないブシドーことグラハム・エーカーさんの言うことにゃ、

「私の空を汚し、同胞と恩師を奪い、フラッグファイターとしても矜持すら打ち砕いたのは他でもない、君とガンダムだ!!」

「もはや、愛を越え、憎しみを超越し、

宿命となった!!」

「宿命!!??」←ドン引きする、主人公・刹那・F・セイエイさん(21歳)

刹那は仕方なく、ほんとに仕方なく、ブシドーの相手をすることに・・・。

「これが私の望む道、修羅の道だ!!」

対するブシドー絶好調。

ブシドーVS刹那。

この2人の戦いに、なし崩しにつき合わされている沙慈がGに耐え切れるんでしょうか??

小型艇で脱出した留美は、今度こそはネーナにやられてしまいます。

しかし、ネーナにはリボンズによる「罰」が用意されていました。

ルイスがMAレグナントでスローネ・ネーナに襲い掛かります。

戦闘中の刹那も沙慈もルイスに気がつくのですが、いまの相手が人の言うことを聞かない人なので、どうしようもありません。

「あれだ、あのガンダムだ。あの時、ママとパパを殺した、あの時のガンダム!!」

ネーナよりルイスのほうが、おそらく機体性能が良かったんでしょう。

「そうね、死にたくないね。でもママとパパはそんな言葉すら言えなかった!!」

ルイスは容赦なくネーナを倒します。

さて、本当にブシドーとルイスに着いてこれなかったらしいアンドレイですが、戦闘真っ最中の00とスサノオ(?)は置いといて、ルイスのもとへ。

両親の仇を撃ったルイスの声が聞こえてきました。

「やったよ・・・ママ、パパ・・・仇をとったよ・・・ガンダムを倒したよ・・・私、やったよ、やったんだから・・・だから、褒めてよ・・・よくやったって、言って・・・」

その後、響くルイスの絶叫。

ルイス、仇をとったあと、燃え尽き症候群になりそうな・・・。

と、いうか、壊れそうです(カミーユ・・・)。

そして、ブシドー機と00は互いにトランザムを使い、GN粒子世界が出現です。

ぜ、全裸!!

うぁああああ!!!

変質者がいるよぅ!!


「私はすでに涅槃にいるというのか?」

そのまんま、涅槃に行ってくださっても結構です、ブシドーさん。

GN粒子世界で刹那とブシドー、「こんにちは」です。あれ?沙慈は??

刹那はイオリアの目的は人類を革新に導くこと、と言います。

悟っちゃったのかなぁ??

「俺は、変革しようとしている」

次回、「未来のために」

罪を背負っても、

その戦いが

明日に繋がるのなら。



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。