2009年01月11日

“天地人 2話「泣き虫、与六」”

天地人 2話「泣き虫、与六」

上杉輝虎の養子となった喜平次さまの小姓として、5歳の与六は雲洞庵で修行することになりました。

喜平次さまは、口が重く、とっつきにくく、他の小姓たちと馴染んでいない様子です。

与六もちびすぎて相手にされず、しかも生意気なので、他の小姓たちから浮いています。
喜平次さまにもタメ口です。

和尚の授業中もいたずら書き。

喜平次さまのママン・仙桃院は、喜平次さまが心配で饅頭を持って雲洞庵を訪ねてきます。

心配しすぎ、見守っていれば良い、と饅頭をほおばる和尚。

輝虎は仙桃院に、

「喜平次は良き大将の器にございます」

と言います。

ママン、嬉しそうです。

そこで輝虎が口にした面白き小姓(与六)ですが、淋しさをまぎらわせるためか、意地をはりすぎ、他の小姓といざこざを起こしてしまいます。

意地をはりすぎて、手当て抜き、食事抜きです。

しかも、実は心配で様子を見にきた喜平次さまに

「わしはこんなところへは来とうはなかった」

「喜平次さまの小姓になぞなりとうはなかったのに」

と、暴言を吐きまくりです。

喜平次さまの手には差し入れの「おにぎり」が・・・。←今週の萌えポイント。

その夜、与六は寺を脱走、家に向かってしまいました。

それを知った喜平次さまは和尚に相談しますが、和尚は寒い夜に布団から出たくはなかったのか

「喜平次殿が本当に与六を家臣にしたいかが大事」

と喜平次さまに丸投げです。

「わしは好かれておらぬゆえ・・・」

ナイーブです、喜平次さま。

「素直な気持ちをお伝えなされ」

と、告っちゃいなよ!と和尚。

喜平次さまは与六を探しに出て行きました。

「与六ーーー!!」

と大声をあげる喜平次さまを見て、隣で母が

「この子、大きな声が出せるのね」

と言ったので、参りました。

さて、与六、奇跡的に実家にたどり着きました。

母・お藤は与六を抱きしめますが

「与六は母上のお側がよい」

と言う与六に

「寺に戻りなさい」

と涙ながらに閉め出しました。

「母上ーー!!母上ーー!!母上ーー!!母上ーー!!」

と、泣き叫ぶ与六。

母もまた、涙、涙です。

そこへ喜平次さまがお迎えにやってきました。

「戻るのじゃ」

「もう歩けん」

と言う与六に背中を向ける喜平次さま。

それを家のなかから見ていた母は、迎えに来た少年こそが御曹司・喜平次さま(後光が!!)だと知って、思わず手を合わせます。

喜平次さまにおぶわれても、泣き出す与六。

おぶっている喜平次さまは子守の気分なのでしょうか。

「与六、この喜平次の側にいてくれ。いつまでもわしの側にいよ」

またまた「母上ーー!!」と泣き出す与六をあやしつつ

「泣くな、泣くな」

そうこうしているうちに

「喜平次さまのそばにはこの与六がおる」

「ではそなたとわしはいつも一緒じゃな」

「はい!!」

と、まとまってしまいましたよ。

で、時は流れて・・・いきなり妻夫木くんの登場です。

あぁあ~、大きくなっちゃった~。

海津城主・高坂弾正に見つかって、逃げろーーー!!

源五郎・・・老けたな。

で、

「殿!!武田が!!」

でいきなり終わり!!??

次回、「殿の初恋」

殿、奥手だから。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


【天地人】直江兼続 愛 Tシャツ




“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話「歌が聴こえる」” 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話「歌が聴こえる」 

ガノタのみなさま、こんばんは。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

OPも新しくなりました。

裸の女性陣は、マリナさま、フェルト、ルイス、アニュー。

一番若いであろうフェルトの乳が一番デカ!!という最低な感想は置いておいて、ここで気になったのは、マリーです。

フェルトの場所にマリーが入っていれば、不自然ではないのですけどね。

これって、これって、マリーに常に立っているフラグが・・・あわわわ。

そしてマリーはやはりGNアーチャーに乗りそうなヨカーン。

とにかくマリーにとっては不吉なOP。意味深。

あと気になったのは、沙慈とルイスの会話シーンですね。

これ、沙慈の夢ってオチじゃないですよね??

ガンダムマイスターたちは、それぞれの道へ・・・という終り方。

OPの曲は・・・うん、わたしはもともとUVERが好きなんで。

さて~、メメントモリを破壊したプトレマイオス。

戦線離脱し、GN粒子が切れたところで、まだまだイノベイターたちが追ってきます。

刹那は合流ポイントでプトレマイオスと合流できず。

そこにやってきたのがネーナ。

ネーナはトレミーが攻撃され地球に落ちたことを刹那に伝えます。

伝えた途端、刹那の姿はそこにはなかった。早!!

前回、セルゲイ大佐を訪ねた、旧友っぽいハーキュリーなる人物。

連邦軍の監査役になったセルゲイ大佐に、連邦軍にクーデターを画策するものがいる、と伝えます。

ハーキュリーこそが、その画策するもの、でした。

どうする、どうなるセルゲイ大佐!?

貧乏くじ引きそうな人だから心配です。

イアンのおやっさんが目覚めました。

あたりに人影はなく・・・起き上がったおやっさんの目にしたものは!!



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

続きを読む

“sweet 2月号”付録につられた!!

「sweet」の2月号です。

やっちゃった・・・。

アイタタタ・・・。

「ダ・ヴィンチ」を立ち読みしに行ったのに、どうして「sweet」買って帰って来るんだよ・・・しかも、「ダ・ヴィンチ」読むの忘れてきたし。

そういえば「日経エンターティメント」に書いてあったけど(立ち読み)、宝島社のファッション雑誌が売れているそうです。

「In Red」「spring」「sweet」「mini」などなどです。

この雑誌たちの特長は、「付録」と「定価」だそうです。

定価を600円台に設定し、その上でコラボの豪華付録をつけている。

付録がやたらと豪華になってきた風潮は宝島社がつくったと言ってもいいでしょう。

ふーん・・・。

とくに「In Red」の売り上げが良いそうですよ。

わたしも「In Red」にはひっかかっているもんな~。

そして今日は「sweet」にひっかかった・・・。

大体、「sweet」ってターゲットがわからんわ。

サイトみたら20代って書いてあったけど。

表紙は安室奈美絵ちゃん。

安室ちゃんも31歳ってマジか!?

は!乙女に年齢は関係ないのだったわ!!



メイン特集は

2009年も大人可愛くいきましょう!

ミーハーガールの

大胆トレンド予測


若っ!!!

と思ったけど、中身読んだらそうでもなかったですよ。

ツィードのジャケットとかトレンチコートとか、落ち着いてたし。

去年、やったら流行ったドレストレンチはすっかり姿を消したようです。

「In Red」に掲載されていた広告を読んだときから、「sweet」の今回の付録は気になってました。

シャーロットロンソンのトートバッグ。

ピンクにひっかかったのよね~。

美輪サマの影響かしら?

これが水色とかだったら絶対買ってなかったと思う。

Image017.jpg

縦24×横35.5×マチ10cmの大型トートです。

ピンクのヒョウ柄です。

付録のわりにはしっかりしたつくりです。

しかしアレだ・・・おととしより昨年、昨年より今年と確実にグレードアップしてるよ・・・付録・・・。

で、このトートバッグ、残念ながらわたしは使う勇気がありません。

惜しい・・・切ない・・・。

姪(8歳)がすでに狙っています。

いいよ、持ってけよ。

それにしても、当分、ファッション雑誌は買わないことにするぞ。

節約だ!!

他に別冊付録がありました。

sweet×ISETAN パーフェクトビューティーBOOK!です。

化粧品も、もう春の新製品。

Image018.jpg

ダントツ気になったのは、CHANELサマです。

こ、このリップパレットは!!

ひ~!!!

Image017.jpg

レーヴル シニエ シャネル 7875円(限定品)

だ、誰か買って!!超欲しい!!!

持っているだけで、優越感に浸れるCHANELサマ。

どどーんとシンボルマークのリップパレットに釘付けです。

実用的なのはLUNASOLかなぁ。

節約だ!!と言ったばかりなのに、もう物欲がっ!!

Amazon.co.jpsweet (スウィート) 2009年 02月号 [雑誌]


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:雑誌 付録
posted by くみ at 14:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。