2006年11月30日

今週のGet Backers。

こんばんは。
赤い携帯を持っていても、着信音がガンダムでも、ヒトの目を気にしなくていい職場で働いています。

待ちうけのカスタムスクリーンのZガンダム、役員(えらい人たち)に見られちゃったし!!
でも、今はGet Backersのフラッシュ。

あ、私の携帯はシルバーですけど。
今度、機種変するときは『赤い』携帯にしよう!!と思ってます。
で『ジャスティス』と名づけます。
ヘタレな私にふさわしい機体・・・じゃなくて携帯・・・。

昨日『福井在住・自称正統派音楽ブログの管理人・自称好青年zepさま』が、当ブログをご自分のブログで紹介してくださいました。
zepさま、どうもありがとうございました。

そんなzepさまのブログは『正統派音楽』ブログらしく、ブログ名も

ミュージックチャンネルこちら。

私のことを、

残念な事に、腐女子。

はっきりきっぱり言い切ってくださいましたよ。

ええ、ええ、本当のことですけれども・・・・・・・・。
「腐女子」の意味がわからない方はウィキペディアでも見てください。

さて、昨日は水曜日。
週間少年マガジン発売日。
「Get Backers 奪還屋」はもうすぐ最終回たらーっ(汗)たらーっ(汗)

来年は「功名が辻」も「Get Backers」もなくなるなぁあせあせ(飛び散る汗)

私も来年は『正統派書籍紹介ブログ』を目指します。←exclamation&question

カンタンにいうと、更新が減る。
読書量には限界があります。
ええ、今すでに限界。

あと何回書けるのか!!

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

うぉおおおおおおお!!!
蛮ちゃんが!蛮ちゃんが!!蛮ちゃんがっ!!??

ということで今日もかっぱお姉さまとわたしの昼休みメール交換、ご紹介。



参加中です。
人気blogランキングへ


続きを読む。「腐」につき注意!!

2006年11月29日

あのとき、何が起こったか?“アンダーグラウンド”

この本『アンダーグラウンド』は発売されたとき、すぐに読みました。

昨日の『チェチェン やめられない戦争』と対のつもりで書きます。

『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。
武装勢力でもない、一般市民がどういう扱いを受けているか?
一般市民がテロ組織に加わる『連鎖』とは?
それらを書いたものが『チェチェン やめられない戦争』です。

『地下鉄サリン事件』は新興宗教の一方的な暴力によって、多くの被害者を出した。
あの1995年3月20日、東京の地下で何が起こったのか、を被害者が語ったものが、この『アンダーグラウンド』です。

アンダーグラウンドアンダーグラウンド
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] アンダーグラウンド
[著者] 村上 春樹
[種類] 単行本
[発売日] 1997-03
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


何者かによって侵食される日常。
「こちら」と「あちら」に分けられてしまった世界。
突然、日常が反転するような出来事。
後味の悪い、意味のわからない出来事。

それらを村上春樹氏が被害者62人にインタビューし、まとめたものがこの本です。

ひとりの被害者の方が語ります。

被害者のいる地下鉄の出口では大勢の人が倒れ、苦しんでいる。
その光景を、道路の向こう側を歩く人々は目にしながらも、歩いていく。

あの新興宗教が、まるで他人事に思えたように、道路の向こう側を歩いていた人々にとっては「こちら」のことは他人事なのだ、と。


加害者と被害者の間に『傍観者』がいる。
最近の事件らを目にするたびに、そう思います。

参加中です。
人気blogランキングへ
ラベル:

2006年11月28日

いま、何が起こっているのか?“チェチェン やめられない戦争”

この本『チェチェン やめられない戦争』の記事を以前書きました。→こちら。

再び。

最近、元ロシア情報機関員アレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のロンドンで不審死した事件がとりあげられています。

この事件より1ヶ月半前にプーチン政権に対し批判的であったロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が謎の死をとげています。自宅のあるアパートのエレベーター内で射殺死体として発見されました。

リトビネンコ氏はポリトコフスカヤ氏の死の真相をさぐっており、その事件の情報提供者と接触したあと、毒物(放射性物質)により倒れ、後、死亡しました(元情報機関員が放射性物質で命を落とした、と言う話はこの事件が最初ではない。はず。うろ覚えですけれど)。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は『チェチェン紛争』を取材していたジャーナリストで、徹底したプーチン政権批判の姿勢を崩しませんでした。

しかし、彼女は中立的な立場をとり、チェチェンの掃討作戦へかりだされる兵士たちのことも取材しています。
ロシアの兵士たちが、『チェチェン』で受けた心の傷についても、憂慮していました。
ロシア軍の新兵に対する仕打ちは伝統的なものだそうですが、かなり酷いそうです。

『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。
『チェチェン』で何が起きているのか語った本が『チェチェンやめられない戦争』です。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は突然、ぷつりと消えてしまった。
何者かの手によって。

『チェチェン』は語る言葉をなくしてしまった。

そんな気がするのです。

『チェチェン』で何が起こっているのか?
私たちは知る術を何者かによって、無くされかけているのではないか?

『チェチェンテロ』は報道されても、チェチェンが受けている『掃討作戦』は報道されない。

事態は深刻です。
危険です。



この本はみなさまに読んでいただきたい本です。


参加中です。
人気blogランキングへ



ラベル:

2006年11月26日

功名が辻「種崎浜の悲劇」

功名が辻「種崎浜の悲劇」

・・・・・・・・・。

千代は撃たれてなかった・・・。
鉄砲の弾も避けて通る女。

一領具足の反抗はなかなか治まりません。
だんだんと事態は泥沼化へ。
最近の千代は一豊のやり方に不満あり。

さて、「築城の許しをこう」と言う名目で家康に対面した一豊。
ものすごいプレッシャーをかけられます。

「土佐が治まりしだい江戸へ戻ろうと思うておる〜〜〜

急ぐのじゃ」
by 家康

「ははっ」 by 一豊←ここ、「ははっ」というしかないだろう。

お前がしっかりせんから、俺は江戸へ戻れない。
なんて言われて!!

井伊直政がまだピンピンしてる・・・・。
あれ??アンタ、もうじき亡くなるはずよ。

というわけで、六平太から「例の案」が出されます。



参加中です。
人気blogランキングへ



続きを読む
ラベル:ドラマ 功名が辻

“日日是好日 お茶が教えてくれた15のしあわせ”

どうも。
「お茶」も「お花」も「着付け」も「料理」も習ったことがありません。
あ〜、母は全部やってましたな。
一番打ち込んだのは「お花」らしいです。
我が家の玄関、常に「いけばな」有り。

そういえば習い事は「習字」も「そろばん」もやってなかったです。
学習塾も行ったことがない。

唯一長年習ったといえば「エレクトーン」。十年弱。

私は他人と一緒に何かをする、「学校」とか「塾」とか「教室」をできるだけ避けて生きてきたのですよ。

ああ、この極度の・・・以下略(わかってるんだ)。

「仕事」は「別」ですけど。
「仕事」しなければ生きていけないし。

ま、そんなこんなで
「特技も趣味もない。好きなこともない。どうしよう。私〜以下略」
と友人にメール打ってしまうような女が出来上がったのでした。
↑このことは以前も述べております。→こちら。

またもや、前フリが長いぞ。
カンタンにいくつもりだったのにのにのに・・・・。

「お茶」「お花」「着付け」「料理」
どれか習わなければならない、としたら私は「お茶」を選ぶでしょう。

「料理」はテキトーにできるから別に習わなくても・・・という以前に、婦人雑誌等にのっている「お教室仲間」みたいなものに、ゾゾっと・・・以下略。

「お茶」での人間関係は『密着』したものではない、と母に聞いておりましたので・・・・またかよ・・・・。

それは、この本にもでてきます。
この本を読むと「お茶・・・いいかも?」という気分になります。



それで本当に習うようになるといいのにねぇ。

25年「お茶」を続けている著者の、「お茶」に関するエッセイです。

参加中です。
人気blogランキングへ


続きを読む
ラベル:
posted by くみ at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

“日記書いてる場合じゃねえよ”あ、私もだよ・・・。

ブログをはじめてから、どうも『ネイル&ハンドケア』にかける時間が少なくなった。
イカン!イカンよ!!
私の爪はやたらもろくて、伸ばすとすぐにカケてしまうので、ヤスリで毎日削らねばならんのです。
それを最近、サボっている・・・・・・・・・。
あ、カケてる・・・ヤスリヤスリ。
なんかもうプロにまかせるしかないかな・・・・はぁ。

“日記書いてる場合じゃねぇよ”

まったくだ!!!

それにしても最近、本を衝動買いしすぎだ。
昨日も2冊買ってきた。
買いたい本はほかにあるのに・・・・。

そのうちの一冊です。新刊だと思って買ったら2001年発行だった・・・。

でも面白かった!!

日記書いてる場合じゃねえよ日記書いてる場合じゃねえよ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 日記書いてる場合じゃねえよ
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 単行本
[発売日] 2001-03
[出版社] PARCO出版

>>Seesaa ショッピングで買う


安野モヨコさん。
大好きです。

どこが好きかっていうと、

マンガが面白い!!



自分の中でのアニメベスト3

1「ルパン三世」、2「機動戦士ガンダム」、3「新世紀エヴァンゲリオン」




愛用の香水はボルゲーゼの「イル・バリオ」

を、同じページにのせているようなトコロです。

なんつの?ヲタと女子道と仕事の両立をこなしているトコロが好きなのです。

果ては自分の好きなアニメをつくった監督と結婚してしまったな!


この本は以前、安野さんでHPで書かれていた「日記」を書籍化したものです。

では、私も“日記書いてる場合じゃねえよ”ってことで失礼。

参加中です。
人気blogランキングへ

最近、小説ネタを書いていないな・・・って読んでるんですよ!!
頭の中でまとまらない・・・・。

ラベル:
posted by くみ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

“好きバトン”宿題はためちゃいけないですね・・・。

オクサマ、私も『森山未來』くん、大好きです。

というわけでぽるきちオクサマからバトンをまわしていただきました。

『好きバトン』だそうです。

ではやってみましょう。


参加中です。
人気blogランキングへ
続きを読む
ラベル:バトン
posted by くみ at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

功名が辻「土佐二十万石」おまけ。一豊くんがいなくなってからの掛川は??

一豊くんが土佐に行ってしまいました。

一豊くんが去ってからの掛川。
江戸時代になり掛川藩。

もう、とんでもなく藩主が替わっています。譜代・親藩の藩ですけどね。

こんなですよ。




参加中です。
人気blogランキングへ

続きを読む。長いです。
ラベル:功名が辻 ドラマ

2006年11月19日

功名が辻「土佐二十万石」

功名が辻「土佐二十万石」

ちょっと、書きにくいな〜。

徳川家康からたいへんな宿題を出されてしまいましたね。
一豊くん。

えとですね、私は土佐・高知での『山内一豊』の評判を知りません。
一豊は掛川城主で、掛川を城下町にした人です。
そのイメージしかないのです。
いいイメージしかない。

掛川は江戸時代に入り、譜代の城主が入れ替わり入れ替わり入れ替わり、江戸時代後半にやっっっと太田氏(太田道灌の家系)で落ち着いた土地です。
市のマークは桔梗(太田氏の紋から)です。
藩主・藩政が定まらなく、用水の開発に遅れ、灌漑用水を溜め池(市内に溜め池が200以上あります)に頼っていたため、干ばつのたびに大飢饉となり、死者をたくさん出しました。
はっきりいって当時は貧乏な土地(米がね〜)。
土地の広さのわりに石高が少ないのはそのせいです。
茶畑の方が多いしな!!!
その貧乏ゆえの倹約が『大日本報徳社』の教えにつながったといっていいでしょう。

それにくらべたら土佐は豊かだと思います。
暖かいし。暖かいし。って暖かいんですか??
ま、掛川も雪は降りませんが。

その土佐を治めるために一豊がしたことを、土佐・高知の人々がどう思っているかは知らないのです。



参加中です。
人気blogランキングへ



続きを読む
ラベル:功名が辻 ドラマ

“かまわぬの手ぬぐい使い方手帖”最近の手ぬぐいってお洒落だったんですね。

ちょっとしたプレゼント、大げさなものではなく、お礼とか差し入れに気の利いたものはないかなぁ??と探していました。

で、私は「お買い物ブログ」や「コーディネートブログ」が大好きで、そこでいろいろ情報を仕入れてます。

最近、よく見かけるのが『かまわぬの手ぬぐい』

最近の手ぬぐいの柄はとっても可愛いらしい。

ふむふむ。

そしたら本屋でこの本を見かけまして、即効購入いたしました。↓。

かまわぬの手ぬぐい使い方手帖

河出書房新社
売り上げランキング: 99593
おすすめ度の平均: 5.0
5 この手の本好きです
5 手ぬぐいのデビューに!
5 とうとう出ました!


ハンカチとして普通に使える柄がいっぱいあるんですよね。
ラッピングに活用したり、普通にプレゼントしたり。

楽天で探したらこんな柄をみつけました。





↑苺柄。

これは“かまわぬ”のものではありませんが、これ、手ぬぐいですよ!!

多種多様な柄がありすぎて目移りしそうです。

まずは自分で購入してみようとおもいます。

Amazon.co.jpかまわぬの手ぬぐい使い方手帖

参加中です。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

銀河鉄道は何両編成??“銀河鉄道の夜探検ブック”

銀河鉄道・・・・・といえば『夜』
銀河鉄道・・・・・といえば『999』

ちょっと前に松本御大とマッ○ーの間でモメゴトがありましたが、アレ、どうなったんでしょうね?
まぁ、私は当然、ケミ○トリーの歌詞なんて知らなかったです。
で、そのケミス○リーの歌詞が、そのモメゴトで紹介されて、

「あ!!999そっくり!!」

と思ったのです。

アレだよ、999のあの「時間は〜」は私、三十代の常識だと思っていましたよ。

違ったんですね・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

いろいろなブログで「知らない」と書かれていて・・・・ああ、私がオタだからか・・・・と。

ともかく『銀河鉄道999』は私にとって大切な大好きなアニメです。

ケ○ストリーの歌詞はきっとすぐに忘れ去られてしまう。←注・あの作詞作曲をしたヒトを私は嫌いではない。むしろ好きだ。生に行くくらい。でも『999』は知っているだろう。つか知らないとは言わせんぞ、三十代。パ○りではないけれど似てしまうことだってあるよ。

『999』は永遠に生きる作品なんだから、御大、ご機嫌治してください。

そして私にとってとても大切な作品が『銀河鉄道の夜』

父方の叔父が、若き頃、いつも帰省のたびに私と妹に『本』を買ってきてくれました。
叔父の思想からか、ケストナーや宮沢賢治が多かったです。
そのなかの一冊が『銀河鉄道の夜』です。
ただね、この本をもらったとき小学生だった私にはちょっと難しかったのですよ。
そのまま、本は本棚へ。
引越しのドサクサにまぎれてその本は行方不明。
ちゃんと読んだのは高校生になって文庫を自分で買ってから、でした。

いい話だなぁ。キレイな話だなぁ。切ない哀しい話だなぁ。

と、買ってもらったばかりの頃、ちゃんと読まなかったことを反省し、買ってきてくれた叔父に心の中であやまり、感謝したのでした。

で、かなり宮沢賢治の作品が好きなのですが、『銀河鉄道の夜』は特別好き!

それで読んだのがこの本です。



著者・畑山博氏は昭和47年に『いつか汽笛を鳴らして』で第67回芥川賞を受賞しています。

かなりの宮沢賢治スキー。
宮沢賢治関連の著作をたくさん書いておられる。
その追求したくなる気持ち、なんかわかる。

オタだからか??
←オタの共鳴か!?

ともかくこの本は『銀河鉄道の夜』を読みこみ読みこみ、その細部や秘密を徹底的に推理するという本なのです。

銀河鉄道は何両編成か?

ジョバンニは何号車何番にいたか?

レールは何で出来ているか?

機関士はどんな服装をしていたか?

銀河鉄道のトイレ

などなどなど・・・。

賢治が最愛の妹を亡くした、悲嘆の底で書かれた『銀河鉄道の夜』

天空を走る列車。

汽笛を鳴らし、列車は走る。

今、万感の想いをこめて・・・アレ??

『銀河鉄道の夜』が大好きな方にオススメです。


参加中です。
人気blogランキングへ


ラベル: 評論
posted by くみ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“内親王ものがたり”

私は「皇室典範」の改正についての自分の考え、をブログに書こうとは思っていません。
念のため。
ちなみに現在の皇室典範では「皇子・天孫を親王・内親王とする」と定められています。

この本を読んだのは「歴史もの」を読んでいるときに登場する「内親王」の立場、世間からの扱いを知りたかったからです。

「源氏物語」によく出てくる『内親王は未婚が通例』とは、どうしてなのか??
最初の疑問はこれでした。

内親王ものがたり
内親王ものがたり
posted with amazlet at 09.07.01
岩佐 美代子
岩波書店
売り上げランキング: 635901


最高貴な女性「内親王」は生まれたときから国家と政治に関連づけられる大きな使命を背負っている。
すべては自分の幼い頃に決められ、そこに自分の意思はない。
受身ながらも気高く精一杯生きた内親王たちを紹介しながらも、歴史にうずもれ名前も知られていない内親王方にも敬意をこめて書かれた本です。

人気blogランキングへ
続きを読む “内親王ものがたり”
ラベル:

2006年11月17日

またもや2冊買ったともさ!!“Get Backers 奪還屋 37”

今日はGet Backers奪還屋37巻の発売日でございます。
ええ、限定版が発売されました。

もちろん通常版と限定版と買いました。


Get Backers奪還屋37 限定版↑
アマゾンにはまだあるぞ!!

この際、表紙なんぞはどうでもいいのです。銀次だし。←大暴言。

ぎゃー!!!!!ハートたち(複数ハート)

ポ、ポストカードの蛮ちゃんがっ!!!!

ステキすぎますハートたち(複数ハート)

髪の毛おろして、メガネかけた理知的な蛮ちゃん。

ランディ先生ありがとう!!

ああ、もうどうしよう・・・カラーコピーして・・・いや、もう一冊買っておけば良かった!!!←売り切れっす。

「格の違いってやつを教えてやるよ!」

ああ、正妻の貫禄・・・・ぴかぴか(新しい)

そして・・・次の38巻は2月発売。

またもや『豪華特典つき限定版』発売・・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

いいともさ!買うよ、2冊。

じゃ、今からコミック読みます。
明日も仕事だ!!落ち着け!私!!


参加中です。
人気blogランキングへ

2006年11月15日

今週のGet Backers。

るんるん〜サイレンナイッ ホーリーナイッ なんでもいいっ きーみーうぉ〜るんるんと歌ったのは私。

昨日はカラオケ行ってきました。いつもの3人で。

となりのトっトロ〜とか、わーたーしー哀しいおーんなーのーこーでーすか〜とか、ざーんーこーくーな天使のテーゼ〜とか、まるで闇鍋のような時間でした。

「たな卸し終わったらもう一回やるよ」byかっぱお姉さま。

さて水曜日です。本題です。

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

来週は休載。どうやら来年に持ち越しのようです。

ちょちょちょ!!!

今週は萌えた!!!←私が。

あと4日、会社に行けそうです。

参加中です。
人気blogランキングへ



続きを読む(腐につき注意!)

2006年11月12日

功名が辻「三成死すとも」

功名が辻「三成死すとも」

『三成死すとも』・・・・自由は死せ・・・違うよ。
『豊臣滅びず』、と続けたいのでしょうかね??
いや、滅びるけど。

三成は捕らえられ、大津城の陣屋の前にさらされました。
三成にちょっかいかけたのは、あれは誰??福島??
細川忠興(玉さま旦那)が何も言わずにただ頭を下げて通ったのが印象的でした。
三成は小早川秀秋を見つけ『呪いの言葉』を吐きます。
この呪いの言葉が効いたんでしょうか??
小早川秀秋、2年後に狂死です。

一豊は三成に陣羽織をかけてあげました。←これ・・・事実は黒田長政だったらしいですけど。

ま、いいや。一豊らしいし。いや・・よくないか・・・。

そこで三成の淀さまへの遺言を託されます。

「徳川を頼ることとなっても、秀頼さまと豊臣を〜」(うろ覚え)

家康と三成の対面のシーンは凄まじかったですね。

「さらばじゃ」by家康。



参加中です。
人気blogランキングへ
続きを読む
ラベル:功名が辻 ドラマ

“秀吉の枷”孤独と悲哀。

先日、ドラマ『信長の棺』が放映されましたね。
原作をだいぶ省略してありました。
ドラマ化となると仕方ないのかなぁ、と思いました。
『信長の棺』は信長の側近であった太田牛一が主人公でした。
小説『信長の棺』の記事はこちらです。→こちら。
『信長の棺』を読んだとき、すでにこちら↓『秀吉の枷』は発売されていたため、いろいろ書いてしまうとネタバレになってしまうかなぁ??と思ったのです。
ドラマ化してしまったからには、ちょと制約が少なくなったかな??

秀吉の枷 (上)秀吉の枷 (上)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 秀吉の枷 (上)
[著者] 加藤 廣
[種類] 単行本
[発売日] 2006-04-18
[出版社] 日本経済新聞社

>>Seesaa ショッピングで買う

秀吉の枷 (下)秀吉の枷 (下)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 秀吉の枷 (下)
[著者] 加藤 廣
[種類] 単行本
[発売日] 2006-04-18
[出版社] 日本経済新聞社

>>Seesaa ショッピングで買う


歴史は片側から見てはいけない、と思いました。

『信長の棺』を読んだときは

秀吉、貴様ー!!

と思ったのですが、秀吉には秀吉の、理由があったのだと思いました。

もちろん、『本能寺の変』をおこした明智光秀にも、理由はあったのです。

二人とも己の使命と信じて行動を起こした。
覇王『信長』は討たれねばならなかったと、この『秀吉の枷』では語られています。
この作品はフィクションですが、ときにフィクションは真実以上のものを私たちに教えてくれます。

続きは『信長の棺』の内容をしらない方には超ネタバレになってしまいますのでご注意を。


参加中です。
人気blogランキングへ

続きを読む“秀吉の枷”
posted by くみ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

今週のGet Backers。

こんばんは。
私の前世はアライグマ

それはそうと寒いですね。
寒いとパソの前に座りたくなくなる。
寒いと布団の中に入りたくなる。

こうして更新が遅くなるのね・・・・。

さて、またもやうっかり『今週』じゃなくなるところでした。

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

かっぱさんとメールしたことはしたんですがね・・・私のいた場所が圏外だったためにメールがうまいことつながらないんでよね〜。

なので一言、二言、三言で表現してみたいとおもいます。

ヤバ!!マジで今年中に終わりそうたらーっ(汗)たらーっ(汗)

二週間連続で蛮ちゃんで出番なしむかっ(怒り)むかっ(怒り)

薄ら笑いを浮かべる銀次はそれで良し!!

私信:かっぱさんへ 風邪ひきました。14日までには治します。

人気blogランキングへ

2006年11月07日

功名が辻「関ヶ原」

功名が辻「関ヶ原」

天下分け目の「関ヶ原」

いきなり登場の三宅アナ。
もう頭の中は「その時、歴史が動いた」状態です。
おいおい、いまから大河だろ??といった不安は途中で大当たりしました。
ドラマの途中で出てきたときにはひっくり返りました。

最初からなんですが、先にしかけたのは東軍・福島正則のはずです。
福島正則が天満山の宇喜多秀家の陣地にめがけて打ったはず・・・はず・・・??
すみません、私、パソで調べてから書く人間ではないので(アナログ人間)、記憶と資料(紙)が頼りなのですが・・・。
その福島正則を出し抜いたのが井伊直政と家康四男・松平忠吉(井伊直政は舅にあたる)、のはず・・・??
福島正則の挑発も兼ねているはず・・・はず・・・??

ま、いいや。

で、一豊くんは南宮山の吉川広家、その後ろの毛利秀元に備えて配置されました。
ま、ほとんど出番はないワケです。

さて福島正則VS宇喜多秀家は大将自ら戦頭で戦ったようです。

で、笹尾山の石田三成に向かったのが、これまた三成嫌いの黒田長政。
黒田長政もまた陣頭に立って戦った、といいますが・・・。

三成は戦いのほうは島左近(二万石ですって!!)と蒲生郷舎(一万石)にまかせていたようです。
島左近は鉄砲に撃たれてしまったらしいです。

最初はかなり西軍が押していたようです。

数では西軍のほうがはるかに多い。
しかし団結力がまるで違う。
西軍で実際に稼動していたのは3万程度。

三成が島津義弘に山を降りるように催促しても、はねつけられたように、他の武将もやる気いまいちだった様子。
小西行長もやる気あるんだかないんだか??だったらしい。

そうすると、一番やる気があったのは三成と友人であった大谷吉継ということになりますか。
えと、ちらっと出た、顔を頭巾でかくしている人です。
彼はらい病(今でいうハンセン氏病)であったため、醜い容貌を見せるのは武士としてしのびないと、顔をきれいに白布で覆い頭巾を被っていたのです。

内応してんのかしないのか、はっきりしない小早川秀秋。
あのうろたえぶりは見事でした。
まだ若いのに1万2千人の大軍抱えて、プレシャーもあったと思います。

「味方はどっちじゃ!!??」←お前が決めろ!

シャーン♪は彼にすべきでしたね。

そういえば六平太は南宮山から降りてきて、一豊くんのオシリをたたき、あっというまに松尾山で秀秋のヨコにいましたが、可能なんでしょうか??
毛利軍には顔パスだったのでしょうか??
山内家大阪邸でもパスみたいですが?

老骨に鞭打って戦場に立っているのは六平太のような気がする。
だって、50過ぎてるよな〜〜。

老骨といえば島津義弘は67歳です。

そういえば毛利秀元の「宰相のカラ弁当」ってでませんでね。
↑ウィキで見てください。

なかなか動かない小早川秀秋に家康、大砲で脅かします。
あの〜鉄砲では??

ま、派手なほうがいいですか。
今回は流石に人馬入り乱れて、映像的には満足でした。

途中で三宅アナ登場はいただけない!!
ある意味斬新ともいいますが。


そうそう、わたくしの勝手にライバル。ロンブー淳の相方も出てましたね。

「そん通りでごわす!!」←そんだけかよ!!

ま、島津豊久はあのあと死んでますので、よし、としときます。
あ、島津義弘の前代未聞の敵陣中央突破戦場離脱については↓の本に詳しく載っているようです。


島津奔る 上・中・下
諸事情で絶版してますが、アマゾンにはあります。

さてさてすっかり家康にびびった秀秋。
正午にやっと動き出します。
襲うは大谷勢。

小早川秀秋の裏切りは、裏切りを呼び、朽木元綱、脇坂安治らが寝返り、勝敗決す。

結局一豊くんはたいした手柄をあげることはできませんでした。
出番をつくってもアノ程度。

勝ってもむなしさの残る戦場。

一豊くんの

「屍を踏まぬように〜」

は、一豊らしいセリフでした。

「三成・・・」といってわんわん泣く淀殿。
あれを見て秀頼が「ぼくのパパは三成だったの!?」と思わなきゃいいんですけど。

三成の佐和山城は炎上。一族自刃。女子の最期は「女郎墜」(←女中たちが炎に追われ崖から飛び降りた)と呼ばれております。

三成は逃げるものの、田中吉政にとらえられます。

さて、三成がなぜおとなしく捕まったか??

これはきっと『功名が辻』だろうと、他の本であろうと同じだと思います。

ま、一応続きに書いておきます。
違うかもしれませんが。

あ!!そうそう井伊直政が最後のほうピンピンしてましたよね。
鉄砲で腿を撃たれているはず・・・??
このときの怪我のせいで数年後に亡くなっています。
そういえば彼は「棺」で三成を演じていた・・・。
ややこしかった。

人気blogランキングへ


もう、ドラマレビューでもなんでもないや・・・。

さっき『太閤記』を見たら三成が上品な秀吉になっていた・・・。

続きを読む。要注意。
ラベル:功名が辻 ドラマ

2006年11月05日

功名が辻「関ヶ原」の前。

天下分け目の戦い前です。

こんばんは。

さて、今夜は「天下分け目の戦い」のあと「戦国最大のミステリー」もありますね。

ってことで「辻」記事は明日以降です。

「戦国最大のミステリー」『信長の棺』ですが、まあ、ミステリーなんですが・・・。

あえていうなら

茶々さまの妊娠のほうがミステリー!!

と思う私です。

おっと戦がはじまりますので、失礼します。

人気blogランキングへ
ラベル:功名が辻 ドラマ

“ファースト・プライオリティー”

FIRST PRIORITY=最優先事項。

あなたにとって最優先事項とはなんですか?

「何の資格もないし、何の資格をとったらいいのかもわからないし、趣味もないし、何の得意もないし、何が大切なのかもわからない。このままじゃ、私、どうしよう・・・。」

↑みたいなメールをですね、以前に友人に送りました。
欝だよ・・欝。バリバリ欝。
送ったときは本人、本気で悩んでおりました。
送られた友人はそりゃ、迷惑だったでしょう。

だって、私もヤだもん。そんなメール。←おいむかっ(怒り)むかっ(怒り)

すまん、友よ・・・。

ちなみに送った友人は、小学校のとき見た映画で「〜〜〜になる!」と決意し、本当にその職についてしまった、という人です。
小学校の5年生くらいからそう言ってました。
彼女は「決意」したその日から、その『目標』にめがけて全力だったのだろう、と思います。

まさに「最優先事項」。

彼女だからこそ、こんなメールを送れたのですが・・・。
あ〜でも、送った内容には激しく後悔・・・。

や、あんときはマジすまん。君の返信に泣いた。ありがたかった。

↑99.9%、読んでないだろうけど。
友人の日常をPCで読むのに違和感あるそうです。
私も彼女に読まれてたら、ちとやりにくいしな。

実は今でもわからない。
それでもいーや、と思います。

で、こちらの本です。



31歳になってはじめて気がつく、自分の最優先事項。
人からみたら些細なことでも、自分にとっては譲れないもの。
時間だったり、嗜好品だったり、考え方、仕事、人様々。

31歳、31編の短編集です。

『偏屈』→世間話と社交が嫌いなだけなのに、職場では「偏屈で人嫌い」といわれている主人公。

『薬』→とくに病気というほどではないので市販の薬を常用している主人公。ある日、市販の薬が一切飲めない、という可能性もあることに気づく。

『社蓄』→自分が給料泥棒だと意識しながらも、その職場に居場所を見つけた主人公。妻子のため、スキルアップを図るため、に働いている人が聞いたら卒倒しそうだ、と思いながら。

すべて8Pで書かれています。
オチは意外性と爽快感をかんじるものが多いです。

恐ろしいものもありますが・・・こわ。

自分の最優先事項はわかりません。
いずれわかるかもしれないし、一生わからないかもしれない。

そんなものだと思います。


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 00:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

今週のGet Backers。

こんばんは。

更新サボリ癖がついてきたようですよ。
今月あたりから、ぐぐっと更新が減りそうですたらーっ(汗)たらーっ(汗)

そうやってブログはひとつ、ふたつと消えていくのか・・・なんてね。

本題です。

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

ステキなメル友、かっぱさんは、Yahoo!で本名で検索すると、14件ヒットします。15件のときもあります。
全部本人です。

何者!!??


人気blogランキングへ
注意・続きは腐女子のメール交換ですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。