2008年07月21日

“コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN15「Cの世界」”

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN15「Cの世界」

ブリタニアの少年ルルーシュはかつて誓った。
8年前に殺された母の仇を討ち、妹ナナリーが幸せに過ごせる世界をつくること。
そのために彼は謎の少女CCから力を手に入れた。
いかなる相手にでも命令を下せる絶対遵守の力、「ギアス」。
ルルーシュはギアスを使い、父の統べる神聖ブリタニア帝国を破壊するべく行動を起こす。
しかし、その道の果てに彼は何を手に入れ、何を失うのか。
明確な宿命はただ一つ。
「ギアス」という王の力を手にしたものは、孤独への道へと誘われていく。


「久しいなルルーシュ、我が息子よ」

気がつけば、アーカーシャの剣に飛ばされ、目の前に最強親父、という絶対ピンチのルルーシュさん。

ルルーシュの「何故母さんを見殺しにした」という問いにも

「ギアスで聞き出せばよかろう」

と余裕の皇帝親父。

一方、嚮団では虐殺に騎士団員が動揺していた。

バトレーの遺体の前で、自分を改造した憎むべき相手ではあるが、

「君の皇族に対する忠義は本物であった。
ならばこそ私は決意しよう。
君を尊敬すると」


ジェレミアは完全にネタキャラではなくなってしまった。

蜃気楼に隠されていた仕掛けをつかって、皇帝にギアスをかけるルルーシュ。

なぜ蜃気楼にこんな仕掛けが!?
ルルーシュを弁護するならば、「嚮団」にはギアス保持者がごろごろいるわけだから、そのための用心、であったか?と。

「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。貴様は死ね!!」

「良かろう」

あれれ?皇帝、あっさりと自分で自分の胸を撃ちぬいて死んでしまいました。

やってしまった後、動揺するのがルルさん。

殺してしまった、こんなにもあっさりと。

母への謝罪の言葉も引き出せずに・・・。

さーてー。

カレンに「リフレイン」を打ち、ゼロの正体を聞き出そうとするスザク。

カレンにひっぱたかれますが、スザクはカレンのお腹を殴ったーーーっむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

あいかわらずの鬼畜野郎です。

おのれ、おのれ!!カレンを涙目にしやがったな!!

直前で思いとどまるスザクでしたが・・・やろうとしたこと自体が許せーーーんっ!!!

だって、カレンのためを思ってとどまったわけじゃないもん。

あーれー!!

皇帝は生き返りました。

怖いです!!!

「何を持ってしても無駄ぁあああああ!!!」

皇帝・シャルルは兄・VVの「コード」を奪い、不老不死になったのでした!!

「VV、お前さ、マリアンヌのこと好きだったんだろ」

とCC。

すべての真相はマリアンヌさまの死に隠されている、と。

何をどうしてもルルーシュは父に勝てそうもありません。

ギアスは効かないし、不死だし、あの迫力だし。

「わしはギアスのかわりに新たなる力を手に入れた。
ゆえにルルーシュ、教えてやっても良い。
この世界の真実の姿を」



参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


続きを読む


“マクロスF 第15話「ロスト・ピース」”

マクロスF 第15話「ロスト・ピース」

ちゃっかり復活のグレイスに恐怖を感じます。

とりあえず、グレイスは5人の人格の集合体ってことなんでしょうか?

じーさんG、おっさんG、青年G、少女G、そして17歳G。

もうどうなってるねん!?ギャラクシーの科学技術は!!

無事救い出されたランカは「検査入院」

検査、検査の毎日にうんざりです。

同じ病院に検査入院しているアルトに会って大喜びのランカ。

アルトに抱きつくのですが・・・。

検査着がめくれ上がっていたようです・・・見たな、アルト。

「イヤーーーーー!!!!」

それを上空から見ている、ブレラ・スターン。

「馬鹿な奴・・・」

立派なス○ーカーですね。

っつか、ギャラクシーの技術でス○ーカーしているんだったら、いろんな角度から見ていると思うんですよね~。

ってことで、

お前も見たな、ブレラ・スターン。

先のバジュラとの大戦闘でフロンティアは甚大な被害を受けたようです。

タバコをスパスパ吸う大統領。
へー、フロンティアってタバコ吸っていいんですね。

冷静なレオン・三島にムカつきますな。
コイツ、こうなること知ってて言うんだもんな~。

オペレーション・カーニバルはコードネーム・フェアリー9、個体名シェリル・ノームの銀河横断ツアーという形でスタートした。

うーん・・・やっぱあん時のフォールド通信波がバジュラを誘導してきたんですね・・・。

フロンティアが奴等に選ばれた理由は、

環境の揺らぎに弱いバイオプラント船であること。

インプラントが禁じられていること。

船団の予定進路が奴等の目的に最適であったこと。


また、11年前に死亡したと言われていたコードQ1がこの船で生きている、との情報があったとのこと。

ただし、真偽は確認できていなかったため、この時点での優先度は低かった。

とかなんとか、17歳が語ってくれました。

今回、総集編にもかかわらず、まったく素晴らしい出来の回でした。

話はちゃんと進んでいるし、見所満載。

シェリルさまの「Welcome To My Fanclub's Night!」に乗せての戦闘シーン!!

歌い踊るシェリルさまと戦闘シーンのリンク。

編集もすんばらしいです!!

皆さん、そうだと思うんですが「総集編」というと、某アニメのトラウマが蘇ってくると思うんですよね。

「F」はその点、まったく素晴らしいです。

ま、説明多くて聞き取れない言葉も多かったけど。

「プロトコア」って何よ??

シェリルさまも体調が悪化して入院中。

シェリルさまの血液をさりげなく入れ替えるグレイスがグロい。

ブレラにギリギリで救われたっていう言い訳はちょっと苦しい。

血液を入れ替えたのは、検査結果をもっと悪くするためか、それとも一服盛ったのをごまかすためか?

グレイスは体調がもとどおりになるまで、シェリルの仕事はすべてキャンセルしたと告げます。

そしてさりげなく、ランカの人気が急上昇なのを耳に入れる・・・。

「本当に強いわ、あなた。切り捨てたはずなのに生きて帰ってくるんですもの」

プロジェクト・フェアリーは失敗と判断。
フェアリー9は廃棄。


「廃棄」ってアンタ・・・・。

シェリルさまは、被検体であっても、わたし「生身」だと思います。

ただ、生まれが「孤児」で親の記憶もないというから、遺伝子操作はされてそうな気が・・・ギャラクシーですし。

「廃棄」だか何だか知らないが、シェリルさまはそんなことで消えることはない、と思ってます。

本作戦はクィーンという重要なコマを得て、新たな段階へと進む。

ランカもただの「コマ」として使われるだけの娘じゃないと思ってます。

キャッチが「娘々」のCMで、こんなところまで気が利いていて憎いぜ!と思いました。

さて、いい加減、モトサヤに戻ればいいと思うキャシーとオズマは車のなかで、「大きな裏」がある、という話をしていました。

気になって探りを入れてみた、というキャシー。

怪しいのは「レオン・三島」ということで2人の意見は一致しました。

怪しいのはあのキノコ頭見ればわかるじゃん??

そんなレオンは、やっぱり、ランカの資料みてハァハァしている変な人。

入院生活にうんざりのシェリルさまのもとにアルトがお見舞いにやってきました。

「ちょっと待って」

といって身づくろいするシェリルさま、可愛いですな~。

ツンデレシェリルさまは「遅いわよ!アルト!!」とか言ってますが嬉しそうです。

しかし、ちょこっとランカがその横に現れ・・・微妙そうです。

病院内を散歩する3人。

病院のなかのスクリーンにもランカが映っています。

超時空シンデレラ・ランカちゃんハートたち(複数ハート)に続き、また新たな呼び名が!!

現代のリン・ミンメイ

ちょっと!!これは歌手にとって最高の称号ではあーりませんか!!

そしてスクリーンのなかでは、フォルモでのストリートライブの映像が流されてます。

わたしたちのデートのときの・・・などと漏らすシェリルさま。

「デート!?」

「デート・・・」

一方がアルトとしゃべれば、一方がむくれる、または落ち込む。

アルト、いい加減に気がつかないのでしょうか?

アルトは自分も2人の歌に助けられた、と言います。
戦闘のとき、声が聞こえたと。

「すごーい!!」

とはしゃぐランカ。

それを見たシェリルさまは何を思ったのか、いきなり歌いだしました。

「What 'bout my star? @Formo」です。

歌とダンスでアルトに迫るシェリルさま。

ランカも負けじと歌いだしました。

ランカとシェリルさまは、確かに三角関係だけど、互いに認め合っているってことがわかります。

お互い、コーラスを合わせたりしてますからね。

シェリルさまとランカ、

どっちを選ぶ??

アルト、迫られ状態。

この幸せモノ!!!

アルトのためだけの2人のライブは、シェリルさまが咳き込んで中止になりました。

その場のランカのもとに大統領府からの使者がやってきました。

そしてアルトには呼び出しがかかります。

大統領府ではレオンが、ランカに「君の歌がバジュラに対する切り札」と明かし、

「君のプロジェクトを支えるリーダーだ」と、危険な女グレイスを紹介。

そして、ブレラがボディガードだと告げます。

アルトはSMSのオーナー、ミスター・ビルラー氏のもとに。

ミスター・ビルラーがアルトに何を語るのでしょう??

EDは「ダイヤモンド・クレバス」のランカバージョン。

しかもGたちの会話入りです。

で、最後に映ったのは「ギャラクシー」??

無事そうじゃないですか??

次回「ランカ・アタック」

戦略の歌、銀河に響け。



See you next Decalture.


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 15:14| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | アニメ(マクロスF) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。