2007年06月26日

“本のなかの少女たち”

津島佑子著「本のなかの少女たち」です。

以前この本を持っていたのですよ。
その頃のわたしはまだ「少女」だった・・・・。



うーん画像が無いよう。

この本は「名作」と言われる作品の「少女たち」について書かれたものです。
が、あくまでも選んだのは著者・津島佑子が共鳴できる「少女たち」についてであって、ありとあらゆるタイプの「少女たち」が登場するわけではありません。

むしろ偏ってます。

「少女」というと思い出すのは小学校5、6年の頃。

突然、周りの女の子たちの自分との「話」が合わなくなってしまったことがあります。
急に周りの女の子たちがマセてきましてね。
置いて行かれました。

わたしは自分が女の子だと思われるのが「イヤ!」な感じがして、乱暴な口を利き、髪の毛を短くしていました。
スカートも穿かなかった。
急に伸びた身長もイヤで、身体の変化のイヤだった。

彼女たちがどうしてそんなに急に大人(?)になれるのか、不思議だった。
しかもみんな一緒のことするの!!
服も似たようなの着たがるし!!

中学生くらいまで引きずってましたが、高校が女子高だったせいか、知らない間にそんなこと忘れましたよ。

話が合わないのは当たり前ですな〜。
わたしはアイドルに熱中しなかったし(当時は)、少女マンガも読まなかったし、下ネタは大嫌い(当時は)だったもの。

同級生の女の子にかなりコンプレックス持ってました。

当時、近くの席のガキに

「○○(わたし)って何も一番なものって無いのな。

生きている意味ないじゃん」


と言われて、かなり絶望したことがありました。

で、わたしは理科と国語と社会の成績が良かったのですが、「理科は○○ちゃんのほう成績が良い」「国語は○○ちゃんのほうが成績が良い」とかいちいち言われた。

その○○ちゃんとかがクラスで目立つ女の子たちだった。

わたしは誰よりも何一つ得意なものがなくて(いや何も出来なかったわけではなく)、総合的な成績はその男の子よりかなり良かったハズなのですが、同級生の女の子たちに何故か敗北感。

で、泣いた。←「帰りの会」の真っ最中。

次の日、ズル休みしたような覚えが・・・。←当時からヘタレ。

今、思えば「徳川家康全巻読破」を自慢すれば良かったじゃんよ。←当時から戦国好き。しかも少女の自慢する内容では無い。

とりあえず、そのガキには「同窓会とかあったら、『復讐』としてビールを頭からかけてやろう」と決めた12歳のわたし。←当時から陰険。

そして今もそんなことを覚えているわたし。←陰険。

それを友人(当時同じクラス)に言ったら「陰険」と・・・。

当時のわたしには12歳なりのプライドがあって、自分の「無意味さ」なんて教えて欲しくなかったのだ。

いや、わたしは本当は「無意味」ではなかったと思うけど、その頃はそこまで頭が回らなかったのだから仕方ない。

なんてことをこの本に紹介してある『新ムーシェット物語』の「ムーシェット」と言う少女の項を見ると思い出す。

「自分の不幸が恥ずかしい」と気がついてしまった少女。

でもその『新ムーシェット物語』を読んだことがない。←・・・ダメじゃん。

古典の翻訳ものは読みづらい。
光文社が「古典新訳文庫」というものを発行したので、「本のなかの少女たち」に紹介されている作品も読みやすくなりました。

とりあえず読んだ。↓。しかも買った。

「恐るべき子供たち」のエリザベートはかなり気になっていました。





参加中です↓。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 21:56| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

風林火山「非情の掟」

風林火山「非情の掟」

武田家は京より勅旨を迎えました。

晴信は「歌会」など催したらしいですが、このときの「歌」は上手かったのか下手なのかはわかりません。

ま〜、当時の朝廷はかなり困窮しており、ぼったくりもいいところです。

三条夫人の実家である三条家は質素倹約を旨とした家ですが、その親戚筋の三条西家はお家芸が「歌」であるのをいいことに、あちらの大名、そちらの大名と渡りあるき、かなり稼いでいたそうです。

それはそうとフグはかなりわけのわからん自信に満々です。

「四郎さま」のお宮参りには勘助がお供したそうです。

参加中です↓。
人気blogランキングへ
続きを読む
ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 21:17| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(8) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想“ナスカの子”

地球へ・・・「ナスカの子」

「ナスカの子」

・・・・・・・・・・・・。

やっちゃったーーーーーったらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

気がついたら17:42でした(泣)。

もうね・・・死んだように眠ってました・・・先週、いろいろあったんです。

静岡は土曜日17:30からの放映です。←静岡に土六は存在しない。

ビデオも録り忘れました(泣)。

そんななので、気がついてTVつけたらゼル機関長とエラ女史が雨に濡れてました。

カリナの出産があったらしいですが、すべて見逃しました。

や、もちろんバンダイチャンネルで見て、感想も書きますが(几帳面)。

ししししまった!!バンダイチャンネルも見忘れたーーーっ!!

ところで7月6日に「アンドロメダ・ストーリーズ」が新装版で発売されます。


もちろん買うーーーーっ!!!

1982年に『24時間テレビ』内にてアニメ化された作品です。

ある意味「双子兄妹禁断もの」の「原点」。

もちろんテーマは“そこ”じゃありませんのでね。

えと「ナスカの子」ね。

カリナの出産とサムのアレとイッキにやっちゃったんですね。

いや、だからTVつけたらゼル機関長とエラ女史が雨に打たれてた。

長老たちと若いミュウたちとの思想の違いね。

ジョミーもナスカへ降りたのが正しかったのか迷っております。

や、定住だと決めなくてもよかったんだよね〜。

とりあえず、でさ。

白い墓標が出てきましたが、あれは竹宮惠子大先生の作品「ジルベスターの星から」に登場するものだそうです。

わたしは残念ながらその作品を読んだことはないのですけれど。

フィシスさまはやはりナスカへ降りてなかった。

ちと安心。

それにしてもフィシスさまのジョミーのなぐさめ方は、マザー・イライザがキースに接するときとそっくりだな。
うらやましい。

サムがマザーに操られてナスカにやって来ちゃいました。

マザーコンピューターの仕業っすか・・・。

それにしてもあっさりとジョミーと再会してしまったな。

ミュウ・・・甘いぞ。

サムはとあるキーワードがもとで同僚を刺し殺し、ジョミーを傷つけようとする。

これね〜サムの悲劇ね〜、原作だと全面的にジョミーが悪いんですが、アニメではマザーによる脳への介入の仕業にされてしまいましたよ。

これじゃ、キースが思いをどこへぶつけたらいいのかわからんじゃないかっ!!

そういえばOPのキースはピアスを両耳につけている。

片耳だからいいのにっ!!!←美堂蛮さんも同じく。椎名慶冶さんも同じく。

そんなわけで若干老けたキース・アニアンさんが登場です。

顔は怖かったです。

名簿にサムの名前を見つけたときもかなり怖かったです。

でも立ち居振る舞いはかなりよろしかったです。

わたしがキースの再登場で一番心配していたことが解消されました。

軍服がまともでした!!!

ららら〜♪

ってそんなことを心配していた自分に乾杯。

もはやソルジャー・ブルーが「ご存命」なのも気にならなくなってきました。←いや、気になるよ。

次回はマツカ登場。

予告を見たらかなり「女の子顔」でありゃりゃ〜??

ミュウはあまり老けないのよ!!注意注意!!!

参加中です↓。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 23:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風林火山「越後の龍」

風林火山「越後の龍」

今頃「越後の龍」

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

先週は人生における「サードインパクト」(不幸系)が我が家で起きました。苦っ!!

わたしは体重ダウン↓↓↓・・・・・・・・・・・・。
たった数日でこれだけ落ちるとは・・・・・・・・・。

ついでに妹は先日、トンネル内で追突されムチ打ちだそうです。

人生はいろいろなくてもいいよ・・・・・・・・・・。

そんなわけで「風林火山」どころか「PC」の存在を忘れてました。

でも「日曜日」になると思い出すの。

すでに習慣になっているんですね〜。

っていうか「越後の龍」ね。

看板に偽りありまくりだったじゃんよ!!

キーーーーーっむかっ(怒り)

記事書く気が削がれた・・・・・でも書く・・・・一週抜くのが気持ち悪いの!!

わたし、自分で言うのもなんですが、几帳面なんです。

えと「越後の龍」ね。「越後の龍」。

すっかり内容を忘れてますが。

だからつまんねーことし書けないんだよ!!

最近、自分の書くものがまったく面白くなーい!!!

前回、福島彦十郎に鉄砲でズドン!された勘助。

何やら夢を見ていました。

由布姫、

「勘助の子です」

うふふふふふ♪

ホラー??

失礼。でも、わたしこのシーンの意味がまったくわからなかったんです。

なんだかほけら〜っとした顔で目覚めた勘助。

真田さんの奥さんの顔が由布姫に見えました。

ほけら〜。

おかしい・・・由布姫でほけら〜っとなるか??

由布姫は「国のごとく気高きお方」じゃなかったっけ??
気をひきしめるところではないのか??

鉄砲で撃たれた勘助を真田幸隆さんは助け、奥さんの忍芽が看病してくれました。

え〜と、『山伏から聞いた』という『妙薬』を飲まされたそうです。

これね、わたし、目覚めた勘助をみんながからかっているのかと思ったんです。

マジぴかぴか(新しい)だった・・・・。

恐るべき、民間療法。

真田さんは武田に仕えることを決意。
奥さんは反対しております。

そのころ晴信は出産した由布姫の見舞いにと諏訪へ。

参加中です↓。
人気blogランキングへ
続きを読む
ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 21:52| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想。“逃れの星”

地球へ・・・「逃れの星」

♪た〜だ〜ひ〜と〜つの〜 

ゆ〜めの た〜め〜に〜♪

これを歌えばよかったんだよ!!!

何か心にひっかかっていたモヤモヤはこれだったんわ!!

コチラ↓のCMで流れましたね。



先週は「ムクんでる」とか「吐き気がする」とか「目が回る」言いながらもカラオケに行ったりしまして、「ハレ晴れユカイ」とか歌ってきました。

もう若くないんだから無理するな。

大体、「地球へ・・・」の劇場版を知っているんだから、若いハズないんですが・・・・・。

で、「逃れの星」

このエピソードは1回を使うほどの話かいな??

ま、いいか。

あれ?前回といい、わたしはキースにはこだわりがありすぎるんですが、ミュウ側にはあまり・・・??あれ??

なんてったってソルジャー・ブルーがまだご存命です。

これ以上違和感を感じるものなんてないのです。

これほど原作と設定を変えてしまわれたら、ほかのことなんて些細なことです。

「逃れの星」ね、「逃れの星」

ハーレイは毎日航海日誌をつけているようですね。

手書きでか!?

エンタープライズのピカード艦長は手書きだったっけ??

わたしはスタートレックは「TNJ」が好きです。


参加中です↓。
人気blogランキングへ
続きを読む
posted by くみ at 23:20| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

風林火山「河越夜戦」

風林火山「河越夜戦」

今頃「河越夜戦」

大河の記事が順調に遅れております。
大河どころか、今月の更新ときたら「過去最低」
PCに電源も入れない有様です。

しかーし、

今夜の「越後の龍」には間に合いたい!!!

というわけで、一週間前のドラマの内容なんてすっかり忘れていますが、素通りできない几帳面な自分の性格が憎い。
今夜は絶対ドラマ見たらすぐ書こう!
あ、その前に「地球へ・・・」があった。
神経質な自分が憎い!!!

で、「河越夜戦」です。

前回の終りから。

海辺の青年貴公子ぴかぴか(新しい)田舎侍

もとい、

今川義元と武田晴信。

義元の「勝ち戦とはなんぞや?」の問いに答えるフグ。


参加中です↓。
人気blogランキングへ

続きを読む
ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 21:56| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想。“届かぬ思い”

地球へ・・・「届かぬ思い」

へぇ〜OP変わるんだ・・・。

え〜と、アーティストは・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

あ、そう。ふーん。

そういえば今夏放映予定の「コードギアス」STAGE24&25のテーマソングのアーティストも決まりました。→こちら。
笑った。
いやー、わたし、この人たちのアルバム持ってました。

そんでもって今秋から放映決定の「機動戦士ガンダム00」ですが、設定を見れば見るほど、ガンダムWを彷彿とさせます。

どうしてヒイロがいないのかしら?

などと、真剣に考えてしまうわたしです。

ああ、ヒイロ・・・・。

えと「地球へ・・・」ね。

「届かぬ思い」

原作も劇場版も知っているわたしは、当然、ステーション編の最後を知っていました。

原作があるアニメは、アニメ化した時点で原作とは「別もの」だと考えるべきなんですが、個人的に変えて欲しくなかったセリフが変えられてて、微妙な気持ちになりました。

そんなんで、原作をこれから読もうと考えている方、ご注意!の「届かぬ思い」の感想です。

前回の人気ナンバー1シーンは

「元気でチューか?」by キース・冷血漢(?)・アニアン

だったそうですね。

うん。そうだろうと思ったけどな。


参加中です↓。
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by くみ at 21:55| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風林火山「三国激突」

風林火山「三国激突」

いまごろ「三国激突」

「三国激突」

・・・・・・・・。

激突してなかったよ。

ということで、タイトルはこうするべきだったと思いマス。↓。

「三国激突!!??」←東○ポ風。

最近、大河を見るときはメモをとっていなくて(面倒になってきた)、いざ記事を書こうとしても、「忘れている」ワケです。

だから、土曜日の再放送を見て書こうと思ったのですが、眠りこけていて見れず・・・。

しかし、一週抜くのは「神経質」な自分が許さず・・・。

そんなんでかなりうろおぼえな「三国激突」です。
横道にそれまくってます。


「勘助、わたくしに子ができました」

参加中です↓。
人気blogランキングへ


続きを読む
ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 00:05| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想。“震える心”

地球へ・・・「震える心」

え〜、主題歌『UVERworld』の『endscope』が売れているらしいですね。

わたしも買おうか?と思っちゃったもん。

スケールの大きな曲は好きです。

『機動戦士ガンダム00』の公式サイトができましたな。→こちらね。
これが例のキャラデザが『高河ゆん』さんが手がけるものですか??
主題歌は西川ちゃんがいいです。

『地球へ・・・』は9月いっぱいですか・・・・。がくし↓。

でも、一年ダラダラやるよりいいか〜。
『地球へ・・・』はもともと短い話ですからね〜。

『ルルーシュ』の続編もTV放映かもしれないし、『ガンダム』も見なきゃだし、って・・・・・いい年した大人がよ・・・・・(涙)。

じゃなくて

地球へ・・・『震える心』ね。

『震える心』・・・、若干、緊張感に欠けたような印象を受けました。

間が抜けたような。

作画の乱れのせいでしょうかね?

ま、キースのボケセリフが聞けたので良し、としときましょう。

ではネタバレ前回感想です。

参加中です↓。
人気blogランキングへ
続きを読む
posted by くみ at 01:04| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

女医さんシリーズ“子宮内膜症”ピル服用で副作用。

6月・・・・。

あとXX日で3X歳・・・・。

そんなことは関係なく、わたしは6月が苦手です。

“雨の日”が大嫌い〜雨

先週からの天候の悪さに体調を崩しております。
まず風邪をひきました。

天候の悪さが体調に影響を及ぼす人って多いですよね〜。

わたしの場合は「気が滅入り」ます。寝ていたい。ひたすら寝ていたい。←うつだからな。
ついでに頭痛。
ついでに手術跡が痛みます。←ハラに2本あるからな。縦に一本、横に一本。

それでですね。
おまけにクスリの副作用が強烈に出ました。

「子宮内膜症」の悪化に伴い、クスリを服用することが決定。
ヤクを飲み始めたのは先々週あたり。

いままでリュープリンやナサニールで副作用「更年期症状」の痛い目にあってきたので、今回は『アンジュ28』です。

そうです。

『経口避妊薬(ピル)』です。

ピルはさまざまな婦人科系の症状に使われております。
リュープリン(注射)やナサニール(鼻噴霧)よりも副作用が軽く、安価です。

ピル服用の意味を母に伝えるのに苦労しましたです。

ああ〜今回の副作用は、わたし的には

吐き気・浮腫・めまい・吐き気・浮腫・めまい・吐き気・・・・・「つわり」じゃんよ・・・。

妊娠どころか、結婚もしていないのに「つ わ り」(人工的)。

「つわり」で酸っぱいものが食べたくなる、という意味がはっきりわかりました。

胃がスッキリしたような感じになるんですな・・・。
食べたくなる、というよりも「飲みたくなる」。
毎日C1000タケダ飲んでます。

それにしても、すべての「母」たる方々はみーんなコレを経験しているんですね・・・。

頭が下がる思いです。「母」は偉大だよ・・・。

本当のつわりは数週間で終わるそうですが、わたしの場合はいつになったら終わるの・・・先生・・・??

副作用、軽くないよ・・・先生・・・??

と思っていたら担当医が突然、大学に帰りやがりました。

こらぁああああああっ!!!

産婦人科の医師の不足は深刻ですな。

そうそう、わたしが最初に「子宮内膜症」だと診断されたときに、母に読ませた本がコチラ↓です。

いろいろな本をたくさん読みましたが、この本が一番「薄く」て、重要なところだけ書き出してあると思います。

家族に説明したい人は、自分で説明するよりも、本を読ませたほうがいいですよ。

もちろん、一番いいのは医師に説明してもらうことです。



「子宮内膜症」とは何ぞや??という方。

説明が面倒なので、コレ↑読んでください。

「副作用」と「痛み」と、どっちもイヤーーーーーっ!!!

あとは「漢方」か・・・。

『アンジュ28』については→こちら。

ちょ、ちょっと!!子宮筋腫には使われないって書いてあるよ!!
←わたし筋腫もあります。

こらぁあああっ!!医者ーーーっ!!!

いつもクスリを飲むときはちゃんと調べるのですが、今回はスルーしてた・・・・ああああああ〜。




参加中です↓。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 19:21| 静岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。