2009年01月21日

“さよなら渓谷”

吉田修一著「さよなら渓谷」です。

吉田修一・・・吉田修一・・・どっかで聞いたことあるな・・・とか思ったら、芥川賞も山本周五郎賞も受賞してた・・・ああ・・・。

もう、元書店員の知識もアテにならなくなってきたな。

店員じゃなくなってから、かなり、かなり経ってるもんな~。

最近は、「書店の店頭」ではなく、「ダ・ヴィンチ」か、皆さまのブログで本を知ることが圧倒的に多くなってきました。

図書館は~、○川中央図書館はほんとに品揃えマズいんで。

「日版速報」は定期購読不可能なんだろうか??ってアレ、一般客が定期購読できたら意味ないよなぁ。
個人的思い入れがまったくない情報の羅列がいいんだけどなぁ。

わたしは、読書専門ブログさまよりも、リスペクトしているキラキラブログさまから、情報を仕入れることが多いです。

というわけで、いつもだったら自分で選ばないような本を、借りてきました。

とある市営団地でおこった「幼児殺人事件」

押し寄せる取材陣。

その若夫婦は、容疑者の隣家に住んでいた。

記者は、取材を進めるうちに、その2人のとてつもない秘密を暴き出してしまう。

「嘘だろ・・・」

2人が抱える、残酷すぎる真実とは。



住民同士の付き合いが希薄な市営団地で起こった「幼児殺人事件」は、かつて実際の起こった事件を思い起こさせます。

過剰なまでに容疑者を追い掛け回す取材陣たち。

近隣にまで無遠慮に入り込むカメラ。

とある偶然から容疑者の隣家の若夫婦・尾崎俊介とかなこは主人公の雑誌記者・渡辺の取材のターゲットとなった。

尾崎は15年前に“ある事件”を起こしていた。

“ある事件”

とても、とてもおぞましい事件です。

主人公の渡辺が先輩記者にこう聞くのです。

“自分の息子がこういう事件を起こしたらどうするか?”

その先輩記者はこう答えます。

“がっかりするよ。そんなバカなことで息子の一生が台無しだなんて”

“じゃあ、自分の娘がこういう事件の被害者になってしまったら?”

“相手の男、ぶっ殺すよ”

息子が加害者になれば、「がっかり」

娘が被害者だったら、「相手をぶっ殺す」

この手の事件は加害者の罪がとても軽くて、こういう事件が怒るたびに、わたしはいつも怒っています。

この社会は男が作ったものだから、男に都合がいいようにしか出来ていないんだ、と思ったりします。

この小説では、尾崎の罪は「執行猶予5年」でした。

それなりに罪を償おうとした彼は、意外なほど、すんなりと社会に戻ります。

じゃあ、被害者の彼女は??

わたしはこんな事件が怒った時、「被害者にも隙があったから悪い」とか言う人を嫌悪します。

でも、実の父さえ(いや実の父だからこそか、男ってヤツは・・・)彼女を責めた。

被害者が、過去に怯えずに済むのは、加害者の前でだけ。

尾崎とかなこの関係は、はっきりいって普通の神経では考えられないものです。

その関係は読み進めるうちに予想がついたので、衝撃的ではありませんでした。

でも、その関係がはっきりした時点で、わたしはやっぱり動揺しました。

静かな、暗く、重い、動揺でした。

幸せを求めるのは人間として当然のこと。

自分から不幸を求めるなんて。

だけど人間は、どんな人間でも幸せになっていいんでしょうか??

なっていいじゃないか!!とわたしは言えない。

でも・・・・・・。

とにかくやりきれない作品です。

世の中、わりきれないことの方が多いもの。

やりきれない作品ですが、誰かに読ませたくなります。




参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル:
posted by くみ at 22:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(文芸・評論) | 更新情報をチェックする

“天地人 3話「殿の初恋」”

天地人 3話「殿の初恋」

こんばんは。

「機動戦士ガンダム00」は録画しても「大河」は録画しない、ろくでもない女です。

3話を見たところ、主人公がKYだったので、記事を書くわたしもKYな発言をしてみましょう。

こういうノリ、嫌いじゃないんだ。

「功名が辻」を1年欠かさず見続けられたわたしです。

これっくらいのコメディタッチ、OK、OK。

さて~、育ってしまった兼続。

「殿!!武田が!!」

早く御館さまに報告してよ~、と景勝に申し上げますが、御館さま・謙信はとっくに御存知でした。

越中攻めの軍議にもついていった兼続は、

越中に留まらず京を目指すべき。武田が足並みをくずしている今がチャンス!!

という自分の意見を、景勝の意見として発言。

しかし謙信は

越中をめざすべき。越中攻めには大義名分がある。

というもう一人の養子、景虎の意見を取り上げるのでした。

兼続は兼続なりに殿を助けようと必死なのですが、天然なのでしょうか?殿を陥れていることに気がついていません。

「殿は女子の人気では景虎さまに勝てませぬ!!」

他にも景虎さまより勝るところが思い当たりませーん。

でも殿が殿だからいいんですぅ。←言ってないって。

そこでじゃれあう2人。

もー、いっつもこういうプレイ(プレイ言うな!)してんだろうな~と思いました。

その後、武田領内に入ったことを仙桃院さまに猛烈説教をくらい、開放された後城下をぶらついていて、暴れ馬が原因でヒロインと出会うというベタな展開になります。

「このごろの若侍は馬の扱いも出来ぬと見える」

ベタな展開ですが、ちょっと違ったところは、助けたほうがヒロインだったというところです。

その後、春日山城で出陣の宴です。

関東一の美男子、景虎の能に城内の女子はメロメロです。

景虎は能もいければ、書もいける、才能豊かな人物らしいです。

いえ、兼続の愛しの殿が才能がないわけじゃないんです。無骨なだけです。

次は景勝さまに舞っていただければ、などと失礼千万なヤツには

「お断りします」

と景勝。

兼続自ら躍り出て、しらけた場を救いました。

口が重く、無骨な景勝は芸事に疎く、景虎のような派手さはない。

そういったところを兼続に救われているらしいのです。

あ~、それで景勝は兼続なしでは生きられないお躯に・・・。

宴の場で、兼続はヒロイン・じゃじゃ馬お船に再会です。

従姉なんだそうです。

そのお船に酒を注がれてキョドる景勝。

ちょっとわたし、あの北村・景勝が可愛く思えてしまいました。

兼続は謙信に、何故京へ向かえと言ったのか?と問われます。

兼続は信玄は死んだのではないか?と答えるのですが、その意見に確信はなく

「勘です」

兼続は謙信に初陣を許してもらえませんでした。

兼続の実家の上田では、母・お藤の身体の調子があまり良くないようです。

もちろん両親は兼続にそのことを知らせていません。

その頃から、兼続のラブ殿の様子がおかしくなりました。

心が乱れている、らしいのです。

屋敷でも挙動不審です。

景勝の妹姫に

「あれは誰でも一度はかかる病じゃ」

と言われ、景勝を見ると、お船が通るときはどこかにへら~としている殿。

「これはしたり!」

兼続はお船に偽のラブレターを書いてしまいました。

だからといって、景勝が上手く立ち回れるはずもなく、

「はっきりなさいませ!!」

と、景勝は振られてしまいました。

兼続、愛しの殿から虫を追い払いました。

恐ろしい子!!!

しかも出陣の日には、いきなり

この兼続のいる場所は殿のいる場所しかないのです。

殿のお役に立ちたいのに、失敗ばかりで自分が情けないのです。

と、泣きまね・・・失礼、マジ泣きし

「わしはまだ死んではおらん。これでは通夜のようじゃ」

と、殿、精一杯の冗談を引き出しました。

策士です。

その後、お船となんやかんやありましたが、景勝、兼続、お船でトライアングラーにはならないようで安心しました。

次回は、小りん・・・じゃなくって初音が登場ですね。

「年上の女」

兼続は、年上の女になんかひっかからないんだからね!!



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

あ、吉川・信長のことを書くの忘れちゃった。

あ、阿部ちゃん・謙信が「フグが、死んだ」と言ったのも書くの忘れちゃった。



義と愛を貫いた上杉の智将「直江兼続」キティー根付けです。ピンク・緑・青色の3色が有ります。...


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。