2006年10月29日

功名が辻「決戦へ」

功名が辻「決戦へ」

なぜ?なぜ、シャーン♪が福島正則なの??
せめて細川忠興にして欲しかった・・・。

千代から封を切らない書状が届き、それをそのまま家康に届ける一豊。
中には千代の「自害して果てまする」なんて手紙も入っていました。
家康さまもちょい感動。
この時一豊が動揺してましたね。そりゃするだろが!!

さて評定前夜には一豊の陣屋の前を忠興が通ったり、正則が愚痴を言いにきて暴れたり(←だから何故こいつがシャーン♪なのだ!?)、堀尾さんの息子がやってきたり。

堀尾息子の言うことには、堀尾父は「浜松城を家康に明け渡せ」というが、そこまでやる必要があるのか?と。

ま、ここ原作とちょい違いますが(うろ覚え)、私はこちらのほうが良かったと思います。

評定にて家康は、各々大阪に帰りたければ帰っていい、と言いますが、誰ひとり帰らず、まず昨夜愚痴っていたはずの福島、ついで細川旦那(コレは当然)が決意を述べます。

ここで一豊は隣の忠氏をせっついたのですが、忠氏、口が開けず、

一豊の一世一代の晴れ舞台、実はパクリ!!

「城も領地もすべて徳川さまに差し上げます」

が出ます。

城を預けるということは、絶対的な信頼がなければできないことです。
人質徴収などよりずっと効果があります。
勝利しなければ、帰る場所がありません。

これは一番最初に言い出さなければ効果がありません。

一豊が言い出し、東海道の各大名があとに続きました。
これは上方への道筋の確保と兵糧の確保ができたということです。
城を預けた各諸将は何がなんでも勝たなくてはならず、士気の高まりは東軍の比ではないと思います。

堀尾息子に考えをパクったことを謝る一豊。
忠氏の返答が実によかったです。
己が未熟だったと。
「戦は各々ですでにはじまっている」と。

あ〜それにくらべて三成ヤバイかんじ。
人質徴収は失敗するし。

三成を最初から窮地に追い込んだのは、やっぱり玉さま!という感じがしますね。

東軍の大将は毛利輝元なんですが、その毛利が内部分裂。
結束力がすでに乱れてる。っつか結束力なんて最初からないのです。

毛利輝元って東軍の大将をつとめてながらも、結局生き残るワケで、そこには吉川広家のおかげなんですが。
そういや島津も残るな。

それにしても一豊!!
今日の演説は良かった!!
最近一豊に貫禄が出てきたのはこのためだったのか!?と思いました。

「わしはこの度、山内家の家運を開く〜〜〜」

「わしは運がいい〜〜〜」


しかし、いかんせん長すぎて書き取れませんでした・・・。

千代「殿はもう若くはないの」

確かに。
たぶんあのなかじゃ最年長の部類でしょう。
一豊も人生の終盤に、すべてをかけたのです。

大物ではない。しかしすでに小物でもなかった。By原作。

人気blogランキングへ

今回はあまりにもまっとうなドラマすぎて、突っ込みができませんね。





“ケインとアベル”

ジェフリー・アーチャー「ケインとアベル」。
J・アーチャーは政治家だったり作家だったりする人です。
一代貴族(ロード)の称号をもっています。
何年か前に偽証罪で投獄されたりしてます。

もともと下院議員時代に詐欺にあい、無一文になり借金を返すために書かれた小説が処女作「百万ドルを取り返せ!」
これが大ヒットして借金を清算。

『ケインとアベル』は彼の第三作目にして代表作に当たります。
これもまた大ヒット!!
彼にとって初めての大河ロマンです。
『ケインとアベル』というタイトルを一見してわかるように、聖書の『カインとアベル』を意識したことは明らかです。
しかし、ケインとは登場人物『ウィリアム・ケイン』の姓であることから、視覚的効果を狙ったタイトルということですね。

原題は『KANE&ABEL』

「収容所小説」「企業内幕ストーリー」「戦争文学」「復讐物語」そして「ロミオとジュリエット」といった要素を含む小説です。



もう売る気マンマンだったと!!



アメリカの支配階級WASPの銀行一家に生まれたウィリアム・ケインと、私生児として生まれたポーランド移民の(おまけに実の父は男爵)アベル・ロスノフスキの交差する運命と戦い。
お互いの息子リチャード(ケインの息子)とフロレンティナ(アベルの娘)が恋に落ち駆け落ちするなど、コレでもか!!コレでもか!!!とサービス満点なです。

人気blogランキングへ

続きを読む
タグ:
posted by くみ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

今週のGet Backers。

今週のできごと。

通販をお願いしていた『銀蛮本』が届いた。
素晴らしい出来だった!!

通販をお願いしていた『銀蛮本』が届いた。(2冊目)
手に入らないものが予想外で手に入ったので、ちょっと元気でた。

マガジン(Get Backers)のみ読んだ。

かっぱさんとメールした。

友人に『九龍妖魔学園紀オフィシャルアートワークス』2940円を買ったか?とメールしたら、やっぱり買っていた。

同友人に『東京魔人学園アニメ化』とメールしたら「えっ!!どのチャンネル!?いつから??」と返信がきた。←そのくらい自分で調べなさい。私は興味がないもの(ゲーム)を調べてあげるような親切な人間ではない。

さっきまで『空の境界』を読み返し(眼精疲労・・・)、また涙していた。

ミステリーのどこが苦手なのかわかった。
そう!探偵が苦手だったのだ!!私、凡人だからね。
だから『金田一』(マガジン)も『コナン』(サンデー)も苦手なのか・・・納得。
『西村京太郎』は好きです。

デスノートを撮りわすれた。

D-グレイマンも撮りわすれた。←これで3回見逃しだ。もう永久に見れんかもしれん。土曜日朝7:00からなんて反則だよ・・・。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」は静岡で放映してるのか!?

ガンダムA読み忘れた・・・・。

↑のこと、すべて意味のわからない方はスルーで。

他になんかあったか??
記憶にないな。

ああ、オタク・・・。

あとはひたすら会社で17インチと格闘。
あんまり大きいと視点が定まらないような気がする。
ついに月末がきた!!
あと一ヶ月で決算!!ひ!!

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

ってね。

もう、ほんと『Get Backers』を知らない人はわからないと思います。

自己満足のかたまりだけど、これだけは連載が終了するまで、そして私がブログをやめない限り、絶対続ける。
なぜならブログは、「自己満足」を満たすものだから。
↑私の個人的意見です。
私はいつかブログに飽きるでしょう。
↑荒れてるな・・・。
それまでは

ブログでは書きたいことだけ書こう!!

と決意新たに行って見ましょう。

『今週のGet Backers。』ハートたち(複数ハート)
人気blogランキングへ
続きを読む

2006年10月23日

功名が辻「ガラシャの魂」

功名が辻「ガラシャの魂」

まだ「久延寺」・・・・。
※「久延寺」は現在、住職不在の無人の寺です。荒れている可能性があります。マイ母情報。
「迷っている」とバカ正直にもほどがある一豊。
しかし、ソレが許されるのが一豊。
「迷いなされ」と家康。
器の大きさが違いますね。

「久延寺」での供応が6月24日。
一豊は7月3日に出陣します。

三成は大阪城に入城し、諸侯の妻子を人質に取る、と言い出します。

千代が一豊のために兵を掛川に送ると、今度は一豊が急に千代を心配しだして・・・・・。
いやさ・・・・いくら千代が心配だからってさ・・・康豊が掛川を出ちゃってどうすんのよ・・・・。
留守居は???
もう、いいや「功名が辻」だし。
どーせ、城ごと差し出すし。

一方千代は自分の身も危ないっつーのにまた「チャングム」のごとく、ヒトサマのコトにクビを突っ込んでいます。
もう、いいや「功名が辻」だし。

私は、千代は別に玉さまに会わなくても「手紙」だけでよかったんじゃないかな〜と思うんですが。
「山内家」には「山内家」の家風が。
超名門「細川家」には「細川家」の家風があると思うんですよね。

すいません。一晩寝たら、順番がまたおかしくなってます。

参加中です↓。
人気blogランキングへ

続きを読む

2006年10月20日

“安徳天皇漂海記”第135回直木賞候補作。

第135回直木賞候補作「安徳天皇漂海記」です。
はぁ〜宇月原清明氏の本もこれで4冊目ですか・・・。
またまたまたすごい本でしたよ。
本当にこの人、大丈夫なんでしょうか??
まぁ、よくもこう次々と考えだしてくれるものです。

安徳天皇漂海記安徳天皇漂海記
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 安徳天皇漂海記
[著者] 宇月原 晴明
[種類] 単行本
[発売日] 2006-02
[出版社] 中央公論新社

>>Seesaa ショッピングで買う


お得意の

ありえねー度100%!!!

ですが、殺伐とした気持ちにはなりません。
語り口調がやわらかいせいでしょうか?
いままで読んだ宇月原氏の小説のなかでは、一番読みやすかったです。


参加中です↓。
人気blogランキングへ


続きを読む
タグ:
posted by くみ at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

今週のGet Backers。

こんばんは。
昨日『水曜日』
昨日は『週間少年マガジン』発売日。

忘れるもんかい!

昨日も愛揺れるハートのメール交換・・・。

知り合いが、すごい人だとは思っていたけど、その予想を超えたすごい人だった!!って経験ありませんか??

私は昨日ありました。

すっげーよ!!かっぱさん!!!

底が知れねー!!!

注・ほめ言葉。

ま、彼女は今日、遅番だからな。今日は見ないだろう。

そんなわけで、底が浅い私と、底が知れないかっぱさん(すでにレギュラー)がお送りする、

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

参加中です↓。
人気blogランキングへ

忠告。わからない人にはまったくわからない内容です。それでもよければ続きをどぞ。

2006年10月16日

功名が辻「大乱の予感」

功名が辻「大乱の予感」

家康が諸侯に国許に帰ることを許したので、一豊も久しぶりに掛川へ。
千代は残ります。
高台院・寧々さまにご挨拶。
寧々さまはすでに「家康」支持ですが、「山内家のことは山内家できめること」と思っていらっしゃるご様子。
いや、絶対絶対、結局は「家康」に着くと思ってるか・・・。

淳・中村一氏は病。
堀尾さんたちとお見舞いです。
旦那たちが見事に老けているのに、奥方たちはどうして・・・・。
とくに乙葉!!
もう30年たったんですって!!
え?一豊が土佐藩主になったのが55歳。
と、いうことは、このころ54歳ぐらい??
30年前は24歳。
千代と12歳離れているから・・・・え??千代ってあのとき12歳!?
ま、二人がいつ結婚したかははっきりしてないのですよね。

さて、家康は大阪城へ入ります。
三成は国許にてなにやら画策中。

え〜一晩置いたら、すっかり中身を忘れました。

参加中です↓。
人気blogランキングへ


続きを読む

2006年10月15日

“生きながら火に焼かれて”

スアド著「生きながら火に焼かれて」です。

私はときどき、自分が「女性」に生まれたことが嫌になります。
そういうときはかなり「投げやり」&「欝」状態です。
「男性」に生まれたかった、と思うときがあります。
「男性」には「生理」がないから。
だってさー、「痛い」んだもん。
「子宮内膜症」「子宮腺筋症」「子宮筋腫」「PMS」「月経困難症」
手術もしました。
治療も真面目にうけてます。
食事も気をつけています。
でも泣き言を言いたくなります。

痛いもんは痛いんだ!!!我慢できないんだ!!!

「子宮内膜症」が進んだ場合の痛みは「陣痛」を越えるそうです。
こ、こわ・・・。
最近、薬で生理を止めている治療をやめたばかりで、次の生理がくるのが怖いです。

これさえなければ、私はぜーったい「女性」に生まれてよかった!!っていつも思えるのにな。
服を選ぶのも、化粧品も、ネイルも大好きだし。
そしてなにより、腐女子だしな!!!←重要・・・「萌え」は私を救う。

それはおいといて、日本は少子化、超深刻化。
しかし、今の日本は産婦人科医不足。
実は私の通っている総合病院も産婦人科医不足で、いつ閉鎖されてもおかしくない。
そうしたら、私は、私が手術を受けた、私のもっとも信頼する病院で治療を受けることができなくなる。
私はそのとき、どこへ行けばいいんだろう??

おっと前振りが横道にそれすぎだ!!修正、修正。

そんなこんなで、私は「女性差別」や「ジェンダー」に関しては、ついつい反応してしまうようになってしまいました。

その地域の「伝統」「因習」「風習」を否定することはできない。
しかし、明らかに、性によって不公平にあつかわれる女性たちは存在する。
その地域に生まれた女性たちは、それらを受け入れるしかないのか??
受け入れて暮らすことが幸せなのか??

私には、わかりません。

例えば「女子割礼」。または「女性器切除」。→こちらです。
これは宗教的に、文化的に、意味があるのか?コレを行っている地域では、たぶんあるんだろう。
衛生的でもなく、病気にかかりやすくなり、分娩に危険が及ぶ確立が多くなる。
それでもまもるべき「伝統」なのか?

私には、わからないことだらけです。

では「名誉の殺人」は?→こちら。

生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)
スアド
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 5.0
5 あなたの知らない世界
4 ただただ悲しい
5 信じられない
5 女性の幸せって
5 日本人に生まれて良かった


主人公「スアド」は17歳で恋をした。
いけないと思いながら人を好きになった。
それは人間にとってあたりまえのこと。
彼も自分のことを好きだと言った。
男性には逆らえないように育てられている彼女に、彼を拒否することはできなかった。
そして妊娠した。
その結果、家族会議で「死刑」が決定。
洗濯物を干しているとき、突然、義理の兄にガソリンをかけられ火をつけられた。
義理の兄は「無罪」だ。
「無罪」にしておかないと、警察官が厄介者あつかいされる世界だ。

彼女は婚前交渉をした。
宗教的には彼女の罪だ。
では相手の「男性」には何も罪はないのか?

殺されるのはどうして女性だけなのか?

「村」では女子は教育を受けれない。
字も読めない、書けない。
5、6歳から働かせられる。
食事は「男性」と「女性」は別のもの。
靴もはいてはダメ。
父親は娘を殴る。
女の子が立て続けに生まれたら、生れ落ちた瞬間に殺す。
外出も禁止。
男性と目を合わせるだけで「娼婦」と呼ばれる。
当然、男性としゃべってはいけない。
しゃべっただけで、明日はない。場合もある。
20歳すぎても結婚できない女は生きている価値なし。←・・・・。
結婚は必ず長女から。←・・・・。

これは「伝統」なのか「差別」なのか??

「名誉の殺人」はレイプされた被害者の女性に対しても行われる。
無理矢理押し倒されて、辛い想いして、家族に殺される。
「伝統」だから仕方のないことなのだろうか?????

彼女は奇跡的に助け出され、別の人生を送っている。

今もその地域で暮らしている女性たちは??
殺されるしかないのだろうか?

この問題に、日本は無関係ではない。
少しまえまでの日本は「生まれた子ども」を「間引く」という行為が行われていた。
子どもを産むことの出来ない女性は「石女」(うまずめ)と呼ばれた。
女の子ばかり産むと「女腹」だといわれ離縁させられた。

そして、現在の日本は世界一の「人身売買容認国家」だ。

現実だけは知っておきたいと思います。

Amazon.co.jp生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)

参加中です↓。
人気blogランキングへ
タグ:

2006年10月13日

“空色勾玉”

「空色勾玉」(著・荻原規子)は和製ファンタジーの傑作であり、代表作です。
最初に発行されたのは福武書店(現在ベネッセコーポレーション)から。
1988年のことです。
その後、続編として「白鳥異伝」「薄紅天女」(徳間書店)が発表され、「勾玉三部作」と呼ばれるようになりました。

最初は児童文学扱いでしたが、新書化されました。
ロングベストセラーです。
最近、同世界を扱った「風神秘抄」という作品も発売されました。

ところで、最近の傾向。
児童文学が新書や文庫として再発行されるものが非常に多い。
大人が手に取りやすいように・・・だろうか??


空色勾玉空色勾玉
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 空色勾玉
[著者] 荻原 規子
[種類] 新書
[発売日] 2005-09-21
[出版社] 徳間書店

>>Seesaa ショッピングで買う


日本神話をもとにした美しい物語です。

「本」ブログ満載です↓。参加中。
人気blogランキングへ


続きを読む
タグ:

2006年10月12日

“消しゴムはんこ。”

こんばんは。
ぼーっとしているようですが、実は器用です。
しかし、いまどきの若者のように短気なので、じっくり時間をかけるものはキライです。

得意なものは「編み物」(かぎ針のみ)です。
マフラーだったら、一、二日ぐらいで完成でしょう。
っつかそれ以上時間かけるのがイヤ。
マフラー、いままで20本ぐらい編んだけど、自分の手元には残っていません。
買ったほうが安いし。

あとビーズは、何せ短気なので、一日でできるものしかつくりません。
指輪、ブレスレット、ピアス、ネックレスなど、友人、母、妹、妹の姑さんなどからの受注生産です。
自分の手元には1つしか残っていません。
あと、雑誌とか見て、
「えーーー!このビーズの指輪8000円!!」
とか思ったら、つくります。
雑誌見て、300円でできました。

まぁ、こういう生産意欲にはブームがあって、いまは、

まーーーったく、やる気なし。

あ、でもコレ↓はいいかも・・・と思いました。

消しゴムはんこ。消しゴムはんこ。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 消しゴムはんこ。
[著者] 津久井 智子
[種類] 単行本
[発売日] 2005-11
[出版社] 主婦の友社

>>Seesaa ショッピングで買う


図案がカンタン!でカワイイ!オシャレ!!
これ、大事。

便箋だったらOKグレートカイゼルグリーン(紙の名前です)に表紙の「カエル」のハンコを押したらカワイイ!!

透けるアートドリープ(紙の名前)などで封筒をつくって、「羽」のハンコを押したら素敵だな、と思います。

実際は手紙を書く機会なんてほとんどないんですけどね。

ああ!そうだよ!!年賀状があった!!!

今年はパソコン買ったから、パソで・・・と思っていたけれど、パソコンよりコッチのほうがはるかにカンタンそうだ。
例も紹介されているし。

というわけで来年用年賀状ははんこ決定!!


ためになる「本」ブログ満載です↓。
人気blogランキングへ

紙の名前に何故そんなにくわしいかって??
タグ:
posted by くみ at 22:31| Comment(9) | TrackBack(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

今週のGet Backers。

あ〜みずいろのあめ雨るんるん
水曜日ですね。
『週刊少年マガジン』発売日ですね。
こんばんは。

さて本題に入る前にひとつ。
休日中は「嘔吐下痢症」のため寝込んでいたり、へばりついてPCいじっていたりした私。
痛いハラを笑いでもっと痛くしてくれたモノがありました。

妹の旦那情報です。

「新中野片山ゲリオン」

なんじゃこりゃ!!傑作!!傑作だけにキモイぞ!!
この才能!!無駄に才能ありすぎだ!!!
知らなかった・・・。
検索するといーーーーっぱい出てきます。
今更、何言ってるんだ!?と思う方も多いでしょうねぇ。

注・エヴァンゲリオンをまったく知らない人は見ても意味がないです。

おかげでいま「残酷な天使のテーゼ」をカラオケで熱唱したくてたまらんです。

さてさてさて本題

今日はかっぱさんがお家に携帯忘れちゃったので、さっきまでメールしてたぞ。

行くぜ!!

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

針路二○、“アークエンジェル”、全速前進!


参加中です↓。このブログのランキング、微妙なとこに・・・。
人気blogランキング


『要注意!!』な続きを読む。

2006年10月09日

功名が辻「三成暗殺」

功名が辻「三成暗殺」
「暗殺」ではない。
「失脚」です。
誤解を招くタイトルをつけないでほしいな・・・。

秀吉の死後、朝鮮からの撤兵が行われました。
7年続いた「無意味」な戦の終結です。

撤兵のため「船」「食料」の調達には、徳川や前田がかなり心をくだいたそうです。
あれ?豊臣は??って当主があんな子どもじゃ・・・・。
もう、このあたり秀吉、大失敗。

さて諸将を迎えるため博多に派遣された三成。
いうまでもなく「太閤」の死は伏せてあるため、三成は「太閤」の名代として上座です。
しかし、実際はもう「太閤」は亡くなっている。
子飼いの加藤清正、福島正則がカチーンむかっ(怒り)とくるのは当然です。
しかも「茶会をもよおし」なんていう三成。
三成本人、ねぎらったつもりなんですから始末におえない。

朝鮮派兵のため、諸将の懐はからっぽ。
困窮のきわみ。
朝鮮戦地では、大飢饉、死んだ馬やネズミまで食べ、泥水をすすった、というのですから、三成はあまりにも惨状を知らなすぎます。
また、当然ながら、船に乗り遅れた残兵が諸将にはいるはずです。
残された兵がどうなったか・・・・?
なぶり殺しか、捕虜・・・・。

五大老は
徳川家康・前田利家・宇喜多秀家・毛利輝元・上杉景勝。
(注・順番はてきとー)

五奉行は
前田玄以・浅野長政・増田長盛・石田三成・長束正家。
(三成の席次は五奉行の四番目、とどこかで読んだ。)

五大老と五奉行の間を取り持つ、三中老は
中村一氏・生駒親正・堀尾吉晴。
(順番、てきとー)

あ〜ぶっちゃけ、一豊はこんな厄介な役を任せられなくてラッキーだよ・・・。


参加中です↓。
人気blogランキング
続きを読む

2006年10月07日

“枕草子REMIX”

酒井順子氏、といえばあまりにも有名な「負け犬の遠吠え」。
私、この本↑、大笑いしちゃったんですけど、世の中には眉をひそめた方も多かったでしょうね〜。
『負け犬になってしまってからの10ヵ条』ってあるんですが、その中に『PJで下着を買ってはいけない』ってあるんですよ、確か。
『女性』しかわからない、微妙なツボ突いてくるんですよ。
で、ああ、もうそこから私、間違ってるわって(爆笑)

下着どころか服まで買ってるよ、私。←やはりヤバイのか・・・・。ヤバイな。

あ、男の方は「PJ」ってご存知でしょうか??
これです。→コレ。

その酒井順子さんが「枕草子」への想いを語ったのがこの本↓です。



目のつけどころが違います。さすがです!!


参加中です↓。
人気blogランキング


続きを読む
タグ:

2006年10月06日

シンプルに生活する、ということ。“捨てる技術”

実は大変ストレスが溜まっております。

で、打たれ弱い私はすぐ「体調」が崩れる。

仕事の内容のことではない。
職場の人間関係っつーかね。
狭い事務所で年がら年中顔を突き合わせていれば、なんらかのトラブルが起こるのはあったりまえ。
で、私は事務所の女性でなななななんと!!一番若い!!ので、いろいろあるわけです。
まず、話相手がいないが・・・、ま、会社に仲のいい人はいるわけだからメールでもすればいいし(かっぱさん、A、仲良くしてくれてありがとうかわいい

ま、その年上の女性たち、ひとくちに言えば、で、あえて暴言を吐くなら「おばさんたち」。
「片付けられない」人たちなんですよ。

出したらしまえ!!捨てるものは捨てろ!!

なんかさー、おかしいんですよ。
キティちゃんのお菓子の箱とか集めてるの!!職場で!!!50代の女性が!!!見てて痛い。つかキモイ。

私は自他とも認める「几帳面」「神経質」「片付け魔」なわけで、そういうものをうっかり捨ててしまうと、なんか相手は機嫌悪くなるワケ。

なら、私にゴミ捨てさせるんじゃねーよ!!

あほらしー!!
職場には仕事に関係あるものだけあればよろしい!!
ちょっとした遊び心は「机の上」だけにしてね。
共用部分に侵食するのはマナー違反です!!
(あー机の半分、私物でいっぱいだからか・・・)

もちろん、私に「害」を及ぼすものではありません。
が、

気持ち悪いんです!!!

今度こっそり机の上にこの本置いといてやろうか・・・。



実は私は、前はものすごくモノがあふれた部屋で生活してました。
本が・・・本がすごくて・・・。押入れ落ちそうで。
あと服ね。すごい量だった。

で、この本を読んで「なーるほど!!」と思い、一度実行しました。
(そんとき古本屋にもっていった本、今になって必要になるとは・・・)

そうすると、余分なモノがなくなったら、「欲しいもの」がはっきりとわかるようになったのです。
「欲しいもの」しか買わなくなった。
残ったものが有効に使えるようになった。

結果。買い物が減った。節約に効果ありあり。

とりあえず取っておく、をやめる。
ダイレクトメールはその場で捨てる。
雑誌は次の月の号がでたら処分。
通販誌も次の号がきたら処分。
本は図書館で借りる。
靴は一足買ったら一足処分。←逆かも、一足処分したら、一足購入。
衣替えの時期にワードローブ見直し実行。

ストレスが溜まるとモノを捨てたくなる・・・・私。
でも、もう捨てるものがないんです。

いや、衣替えがまだだ!(←・・・)
明日やろう!!


参加中です↓。
人気blogランキング

2006年10月04日

今週のGet Backers。

こんばんは。
水曜日です。
週刊少年マガジン発売日です。
そして明日は燃えるゴミの日(職場)。

え〜今日はかっぱさんが出張のため、メール交換mail toができませんでした。
同僚Aと一緒に出張。
なんて愉快な組み合わせ??と思ったらオマケ(♂)もいたようです。

そんなワケで、一人でもやるぞ!!

『今週のGet Backers』ハートたち(複数ハート)

「萌え」は叫ばないと死にます。

レイ・ザ・バレル、“レジェンド”発進する。


参加中です↓。
人気blogランキングへ

馬鹿馬鹿しい続きを読む。

2006年10月03日

映画のなかのお洒落。“シネマ・コラージュ”

もう、とっくに気がついていたんですけど、このブログって

色気ないっすね〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

戦国マニアでガンヲタっていうイメージ定着ですか??

ま、今日はちょっと『オシャレ』な本です。↓。



雑誌「装苑」に2000年から2003年にかけて連載されていたものです。
「装苑」らしく、映画の紹介とともに、映画のなかのファッション、小物、インテリアなどが可愛いイラストで紹介されています。

例えば「アメリ」
この映画はとても女の子に人気がありますよね。
切なさや哀しみを心に秘めた、でもキュートな女の子「アメリ」が、まわりの人々にちょっとだけ幸せになる悪戯をしかけていく・・・。
主人公・アメリの赤いスカートに黒いタイツ、黒い靴。
とても可愛い!!

ちょっと真似しようと思ったことがある・・・無理だった・・・。

昔の映画なら「ティファニーで朝食を」とか、今でもとてもオシャレ!!
あと「旅情」も。
オードリー・ヘップバーンもキャサリン・ヘップバーンも今、見てもとても素敵です。

この本では、そういう昔の有名どころではなくて、2000年代の映画をとりあげています。
そうだよ!!連載していたんだから、連載時期のものに決まってるよ!

映画のなかのファッションや小物って印象的。
その世界だけのもの、という感じ。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「あの頃ペニーレインと」「ショコラ」などなど。

「装苑」らしいチョイスだと思います。

この本を読んでから、DVDを見ると、また面白いかも。

映画好きな彼女にオススメです。

あ、そうそう、私は「キューティー・ブロンド」が大好きなんだけれど、この本にはとりあげられてなくて残念です。
さすがに主人公・エルのあのサンダルはもう履けないけどさ。いや、あのファッション自体無理だけど。
リーズ・ウィザースプーンはすごい大物になってしまいましたね。
ハタチくらいのとき、もっとハデにしてればよかったな〜、と思います。

だってハタチだったらどんな格好だってできるじゃん!!

お洒落しないのはもったいないと思う。
トラッドもストリート系もギャル系もゴスロリも、私はわりと好き。

でも下品なものはNGです。あと汚いのはヤ。

参加中です↓。本ブログ満載です。
人気blogランキングへ






posted by くみ at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

功名が辻「秀吉死す」

功名が辻「秀吉死す」

「シャーン♪」はやはり利家でした。
ゲスト出演みたいなものですが。

老いの限界を感じた秀吉は、4歳の秀頼を元服させます。
一同の目にも明らかな秀吉の老い。
唐沢・利家登場です。

さて、「秀吉亡きあと、天下の流れを左右するのは家康」と千代に語る北政所。
北政所は決して豊臣を見捨てているのではなく、「豊臣が天下を握っていなくてもいいから、存続を」と願っているのです。
だって秀吉と寧々と二人で築いた家ですもの。
寧々さまのところから帰る途中、こんどは大蔵卿局が、

「対馬守のご内儀どの!」


参加中です↓。
人気blogランキングへ


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。