2009年02月22日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」

捕獲されたリヴァイヴ・リバイバルは余裕の微笑み。

イノベイターの行動は

「来るべき対話の為」

と語るリヴァイヴ。

ティエリアを挑発。

イノベイターとして目覚めたアニューは、ラッセを撃ち、ミレイナを人質にする。

アニューとリヴァイヴの目的は「00」を手に入れること。

プトレマイオス艦内はアニューの仕掛けたウィルスによってシステム・ダウン。

暗闇の中、脳量子波でアニューの居場所を突き止めた、ソーマがアニューに銃を向ける(アレルヤは何やってるんだ~!!)。

そこへライルと刹那が駆けつける。

アニューはライルの芝居と、ライルが刹那に撃たれたこと(本当に撃ったよ、刹那)に気をとられ、ミレイナを手放してしまう。

「女なんかにつくるから、情に流される」

え~、「00」入手は失敗。

リヴァイヴは0ライザーで逃走。

アニューは小型艇で逃走。

追走してきたのは00とケルディムでした。

0ライザーには、なんと赤ハロがちゃっかり仕込まれていました。

リヴァイヴのコントロールを無視して、00と勝手にドッキングをはじめる0ライザー。

ちょっとマヌケだ、リヴァイヴ・リバイバル。

しかし、リヴァイヴは0ライザーのコンソールを破壊し、ドッキング不能にしたあと脱出。

そこへアニューの小型艇が来て、リヴァイヴを回収。

狙い撃とうとするライル・・・は、狙い撃てなかった・・・。

「なんてなさけねぇ男だ、ライル・ディランディ!!」

アニューもライルに思いを引きずってました。

ライルとアニューの設定は惜しいな、と思います。

なぜなら、2人がどういった経緯を経て愛し合うようになったのか、4ヶ月のすっ飛ばしのせいで、描かれていないからです。

いきなり出来てた!!感は否めません

その頃、アロウズの艦隊には何故かリボンズがいました。

いつの間に宇宙へ上がってきたんだ!?

リボンズはルイスに新しい薬を処方する、と言います。

ルイスはリボンズに細胞異常を抑制する薬を与えられていた。

それがフリスクの正体か!

ルイスはリボンズ一味の手によって、擬似GN粒子で細胞障害を起こした身体をいじられていた、と。

ルイスが脳量子波を使えるってことは、頭もいじられた。うぁ!!

アブねーーーーーー!!!!

しかも、ルイスに対しリボンズは「人類初のイノベイターになり」と言った。

上位種として、人間をバーカ!バーカ!と思っているリボンズが、人間のイノベイター化を認めるわけがないでしょう!!

アブねーーーーーー!!!!

プトレマイオスでは、アニューを撃てなかったライルが自責の念にかられていた。

そんなライルに刹那は

「彼女は戦場に出てくるぞ」

という。

今度こそはトリガーを引く、というライルに

「もしものときは俺が引く」

「そのときは俺を恨めばいい」


ライルにはアニューを撃てない意味のほうが多いから、と刹那さん。

かっこいいです。

ウィルスにやられた艦内、出撃できない00、人手不足、なプトレマイオスにイノベイター&ルイスが襲来。

ルイスの乗るMA・レグナントは曲がるビームでガンダムたちを翻弄します。

アニューのMS(アレは何?)はケルディムと対立。

それを皮肉るヒリング。

レグナントは、セラヴィーのハイパーバーストをくらっても、それをバリアで対消滅できるようです。

しかもアリオスは損傷。

セラヴィーも足止めをくらう。

ソーマたん、ツンデレながらも一応。アレルヤのフォローはしているようですね。

つか、影がまた薄くなっているぞ、アレルヤ!!

アニューとライルの戦いは続いていました。

何故、こうなってしまったのか!?と問うライルに

「それはあなたが人間で、私がイノベイターだからよ!!」

と答えるアニュー。

ケルディムが優勢になったとき、ライルはアニューを撃たず、MSのコックピットを露出させます。

「もう一度俺の女にする。欲しいものは奪う。例えお前がイノベイターだとしても!!!」

ライルの言葉に、心を動かされるアニュー。

しかし、リボンズはアニューの脳量子波に介入した、ということでしょうか?

アニューは突然、ライルに対し攻撃を始めます。

人間と対等に見られるのは我慢ならない。

アニューがライル・ケルディムにとどめを刺そうとしたとき!!!

アニューのMSを閃光が貫いた。

00・刹那です。

00ライザーのトランザムのGN粒子の中で、ライルとアニューは再会します。

「ライル、私、イノベイターでよかったと思ってる。

そうじゃなきゃあなたに会えなかった。

あなたがいないと生きているハリがないわ」


「ねぇ、私たち、分かり合ってたよね」

「ああ、もちろん」

「良かった」

微笑むアニュー、爆発するMS。

そこでEDへの入り方がまたドラマティックです。

ここで、イノベイターとルイスは一度引き上げたのでしょうか?

戦闘がどうなったのかよくわからないのです。

ライルは刹那をぶん殴り、刹那を責めます。

何も言わない刹那は殴られたまま。

「声が響く・・・彼女の声が・・・彼女の歌が・・・」

刹那はマリナのことを思ったのか?

次回、「革新の扉」

刹那、

その向こう側へ。



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


あと5話で終るのか??ホントに??






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。