2009年02月09日

“天地人 6話「いざ、初陣」”

天地人 6話「いざ、初陣」

ああ!わかった!!

今回感じた違和感の正体はタイトルだわ!!

「いざ、初陣」

なんて、いかにも「バリバリ戦闘シーンです!!活躍しますっ!!」みたいなタイトルだからだ!!

「苦い初陣」とかにしてくれれば、今回の微妙な演出もすんなり頭に入ったはず・・・はず。うん。

ビシャえもん・謙信はモニカ・信長との戦いを決意。

越中に侵攻します。

その戦が兼続の初陣となりました。

兼たん(ぴっちぴちのいつの間にか17歳)は、どうしても敵を切ることができません。

失敗のあげく味方(っていうか、景虎の部下)に怪我を負わせてしまう始末です。

景勝の部下は軟弱もの。こんな部下抱えている主の器量も知れたもの。

景虎の部下は、景勝に何でそんなにケチつけるんでしょうかね?

あ、家督のひがみね。

わたし、謙信は最初から「家督は景勝」だと決めていた、と思ってますが、それは置いときます。

兼続は景勝に謝りますが、

「もう二度と謝るな!!」

と、愛しの殿も御立腹。

しかし兼続は1ヶ月経っても、一人の敵も切れずにいました。

兼続が戦では駄目駄目な子なため、景勝も御機嫌悪いです。

そもそも機嫌がいいときと悪いときと区別がつくのか?って話ですが、そこはさすが幼い頃から一緒に育った小姓たちです。

ここら辺で兼続の「涙」が出たので、やべ、今日は「涙」が2回かよ!とウザく思ってしまいました。

さて、上杉軍は快進撃。七尾城を包囲します。

兼続は戦ではてんで駄目子ですが、備品管理は得意なようです。

兼続に「自分も戦は苦手だ」と語る直江景綱。

直江景綱は病で戦線離脱です。

で、お船さんの婿取りの話ですが、相手が決まりました。

浮かない顔のお船さん。

ま、相手が相手なだけに当然とも言えます。

NHKは「炎の蜃○楼」ファンの怖さを知らないようです。

ああ、女性スタッフのなかに一人でも読者がいれば・・・。

さて、上杉軍陣中にて事件が起こりました。

景虎部下が、犬に「喜平次」と名づけていじめていたのです。

当然、景勝愛護団体の小姓どもは怒ります。

その中で一番怒ったのは兼続。

景虎部下は、またまた「ヘタレ部下を持つ景勝の器量も知れたもの」などと言います。

しかし、「犬に喜平次」なんておかしなプレイする部下を持つ景虎の器量はどうよ?って思います。

景虎部下と景勝部下の諍いは「お前の母ちゃんデ~ベ~ソ~」レベルです

兼続は陣中で御法度の「刃傷沙汰」を起こしてしまいます。

そんなわけで兼続は謙信の御沙汰待ちとなってしまいました。

景虎はなぜか、景勝に上から目線なのですが、よっく考えたら景虎のほうが景勝より年上でしたね。
すっかり忘れていました。ま、北村一輝だし仕方なし。

謹慎中の兼続はしょぼーんです。

そこへ何故か初音が現れます。

スポットライトが当たります。

わたし、大河での長澤まさみちゃんの役どころがわかったような気がします。

ズバリ、由実か○る。

どうでしょうか?入浴シーンはあるのでしょうか?

初音はあっという間に信長のもとへ戻ってました。

「週間安土城をつくる」By ディ○ゴスティーニ を完成させたモニカ。

上杉軍が圧倒的な数の差をものともしないで向かってくるのは何故か?とのモニカの問いに初音は答えます。

「越後での『ビシャえもん』の視聴率は100%です」

さて、兼続ですが、謙信公の御沙汰がおりました。

「国へ戻れ」

思わず

「殿のお側を離れねばならぬのですか」

とBL直球発言の兼続。

ホラホラ、ここは、殿から離れて、いかに「殿が自分から離れられないか」確かめるいいチャンスなはずなのに。

「たわけものめっ!!!」

景勝に一喝されて、見事に

orz・・・

な兼続にまたもやスポットライトがあたります。

その様子は

♪みーちーにーたおーれーてーだーれーかーのーなをー♪

内心

「殿ったら、無理しちゃって、淋しいくせに

とか考えているのかもしれませんけどね。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


【送料無料】2009年新作五月人形!五月人形 久月 直江兼続 『天地人』★愛★NHK大河ドラマ 主人...




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。