2007年03月28日

“お家相続 大名家の苦闘”

目的もなく図書館に行くと何故だかこういう本を借りてきてしまいます。
わたし、小説にはものすごく「好き嫌い」があるので読んだことのない作家さんになかなか手が出ないのです。
いままでも「小説」の記事は少ないはず。
それだけ読んでないから。
選書や新書は「テーマ」さえ好みであればいいので、楽。

で、今回はこちら。↓。江戸時代です。



あ、そうそう、最近大河「風林火山」を見ていて思ったのです。
わたしには、、「戦国ヲタ」「戦国マニア」と呼ばれたり、名乗るほどの「知識」がございませんです。
「風林火山」わけわからん・・・・。

これからは「ちょっとだけ人より日本史が好きな人」だと思ってくださいな。
でも、高校時代、「日本史」「世界史」より「政治経済」のほうが成績は良かったです。

さて本題。
大名家は「お家」が一番大事。
減俸ならまだしも「断絶」なんてもってのほか。

昨年の大河「功名が辻」は、歴史上それほど有名でもないが、大大名になった「山内一豊」とその妻「千代」の物語でした。

ドラマ後半で描かれたのは、大大名になったゆえの苦悩でした。

いかに「土佐藩・山内家」が江戸幕府に対し、「奉公」に勤めたか?というと、なんでも他の大名家から「土佐藩に習え」と言われるほどだぅたそうです。
その「土佐藩」の土台をつくったのが「一豊&千代」でした。
「土佐藩」は明治維新まで二十万石から「減俸」されたことのない、まれな藩です。

ま、「加賀藩・前田家」「薩摩藩・島津家」には敵いませんが。

が、しかーし、「奉公」だけではどうにもならない問題が大名家にはあった。

それが「跡目」!!!

大名の子女の幼年・若年死亡率はとても多かったらしいのです。
昔の話なので、もともと幼年・若年の死亡率は高いとは思うのですが、大名家の場合、乳母たちがおしろいとして使っていた「水銀」が死亡率を高めたのでは??という説があるそうですが。
幕末まで「実子相続」できた家は皆無に等しい。
一豊なんて最初っから二代目は弟・康豊の子でした。

「実子」がいなければ「養子」です。
とりあえず親類縁者、とくに弟の子どもが好ましいのですが、それがいなければ「娘」の婿として「婿養子」を迎えなければなりません。
親類縁者にちょうどいい男子がいればいいのですが、いなければ他の大名家から「無縁の婿養子」。
「娘」がいるならまだいい。
「娘」がいなければ、まず「養女」を迎え、その養女に「婿養子」
もう「血筋」さえ怪しくなってくる。

当主が五十歳をすぎて亡くなった場合、跡目が決まっていなければ「断絶」の危機。
武士たるもの、その年齢ならば当然跡継ぎを決めておくのが嗜み。だそうで。
大名当主が十七歳未満で亡くなった場合、またピンチ。

「十七歳」という年齢が大事だそうで。若年ゆえに。
幕府の規定では十七歳未満の当主は原則養子を迎えることができず、その十七歳未満の当主が亡くなったら、目の前に危機が!!

かくして大名家は「年齢操作」をすることになる。
八歳水増しとか、無理ありすぎ。
そういや、最近、グラビアアイドルの年齢詐称が話題となりましたが。

なりふり構っていられない「大名家の悲哀」が浮かび上がってきます。

「華麗なる一族」ってどの時代でも大変なのね。

参加中です↓。
人気blogランキングへ
タグ: 歴史
posted by くみ at 20:37| 静岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書(日本史・世界史・古典など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

“空の境界”映画化新情報!

奈須きのこ著「空の境界」上下、が「アニメ映画化」すると大騒ぎしたのは昨年の年末でした。

入院して退院して、家で療養しているときでした。

あ、念のため。

「空の境界」「からのきょうかい」と読みます。

友人がずっと「そらのきょうかい」だと思っていたらしいので。

公式サイトがリニューアルされました!!

こちらです。

式がステキです。

なななななんと!全七章完全映画化!!!

全七章

俯瞰風景

殺人考察(前)

痛覚残留

伽藍の洞

矛盾螺旋

忘却録音

殺人考察(後)


はぁ、小説の順番どおりですか・・・(時間軸バラバラでわかりにくい)。

しかし、何ですと??

テアトル新宿にて順次レイトショー

とは??

わたしに「七回、新宿に行け」ってことですか??

七回新宿に行くなら、DVD全部揃えた方が安くなります。

しかし、動く式、しゃべる式を早く見たい!!!!

わたしの「式への愛」が試されてる・・・・。

ああ、幹也(登場人物)だったら

「当然さ。僕はずっと前から君が好きで、勝手に追っかけているだけだから」

って言いそう・・・。

「殺人考察」だけはスクリーンで見たいな〜。

その闇をみろ。

そして己が名前を思い出せ。


「空の境界」面白いですよ。大好きです。

読んだときの記事は→こちらです。

空の境界 上  (講談社ノベルス)
奈須 きのこ
講談社
売り上げランキング: 12247

空の境界 下 (講談社ノベルス)
奈須 きのこ
講談社
売り上げランキング: 5603


「生きているものならば

わたしは神をも殺せる。」


そうおっしゃるこちら↓が「空の境界」の最強ヒロイン(ツンデレ)両儀式(りょうぎ しき)お嬢さまです。

空の境界 両儀 式 伽藍の洞 (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2008-11-29)
売り上げランキング: 8385


「式  君を

一生、許さない(はなさない)」 


この台詞を読んだときに思わず涙がダーっと・・・。

しかし、わたしはその「空の境界」をブッ○オフで上下巻合わせて750円で入手したのでした。
本当なら2415円です。
まったく世知辛い世の中です。

Amazon.co.jp空の境界 上 (講談社ノベルス)空の境界 下 (講談社ノベルス)

参加中です↓。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 21:34| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ(劇場版「空の境界」) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

風林火山「勘助仕官」

風林火山「勘助仕官」

天文十年六月、晴信は家督を継いだ。

「天下のもとは国。国のもとは人にあり」

他は何言ってるのかわからなかったです。
「風林火山」の台詞は長くて難しい・・・。
まるで「渡鬼」のようです。
いかに「功名が辻」の台詞が簡単だったか・・・。

自分がアホウなことをやらかしたら、その首をすげかえるつもりでいろ。

みたいなことですね。

武田家当主は代々・家宝「諏訪法性の鎧」「家伝の白旗」のまえで誓いをしてきたそうです。

武田家は清和源氏を流れをくむ甲斐源氏名家です。
徳川家康は「征夷大将軍」に任じられるとき徳川(松平)家を「新田源氏」の流れ、と言ったのですが、言っているだけ、です。

この「家伝の白旗」(八幡太郎義家伝来の旗)をですね、「長篠の戦い」で旗奉行が落としていったらしいです。
それだけボロ負けだった、ということですね。


参加中です↓。「コードギアス22話ショック」のせいで夜も眠れないわたしには励ましもクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む
posted by くみ at 22:26| 静岡 ☀| Comment(8) | TrackBack(10) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

“コードギアス 反逆のルルーシュ 22話 「血染めのユフィ」”

コードギアス 反逆のルルーシュ 22話 「血染めのユフィ」

一言、一言言わせていただきます。

コレをやりたかったんだな!?

ゴロー&スタッフ!!!


批判ではありません。

さすが谷口ゴロー!「リヴァイアス」の監督だけあるぜ。
「リヴァイアス」にはそりゃあショックを受けたモンでした。
今回はそれ以上すぎる。
クリエイターとしては賞賛したいのですが、なにせ「感情」がついてきません。

叫びだしたい気分です。叫びます。

ギャーーーーーーーっっっ!!!

さすが深夜枠です。子どもは見てはいけません。


参加中です↓。愛するGet Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ

続きを読む ネタバレあり。

2007年03月23日

“コードギアス 反逆のルルーシュ 21話 「学園祭宣言!」”

コードギアス 反逆のルルーシュ 21話 「学園祭宣言!」

今頃21話。
しかし22話には
「どうやら間に合ったようだな」←この台詞を知っている人は腐女子で、しかも30代以上の女性に限られます。

状況は動き出す、個人の思惑とは関係なく。

時は流れ行く、人々の足掻きとは別に。

ならば、ルルーシュは幸せなのだろう。

少なくとも、自らの力で世界を決める事が出来るのだから。

如何なる相手にでも命令を下せる絶対遵守の力

ギアスを頼りに。



アッシュフォード学園では学園祭を控えルルーシュとスザクが「補習」中。

いくら成績が良くても、ユーフェミアさまの騎士でも、出席日数が足りないのよ!!と教師。
廊下にも教師たちがずらり。

あれ??カレンは??カレンは成績優秀なはずだけど、ルルーシュと同じだけ欠席しているのでは??

ゲットーでは恭順派と反攻派と意見がわかれているらしい。
「黒の騎士団」内部でもゼロの「独立国」構想には、みないろいろと考えるところがあるようだ。

玉城はゼロの考えに賛成。←官僚になりたかったらしい・・・・。

「黒の騎士団」をやっていなければ今頃リフレインを使っていた、と玉城。
その言葉に扇はふとヴィレッタにリフレインを使うことを考えるが・・・。

なんだか知らないが、ゼロと連絡が取れないため(補習中だから)、とある場所には扇とカレンが出向くこととなる。
ディートハルトのつくった逃走経路は明日しか使えない。

参加中です↓。愛するGet Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ


続きを読む

2007年03月22日

“バッテリーX”もうひとつのバッテリー。改訂版。

あさのあつこ著「バッテリーX」です。

注・この記事は06年6月29日に書いた記事を映画の公開にあわせて加筆・修正したものです。

「バッテリー」という作品については3月15日の記事で語っております。

この「X」では、豪との関わりについて、巧の内に変化が表れはじめます。


角川書店から刊行された文庫版↑。

そして文庫ならではのおまけ付です。
書き下ろし短編
「THE OTHER BATTERY」
が収録されております。

あさのあつこ先生、
「バッテリーはこいつら(巧と豪)だけじゃないよ」
ということですね。

本編ではチョイとしか出てこない人物にも、ちゃんと世界があり、ストーリーがある。
これは、ある意味、物語の中の人物たちが勝手に動き出したと言うことでしょう。

巧と豪のような派手さはないですが、もうひとつのバッテリーも「本物」のかっこよさがあります。

やるじゃん!君たち!!かっこいいよ!!!

劇場に足を運ぶまえにぜひ原作を!!!


参加中です。↓。
人気blogランキングへ


タグ:
posted by くみ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

“コードギアス 反逆のルルーシュ 20話 「キュウシュウ戦役」”

コードギアス 反逆のルルーシュ 20話 「キュウシュウ戦役」

今頃20話・・・・。

「コードギアス」の記事は難しい。
どう書いても「風林火山」の記事のほうが書きやすい(昨年の「功名が辻」はもっと書きやすかった)。

どうにもこうにも「神経質」なわたしは、一話抜くのが「気持ち悪い」のです。

ちょっと「コードギアス」に対してテンション下がり気味バッド(下向き矢印)
あああああ、21話はまだ見ていませんが内容は知ってます。
で、22、23、24、25話のタイトルも知ってしまいました。
わたし、気が弱いんです・・・・。
簡単に書きますです。ビデオ録ってないし。


↑CCのパイスーがいいっすね!!!

おっかしいなぁ?わたし、自他とも認める「腐女子」なんですが、最近アニメではとんとホモカプにハマりません。
歳か??歳のせいか???

ということで「コードギアス」では

ルル×CC

です。

でもイベントでは「コードギアス」のジャンルには近寄らないようにします。

コードギアスの盛り上がりはハンパではなく(ノーマルカプも!!)、うっかり巻き込まれると

ひと財産、失います。

失ったことがあったな・・・遠い目・・・・。

最近、理性が物欲(同人欲)を押さえることが出来るようになってきました。


参加中です↓。愛するGet Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む 結局長い。

2007年03月20日

風林火山「信虎追放」

風林火山「信虎追放」

主演・仲代達也

仲代達也氏のギャラっていくらだろう??と考えてしまいました。

いやぁ、昨日「風林火山」を見たあと、「華麗なる一族」の最終回を見てしまいましてね。
「華麗なる一族」は大昔に母の本棚にあったので、ペラ読みしていて、ドラマはまったく見る気がなかったのですけれど、「最終回」だけ見てしまいましたよ。

息子の才能に嫉妬する二大親父武田信虎「仲代達也」氏と万俵大介「北大路欣也」氏をくらべたかっただけです。

あ、息子たちはいろんな意味でくらべてはいけませんから!!

親子確執ものって見たあと気分が・・・・・。

「風林火山」といい「華麗なる一族」といい、「コードギアス 反逆のルルーシュ」(←違うだろが!!!)といい・・・・。

父を追放し、家督は自分が継ぐ、と弟・信繁に告げる晴信。
板垣・甘利・飯富はすでに晴信についています。
残るは弟・信繁とその指南役・諸角。
そして何を考えているのかわからない小山田。

諸角の

「謀反でござるかっ!!??」



「謀反でござるっ」

の千葉・・じゃなくって板垣。

小山田はその動きを知っていたようです。
そして小山田が戸をひらくとズラリと晴信派。

弟・信繁は「よくぞ叛かれた」と兄を支持。
父・信虎に可愛がられていた信繁ですが、

「父上が兄上を憎まれるのは、兄上のご器量を恐れるあまり」

と、自分の器量が下に見られていると思い苦しかったといいます。

信繁が兄を支持すれば、何の問題もないわけです。

ええ、「父を追放」したことに良心が痛まねば。

何も知らない信虎は駿河で優雅に連歌の会です。

見る人の 心の底にすむ月や
ちりもくもらぬ 老いし身の程
世をうつし 思ひ捨ぬる心もて

晴れた心に 戻る甲斐なし


↑これ聞いたときゾっとしました。
うぁ!!言っちゃったよ!この人(義元)!!!
でも、親父にはわからなかった・・・・。

武田家一族は和歌好きだったらしいですよ。
親父は歌ばっかり詠んでいる息子になんやかんや言ってましたが。


参加中です↓。愛するGet Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ


続きを読む
posted by くみ at 21:14| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(5) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

当然2冊買ったともさ!!“Get Backers 奪還屋 38”

今週の更新は、ご覧になってくださっている方はすぐにお分かりか?と思われます。

まるでやる気ナッシング・・・。

いやいやいや「花粉症」の薬がですね、眠くて眠くて・・・眠い(睡眠)
テンションも低くて・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

あ、そうそうそう、今夜は「コードギアス 反逆のルルーシュ」。時間変更あり。

ビデオ予約ミスるな!わたし!!

コードギアスの20話の記事は明日の夜、書こうか?と思います。
えーとですね、あの記事は平日の夜は無理です。
今夜も無理です(明日仕事)。
次の日の朝、起きれないから。
コードギアスの記事はすごく時間がかかるんですよ・・・。
長いから・・・って自分が悪いんだけど・・・。

誰か・・・記事を簡潔に要領よく書けるようになる方法を教えてください。

しかし、今日は血圧が上がったね!!!

一瞬だけど!!!


今日はコレの発売日だ!!↓。



今日はお昼に河童お姉さまからメールmail toがきました。

これは蛮銀だね!

何だとっ!!??と思ったわたしは速攻、お昼食べて近所のアニ○イトへっ!!!←当たり前だが「確認」だけ。

なーんだッ♪

バリバリ銀蛮じゃーん♪

超OっKー!!!

ついでにコードギアスのグッズの新作を見て、シャーリーのパ○チラ(ミニクリアポスターB→これ)が無かったので「ちぇっ」と思いました。

で、帰りに当たり前のように同僚Aの店で通常版と限定版を買ってきました。

今回は通常版の表紙もちょっとお気に入り。



雷帝最後の勇姿。みたいな。

38巻の見所は最後から4P目。←おい。

美堂蛮さまの天使の微笑みハートたち(複数ハート)

きゃーーーーーーーーっexclamation×2

これだけで食パン三枚食べれ・・・ない・・・けど。

天使の微笑みのあと、銀次をぶん殴る美堂さんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

これぞまさに

アメとムチ。

蛮ちゃんの愛は常に激しく痛いのだった。←違っ。

最後の最後まで呪術王って何だったのかわからなかったな。←・・・。

そういや『クオリア計画』は「全人類の完全なる意思統一計画」(人類補完計画・・・)だと38巻では描かれていました。

あっれーーー??

最終回近くでは「この世界のバックアップ計画」になってましたが???

どっちやねん??

ま、いいか。

最終巻39巻は来月発売予定。
もちろん特典付限定版発売。

2冊買います。

当たり前です。当然です。


いや、今日、同僚Aから「ほんとに2冊買うの?」って言われましてん。←毎回言われてるか・・・。
わたしは普段は「限定」とか「資料集」とか買わないので。
は?コードギアスのキャラクターブック??買わないわよ。
GBだけは特別だわよ。

参加中です↓。愛するGet Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ

posted by くみ at 21:43| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | コミック(Get Backers〜奪還屋〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

“バッテリー”研ぎ澄まされた文章を。改訂版。

今更、わたしが紹介するまでもない、超有名作品。
あさのあつこ著「バッテリー」です。

注・この記事は2006年6月5日に書かれたものです。
劇場公開にあわせて、もう一度再更新、加筆しました。


昨日のお昼寝(一日中寝てるんじゃないか!?という突っ込みはスルーで)のBGMは野球の試合のアナウンスでした。
注・当時わたしは休職中でした。

近所の高校の野球部が招待試合をしたんです。

やってきた高校はイチローの出身校、愛○大名電です。

野球・・・・。

「なら、これしかないじゃないか!!」

バッテリー (角川文庫)
あさの あつこ
角川書店
売り上げランキング: 39516


この作品の第一巻は平成8年12月に教育画劇から刊行されたものです。
当時はね〜、こんな超超超有名作品になるなんて思っても見ませんでした。

小学校高学年〜中学生向けの児童書というものはなかなか売れないものでして・・・というのが当時の考え方だったのです。

児童書の担当だったわたしも棚に入れてなかったし・・・。←おい。

読んでからは、ちゃんと置いてましたよ。

地道な普及活動も展開。
わざわざ友人に手紙書いたりしましたよ。

ここ数年のYA(ヤングアダルト)分野の拡がりのきっかけは間違いなくこの作品でしょう。

まさか角川書店で文庫刊行になるとはね〜。
まさか映画になるとはね〜。

主人公は「原田巧」。

生まれながらにしてのピッチャー。
自分の才能を信じ、疑わない「圧倒的」な天才です。
物語は彼が中学入学目前に岡山県の地方都市に引っ越してきたところから始まります。

そこで彼が出会った少年が「永倉豪」。

巧は自分が全力で投げることの出来るキャッチャーを求め、豪は巧の全力が全力で投げる珠をとりたいと求め、中学で野球部に入部することを誓います。

お互いが求めているのは友情ではなく「バッテリー」です。

中学に入学してからの巧は、その自分に対する自身、誇り、で周囲を戸惑わせます。
しかし巧は自分を変えません。
巧という「天才」に周囲が引きづられていくのです。
そしてそれは豪も同じです。

天才であるがゆえに巧は孤独を恐れません。
しかし・・・・。

つ、続かない・・・。
私にこれ以上の文章力はありません。

この「バッテリー」。
コミック化(売れてます)され、実写「映画化」も決定しています。注・ただいま劇場公開中。

しかし、まず一度原作を読んでください。
児童文学という枠にとらわれない「文章の力」がそこにあります。

傑作です。
それは巧の投げる球のように、まっすぐで、余分なものをそぎ落とした、

「研ぎ澄まされた文章」
です。

言葉で伝えられないものは確かにありますが、やはり言葉の威力はすごいです。

最初に作られたものが「文章」である限り、この作品のすべては「文章」として捉えなければ伝わらない、と思います。

おっと完璧に詰まりました。

最後に

私は瑞垣俊二くんが大好きです!!!

瑞垣俊二って誰?
全巻読んでください。

Amazon.co.jpバッテリー (角川文庫)バッテリー〈2〉 (角川文庫)バッテリー 3 (角川文庫)バッテリー〈4〉 (角川文庫)バッテリー〈5〉 (角川文庫)バッテリー〈6〉 (角川文庫)

励ましのクリックお願いします。↓。
人気blogランキングへ参加中です。
タグ:
posted by くみ at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

“打ちのめされるようなすごい本”打ちのめされたのはわたしだ。

米原万里氏著「打ちのめされるようなすごい本」です。

打ちのめされたわたしです。
この本自体が「打ちのめされるようなすごい本」なのです。

この本は週刊文春に連載されていた「私の読書日記」と他社で書かれた書評とをまとめたものです。

私は「週刊文春」派なので、この連載「私の読書日記」はわりと(毎週ってほどでもない)読んでいました。
「文春」は同じ発売日の「新○」より、紙面が読みやすいんですよ。←個人的意見。

米原万里氏の本で一番最初に読んだ本は、「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞した「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」でした。
「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」についての記事は→こちらです。
「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」では人間の「自己認識」「主体性」というものについて深く考えさせられました。

それから他のエッセイも読むようになりました。

辛辣で聡明な文章が好きでした。

連載で読んでいたものを、まとめて読んで、ものすごく衝撃を受けました。

だって、だって、この読書量の多さ!!!!

すげーーーーっ!!!

それらすべてに書評がついているんですから!!!

エリツィンやゴルバチョフが名指ししてくるほどのロシア語同時通訳第一人者でいらっしゃったが、本人曰く「締め切り」に追われ、通訳は開店休業になってしまっていたらしいです。

ちなみにわたしが、この本で紹介されている本のなかで読んだものは、数冊しかありませんでした。
このブログで記事にした本は一冊しかありませんでした・・・。
その一冊は「チェチェン やめられない戦争」です。→こちら。
あ、ちょっとまともな本を読んで記事にしておいてよかった、と思った・・・。



米原さんは2003年に「卵巣のう腫」の摘出手術を受けました。
しかしその「卵巣のう腫」は「癌」だったのです。

ドキリとするわたし。

ご存知か?と。
わたしも2002年に子宮内膜症による「卵巣のう腫」摘出手術をしています。
幸い、わたしののう腫は「良性」でした。
とったあとのブツを検査するから、結果が出るまではちょっと、ちょっとばかし不安でした。
そして、今、またのう腫が出来ている。らしい。←あれ?昨日産婦人科に行ったばかりなのに・・・??

卵巣癌は発見されにくい。これは本当。
なぜなら「卵巣」そのものには「痛覚」がない。はず。

自分の身体にわたしはまだまだ無知だ。

米原さんは「癌」と告知されてからも、いつもと同じように本を読み、多くの書評、エッセイを書き、それと同時に多くの医院を訪ね、多くの治療を試みている。
「癌」の本もたくさん読んでいる。

わたしが「もし」同じ立場になったとき、米原さんのように「生への執着」を見せることができるのだろうか?

たぶん、おそらく、わたしは感傷に流されるようなことはないだろう。

しかし無我夢中で「治す」という気持ちになれるだろうか?

わたしは、自分の「生」に対して希薄なところがある。
気力がない。一番の弱点だ。
「うつ病」ただいま、治療中。なかなか治らないものですな〜。

打ちのめされてしまった。
(「うつ」な人間は「大きな音」や「迫力」に弱くなる。だからといって「文章」にまで弱くなっているとは思わなかった・・・)

膨大な読書量と、激しく書きなぐられたような印象を受けるのに、とても聡明な文章に。

最後まで思索を続けた強い精神に。

強い精神と身体と、自分だけの文章が、わたしは欲しい。

ついでにお金もちょっと欲しい。それはうそ。ほんとは三億欲しいです。

参加中です↓。Get Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
タグ: エッセイ
posted by くみ at 21:09| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 読書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

風林火山「晴信謀反」

風林火山「晴信謀反」

前回

「わしは父上に謀反を起こす」

と宣言した晴信。

板垣は決意を固め、重臣ズの説得に行動を移します。

一方、前回、晴信の放 ○ プレイもちきちさん命名。スイマセン)によりプライドずたずたにされた勘助は、またまた駿河に戻っておりました。
駿河の町外れの荒れ寺でくすぶっておりました。
お使い・伝兵衛は偶然、勘助と出会うのですが、オリジナル部分だけに「偶然」が多すぎです。

つか、この重要なお使いに伝兵衛!?

勘助、アル中っぽいです。
晴信に仕官する前に肝臓は大丈夫なんでしょうか??

板垣は甘利、飯富らと密談。

本当にどうでもいいことですが、わたしはまだ武田家重臣ズの名前と役者さんが一致せず、メモには「板垣、ライタ、金田明夫、密談」と書かれていました。

甘利も飯富も、今の信虎のやり方には不満があるようです。
飢餓にあえぐ領民たちを心配し、一揆を心配し。
けれども長年使えてきた信虎に反することにもためらいがある。
「父を追放」した形で晴信が家督をついでも、まわりがついてくるかどうか?

ここで板垣が

「我らが水になろう。我らが水となり、晴信さまという『器』を満たして差し上げる水になればよい」

甘利と飯富は決心を固めたようです。


参加中です↓。Get Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む
posted by くみ at 20:00| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(5) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

“若葉のころ”シリーズ完結編

長野まゆみ著「若葉のころ」です。

「白昼堂々」「碧空」「彼等」と続いた<凛一シリーズ>の完結編になります。

シリーズ第一作目「白昼堂々」が発行されたのが1997年。
この「若葉のころ」が発行されたのが2001年。
完結までに結構時間がかかりましたな。
それを首を長〜くして待っていたわたし“達”。

この完結の仕方には、仲間うちでいろいろと意見がありまして、メール交換で“激論”を交わした思い出があります。
“激論”というか・・・わたしが好きな登場人物“有沢改”は誰とくっつくべきか?・・・みたいな・・・アホウな内容でしたが。

<凛一シリーズ>の記事は以下の通りです。

「白昼堂々」→07年1月20日

「碧空」→07年1月22日

「彼等」→07年2月20日

若葉のころ
若葉のころ
posted with amazlet at 09.04.17
長野 まゆみ
集英社
売り上げランキング: 577240


凛一は希望していた京都のK大に進学し、二回生になった。
二年前(「彼等」の出来事により、心身に痛手を受けた従弟の正午(まひる)はかろうじて立ち直りかけ、凛一と同じK大に進学した。
二人は叔父・千尋が住んでいた家を借りて住んでいる。

凛一が想う氷川享介は同じ京都の明倫館大学の理工学部4回生であり、フットボール部の主将をつとめている。

氷川との仲は相変わらず。
迷えば迷うほど凛一の気持ちは氷川に向かう。
氷川はそれを承知していながら、凛一を拒まず、寛容な態度をとる。
二人は大学も専門も、そして大学卒業後の進路さえ異なるが、それを二人の間で会話にしたことはなかった。

そんななか、かつて凛一が惹かれた上級生・有沢改(「碧空」登場)が三年ぶりに帰国し、凛一を訪ね京都へやってくる。
三年前、凛一は有沢に惹かれはしたが、その分、氷川への想いを再認識していた。

凛一は明倫館大側から氷川の肩の故障の情報漏れを疑われる。
従兄(正午の兄)・暁方(あきを)は一昨年までK大フットボール部の主将をしており、情報漏れを疑われる理由はあった。

流言のせいなのか、匿名の電話で忠告を受けたり、路上で自転車にぶつけられるようになる凛一。
氷川に迷惑が及ばないように・・・。

いくつかの想いが交差し、凛一はついに氷川に告げる。

「もう、逢うべきじゃない」

わたしの大好き人物“有沢改”再び登場しまして、思いっきり、話をかき回してくれました。
わたしの周りでは、当時「この人、邪魔」扱いだったのですが。
いいんだよ。報われない人が好きなんだ。

いや、そんな下世話な作品じゃないんです。

静かに四季がめぐり、人々の動きが描かれる。
長野まゆみ氏の世界の真骨頂です。

1970年代と言えば、わたしが生まれた年代。
当時の日本は現代のように騒がしくなかったことでしょう。
電子音が存在しなかった時代。
その時代と、どこまでも静かに想いが揺れる物語がぴたりとはまります。

「もう、逢うべきじゃない」

その後、二人がどうなったのか??
完全な結末は描かれないまま、物語は終ります。

それでいいと思う。

二度と戻らない“一瞬”を描いた作品なのですから。

若葉のころ (集英社文庫)
長野 まゆみ
集英社
売り上げランキング: 30775


こちら↑文庫版。

Amazon.co.jp若葉のころ (集英社文庫)

参加中です↓。Get Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 14:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(長野まゆみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

風林火山「勘助討たれる」

風林火山「勘助討たれる」

主人公が討たれてどうするんだよっ!?とは思いますが、今回の勘助は“行き倒れ”になったまま、ラストちょい前まで行方不明になっていましたので、まぁいいか〜ということで。

海ノ口城を奇襲で攻め落とした晴信。
その晴信を天井裏から伺う勘助と平蔵。
勘助が気がついたとき、平蔵は晴信に向かって弓矢を放とうとしていた。
一矢目は勘助が気がついて食い止める。
下の晴信や板垣には気がつかれなかった。

さて晴信は城を空き城にしたまま引き揚げると言う。
板垣は早馬をとばし、信虎親父に下知をこうべし、と進言。
しかし晴信は言う。

「そなたにさえわかってもらえればそれでよいのじゃ。

その方をこそ、我が父と思うている」


もちろん板垣は

「心得違いをなさってはなりませぬ」

と言いますが。

「わしは父上に殺されとうない」

そのとき、再び平蔵が矢を放ち、板垣に阻止される。
天上裏の勘助は自分から、晴信の前へ。

生け捕りにされた平賀の家臣から「偽軍師」呼ばわりされる勘助。
もともと勘助は板垣が召抱え、駿河に放った間者。
板垣は激怒し勘助を斬ると言うが、晴信は自分が斬ると言う。

若は人を斬ったことがないそうで。
このときの勘助は完全に自分の「敗北」を認めていたし、斬られることを覚悟していたと思います。
だけど、

〜あ〜若殿は人を斬るの初めてか・・・。

外されちゃったら痛ぇから板垣のほうがやってくれなぇかなぁ〜


ぐらいは思っていたんではないでしょうか?←ワタシ、サイテー。

晴信は寸止めし

「偽軍師、山本勘助が首討ち取った!!」

晴信は勘助の恨みのみを討ち取ったといい

「引き揚げじゃ!」

このまま生きるのは『生き恥』だという勘助に、板垣は『地獄は自分で探せ』と言います。

勘助は平蔵に真田へ帰れといい、そのままシグナルロスト・・・。←違うから!!

つか、あのまんまでは間違いなく『凍死』かと。

参加中です↓。「Get Backers〜奪還屋〜」連載終了でがっくりバッド(下向き矢印)なわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む
posted by くみ at 23:50| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(6) | NHK大河「風林火山」(07年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“コードギアス 反逆のルルーシュ 19話 「神の島」”

コードギアス 反逆のルルーシュ 19話 「神の島」


スザクはある島で目覚める。
何も思い出せない。

ルルーシュもまた、その島に。



CMです。

善を知りて悪を為し

悪を為して善を行い

望む世界に希望はあるのか?




コードギアス 反逆のルルーシュ3 絶賛予約受付中!!らしいです。

その願いはただひとつ

まったく面白すぎます。コードギアス。

今回の舞台は無人島。

無人島・・・無人島・・・あの頃の「種」は面白かったな・・・。遠い目・・・。


参加中です↓。「Get Backers〜奪還屋〜」連載終了でがっくりバッド(下向き矢印)なわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
続きを読む

2007年03月03日

“お洋服はうれしい”

高橋直子著「お洋服はうれしい」

とても大好きな本で、何回も読み返します。

この本は単行本の発行がなんと1994年!!
わたしが買ったのは文庫版が発行されたとき。1999年!!


なので、この本に紹介されているブランドは、すでに無いものもあります。
わたしが買ったときでさえ、「え??今はもう無いんじゃ??」と思いましたから。

しかし、今、あるブランドか??はあまり関係ありません。

ブランド紹介の本では無いから。

とにかく洋服が好き!!!

という本です。



わたしのファション傾向はかなり、トラッドでカジュアルです。

これって幼少期の母の影響だと思います。

冬は畝の太いタートルネックに細畝のコーデュロイのオーバーオール。ツィードのダッフルコート。靴はショートブーツ。

夏はシンプルすぎる紺と白のギンガムチェックのシャツワンピースにサンダル。

わたしはこういう格好が好きだったんだけど、妹はイマイチだったみたいです。

彼女は成長するにつれ、だんだんフェミニーンな方向(わたしとは正反対)に行ってしまいました。
ま、それは彼女の自由さね。

でも、同じブランドのまーったく同じデザイン・色のTシャツを持っている。
靴も同じものを持っている。しかも2足。
あげくの果てには指輪まで!!←これはほんとにびっくりした。だって高かった・・・。
どれもこれもヘビーローテーションアイテムです。
入手ルートはもちろん別々です。

同じものでも「着る人と着こなしかた」によってまったく違う印象になる、のいい例です。

まぁ、わたしは中小企業の事務員で、事務所も借家で(雨漏りあり)、掃除からダンボールつぶし、ゴミ出しまで自分でやらなければならない職場。ちなみに出勤バッグはポーター。

妹は一応大手企業のOLで、掃除は自分でやらなくていいし、制服はあるけれど、妹の部署だけ私服、という職場。出勤バッグはエルメスのフールトゥの大きいの(よくわからん)。

普段から着る服が違うわけで、ついでにいうと洋服にかけるお金も違うわけで、だんだんオン・オフともにファッション傾向が離れてしまうのは当たり前。

まぁ、好きなもの着ているならそうなるでしょ。

最近、ファッション系のブログをたくさん見てます。
管理人さんたちのセンスの良さと発想はとてもびっくりするし、参考になります。

例えば、

FOXEYの58000円のワンピース着まわし数通り。
58000円のワンピース(すげ!!)にユニクロのパーカーを会わせていらっしゃいました。
全然おかしくないの!!っつかユニクロ1990円のパーカーが19800円ぐらいに見えるんです!!

そんでもってユニクロで値下げ500円のワンピースも着ているの!!

真似してユニクロ500円のワンピースを買ったわたし。

つまり、この管理人さんは洋服が大好きで、ユニクロ500円とFOXEY58000円をアイテムとして同等に扱っているってことですね。

そう!!それがこの本のテーマかもしれない!!

だって、気に入っているものだったらユニクロ500円でも30000円の服でも汚れたり、痛んだりしたら同じように悲しい。

この本では「似合う、似合わない」「ふさわしい、ふさわしくない」よりも、まず自分の好きな愛せる洋服を選ばなければ、洋服も自分を愛してくれない、と語っています。

自分がすごく似合っている、好きだと思っていて着ていて、でも他人から「変だ」と言われたら??
その洋服をまだ着るか、着ないか??

わたしは「愛せない洋服」は最初っから選びません。
それが例え自分の思い込みであっても。
問題なし。いや失敗はちょっとある。

この前、駅ビルのすっごい若向けの子のブランドで(SM2“サマンサモスモス”って対象年齢あるのか??)ニットを買ったんだけど、どう考えてもわたしに似合いすぎるんです!!←おい。
服が呼んでるわ!と思って現金なかったからカードで買った。
数千円の現金も持ってなかった自分がちと悲しかったが。
私は普段財布に4000以上入れない女。

で、この前セレクトショップのまえでグレーのトレーナーに一目ぼれしたんですが、あれ、グリーン(ブランド名)のものだ。たぶん。
グリーンなら19800円以上する。トレーナーに19800円・・・・痛。
でもどう考えてもわたしに似合いすぎる!!←おい。
はやく迎えにいかねば!!はやく入って「高額医療の払い戻し」&「傷病手当」!!!
注・ここまでは2月22日に書きました。3月2日現在、そのトレーナーはウィンドウから下げられてます。売り切れか!?

で、いざ買ったとなったら「手入れ」も大切ですよね。

虫に食われないように防虫剤もしっかり。
ボタンをなくして、替えのボタンが無いときは、全部付け替えてしまったりします(実は裁縫得意だ)。

そうやって長い間着続けている服が結構あります。
デザインがオーソドックスなもののみですが。
しかし、モノを溜め込むのが嫌いなため、思い切った処分は必要。
だから一着洋服を買うときに、一見何も考えずに即決しているように見えるらしいですが、ものすごーーーく考えます。

例えばひとつのブランドがすごく好き!!!という方もいらっしゃいますが、そこの服のデザイン含め諸々をすごくすごく愛しているなら、それも有り!!だと思います。

好きなブランドが違う道に、自分に合わないほうに行ってしまったら悲しい。
年齢もあると思うけど、どうにもこうにも違う方向に行かれるときもある。
わたしは「ドゥ・ファミリー」が好きだけど・・・。
ユニクロも好き。

著者の高橋直子さんは「コム デ ギャルソン」も好きだけれど「ピンクハウス」も好き、と語っています。
真逆のように対象的な二つのブランド。クセがある点が共通。

この本で紹介されているブランドが今も存在するのか気になって調べたら、結構解散とかしてて、ちょっと悲しかった。

ピンクハウス→撤退。

ストリートオルガン・田園詩・パウダー→解散。

熱狂的支持者がいたと思うんだけど・・・。
ファンは悲しかっただろうなぁ。

ちなみにわたしはどれも着たことなく、ピンクハウスとストリートオルガンと田園詩の見分けも出来ない(と思う)。

ファッション業界も大変だ。

でも出版業界のほうが大変だから!!!

そうそう、この本の「制服はまずいよ」という章を読んでから、わたしは考えを改めました。
高校はともかく(義務教育ではないので)、中学からの制服の影響力を書いた章なんですけど、まったくもってその通りだ!!と思ったのです。

高橋直子さんという方は、作家「高橋源一郎」氏の前の前の奥さまです。
この本にも源一郎氏が何回も登場します。
他の雑誌で書かれていたエッセイにもご夫婦で登場したことがありました。共著もあります。
だから、高橋源一郎氏が作家の室井佑月さんとデキちゃった結婚(このとき高橋源一郎氏、三回目の結婚)したときにはすっごく驚きました。
高橋直子さんもそうだったらしいです。

だって・・・こんな本を・・・↓。



出されちゃったら男はどうするよ・・・。
そんでもって何??高橋源一郎氏は浮気をして室井さんから離婚されちゃった・・・。


参加中です↓。Get Backers終了でがっくりなわたしに励ましのクリックお願いします。
人気blogランキングへ
タグ: エッセイ
posted by くみ at 00:50| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。