2009年01月18日

“覇王の番人”

真保裕一著「覇王の番人」です。

上杉関係の戦国ものを読みたいと思っているのですが、何故か「明智光秀」。

上下巻で800P。

これは図書館で借りたのですが、新着図書だったので一週間で返却せねばならなかったのですよ。

でも一週間で読みきることが出来なかったのです。

延長申し出て、やっと読み終えたわ。

悔しいわ。たかが800P読み終えるのに一週間以上かかるなんて!!←だってヒマ人なんだもん。

おかげで一緒に借りた本がまだ読めてないわ。

あと5冊ある・・・そのなかに、またもや「本能寺モノ」がある・・・なんでや?

まぁ、予定通りにいかないことってあるんですがね。

先日、突然、身内の不幸がありまして、葬儀から精進落としまでフルコースで出席したら、また風邪をひきました。

寒かったんですよ。

雪が降らない静岡でも、寒いもんは寒いのです。

で、アレだ。

弱っているときに「明智光秀」はあんまよくないわ。

明智光秀って、諸説あるけど、まぁ、本能寺に到るまでの苦悩とかね、「本能寺の変」を起こしてしまった後の、まわりからの孤立とかね、大体わかっているでしょう?

あ~、ここらへんでアレがくるよ、とか思うと結構、下がるのね、気持ちが、風邪で弱っているから余計下がる。

そんなこんなで10日もかかってしまったわ。

最近、多く書かれている「明智光秀」は、かつてよく言われていた、凡庸で生真面目だけがとりえの男、愚将ではありませんね。

良いことです。

わたしは、生まれて一番最初に読んだ本格的戦国小説は、山岡壮八著「徳川家康」なのですが、「徳川家康」に描かれている光秀も凡庸な武将ではなかったから、刷り込みで、愚将だと思ったことはありませんでした。

ただ、敗者だとは思っているけど。

この「覇王の番人」の光秀はかなりな名将として書かれています。



「忍び」を駆使するという光秀は斬新です。

十数年の流浪生活を経て、織田信長に仕えた光秀。

天下泰平のため、信長に仕え、信長の考えをいち早く汲み取り行動し、戦功を上げていきます。



でもね~、それだからこそ苦難の連続ですよ。

もともと光秀は新参者。

それが飛び鳥落とす勢いで出世ですからね~。

妬まれもしますわな。

それでも我が身に鞭打って働く光秀。

それは信長が天下泰平の世を作り上げてくれると信じているから。

あ~、ちょっと下がり気味の気分に光秀の苦労は非常に重かったです。

で、戦国時代にちょろっと詳しいから、あ~、叡山の焼き討ちだよ・・・ギャ!とか、あ~、そろそろ村木一族の処刑だよ・・・ギャ!とかわかってしまうので・・・大量虐殺はキライです。

親の仇として信長を恨む、小兵太という忍びがもう一人の主人公として、信長を冷静に見ているところはなかなか面白かったです。

で、真保裕一の導き出した「本能寺の真実」とは!!

これは、有力な説となるでしょうね。

有り得る、有り得るわ!!

秀吉、やっぱ好きになれないわ。

この作品の光秀は、「功名が辻」のときの坂東三津五郎さんの印象が似合っているとわたしは思いました。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ





posted by くみ at 01:10| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。