2008年07月13日

“コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN14「ギアス狩り」 ”

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN14「ギアス狩り」

a.t.d1997。

うら若きマリアンヌさまは、当時17歳。
マリアンヌさまとともにいるのはCちゃん。

それを眺める皇帝とVV。

どっかのアニメ雑誌でCちゃんはマリアンヌさまの「戦友」だったとバレしてたらしいですが・・・。

さて、冒頭からいきなり

ロロ、犯人とバレたらーっ(汗)たらーっ(汗)

「兄さんの敵は排除しなきゃ」

「ロロ・・・よくやってくれた」

と爽やかな笑顔で応じるルルーシュ、内心怒りくるっております。

「じゃ、ギアス嚮団をぶっ壊しに行くか」

ルルの頭の中では「ロロボロ雑巾エンド」

シャーリーの死は「自殺」としか考えられないそうですが、スザクはルルーシュを疑います。

いやいやいやいや、お前こそ直前までシャーリーと一緒にいたんだから、お前がちゃんとシャーリーを保護しとけば良かったんだよ!!

いや、もう、スザクに悪態つきたくてたまらんですよ。

カレンに手を出すなーーーーっ!!

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


続きを読む


“マクロスF 第14話「マザーズ・ララバイ」”

マクロスF 第13話「マザーズ・ララバイ」

ランカとバジュラの謎は深まるばかりであります。

今回はアルトが主人公らしく活躍!!したかと思えば、最後ヒロインの救出というおいしいところをハーモニカ男にもってかれたりして、くくく・・・。

「こんなところで死ねるかぁあああああ!!!」

前回の危機を気合で乗り切ったアルト。

今回の前半は、アルトやランカの周囲の人々の様子が描かれていました。

ルカに死亡フラグ!?と思った方々が多かったようですが、わたしは鈍いのかそこんところはまったく感じず。

しかし、兄・オズマはあいかわらずフラグ立ちまくりのような気がいたします。

オズマは「妹」として育てるより、いっそ「娘」として育てたほうが良かったんじゃないか?などと余計なことを考えたり・・・。

街でナナセと出合ったルカ。

ナナセをお茶に誘います。

ナナセの心配ごとを解消しようと、いろいろとナナセに話している様子・・・ってそれは一般人に流していい情報なのか??

ま、いいや。

その頃、オズマはアンニュイです。

ミシェルとともにガリア4へ飛び立つときのランカを思い出して

「いつの間にか、いっちょ前に女の目をするようになりやがって・・・」

まるで娘を嫁にやる父親のような顔をしております。

「知らなかったの?女の子はある日突然女になるのよ」

とボビーに言われたりしております。

ブリッジではキャシーとオペレーター3人娘で恋バナ。

ほほう、モニカは「老け専」ということですね。

知らぬは艦長ばかりなり。

そんなフロンティアに、奴等がやって来た!!

デフォールド反応!!

こんにちは、バジュラです。

わたし、最初、バジュラをでかい宇宙ザリガニと認識しておりました。
しかし、最近、そのしぶとさや繁殖能力に、とある「夏の風物詩G」(??)を重ねるようになっております。
でかい宇宙○○○○・・・・。

フロンティアに○○○○は存在しないんだろうな~。
うらやましいです。

街では避難勧告。

ルカ、ナナセにミシェルやアルトもいないのに・・・と言われたときの顔が哀れでした。

「ナナセさん、実は僕・・・」

「帰ってきたら、お話したいことがあります」


“あなたは絶対、僕が守りますから”

見たいと思いませんか!?

ルカがナナセに告白する場面を!!

そして玉砕するさまを!!←玉砕すると決めつめている。

アルトはフォールドバックを使って戻ることに。

「待ってろよ、ランカ」

今回のアルトはランカ、ランカと連呼してくれて嬉しい限りです。

わたしはとりあえずアルト×ランカハートたち(複数ハート)です。

でもシェリルさまは大好きですよ。

フロンティアには次々とバジュラ艦隊がデフォールドしてきて、全面戦争状態です。

反応兵器の使用を大統領にすすめるレオン・三島。

反応兵器を使用させることが、キョンやグレイスの目的??

デフォールドしてきたバジュラたちにくっついてデフォールドしてきたバルキリー・ミシェル機。

シェリルさまが気がついたときには、なんとミシェルが気絶して操縦不可能状態になっていました。

今回のミシェルはびっくりするほど存在感なしです。

戦闘中のど真ん中です。

シェリルさま、ミシェルにかわって操縦することに!!

「わたしはシェリルよ!!」

それはわかっていますから、無茶はやめてください、シェリルさま。

なんですか、音楽まで~♪もってっけ~♪とシェリルさまを煽って!!

案の定、すぐにピンチに!!

ミシェル機大破。

ルカはシェリル(とおそらくミシェル)をかばおうとしてピンチに!!

そこへ王子さまのごとく登場して、かっこよく敵を撃破したのは主人公特権のアルトでした。

シェリルからランカの救出がまだなことを知り、愕然とするアルト。

その頃のランカは

「帰りたいよ、みんなのところに」

と呟いておりました。

なんか、女王バジュラがランカに触覚を延ばしているんですけど??

フロンティアは外壁が破壊され、人々が次々と宇宙空間へ投げ出され、甚大な被害です。

大統領はついに反応兵器の使用を許可。

クォーターも反応兵器の使用を許可され、目標を敵、超大型空母に狙いを定めます。

「待ってくれ!!奴の中にはランカがいる!!俺に救出の許可を!!」

アルトの必死さにわくわくする不謹慎なわたし。

ジェフリー艦長はアルトにアーマードパックと反応弾の使用を許可しました。

しかし敵への攻撃の手は緩めない。

「力を見せろ!!」と艦長。

シェリルさまはアルトに

「アルト、絶対無事に帰ってくるのよ!!死なないって約束して!!」

「ありがとう、シェリル。必ずランカを連れて戻ってくる、必ず」

「アルト・・・」

見事なまでにかみ合わない会話です。

シェリルさまの切ない表情・・・まったく罪な男です、早乙女アルト!!

オズマは何があったのかは知らんが(絶対あとで問い詰めるから)

「ランカに万が一のことがあったら、俺は貴様をぶっ殺すぞ!!」

と激励(??)の言葉を。

ランカはフロンティアとバジュラとの戦いを見て、

「やめて!!もうやめてよ、こんなこと」

と、何故か言います。

ランカが思い出す、ランシェ・メイ(おそらくはランカ母)の言葉と「アイモ」

“伝えたいの、わたしたちは、あなたたちに”

「アイモ」を歌うランカ。

一瞬、バジュラたちの動きに変化が起こります。

「ランカーーーー!!」

と突き進むアルトに

「邪魔だ、どけー!!」

またもやブレラ・スターンです。

ランカ保護の役はブレラに横取りされてしまいました。

アルトは女王バジュラを撃とうとします。

それを見て

「アルトくん、ダメーーー!!」

と何故かランカ。

結局女王バジュラはやられてしまうんですが。

「マクロス・ギャラクシー・アンタレス小隊所属、ブレラ・スターン少佐よりフロンティア全軍に告ぐ。敵母艦内の人質は救出した。これよりフロンティア船団を援護する」

何?少佐??もう、ここで負けてますアルト。

女王バジュラを失い混乱し敗走するバジュラたち次々と撃破するフロンティア船団。

マクロス・キャノン撃てーーー!!

ところでグレイスがそのまんな復活しそうです。

そのしぶとさ、まさに“G”

普通にこのままシェリルさまのマネージャーやるみたいです。

「まさか!この娘が“リトル・クィーン”とは!?」

リトル・クィーンってなんなのだ??

ランカは戦闘の様子を見て泣きます。

「何故泣く?」

「わからない、わからないの、どうして・・・」

ランカはプロトカルチャーの遺伝子がどうやらこうやら??とかありそうです。

マクロス・ゼロのノーム姉妹の遺伝子も、プロトカルチャーがどうやらこうやら?とかあったらしいですし。

だから、ゼロのことはよく知らないんだけど!!

次回「ロスト・ピース」

追憶の歌、銀河に響け。


See you next Decalture.

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 18:40| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | アニメ(マクロスF) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。