2008年08月25日

“コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN19「裏切り」”

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN19「裏切り」

あの・・・公式サイトさ、ナナリーって「行方不明」になってたじゃん??

さっき久しぶりに見たら、「死亡」ってなってて・・・。

あぁあああああああ~↓↓↓

実は「実は生きてました!!」を期待してたんですけどね。

駄目ですかね、もう期待しちゃ・・・↓↓↓。

「裏切り」

スザクの撃った「フレイア」により死者は一千万人。二次被害者は二千五百万人。

トウキョウ租界は完全に死にました。

ナナリー死亡で完全に錯乱したルルーシュは黒の騎士団に

「ナナリーを探せ!!」

と命令し続け、ロロとジェレミアにお持ち帰りされてしまいます。

藤堂は朝比奈が最後に残した言葉を反芻。

ゼロがぐだぐだなのを見計らってか、黒の騎士団「斑鳩」にブリタニアの外交特使が訪れます。

直接来ちゃったよ、シュナイゼル。

逃亡途中のコーネリアさまと合流です。

ナナリーを失ったルルーシュ。

最早、生きる意味を失ったも同然。

ナナリーこそが彼の世界のすべて。

ロロに八つ当たりするのが精一杯です。

ぐだぐだなルルは、呼び出しにも応じず、それが彼の転落を招くことに。

ゼロ抜きでシュナイゼルとの会談に挑む、藤堂やディートハルトたち。

扇はヴィレッタさんに呼び止められてそれどころではありません。
ダメです、コイツ。

扇のかわりが何故玉城になるのか?

っつかシュナイゼル、どこまでも、どこまでも、用意周到な男・・・玉城を知っているとはな!!

ニーナは、自分の作った「フレイヤ」がこんな被害をもたらすとは知らなかった、とロイドさんに言います。

「君は決めなくちゃいけない。科学を捨てて心を守るか、心を捨てて科学に殉じるか」

とロイドさん。

アッシュフォード学園はギリギリセーフで無事でした。

ミレイさんとリヴァルが再会して「生きてた!!」と喜びあうシーンは唯一の癒し。

あ、さてさてシュナイゼルは「ゼロ」の正体が「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア」だとバラしてしまいました。

「私が最も愛し、恐れた男です」

なーに言ってんだかね、この兄さんは。

「ギアス」のこともバラしてしまいました。

「ギアス」なんて、本気で信じるにはかなり難しいことなんですが、あっさり信じる黒の騎士団側・・・アカンわ。

そこへ遅れて出てきた扇(ヴィレッタさん付き)がゼロのことを「ペテン師」だと断じます。

特区日本でのユーフェミアによる日本人虐殺も、ゼロのせいだと言われ、黒の騎士団、あっさり敗北。

「私の弟、ゼロを引き渡して頂けますか」

「条件があります。日本を返せ!!」

や、扇よ・・・返してもらっただけじゃどうしようもねぇだろ。

その頃、CCとルル、2人っきり。

「ご主人さま、服を脱いでください。どこか痛いんですか?手の届かないところなら私が・・・」

そこへ「倉庫へ来てくれ」という伝言を持ってカレンがやってきます。

思わず隠れてしまうCC。

しかしCCは続けます。

「服を脱いでください。私がんばってみますから」

アンタたち、私が摑まっている間、何やってたのよ!!と怒るカレンにルルーシュは、CCが記憶喪失だと告げます。

“CCがいない。ナナリーもいなくなった。じゃルルーシュは??”

倉庫では黒の騎士団がゼロをシュナイゼルに売り渡すため、待ち構えてました。

一方的だとかばうカレン。

「答えて、ルルーシュ。あなたにとって私は何?」

シュナイゼルの策略だと気がついたルルーシュは仮面をとり、黒の騎士団は駒だったと、カレンはもっとも優秀な駒だったと言い放ちます。

「カレン、君は生きろ」

その言葉はカレンに聞こえたのか??

瞬間!!そこへ蜃気楼が現れます。

ロロです。

ロロはギアスでルルーシュとともに逃亡。

ギアスを広範囲で連発し、心臓にかなり負担がかかります。

ロロは、最後までルルの弟でいたかった。

ちょっとその思いが強すぎて暴走してたけど。

ロロ・・・結果的に自分から進んで・・・合掌。

で~、スザクが壊れてます。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ




“マクロスF 第20話「ダイヤモンド・クレバス」”

マクロスF 第20話「ダイヤモンド・クレバス」

「ダイヤモンド・クレバス」は別れの歌。

こんな別れが来るとは思ってなかったよ。

話は少し遡り、

「・・・嘘!!」

♪ほしをめ~ぐるよ 純情~♪

のちょっと前から。

「素敵な・・・ステージだったわ」

ランカのステージを認めるシェリルさま。

シェリルさまのいいところはこういうところ。

また歌いたくなっただろう?というアルトの問いにシェリルさまは答えます。

「言ったでしょ、私はもういいの。シェリル・ノームはもう・・・」

ここでシェリルさま、眩暈が。

それを支えながらアルトは言います。

「嘘はつくなよ、シェリル。お前が歌を捨てられるはずはないんだ。

じゃなきゃ、お前の歌があんなにたくさんの人に届くもんかよ」

ギャラリーのミシェルとクラン。

「みんな誰かを好きでいたいんだ」

と言ったミシェルにクランは問います。

「お前はどうなんだ、ミシェル。お前の恋はどこにある?」

そこでだ、ランカが屋上のドアをバーンと開けて、アルトとシェリルさまの様子をカン違いしてしまうわけですね。

「・・・嘘!!」

♪ほしをめ~ぐるよ 純情~♪

今から告ろうとしていた相手が、憧れのお姉さまと抱き合ってました。と見えました。

とりあえずこう言うしかないだろう↓。

「ごめんなさいっ」

アルトはランカにカン違いされたのにも気がついてないようです。

ランカはあまりにも動揺したのか、階段でも足を踏み外してしまいます。

「やだ・・・もう・・・死んじゃいたい」

ここのランカに批判的な皆さんが多いようで、わたしびっくりしました。

だってさぁ、自分ばかりが空回りして、そんなときに転んじゃったりして、「死、死にたい・・・わたしの馬鹿・・・」とかって思ったこと、誰だってあるでしょう??

あ?無い??それは人生経験浅いだけだわよ。

ランカの言動は普通の16歳の女の子だよ。

ランカにいちいちイラついている方々(イラつくのは身体によくありませんよ)には、「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を観ることをオススメします。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
バンダイビジュアル (2007-12-21)
売り上げランキング: 687
おすすめ度の平均: 4.5
5 あの感動をもう一度
5 すばらしい!!
4 NO.35「ち」のつく元気になった邦画
4 チャプター画面、画質充実ですが、相性の問題が
5 やっぱりいい


伝説の歌姫・リン・ミンメイは、

いちいちいろんな意味ですげーからっ!!!


ミンメイ見た後、ランカ見ると、ランカの清々しさに心洗われること間違いなし!!

わたしは未沙を応援してたけど、それでもわたしはミンメイ、好きなんだ。

さて、ランカの「死んじゃいたい」というマイナス感情にリンクしたのか、フロンティア内部にバジュラが現れます。

ルカ曰く、第二形態バジュラ。

大統領を暗殺しようとしていた方はバジュラのご飯となってしまいました。

え!?バジュラって人食うの??

第二形態バジュラ、群がっております。

アルトはしゃがみこんでいたランカに言います。

「ランカ、歌ってくれ。お前の歌であいつ等をおとなしくさせるんだ。

この街を守るためだ。みんなのために頼む」

ただ一人、この人のために歌っていたと気がついた矢先にその相手から「みんなのために」と言われてしまうランカ・・・。

わたしはこのときアルトに対して「バカーーー!!」と思ってしまいました。

ええ、いちいちランカファンですから、わたし。

アルト・・・お前の鈍さはいちいち「罪」だな。

それでなくても、自分が戦いのために歌うことに疑問を持ち、なんとか折り合いつけてきたランカですから、感情爆発です。

「やだ・・・歌えないよ。こんなんじゃ歌えないよ。もうやだ。

私はバジュラと戦うための道具じゃないっ!!」

こんなランカにアルト何も言えず。男って奴はまったくしょうがねぇっ!!

行動したのはシェリルさまでした。

いきなりランカをひっぱたきます!!

シェリルさま、手袋外した方が・・・じゃなくて、ひっぱたきます。

ランカをひっぱたいた後、すぐ抱き寄せるシェリルさま。

シェリルさまがランカをどう思っているかよくわかるシーンです。

カッコいい~!!漢前すぎる、シェリルさま!!

「落ち着いて。歌うのに気持ちがいるのはよくわかる。

でも、あなたはプロなのよ。できることをなさい。

あなたの歌声には力がある。私が望んでも得られない力が」


ランカは歌います。

でも・・・・。

“胸が痛いよ・・・・痛いよ・・・・痛いよ・・・・”

ランカは心から「バジュラと戦うために歌う」ことに納得できていません。

そんなランカの感情にリンクしたかのように、バジュラの攻撃は一層激しさを増します。

なんなんだ!!このバジュラの大群は!!

イナゴかよ!!

こんだけのバジュラに気がつかなかったフロンティア・・・もしもし??

このバジュラの大群はグレイスにもイレギュラーな出来事だったらしい。

レオンはまだ存命の大統領を手にかけることにする。

美星ではルカがランカの歌がバジュラにきかなかったのは「出力不足」のせいでは?と言っていた。

SMSには、「アンプ」があるし、まともな武器もある、ととりあえずSMSに向かうことに。

しかし攻撃で、シェリルさまとナナセが皆と離れてしまう。
しかもナナセは怪我をしたらしい。

シェリルさまは気丈に言い放ちます。

「わたしたちは大丈夫。早く行ってこの騒ぎをとめなさい。

わたしを誰だと思ってんの!!」

フロンティアは外でもバジュラに攻撃されていました。
船団内部のバジュラが引き寄せたのでしょう。

マクロスクォーターはバジュラに抜かれ、バジュラが船団に!!

ランカを守ろうとするブレラにグレイスからの命令。

アンタレス1でバジュラを迎撃せよ。

グレイス曰く「バジュラはリトルクイーンに決して危害を加えない」とのこと。

レオンはついに大統領をやっちゃいました。

バトルフロンティアへの近道を走るオズマとキャシー。
倒れている大統領を見つけ、泣き崩れるキャシー。

ええい!!キョンのくせに大きな野望だかなんだか知らないが、貴様の末路はグレイスにこきつかわれてボロ雑巾だ!!

SMSもひどい被害でした。

クランはゼントラ化して戦うことを決意します。

「なぁミシェル、さっきの答え教えてくれないか?

お前の恋はどこにある?」

「行方不明で現在捜索中だ」

「なるほど、確かにお前は臆病者だ」

「私はお前が好きだ、ミシェル」

「死ぬのが怖くて

恋ができるかーーーーーっ!!!!」

シェルターに避難したシェリルとナナセ。

ナナセは意識が無い様子。

シェルター内も混乱しだす中、シェリルさまはアルトの言葉を思い出します。

「まだ、届くと思う?

ランカちゃん、あなたが希望の歌姫なら、私は絶望の中で歌ってみせる」


♪神さまに恋をしてた頃は、こんな別れがくるとは思ってなかったよ~♪

その姿はまさしく「銀河の妖精」

わたし、フライング気味でここから涙が・・・・。

「なぁ、アルト。人を好きになるのは命がけなんだな」

戦いのなか、アルトに語りかけるミシェル。

ゼントラ化が終了してないクランにバジュラが!!

かばうように飛び出すミシェル。

しかし、後ろからまたバジュラが!!

バジュラに刺しぬかれ、飛び散る鮮血。

「ごめんな、クラン。

今まで言えなくて。

俺もお前のこと、愛して・・・」


外壁が破れ、外に放り出されるミシェル。

アルトの手は届かなかった・・・。

クランの絶叫。

ミハエル・ブラン。

愛する女性を守って・・・・。

ミシェールっ!!!!

あんなときもこんなときも、いたらない主人公を友情で支えてくれたミシェル。

こんな別れが来るとは思ってなかったよ。

ありがとう、ミシェル。

さようなら。

次回「蒼のエーテル」

悲恋の歌、銀河に響け。



See you next Decalture.


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 17:44| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ(マクロスF) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。